Wed

是非シェアして下さい

水面下でエプスタイン裁判は進行してます。「ただの銀行業務上の関係に過ぎない」などという巨大銀行の嘘は通りませんでした。証拠が十分にあるからです。これで芋づる式に大物達が有罪判決されれば良いです。

手のひら返し

ニューズウィークまで「反マスク記事」を発表。マスクを信仰として描いてます。ここまでやらねば「洗脳が解けない」危機感が漂います。

SNSのプロフィール写真をマスク姿に変えるなどの形で、続々現われたことくらいだろうか。近代以前と比べても公権力が統治しやすい「よき百姓」たること、この上ない人々である。
マスク着用だけでは飽き足らず、フェイスシールドまで重ね着した自撮り写真で、講義の遠隔配信に邁進する姿を誇った大学教員もいた。これはプロフィール欄に「科学よりも同調圧力に従います」と自分で書くようなもので、さすがに本人も忘れてほしがっている気がするが、卑しくも「歴史学者」ならそうした過去こそを、自ら史料として保存し後世に語り継ぐべきであろう。

Newsweekからの引用
知念は医師としてワクチンを強く推奨しました。被害者が増え過ぎて、医師の看板を下ろしたのでしょうか?逃してはなりません、彼だけでなく芸能人、専門家、意志たちは、法によって正しく裁かれるべきです。

オデッサの日

2014年からロシア系ウクライナ国民は、迫害を受け続けてます。この事実はアメリカでも知られつつあります。今や彼らは自国が世界の嫌われ者だと、気付きつつあります。

平和の使者となるか。どんなに叩かれても、彼にとりなして貰いたいです。政治生命の最後に、日本史に名を残すチャンス。
最後は数の力です。支配層が人口削減に取り憑かれるのは、この事態を恐れる事もあるでしょう。

役者はみな同じ

気候変動詐欺、戦争、エプスタイン、人身売買、ワクチン…支配者層がやってます。役者は皆同じです。彼らを一掃すれば、世界のほとんどの問題はなくなります。しかし、真の敵は悪魔です。

悪魔が人を誘惑し、騙すからには、今の支配層を始末しても、また別の支配者が立てられるでしょう。そうやって歴史は繰り返されて来ました。しかしその終わりがやって来ると聖書は教えています。

選挙の時になるとハンターが表舞台に…「もしかしてハンターは親父に恨みが?」そう思えてしまいます。Qもそれを指摘します。ジュリアーニ弁護士も父親としてのバイデンを、激しく罵ってました。

エプスタイン

水面下で裁判は進行してます。「ただの銀行業務上の関係に過ぎない」などという嘘は通りませんでした。証拠が十分にあるからです。これで芋づる式に大物達が有罪判決されれば良いです。

ジェド・ラコフ連邦地裁判事は5月1日、エプスタインの性売買についてJPモルガン・チェース、JPモルガンの長年の幹部であるジェス・ステイリーと、ドイツ銀行が責任を負う可能性があるという十分な証拠を提示しました。

判事はスタリーおよび各機関に対して起こされた、訴訟の却下申し立てを却下したと述べました。 54ページの判決でこう述べています。

「原告は、JPモルガンがジェフリー・エプスタインの性売買のベンチャー企業について、直接的に、あるいは明白に見られるべきことを無謀にも無視することによって、・・・知っていたという主張を裏付けるのに十分な事実を述べている」

原告の一人で、エプスタインとその仲間から虐待を受けたという女性は、「ドイツ銀行がジェフリー・エプスタインが性売買のベンチャー企業を経営していることを知っていたか、無謀にも無視したという主張を裏付けるのに十分な事実」も提示している、と判事も述べています。

この判決は、被害者とされる数名と米領ヴァージン諸島政府が、JPモルガンとドイツ銀行に対して起こした訴訟で下されたものです。また、JPモルガンがステイリーに対して提出した請求も対象です。

銀行は、強制、詐欺、または強要による子供の性売買を禁止する連邦法に違反したとして告発されており、法律の一節では、性売買のベンチャー企業に参加することで故意に金銭的利益を得た人を処罰することを認めています。

被告は、「自分たちは典型的な銀行サービスを提供していただけなので、エプスタインのビジネスに参加していない」と主張しています。

ベンチャー企業への参加には、「性売買のベンチャー企業を促進する具体的な行為」あるいは「単なる受動的な促進以上の行為」が必要であると、これまでの判決は述べています。

しかし、原告は、両銀行がエプスタインが行った大量の現金引き出しを、それが疑わしいことを隠すような方法で構成し、さらに疑わしい活動報告の提出を遅らせたり怠ったりしたという証拠を提出したと、裁判官は述べました。

原告側は、エプスタインが2008年にフロリダ州で性犯罪の罪を認めたこと、その前後にE彼が未成年の少女への虐待を含む性犯罪を告発するニュース記事や訴訟が提起されたことを指摘しています。

また、JPモルガンの関係者が、これらの疑惑を踏まえてエプスタインとの関係を断ち切るべきかどうかを問う内部文書を公表しています。 この判決により、各事件は今年後半に裁判が行われる予定です。

元役員 ステイリーは2000年にJPモルガンのプライベートバンキング部門の責任者として、エプスタインの口座にサービスを提供し始めた。電子メールによると、2人は友人関係になったようです。

「私たちの友情に深く感謝します。これほど深い付き合いはほとんどありません」会社を辞めたステイリーは、1通の手紙の中でこう書きました。 ステイリーはエプスタインの所有する家を何度も訪問しました。

ステイリーがニューヨークのエプスタインの家に行った翌日、エプスタインは「君はラリーと一緒にいて、私は我慢しなければならなかった…」とメールを送り、性的なポーズをとる若い女性の写真を添付。別のメールでは、エプスタインは何も書かず、別の女性の写真だけを送付してます。

原告団によると、ステイリーはエプスタインを訪問した際に被害者とされる1人を見ただけでなく、自らも複数の少女を虐待していたと主張。

ステイリーは訪問後、エプスタインにこう書いています。「楽しかったね。白雪姫によろしく。エプスタインは、「次はどんなキャラクターがいい?」と尋ねてます。ステイリー氏は「美女と野獣 」と答えました。

「原告の訴状の主張が真実とみなされるなら、ステイリー氏はエプスタインが性売買のベンチャー企業を行ったことを実際に直接知っていた 」と、ラコフ氏は新しい判決で述べています。

JPモルガンによって訴訟に参加させられたステイリーは、エプスタインの口座を担当していなかったと述べています。

「第三者からの苦情は、メディアを挑発する材料にはなるが、エプスタインの口座に関する意思決定権を持たなかったとされる従業員や、他のJPモルガンの従業員が無視した疑わしい口座の動きを見たともされない従業員が、原告の主張する損害を引き起こしたことを説明できない」と、彼はある提出書類で主張。

ステイリーは、銀行が 「法的(あるいは事実的)根拠を欠く主張をすることで、自分を広報の盾として扱おうとしている」と主張し、彼に対する銀行の請求を棄却するよう裁判所に求めています。

その申し立てはまだ検討されています。 エポックタイムズ紙は、JPMorganとドイツ銀行にコメントを求めました。
日本のマクドナルドの事件も知られています。アメリカはもっと酷く、検査すると子供の肉が多くの工場で発見されました。
昨日も紹介しました。悪魔教徒はなぜ聖書を敵視するのでしょう?コーランやお経も破れば良いのに。悪魔は聖書の神しか存在しない事を知っているからです。そして聖書には、彼ら自身の裁きが書かれているからです。

彼らを惑わした悪魔は火と硫黄との池に投げ込まれた。そこは獣も、にせ預言者もいる所で、彼らは永遠に昼も夜も苦しみを受ける。

黙示録20:10
我那覇真子

「多くの日本人が米国大使の行きすぎた内政干渉に怒っています。先ず第一に、日本にはLGBTQの人々への差別はありません。日本のTV界ではオネエやオカマと呼ばれる人々がセレブとして活躍しています。

日本にLGBT差別は無いのです。彼がしているのは日本の文化の破壊です。このイデオロギーは日本だけでなく米国や他の国もターゲットになっており、日本の国会ではG7までにLGBT理解増進法案を成立させると審議していますが、その理由はそれが海外でのスタンダードだ、と言ってますが、実はそうではないのです。

これは文化の破壊です。日本には公衆浴場の文化がありますが、今ゲイの人たちのせいで客が来なくなってしまいました。LGBTに注意喚起する張り紙もされています。私たちの国の調和を乱しているのです。彼らのプロパガンダより、現実を見てほしい。実際私が知るLGBTの当事者たちはこの法案に反対しています。」

聖書の言葉

11 また私は、大きな白い御座と、そこに着座しておられる方を見た。地も天もその御前から逃げ去って、あとかたもなくなった。

12 また私は、死んだ人々が、大きい者も、小さい者も御座の前に立っているのを見た。そして、数々の書物が開かれた。また、別の一つの書物が開かれたが、それは、いのちの書であった。死んだ人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行いに応じてさばかれた。

13 海はその中にいる死者を出し、死もハデスも、その中にいる死者を出した。そして人々はおのおの自分の行いに応じてさばかれた。

14 それから、死とハデスとは、火の池に投げ込まれた。これが第二の死である。

15 いのちの書に名のしるされていない者はみな、この火の池に投げ込まれた。

黙示録20:11〜15

独り言

ブログは自分の意見を綴る場所です。忖度すべきではありません。それが言論や信教の自由に繋がります。

自分の考えを発表するのは怖いし、恥ずかしいです。批判や反対されるのを恐れてしまいます。それでも書く事で、メリットがあります。

自分の価値観が明確になります。普段ぼんやり感じている事を言葉に変換するのは、脳が鍛えられます。ボケ防止になると思います。

また、その純粋な表現に触れる読者も、共感したり、これまでなかった視点を得られたりします。

自分を曝け出す恥ずかしさ、批判される恐怖はありますが、それらを上回る利点があります。継続すれば時間と共に、その恩恵は増えて行きます。必要なのは勇気だけです。


母の日

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

是非シェアして下さい