Thu

是非シェアして下さい

ついに来ました。バイデン一族の華麗なる汚職が暴露されました。果たして、弾劾だけで済むでしょうか?反逆罪として死刑?それとも本物は既に死刑されてる?

腐り切ったバイデン一族

大統領選挙中、外国からカネを貰っていないと言ったのは嘘でした。彼とハンターだけでなく、親族が多く絡んでいるようです。現在、確認できたものだけで、20社の会社を所有してます。しかし、実質的なビジネスは存在しません。莫大な富を得て来たのは、バイデンの権力によります。

続き

国を裏切り、家族に多額の金銭を支払うような人物を権力者に置いてはなりませんし、世界中の敵対勢力から受け取った金銭を使用してはなりません。

私たちは、一連の金融の裏技を通じて、中国から直接送られてくるお金の出所を隠そうとする意図的な動きの証拠を見てきました。

当時、ジョー・バイデンの政治的キャリアは終わりに近づいており、バイデン一族にとっては、彼の名前を現金化する最後のチャンスでした。

米下院委員会は、バイデン一族のメンバーが中国をはじめとする世界各地から数百万ドルを入手したスキームを引き続き解明してます。

バイロン・ドナルド議員は、バイデン一族の影響力行使の仕組み、シェルカンパニーの網、そしてジョー・バイデンが副大統領だった間に外国から注ぎ込まれた数百万ドルについて説明しています:

「バイデンの仲間は、バイデンが副大統領であった時に少なくとも16の会社を設立しました。現在、そのリストは20社にのぼり、調査を続ける中で、そのリストは増え続けています」

「何のために?目的は、ジョー・バイデンが50年近くも政治の上層部に居座っていたため、バイデン一族が得たお金を隠すためでした」

「例えば(会社名→)Rosemont Seneca Partners, Rosemont Seneca Advisers, Rosemont Seneca Technology Partners, RSP Holdings, RSTP II Alpha, RSTP II Bravo, Rosemont Seneca Thorton, Rosemont Seneca Bohai, and the list on the following, などなど」

「これだけ多くの会社を渡り歩いても、何もないのです…。金融関係者の論理的結論は、国税庁や信用機関、あるいは一般の人々から、一族がお金を隠しているという事です…」

「司法省がハンター・バイデンをずっと調査しているのは興味深いです。しかし、一向に進展しないようです。司法省はどうなっているのでしょう?」

「要するに、そこには本当のビジネスがないのです。ありません。この部屋の多くの人は民主党が前大統領を非難した様々な陰謀をすべて調べたかったようですが…」

「前大統領はちゃんとビジネスをしていた…この部屋にいる誰もが知っていて、指摘できるような、とても大きなビジネスであり、合法的なビジネスです」

「ジョー・バイデンには、政治家としての地位以外には、何のビジネスもなく、それを調査することがこの委員会の必要条件です。我々はそれを続けるつもりであり、事実が自ら語るようにするつもりです」
米下院司法委員会は5月10日に公表した文書で、バイデン大統領の息子ハンター氏所有のノートパソコンに関するスキャンダルを米中央情報局(CIA)がロシアからの偽情報に見せかけようとした事実を明らかにした。

救われたアメリカ

トランプ政権のTitle42が失効する寸前で、それより厳しいルールを復活させたそうです。移民の大群は困ってます。これで懲りて貰いたい…日本も人ごとではありません。

イギリス、フランス、ドイツなど、大変な事態です。治安は最悪ですし、文化も破壊されます。イスラム圏の人たちは、自国のルールを持ち込みますから。という事は、男尊女卑もそうです。だから集団レイプが激増してしまう…

ワクチン

「母乳を通して、ワクチンが赤ちゃんに取り込まれ、スパイクタンパクを作り出す」という話は良く知られてます。という事は、食材にワクチンが打ち込まれていたら、同じ事が起こり得るかも。

ゲイツが動物や植物にワクチンを打ち続けるのは、それを知っての事でしょう。

残念ながら、学校の責任は重いです。後遺症に苦しむ教諭は可哀想ですが、彼らも勧めた側の人間でしょう。自らの苦しみを、犠牲者のために最大限に活かして貰いたいです。

彼らは、学生たちの人生を奪った他の教職者たちに、ワクチンの恐ろしさを伝える使命があります。今後ワクチンは一切禁止とすべきです。

マスクも一切禁止とすべきです。研究によると、人々の肺がマイクロプラスティックで汚染されていたそうです。マスクだけによるのではありませんが、無意味なマスクをつける事で肺にダメージを与えるのは狂気です。

何でも日本

日本を戦争に駆り出すために、NATO事務所を開設するそうです。何でも言いなりの日本は、ますます利用されるでしょう。WHOなども他の国では嫌がられ、攻撃されるので日本に来るのでしょう。

国連の小児性愛も、日本で推し進めるのでしょう。歪んだ日本人は喜んで、子供に声をかけ始めるでしょう。

7 愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。

8 愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。

9 神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。

10 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物として御子を遣わされました。ここに愛があるのです。

11 愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。

第1ヨハネ4:7〜11

独り言

ブラジル人にとって、サッカー、バレー、カフェ、バーベキューは欠かせません。それらが無ければ、人生とは言えないほどです。

サッカー、バレー、カフェ、バーベキュー…日本人も好きです。それらをする場所、道具やファッションは洗練されており、お金もかかります。

ブラジルの場合、洗練とは程遠いものでした。今はどうか分かりませんが、僕が住んでいた1994〜95年は質素なものでした。

原始的なものばかり、でも工夫して楽しみます。みんなすごく温かくて、陽気なアミーゴたちでした。シンプル極まりない毎日でした。

僕にとって、最高に幸せを感じる1年でした。素直でいられる日々、日本では得ることのできない日々でした。高価なウェアとか、シューズ、グッズなど要らないんです。

日本人は工夫するのに長けています。何でも工夫し、ベターにしてしまいました。それは素晴らしいです。日本には気の利いた商品が沢山あります。日本にいるとあまり感じないかも知れません。海外で合計15年暮らしましたが、日本製品の良さを痛感しました。

しかし今はモノが溢れた上、何をベターにしたらいいか分からないほどです。その競争に疲弊し、過労死したり…日本の良い商品の裏には、犠牲者がいるわけです。

消費者もだんだん宣伝に煽られるのに疲れて来ました。新しい商品を買うだけの人生に、疑問を持ち始めたのでしょう。逆行する人も増えて来ました。

敢えてモノの無い状態にする、減らす、不便にするのはおすすめです。外国に住むと(不便になってみて)日本のよさに気づきます。しかし不便さも慣れれば、それなりに楽しく過ごせます。

ちょっとした工夫が、生活を楽しくさせます。助け合ったり、クリエイティビティを発揮するきっかけになります。ブラジルではモノがない事よりも、人の温かさの方が印象的でした。不便さゆえに、人々が助け合うからでしょう。

ブラジルの1年は、人生のハイライトの一つとなりました。当時を思い、ベーシックでわずかなモノを所有し、工夫するよう努めています。僕のミニマリスト的な生き方は、ブラジルから始まったと言えます。


母の日プレゼント

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

是非シェアして下さい