Thu

是非シェアして下さい

支配層の計画は進んでいるものの、我々の攻撃も拡大しています。タイミングが大切とQは言ってましたが…パンデミックとワクチンが予定より早まったのが鍵となったのでしょうか。

富める国

欧米による搾取がなければ、リッチな国になれるのに…それは日本も同じでしょう。いつかニジェールのように、本当の意味で独立出来ますように。

傾くハリウッド

悪魔の巣窟だと暴露され、人とカネが離れて行きます。予算削減を余儀なくされます。AIに頼り、ディープフェイク技術を駆使します。そうすれば俳優や脚本家などは不要となります。AIの使用は既に組合などを通して問題となっています。

これが今日のアメリカ

キリスト教国なのに、キリスト教徒が迫害される。そういう時代に突入しました。どこを見ても悪魔だらけです。逮捕された青年は「キリストのために逮捕された事を、誇りに思う」と語ったそうです。

ウィキはCIA

よく知られてますが、共同創業者の言葉は重みが違います。悪者は全てを捏造しません。正しい情報の中に嘘を混ぜます。ウィキも全てが嘘なら、もう誰も見ません。

地球温暖化詐欺

1994年にコールマン博士が、地球温暖化詐欺を暴露しました。人口を50%削減する計画です。その14年後、テッド・ターナーは50億人削減する必要があると言いました。今その実現化に向けて動いてますが、長い期間をかけて準備して来た事が分かります。

人口削減ワクチン

支配層の計画は、トランプによって前倒しになったという説があります。それにより、計画のタイミングが崩れた可能性があると言えます。我々は抵抗する自由と力をまだ持っており、戦いました。結果、情報がかなり拡散されました。

多くの犠牲者と共に、人類史上最悪の事態となりました。しかし支配層のオリジナルの計画通り2025年(でしたっけ?)にパンデミックが起こされていたら、我々には抗戦する余地が残されていなかったかも知れません。

ハイテク支配が浸透する前だったからこそ、敵の正体を暴く事が出来たと思います。

バーラ氏は、BBCを通じて子ども向け新型コロナワクチンの安全性に関する誤解を招く情報を親たちに伝え、子どもたちの健康を害したとして有罪判決を受けた。

人身売買

ワクチンで支配層の悪が暴かれ、さらに人身売買へシフトしました。エリートとは特権階級ではなく、極悪犯罪者でした。憧れる存在ではなく、悪魔崇拝者たちです。真実が拡散され、エリートへの風当たりは強くなるばかり。

ウクライナ戦争が起きたタイミングも、支配層の城壁に穴を開けるのにちょうど良かったのかも。

ドキュメンタリー『EYES OF THE DEVIL』より: 「子供たちの顧客は非常に裕福です。彼らは、どこからか自分のプライベートジェットやヘリコプターでやって来ます。

それらはさまざまな場所で拾われます。お金持ち。彼らは子供と時間を過ごすために大金を払っています。すべては医療チームによって手配されています。

彼らは、その子供が生き残れないことを知っています。そして、もしその子供が一生不自由になった場合、誰も世話をしません。そのため、その子供は自動的に臓器提供者になります。

これらの売春宿は世界中に支店を持ち、手術室も備えています。これらはセキュリティが非常に高いサイトです。彼らについて知っている人はほとんどいません。

彼らは普通の売春宿ではありません。ここでは巨額のお金について話しています。つまり…それらは完璧に組織されています。そこに座っているのはただのおじさんやマダムではありません。

「すべては専門的にセットアップされています。株式会社のように、企業と同じくらい複雑です。医療チームが待機している必要があります。誰かがあの子供たちの世話をしなければなりません。誰かが、移植、その他すべてを整理しなければなりません。臓器を探している顧客を探すのを手伝ってくれる人もいるはずです」

「それは続きます。需要は膨大であり、それは変わりません」ジェフリー・エプスタイン、ギスレーヌ・マックスウェルの島は、ほんの始まりにすぎません。児童の人身売買、児童の臓器売買、人身売買は頂点に達しており、どこにでも存在します。ウクライナはこの種の悪の中心地の一つだ。
かつら利権やエステ利権が絡むからまだまだ一部の富裕層しか利用できなそうですが、本当にアドレナクロムて存在してた。 タイミングが良いですね人身売買の映画が話題の時に。 85000人ものアメリカ人が、年間行方不明になってます。
欧州理事会は、ハリコフで発覚した行方不明の赤ん坊と臓器狩りに関するプレゼンテーションの後、勧告を採択した。米国国立司法研究所国際センターとウクライナ法科学アカデミーの協定の一環として、米国ウクライナ・リサーチ・パートナーシップの一環として、ウクライナにおける人身売買に関する調査が実施された。

主な調査結果…ウクライナ独立後、売春による女性の性的搾取が急増している。ウクライナで売春している女性たちにインタビューした。

高速道路沿いに立つ麻薬中毒の女性たちは、売春に関わり、売春から離れられない要因として、人生における重大な損失と麻薬の使用を説明した。

都心で街娼をしている女性たちは、自分たちの生活環境と売春で受ける暴力について語った。ウクライナのほとんどすべての地域から、女性がリクルートされ、人身売買されている。

ウクライナの異なる地域から来た女性は、異なる目的国に人身売買される可能性が高い。ウクライナの幹の地域から、女性は主にチェコ共和国、ユーゴスラビア、ブルガリア、ドイツに人身売買されている。

北部地域からは、女性はラトビア、リトアニア、エストニア、オランダに移送されることが多い。南部地域からは、トルコ、ギリシャ、イタリア、ルーマニア、アラブ首長国連邦、イスラエル、シリア、ドイツに連れて行かれる。

被害者の約70%が巧妙な詐欺によって人身売買されている。たいていの場合、女性たちは海外でウェイトレスやダンサーとして働くよう持ちかけられた。

人身売買業者は、美人コンテストの参加者に海外でのモデル契約を持ちかける。モデル学校も被害者を訓練し、勧誘するために利用された。女性たちは旅行代理店を通じて人身売買されることが最も多いが、そのほとんどは合法的に登録されている。

人身売買業者の80%がウクライナ人で、約60%が女性である。人身売買業者は、以前売春をしていた女性をリクルーターとして使っている。ウクライナの研究者が行った調査によると、ウクライナの若い女性の3分の2が海外に行きたいと考えている。

彼女たちの多くは、国内の貧困や機会の欠如だけでなく、メディアで目にする欧米のライフスタイルにも影響を受けている。彼女たちの多くは、裕福で魅力的な欧米のビジネスマンが自分たちと結婚し、自分たちの問題を解決してくれると信じている。

ソビエト連邦が崩壊したことで、人身売買業者は何百万人もの女性から人身売買を行うことができるようになった。現在、ウクライナ、ベラルーシ、ラトビア、ロシアなどの旧ソビエト共和国は、世界中の性産業に人身売買される女性の主要な送り出し国となっている。

今日の性産業市場において、最も人気があり、価値のある女性はウクライナとロシア出身である。

1998年、ウクライナ内務省は、過去10年間に40万人のウクライナ人女性が人身売買されたと推定した。

国際移住機関は、1991年から1998年の間に50万人のウクライナ人女性が欧米に人身売買されたと推定している。

トルコ、ギリシャ、キプロス、イタリア、スペイン、ユーゴスラビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ハンガリー、チェコ、クロアチア、ドイツ、アラブ首長国連邦、シリア、中国、オランダ、カナダ、日本…である。

1996年から2000年まで、ウクライナでは人身売買の起訴はほとんど存在しなかった。年間55万件以上の人身売買があったにもかかわらず、刑事告発に至ったのは50件未満であった。

WEFジョー・バイデン政権が不正選挙によって誕生した直後にウクライナ戦争が始まったのは偶然だとでも?

がんばれトランプ

トランプのタフさに感動します。敵は死に物狂いだと、熟知しているからでしょう。トランプの心と身体と安全が守られますように…

我々は生き残るだけでなく、これまで以上に強くなる。 私たちは誰も考えつかなかったような戦いをしている。 そして我々は勝利する。 我々は2016年に勝利した。 2020年には不正選挙があったが、現職のどの大統領よりも多くの票を得た。

私達はかつてない勝利を手にする。そしてアメリカを再び偉大な国にする。 かつてないほど信じていると心から言える。ご支援そしてお祈りをありがとうございます

独り言

より少ない服を所有する事の利点とは?最近は毎日同じ服を着るという人が増えました。理由は「毎朝服を選ぶのが面倒」だそうです。

これは単なる面倒臭がり屋なのでしょうか?そうではありません。特にビジネスエグゼクティブなど超多忙な人が、毎日沢山の決断を下さなければならない人が同じ服を着るといいます。

責任がのしかかる決断を下すため、神経をすり減らします。決断のエネルギーを少しでもセーブするために、少しでも脳に負担をかけないためらしいです。そのため毎朝、同じ服、朝食にします。

他にも色々あります

  • 選ぶ手間が省ける
  • 好きな服だけをいつも着る
  • 量より質をとる
  • 自分のスタイルを確立する


私たちがエグゼクティブでなくても、同じ事が言えるかも知れません。仕事をする人ならば、大体同じ服を着るでしょう。それなら最初から、自分の気に入った服だけ着るのはどうでしょうか?

気に入った服を3着用意して、着まわすなら毎朝考える必要はなくなります。もしそれがプライベートでも使える服なら、尚よしです。ずっとお気に入りの服だけを着られるわけですから。

しかもそれ以外は全部処分してしまえば、クローゼットもスッキリします。そして無駄な服を買う事もなくなり、無駄遣いが減ります。同じ服を着る事で「自分のスタイル」の出来上がりです。

また量より質という考え方になります。安物買いの銭失いはやめて、納得するものだけを買うようになります。ブランドにこだわる必要はありませんが、自分らしさについてこだわるといいです。

服によって自分を表現するのです。多くの男性は、モノトーンの服で統一します。シックですし、服以外のモノとも合わせやすいからです。

でも自分らしさの追求として、自由に選べばいいと思います。ミニマリストがみんな同じ服を着るのは、何だか奇妙ですから。自分の個性を考えつつ選びましょう。

選ぶコツは色の数を出来る限り少なくする事です。色が多いと統一感がなく、煩雑な印象になります。これは何においても言える事です。

自分の体格や顔の色などを考慮し、似合うものを選ばなければ意味がありません。結局行き着くのは、使いまわしの利くベーシックな定番となるかも知れません。さらに自分の好きなモノとなると、選択肢はかなり少なくなるでしょう。

そもそも今の身体では、好きな服を着れないかも知れません。まずは肉体の改造から取り組む事からスタートとなります。長期的視野のチャレンジだと言えます。

たかが服ですが、理想の自分を手に入れるには、色んな段階があると思います。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
是非シェアして下さい