Tue

是非シェアして下さい

これまでのタブーが公に叫ばれるようになりました。大衆の意識は変わりつつあります。フリン将軍は敵に宣戦布告し「お前ら全員捕まえて投獄するぞ」とツイート。

トランプだけ強制捜査

バイデン宅からコケインが、オバマ宅から死人が、ペロシ宅からは男娼が、クリントン宅からは不法サーバーが…なのにトランプ宅だけFBIが強制捜査で押し入った。

デヴォン・アーチャーの証言

ハンターの親友でありビジネスパートナーのデヴォン・アーチャーが、バイデンの嘘を暴く証言をしました。「ハンターのビジネスとは何の関係もない」と言いましたが、違いました。

モスクワ市長の夫人からの賄賂で、彼女を制裁リストから解除した事も証言されました。

力無い抵抗

民主党議員のゴールドマンは、「天気の話しをした程度」と苦しい抵抗を見せました。すぐさまCNNはその言葉に反応し、ビジネスとバイデンの直接的な繋がりは見えないと否定。メディアと民主党は全てバレているのに、嘘をつき続ける事しか出来ません。

民主党の常識

ブリンケンは「核戦争は気候変動より大きな脅威ではない」と言いました。戦争屋の彼にとって戦争を止める気は毛頭なさそうです。

民主党はヒラリーのメールについて「料理レシピと任命書くらいなもの」と、嘘をつき始めました。時間が経てば、人の関心も記憶も薄れていくと期待しているのでしょう。

拡散されるべき

アシュリー・バイデンの日記が彼女のものである事を、プロジェクト・ヴェリタスが確認しました。動画の中でアシュリーは、日記を含む他の所有物を返して欲しいと電話で頼みます。

日記の内容は「父バイデンがシャワーに入って来て、いかがわしい事をする」「それを避けるため夜遅くにシャワーを浴びる」といった生々しいものだったと記憶してます。

これまでに見たことのないもの:アシュリー・バイデン、有名な日記は彼女のものであることと、アメリカ人ジャーナリストに対するFBI襲撃の背後にある全容を認める。

[09.03.2020] – VERITAS TIP LINE: 「..アシュリー バイデンはこの部屋に滞在していましたが、彼らは彼女の日記、彼女のすべての衣服、荷物、錠剤を発見しました…日記はかなりクレイジーです」

[2020年8月10日] – アシュリー・バイデン: 「私はアシュリー・バイデンです。それは私のものです」

ワレンスキーの後釜

CDCの新長官、マンディ・コーエンは「コロナワクチンを毎年接種」させる事を宣言したそうです。アメリカでは猛反発を喰らうでしょう。しかし支部を日本に設立した彼らは、アジア人の抹殺に励むと思われます。WHOとコラボし、強制接種とロックダウンをするでしょう。

バグディ博士のいう通り、接種者とも協力しなくては…

ウクライナ

覚醒剤が援助物資としてウクライナ軍に送られます。まともな精神状態で戦えるはずがありません。ウクライナはあらゆる犯罪のハブだとフリン将軍は言います。これらの情報を、彼はハッキリと伝え、拡散され、認識されつつあります。かつてはタブーであり、ウクライナ戦争が始まるまで、蓋は閉じたままでした。

ビクトリア・ヌーランドがバイオラボがあると言っていたので、私たちはバイオラボについて知りました。

ついに最終段階へ?

フリン将軍は情報開示しただけではありません。支配層に向けて重要なメッセージをツイートしました。「お前らを捕まえに行く。刑務所にぶち込む」

肝心なのは、皆が同じ思いを共有する事です。時が満ちてフリン将軍はツイートしたのでしょう。

警告 全ての小児性愛者と、子供に対する犯罪を可能にした人々に向けて、フリン将軍は 2023 年 7 月 20 日と 23 日に次のようにツイートした。

「あなた方サイコパス小児性愛者と、子供たち(そして人類)に対する恐ろしい犯罪を可能にするあなた方は、何一つ罪を免れないでしょう」

「我々はあなた方を捕まえに来ています。最終的にあなたを見つけ出し、長期間、あるいは最悪(この恐ろしい犯罪に対処する勇気のある州には死刑が科せられる)監禁することになります」

Liz:私たちは小児性愛者だけを捕まえるのではなく、子供に対する犯罪を可能にした人も捕まえます。皆さん全員の責任が問われ、正義が果たされるまで、私たちは立ち止まりません。子供たちを救うためにフリン将軍とこの戦争の最前線にいる全ての人々に神のご加護がありますように!

独り言

子供にミニマリズムをどう教えたらいいか?実はこのトピックは、僕もまだ経験がありません。そこで僕の好きなミニマリスト、ジョシュア ベッカーから学ぶ事にしました。

そもそも我々がモノを処分するきっかけとなったのは何でしょう?「モノにうんざりしたから」「モノが自分を幸せにはしてくれないと悟ったから」など色々あるでしょう。すでに十分に「所有する」という経験をした後の結論です。

しかし子供はどうでしょうか?まだ10年も生きていない、自分で買う事もできない子供に、十分な「所有」という経験があるでしょうか?「捨てたくなるほど所有した経験はない」でしょう。

その点からすると、我々大人はずるいです。子供の目線で考えるべきです。子供はまず所有すべきなのです。

ジョシュアも「まず自分の所有物から始めなければならない」と教えています。それから自分の行いを見せる事で、学ぶように仕向けます。しかし、一方でミニマリズムの考えを知ってもらう事も有益です。

ジョシュアは、持ち物を減らす事で得られる利益をしっかり説明すると言います。以下のようなポイントです。

  • 時間
  • お金
  • エネルギー

モノを減らす事で得たこれらを、どう使うかを考えるようにと。

そして子供にも片づけは教えます。その上で、物理的な制限を加えるといいます。制限あるスペースの中で、自由に所有して良いという考えです。

「モノをいくらでも所有して良い、ただし○○に収まる範囲内で」

「制約の中での自由」という考えは大切だと思います。そうでなければ、節制のない大人になりそうです。「子供には制約を設けて、その中で選択させるべきだ」とジョシュアは教えています。

子供に対して、「要らないものをとにかく捨てろ」ではいけないという事です。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
是非シェアして下さい