Fri

是非シェアして下さい

LGBTの目的はペドの合法化です。誘拐が当たり前となり、子供たちが悪魔儀式の生贄となります。臓器が奪われ、売買されます。日本の政治家は無知の極みです。

FOXピンチ

バイデンを独裁者呼ばわりしたFOXは、即制裁を受けてます。政敵(トランプ)を倒すために逮捕させ、自分の犯罪は隠蔽。さらに国民が貧困に喘ぐ中、自分の資産を増やし続ける。これは独裁者のする事です。日本もまさにそうなりつつあります。

正直者

カリフォルニアで生まれ育った政治家が、LGBTから守るために、州民に脱出を推奨。本当に辛い事です。よくぞ言ってくれました。僕なんか3年半しか住んでませんが、カリフォルニアの事を思うと心が痛みます。

メジャー選手も自分の信仰に正直になりました。「死んでから、神に何と言われるか?」僕もこのブログを毎日更新してますが、まさに同じ動機です。神様は全てを記録しておられます。

カトリック教徒のMLB投手@MeLlamoTrevorが、反カトリックの「プライドナイト」を理由にロサンゼルス・ドジャースのボイコットを呼びかけた理由を明かす。 「私が死んだら…神は、2023年のあなたの勝敗記録を尋ねることはないだろう。彼は尋ねるだろう、『どうやって天国を築いたのか?』」

堕落

教会の中に悪魔が忍び寄る事は、イエス様が既に指摘してました。当時からずっと悪魔は教会の中で働いて来たのです。内側から堕落させ、滅ぼします。しかし時々神様は、裁きを下します。

堕落した大学教師。単なる性癖では許されない変態行為です。犬を虐待して悦ぶとは…エマニュエルの犬となった新人。日本を滅ぼすために、どんな仕込みがなされて来たのか?

ペンシルベニア州立大学教授、公共の森で犬と「性交」したとして「動物虐待」で起訴

ティム・バラード

ドキュメンタリーはTwitterで無料で公開してくれるそうです。「一人でも多くの人に知ってもらい、覚醒が拡大しますように。関わる全ての人の、身の安全が守られますように。イエスの名前で宣言します、アーメン」

児童の人身売買と小児性愛に対するこの隠れた戦争と戦っている地下鉄作戦の創設者であるティム・バラードは、CIAで1年間働き、その後、児童の人身売買対策委員会の結成を依頼されて国土安全保障省で働きました。

子どもたちを救うために望んだ結果を達成できなかった彼は、国土安全保障省を離れ、地下鉄作戦を結成し、何千人もの子どもたちを救い、何千人もの児童略奪者や小児性愛者を刑務所に閉じ込めてきました。

『The Hidden War』は、世界的な児童人身売買に関する4部構成のドキュメンタリーで、2023年に間もなく世界中で公開される予定です。メル・ギブソンは、7月4日に公開されるこの実話映画でティム・バラードの人生を描いた『サウンド・オブ・フリーダム』の最終編集を担当しました。

メル・ギブソンも『The Hidden War』の製作に参加した。 しかし、これはティム・バラードだけの戦争ではなく、私たちの戦争、人文科学の戦争であり、善対悪の最終戦争です。敵は私たちの世界を支配するエリート小児性愛者です。これは人類と私たちの未来を決定する戦争です。

私たちは人類のため、そして地球上のすべての子供たちのために、組織化し、暴露し、逮捕し、この戦争に勝たなければなりません。

ハーバードとの繋がり

毎年、何十万という子供が失踪しています。死体の始末も、ビジネスとなっていてもおかしくありません。悪魔儀式や人体実験に用いられた子供達は、臓器は売られ、肉はマクドナルドへ。バーガーチェーンもさる事ながら、エリート大学も悪魔の手下です。

ウクライナの「暗い過去」は、人身売買、汚職、さらには新生児からの臓器摘出など、想像を絶する犯罪に関係していることは周知の事実である。このことは、過去数十年にわたり、複数の主要メディアの記事でもよく紹介されている。

皮肉なことに、今日、主流メディアは、これらの恐ろしい事柄について完全に沈黙している。

犠牲者

アン・ヘッシュという女優が事故死したのを覚えているでしょうか?消防隊に運ばれる彼女は、担架から起き上がり、逃げようとしました。しかし押さえられ、死亡のニュースだけが伝えられました。

確か彼女もペドを暴露する矢先での事故だったと覚えてます。

小石泉牧師も、2014年に亡くなっているそうです。死因は知りません。

バイデンの恐喝

賄賂を払うよう強要されていたと、ブリズマ幹部が告発。また議会で証言する予定だった、ブリズマの女性会計士は亡くなりました。夫も2011年に謎の事故死、息子は誘拐されました。続々とバイデン一家のやくざぶりが、暴露されてます。

今起こっていること: バイデンの贈収賄計画はさらに深まりました。現在、ブリスマ幹部がバイデン家に賄賂を支払うよう強要されていたと報じられている。

FBIが隠蔽しようとしている記録によると、同幹部は優遇措置を受けるためにバイデン夫妻や他のビジネスパートナーに支払いを送金するよう「強要」されたという。

なぜFBIはこれを隠蔽しているのか?これがドナルド・トランプだったら、あらゆる局で報道されるだろう。
衝撃的:バイデンの贈収賄計画で証言する予定だった協力証人だったブリスマの会計士が死亡しているのが発見された。 この女性は元幹部ミコラ・リシン氏の妻で、証言する機会を得る前に死亡しているのが発見された。

彼女の夫も、バイデンが副大統領だった2011年に謎の交通事故で亡くなった。彼らの息子もウクライナのキエフで殴られ、誘拐された。また、リシンはウクライナの国会議員であり著名な実業家であったにもかかわらず、彼の全経歴はインターネットからほぼ完全に消去されている。

謎の死と事件の詳細を隠すためのFBIの支援のおかげで、バイデンは再びこの事件を逃れることができるかのように見え始めている。

その他のニュース

突然死の多くが5Gと関係があると、指摘されています。グラフェンによって人体とネットを接続する特許を取得されてました。

南極観測所の工員の証言は驚愕の内容です。人工地震もさる事ながら、我々に知らされていないエネルギーの存在や、光よりも高速の乗り物と通信技術の存在に言及します。

ここでもまた陰謀論が全て正しかった、となるのでしょう。

このファイザー社の特許出願は2021年8月31日に承認され、18500を超えるリストの中で、セルタワーや衛星から2.4gHz以上の脈動マイクロ波周波数の量子リンクによって、デスショットを受けたすべての人の脂肪組織に保持された酸化グラフェンに直接接続する、または現在「物のインターネット」へと接続している、ワクチンを受けたすべてのフーマンの遠隔コンタクトトレースの目的で表示されている非常に最初の特許である。

独り言

ミニマリズムにこだわるあまり、全てのノイズを削除したがる人がいます。全てのノイズを完全に削除すべきではなく、いかに良いノイズを保ちながら生きるかが大切です。

全てのノイズを完全に遮断するのは不自然です。自然の中にはノイズが溢れています。風や鳥や虫の音など、心地よいノイズです。

静寂の中にも音は含まれています。耳を澄ませば聞こえてきます。それを人為的に削除して(つまり真空状態)しまうと、人は不快になります。

真空状態でなければ、音は溢れているのが自然です。でもそれは聞こうとしない人には、聞こえません。ノイズは誰か(何か)が生きている証拠であり、自然の中に住んでいる証です。

悪いノイズを減らせば感性が研ぎ澄まされ、些細な事に感動できるようになります。健康的に生きようとすれば、ノイズを幾分含むはずです。多少の不便や、モノを揃える必要もあります。

それらは良いノイズです。自炊や生の食材から調理する、それは手間がかかり、調理器具も必要です。妻と買い出しに行くのも、面倒かも知れませんが、良いノイズ、デートです。子供の泣き声も良いノイズです。

人生、自分の思い通りにならない事だらけですが、でもそれも楽しいのです。

家族と暮らすミニマリストは、家族の人数分だけノイズが増し加わります。それだけ工夫と挑戦の甲斐があります。

人が生きている限りノイズはあり、それが気持ちよかったりもするのです。
健康になるため、家族のため、幸せになるためのノイズかどうか吟味しつつ過ごせばいいです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

是非シェアして下さい