Mon

是非シェアして下さい

コロナの次は気象変動…ずっと前から聞かされていた事です。シュワブの娘も「それは避けようがない」と言います。

脳の毛細血管にダメージ

奇怪な動きをする人、ケダモノ化した人を、Twitterで何度も見かけました。接種により、脳の毛細血管に深刻なダメージがあるそうです。それは以前から囁かれてましたし、政府のサイトにもゾンビ注意喚起?的な文が掲載されてました。やはりそうなのでしょうか?

議論は、先月開催された国際犯罪調査委員会(ICIC)のセッションで行われた。 フーミッヒ弁護士は、バクディ博士、ライス教授、ナオミ・ウルフ博士、ピーター・R・ブレギン博士にインタビューした。

バクディ教授と彼の妻であるライス教授は、mRNA「ワクチン」の効果について語り、グローバリストの計画では、これが今後使用される唯一の「ワクチン」となり、従来のワクチンに取って代わるだろうと説明。

作家でジャーナリストのナオミ・ウルフ博士は、ワクチン接種後の人々の意思破壊が現実にどのようなものかを説明している。また、精神科医のピーター・ブレギン博士は、mRNAが人間の精神に及ぼす影響とロボトミー手術の影響との不穏な類似点を拡大し、接種キャンペーンは人類史上、最も残忍な犯罪の一つだという。

情報開示

これまで語られなかった事が、名指しで公然と語られてます。CIAに殺されたケネディ兄弟の血筋のせいか、説得力が違います。

過去の要人の言葉もそれを証言します。オバマの顧問、ブレイジンスキーも今のカオスを作った一人です。

「その金はウクライナに留まるのではなく、軍事請負業者に流れていく。軍にとっては完璧な戦争だ。彼らは契約を更新できる。彼らがワシントンDCの政策を動かしている人々だ。ミッチ・マコーネルもその一員だ 」

インタビュアー: 「軍産複合体というと誰ですか…?」

RFK: 「ビクトリア・ヌーランド、ジョー・バイデン、アンソニー・ブリンケン。彼らがそれ(軍産複合体)を動かしている人々だ。 海外に800拠点ある。それぞれは新たな戦争のためのプラットフォームにすぎない。 CIA の役割は、軍産複合体に継続的な新たな戦争のパイプラインを提供することであると叔父は発見した。その金はアメリカの中産階級によって支払われている。この国に中流階級が存在しないのはそのためだ」
「この危機は、我々が目標を達成するまで終わることはない。我々の目標はよく知られている。それが必要なのだ。そしてそれは、あなたがその考えを好むと好まざるとにかかわらず、形成されるだろう。ここからはますます悪くなる一方だ。これは危機ではなく、コントロールされたカオスなのだ。社会は一つの世界政府という考えを受け入れなければならないだけでなく、それが唯一の救いであると考えなければならない」

ブレジンスキー(Zbigniew Kazimierz Brzezinski) アメリカの政治学者、社会学者、アメリカ国家安全保障顧問、2009年6月4日

オバマの左目アザ

左目のアザを見れば、儀式に参加したと想像する人もいるでしょう。ジョン・ケリーもアザを作ってから、気象変動詐欺やその他の犯罪で精力的に動き回ってます。オバマもまた表舞台に返り咲く?

ルーラの銃規制

オバマの悲願だった銃規制を、いち早くルーラが成し遂げました。社会主義者として独裁者としての足場固めを進めます。これで凶悪暴徒たちがノーマークとなり、更なる修羅場が確実となりました。

ブラジル:社会主義者ルーラ・ダ・シルヴァが全市民に銃規制を導入 – 犯罪を減少させたボルソナロの政策を覆す。

新しい銃刀法は、技術的な側面よりも左翼的なイデオロギーに基づく新たな規制を導入している。新法は、一般市民が銃器を入手することを妨げ、市民が38口径、40口径、45口径、ACP口径、9mm口径の銃を購入することを禁止している。ルラはまた、セミオートマチック銃の購入を禁止した。

禁止口径の銃器を所持する者は、国に売却しなければならない。ルーラは、現在禁止されている銃器の買い取りプログラムを確立する予定である。

ボルソナロの銃政策はブラジルに好結果をもたらした。最近、ブラジル公安フォーラムが発表したデータによると、国内の暴力による死亡者数は2.4%減少し、4万8,4000人から4万7,5000人に減少した。

ポジティブな数字にもかかわらず、ルーラは積極的な銃規制政策を選択した。ベネズエラやニカラグアの左翼独裁政権に好意的な彼の姿勢は、銃器を所有する市民の間に、ブラジルにおけるこうした銃規制政策による全体主義の危険を懸念させる。

善人も誘拐される

ハイチはクリントン財団による地獄を味わいました。そこで彼らのために働く善人もいます。そういう人が誘拐されてしまうという、あってはならない悲劇が起きています。

アリックスの夫サンドロが運営する非営利団体エル・ロン・ハイチは、誘拐事件について次のような声明を発表した:

私たちエル・ロン・ハイチのチームは、私たちの同僚に対する多くの祈り、ケア、支援に感謝しています。  私たちは、彼らの安全な帰還を確保するために、パートナーや信頼できる関係者と協力し続けます。

7月27日(木)の朝、アリックス・ドルサンヴィル、私たちのディレクターの妻、そして彼らの子供が、私たちのコミュニティ・ミニストリーで奉仕している最中、ポート・オー・プリンス近郊の私たちのキャンパスから誘拐されたことを確認しました。

アリックスは深く思いやりと愛に満ちた人物で、ハイチを自分の故郷、ハイチの人々を友人であり家族であると考えている。  アリックスは、イエスの御名によってハイチの人々を愛し、仕えながら、苦しんでいる人々に救いをもたらすために、私たちの学校や地域の看護師として精力的に働いています。

このような状況が続いている中、皆様の支援と思いやりに感謝いたします。  現時点では、ご家族へのコメントは控えさせていただきます。  私たちのウェブサイト(www.elroihaiti.org)でできる限り情報を更新し、共有していきます。

アリックスと彼女の子供を守るため、この状況についてソーシャルメディア上で推測することはご遠慮ください。

私たちは、このような非常に困難な状況においても、忠実なイエス・キリストに信頼し続けます。  私たちは、人々がイエス・キリストに祈り、叫び求めるよう求めています。イエス・キリストが私たちの友人を安全に御手の中に抱き、私たちのもとへ、そして自由へとまっすぐ戻る道を作ってくださるように、彼らを守る垣根を置いてくださるように。
木曜日、アメリカ国務省は、ポルトープランスにある大使館の緊急ではない職員とその家族に対し、ハイチを離れるよう命じた。現在、最高レベルの “渡航禁止 “勧告が出されている。

国務省によると、「誘拐、犯罪、内乱、貧弱な医療インフラのため、ハイチへの渡航は控えるように」とのこと。2023年7月27日、国務省は米国政府職員の家族および緊急でない米国政府職員の出国を命じた。ハイチに滞在している米国市民は、現在の治安情勢とインフラの課題を考慮し、民間交通機関を利用するなどして、できるだけ早くハイチを出国すること。ポルトープランスから出国を希望する米国市民は、現地のニュースを注視し、安全と判断される場合にのみ出国すること」

さらに、「誘拐が蔓延しており、その被害者には米国市民も含まれている。誘拐犯は巧妙な計画を立てることもあれば、無計画な機会を利用することもあり、護送車が襲われたこともある。誘拐事件には身代金交渉が伴うことが多く、米国市民の被害者は誘拐の際に身体的危害を受けている。被害者の家族は、家族を救出するために数千ドルを支払っている」

執行猶予

ペドの執行猶予は危険過ぎると思います。それと、懲役たった2年で何が変わるというのか…15年で刑期を終えた男が、すぐに子供を漁り始めたという現行犯逮捕の動画もあるというのに。

続き 38歳のときに小学生の児童に対する強制わいせつ未遂の罪で起訴。「このままでは子どもの命を奪いかねない」と感じ交番に自首、懲役2年、執行猶予4年の有罪判決。 なぜ未遂?10人以上に性加害したとある。10人の子どもに性加害したら当然『死刑』起訴内容の怪しさと、法律の不備に助けられただけだ。

こいつはペドフィリアを治療対象としたが、ペドを一つの性指向として、その権利を主張する輩たちがいることは紛れもない事実。 子どもたちを簡単には守れない時代に突入しつつある。 社会全体で残酷な事実を共有し、意識を高め、ガードを固めて、子どもたちを死ぬ気で守っていくしかない。

WEF

ベーシックインカムを待望する人たちがいます。それは罠です。支配層の飴です。地球のためと言いつつ、公平なシステムと見せかけつつ、奴隷化を進めます。


シュワブの子孫によれば、WEFが推進する「気候変動による緊急事態」というシナリオは、「漸進的ではない変化を生み出し……自然を経済の中核に据えようとするもの」だという。
ニコール・シュワブは、2020年にWEFのパネルディスカッションで録画された、新たに発掘されたビデオの中でこの告白を行った。

WEFはニコール・シュワブをWEFの “執行委員会メンバー “としており、Platform to Accelerate Nature-Based Solutions & 1t.orgの共同ディレクターでもある。

WEFの出席者たちは、「緊急事態」という偽の脅威が、WEFの人類に対する「グレート・リセット」計画をさらに進めるためにどのように利用できるかについて議論していた。

「この(COVIDの)危機は、まず第一に、私たちがその気になれば、そして私たちの生活に対する緊急事態を感じれば、物事は非常に急速に変化することを私たちに示してくれました」とニコール・シュワブは宣言する。

「そして第二に、私たちが以前から持っていたシステム、つまり、先ほどあなたがおっしゃったようなシステムは、明らかに持続可能ではないということです」

「グレート・リセットを実現し、巨大な資金の流れを利用し、政策立案者が今日持っている増加したレバーを利用し、以前には不可能だった方法で、漸進的な変化ではなく、私たちが振り返ることができ、自然を経済の中核に本当に位置づけ始めた瞬間だと言えるような変化を生み出す、とてつもないチャンスだと私は考えています」

「ビジネスと経済の視点に立ち、雇用創出と自然再生のチャンスはどこにあるのか?」

「そして、これはまた、イノベーション・テクノロジーとビジネスの成長が、自然にプラスの影響を与えることで起こりうるという考え方であり、そのような例をいくつか示しているのです」

「再生農業はもちろん、その大きな部分を占めている」とシュワブは続けた。
NASA:EMF曝露により致死的マイクロ波症候群が急増している」

NASAによると、5Gとワイヤレス技術の急速な普及により、人間に「マイクロ波症候群」が大量発生しているという。

人々は今、かつてないほど電磁場(EMF)にさらされており、健康への悪影響は明らかになり始めたばかりだ。

この高速ワイヤレス接続、スマート家電、デジタル・スマートメーター、データ収集の新時代は、”マイクロ波症候群 “として分類される病気の新しい波を引き起こしている。

何年もの間、NASAはマイクロ波放射の致命的な影響について警告してきた。1971年には、海軍医学研究所が、マイクロ波放射が人間に及ぼす致命的な影響についての調査結果を発表した。

これらの健康問題には、不眠症、心拍数の上昇、全身倦怠感、耳鳴り、頭のざわつき感、頭痛、めまい、本格的な偏頭痛などが含まれるが、これらに限定されるものではない。

Newstarget.comが伝えている:携帯電話の電波塔、Wi-Fiモデム、携帯電話、タブレット端末、スマートウェアラブル、スマート家電などが24時間365日マイクロ波を放射し続けている。マイクロ波放射に敏感な人もいれば、そうでない人もいるが、いずれにせよ、私たち全員がこの実験に参加しているのが現実である。

ワシントン州立大学のマーティン教授は、低強度のマイクロ波周波数の電磁場が人体に及ぼす影響を広範囲にわたって研究してきた。生物学的影響には、脳の構造、脳機能、心理的反応、行動に影響を及ぼす40種類もの神経精神医学的変化が含まれる。

また、甲状腺機能亢進症から下垂体機能不全まで、8種類のホルモンへの影響も含まれている。EMFは心臓の活動を低下させ、心臓のリズムを変化させることもある。放射線は精巣の組織学的変化を引き起こし、染色体切断や完全な細胞死を引き起こす可能性がある。要するに、EMFは生命の本質そのものを破壊しているのである。

人口ベースの調査によれば、13.3%以上の人々が何らかの形でEMFに過敏であるという。

マサチューセッツ州ピッツフィールドに住む10歳のコートニー・ジラルディの場合、自宅から450フィート(約8.5メートル)以内に5Gセルタワーが設置された後、彼女の健康状態が突然悪化した。電波塔が設置された直後から、彼女は睡眠障害、頭痛、めまい、頭のざわつきに悩まされるようになった。

彼女の家族によると、健康問題は心拍数の急上昇、不眠症、偏頭痛に発展したという。彼女は最終的にマイクロ波症候群と診断され、5Gセルタワーに近づかないように言われた。問題は、5Gが彼女の家のすぐ外に設置されていたため、彼女にはこれをコントロールできなかったことだ。

ジラルディさんのもう一人の娘たちも体調を崩し始め、寝つきが悪くなったり、夜中に嘔吐したりするようになった。近隣の他の住民も吐き気、不眠、頭痛を頻繁に経験するようになった。ジラルディさんは結局、娘たちが回復するために近隣から引っ越すことになった。

業界の放射線基準はでたらめ

アルバニー大学公衆衛生大学院の環境健康科学教授であるデビッド・カーペンターは、EMFの健康への影響を調査した。彼の『Bioinitiative Report』では、有害な生物学的反応は、業界の基準の範囲内の放射線レベルで引き起こされる可能性があることを明らかにしている。

業界は1キログラムあたり1.6ワットという基準を設定しているが、人によってはこのレベルの放射線が神経機能に支障をきたし、DNAや細胞の生存にダメージを与える可能性がある。

これは、業界標準がマイクロ波放射の熱影響にのみ関係しているためである。EMF放射の非熱的影響は現実に存在するが、業界ではしばしば無視されている。携帯電話による0.00034マイクロワットの非熱的EMF放射が精子の数を減少させるという研究結果がある。

より少ない被曝は遺伝子に変化を引き起こす可能性がある。

EMFの神経学的影響は、多発性硬化症、パーキンソン病、ライム病などの神経疾患や免疫不全をすでに患っている人に多く見られる。また、慢性疲労、カビアレルギー、複数の化学物質過敏症に悩まされている人も、電磁波の影響を最も受けやすい。

検閲

我々が拡散していた情報は正しく、それを検閲するようにとSNS企業に指示していたのは米外科医総長でした。

米外科医総長、フェイスブックにコビッド・ジャブの副作用に関する真実の情報を検閲するよう指示

私たちの多くが当時真実だと知っていたことが、ついに明らかになった。

先日の「連邦政府の兵器化に関する特別小委員会」に続き、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグが作成した内部文書により、ホワイトハウスが(軍医総監室を通じて)技術系プラットフォームに対し、コビドワクチンの傷害や副作用に関するすべての記事(真実のものも含む)を隠蔽し、誤報とするよう指示したことが明らかになった。

ホワイトハウスが “ワクチンへのためらい “を助長すると考えたものはすべてターゲットだったのだ。

Activist Postが伝えている:ジム・ジョーダンは、FacebookFilesと名付けられた2つの投稿のうち最新のもので、米国政府が米国市民の憲法修正第1条の権利を抑圧しただけでなく、生死にかかわる重要な問題についての真実の言論の行使を積極的に標的にした深層を明らかにしている。

侮辱の脅迫を受けてザッカーバーグが作成した社内メールについて、ジム・ジョーダンは次のように述べた:”バイデン政権はフェイスブックにも同様に真実の情報を削除することを望んでいた “と述べ、フェイスブック(メタ)の従業員が “外科医総長は副作用に関する真実の情報を削除することを望んでいる “と述べているスクリーンショットを共有した。

すなわち、スタンフォード大学のウイルス・プロジェクトを中心的な調整機関として、政府(およびCCDHのような外国の影響力を行使するNGO)のために、すべてのハイテク・プラットフォームにわたって組織的、制度的な政策が存在し、ワクチンの害を隠蔽し、このトピックに関する情報を作成または共有する人々を “誤報 “または “偽情報 “の拡散者として標的にしていたということである。

内部メールでは、ホワイトハウスがフェイスブックに圧力をかけ、ワクチンに関するユーモラスな投稿を削除させたことも明らかになっている。

明らかに、ホワイトハウスが “ワクチンへのためらい “を助長するとみなしたものは、すべてターゲットになりうるものだった。

言い換えれば、市民が十分な情報を得た上で医学的な選択をするために必要な情報、そして現代における公共の場に相当するソーシャルメディアにおいて友人や家族と議論する能力が、積極的に抑圧されていたのである。
民主党次期大統領候補のロバート・ケネディ・Jrは「米国政府が武漢ウイルス研究所を徹底調査せず、中国共産党を処罰しないのは、米国NIH、CIA、米国国際開発局及び国防総省を含む多くの政府部門が武漢ウイルス研究所に巨額の資金提供と技術移管を行っていて、さらにコロナウイルスに関する生物兵器の研究開発にも参加したからだ」と指摘する。

独り言

家族がいる人は、家族にミニマリズムを押し付けるのはやめましょう。まずは自分のモノ、コト、ヒトを整理しましょう。それだけでも十分なチャレンジがあるはずです。

家族の理解が得られない場合、どうしたらいいでしょう?自分の聖域を作りましょう。それがメンタルを守る秘訣です。

家族は自分の変化を見て、それがポジティブであれば真似したくなるでしょう。仮にそうでなくても、押し付けるのは禁物です。押し付けるのではなく、考え方をシェアしましょう。

僕も分かってもらえず、フラストレーションを抱えた毎日でした。しかし少し前から妻が理解を示すようになりました。今ではメルカリを始めて、色々と処分してくれています。

とはいえ自分のモノを処分し始めてから、すでに5年が経ちました。忍耐し続けた甲斐があったと思います。
ハードにはやらず、ゆるくミニマリストをやってきました。

僕も自分の聖域を作りました。それは自分がいつも作業するリビングの片隅です。そこだけは自分のミニマルスペースとして、死守しました。

そこに居れば、自分の主義を満喫できます。そうやって自分のメンタルを守りました。自分がいい状態でいれば、家族はそれを見て、認めてくれると信じて。

そしてつい最近、娘が部屋の整理整頓の本を借りて来て読むようになりました。まだ実際に行動には移せてませんが、意識がまず変わってきたのを見る事ができます。このように、信じて待つという事も大切だと思います。

それは辛い事でもありますが、それがすなわち「愛する」という事なのです。聖書にも書かれているとおりです。

愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。愛は決して絶えることがありません。(新約聖書 第1コリント人への手紙 13:4〜8)


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
是非シェアして下さい