Mon

是非シェアして下さい

山火事は放火によるもの…放火魔たちは、温暖化の演出のために雇われたのでしょうか?ソロスのカネでしょうか?その証拠にカナダでは、2020年には山火事が激減。奇しくもロックダウンの年でした。

BRICs

西側諸国に対し、強気な姿勢です。数の力、資源の力で西側を凌駕したので、仕方ありません。それにこれまで虐げられて来たのですから。

Shellenbergerのスレッド

オーストラリアにいた時、山火事が頻繁にありました。中には自然のものもありましたが、放火も必ずいました。山をドライブ中、タバコのポイ捨ても原因となります。人災である場合がほとんどでは?気候変動とは関係ありませんし、気候変動は良い方向に変動しているデータもあります。

「市民保護大臣ヴァシリス・キキリアスは、アテネの北西に位置しビザンチン様式の修道院や古代ギリシャの要塞を含むモニュメントがあるパルニータ山で放火犯が新たな火事を多数起こそうとしていると警告した。 「放火犯どもは森林や財産、そして何よりも人命を脅かす火事を起こしている。我々は必ず見つけ出し責任を取らせる」 欧州連合の国境国であるギリシャは2015年に移民危機の矢面に立たされた。

ドイツをはじめとするEU西側の加盟国が全ての移民に国境を開放する事にあまり熱心でなくなった為、ギリシャにはアフリカ、中東、南アジアからの移民が滞留している。 ギリシャで立ち往生している事に不満を持つ亡命希望者は、より良い宿泊施設に移るか移住を許可されることを望んで彼らが世話を受けているキャンプを焼き払う事があったというが…火災は世界中で起きている訳で…

ギリシャの火事が放火だと判明した今、主流メディアはいつものように嘘を流していた事が確定されました。オキーフが暴露した通り、メディアは気候変動デマで恐怖を煽り、儲けてます。

山火事が起こる理由:放火は気候よりも責任があるという神話を暴く

「子供の頃の思い出が今、燃えている」ギリシャの住民

ギリシャ警察は、EU史上最大の放火で数十人を逮捕

山火事の怒り

2023年8月23日、チョーバン村の住民が避難する中、煙が立ち昇る。ギリシャのマリツァ地方で山火事が続く

危機の気候 ギリシャの山火事は「気候変動の厳しい現実」であると専門家は警告する

火災を止めるために、ヨーロッパ20カ国以上の消防士がエヴィア島にいます。耕され乾燥した広大な森林を破壊する。

EUが「新記録」としたギリシャの火事の後、何十人もの放火魔が逮捕された

その火事のために、消防士達はアテネの近くと、約18万エーカーが燃えた地域で火災と戦っている。

©この記事は1ヶ月以上前のギリシャの山火事です:気候危機は「より大きな災害でどこにでも現れる」とギリシャの首相は述べています。

最新ニュース:キリアコス・ミツォタキスは、約2,500人が避難したため、議会に「私たちは戦争中です」と伝えます。コルフ島から • ギリシャ:コルフ島とエビア島で山火事が勃発

19,000人がロードスの炎から逃げる。教えてください:あなたはロードス島とコルフ島の山火事によってどのような影響を受けましたか

「非常に困難な夏だ」と、政府のスポークスマン、パブロス・マリナキスは金曜日のメディアミーティングで、「放火とともに気候変動の爆発的な組み合わせ」を非難した。彼は、全国で160人が放火容疑で逮捕され、そのうち42人が意図的な放火で告発され、残りは怠慢による放火で告発されたと述べた。「犯人は裁きに直面するだろう」

地球温暖化はグレートバリアリーフを殺していると研究は言う。オーストラリアのグレートバリアリーフは「極度」に苦しんでいます。サンゴの白化 サンゴの中には「勝者」と「敗者」がいます。気候変動の累積的な影響に対応する。

グレートバリアリーフの一部は、36年で最大量の珊瑚を記録しています。36年前から監視を開始した海洋科学研究所(AIMS)によれば、グレートバリアリーフの一部は、オーストラリア以来のサンゴカバーの最高量を記録しています。

2000年から2021年の世界の気候と天災

世界のCO2排出量の低下

アメリカは気候変動対策における世界のリーダー“2019年、アメリカはCO2排出量最大の減少を達成した“ − 2020年国際エネルギーエージェンシー

アメリカ、ハリケーンの上陸数は減少している

アメリカでは熱波の頻度、規模の増加傾向は無い

アメリカの熱波による死亡者数の減少

チャートは、「非EHE日と比較して、極端に暑い日の死亡の相対リスク」を示しており、9年間隔に分かれています。赤い線は点推定を表し、灰色の陰影は95%を表します

「米国における熱波関連死亡率の最近の傾向:2018年までの最新情報」

ヨーロッパでの洪水による死亡者数は減少している

中国の洪水による死亡率とコスト。被害額は過去30年概ね横ばいで、被害率は過去20年横ばい。死亡率は減少している。

パキスタンの洪水は減少(よく分かりませんが)

IPCCは気候変動による洪水に対し「信ぴょう性の低さ」を示す

洪水事象に対する変化の影響「世界規模での河川の流れの変化を、人間の生活が原因とする信ぴょう性は低い。この研究はまだ限定的でしかなく、これらの研究の結果の違い、および大規模なモデリングのために、洪水事象の確率または大きさの変化を人間による影響とする自信は低い」

NASAによれば、2003年から2019年にかけて、世界中の燃焼される地域は25%減少。それはテキサス州のサイズになる。

この上下の記事の意味はよく分かりませんが、多分、山火事はさほど悪いものとは見なすべきではないというものだと思います。山火事の度合いは、消化活動と積滞した木の量に関係するのだと…

放火犯は過去2週間でより多くのCO2とメタンを大気中に放出しました…それはすべての車、ガスストーブ、または牛の排出する2年分のCO2に相当します。

誰もが家に閉じ込められていたのに、なぜ2020年に森林火災がなかったのか

ロックダウンは放火(気候変動)を防ぎましたか…?

カナダは山火事で最悪の年を迎えています

グラフは1983年以来、毎年100万ヘクタールで焼失した面積を示す

トランプが正しかった

こういう動画を観ると、トランプはQによって本当の数字を把握していたのでは?と思わされます。コロナ死亡率について、主流メディアや専門家たちは3.4%と脅しまくりました。トランプは「1%よりずっと低い」と言いました。正解は0.2%でした。結局、トランプが正しかったのです。

こういった情報を、メディアは後になって訂正するとか、お詫びを入れるとかしません。それで多くの事が「やっぱフェイク情報」と納得してしまうのです。そしてそのうち忘れられてしまうという…

我々のシェアする情報も、一時的には「あれはフェイクだったようだ」という事もありますが、ずっと後になって「やっぱり真実だった」という事にもなりかねません。

みんなトランプ

バイデンの無能さ、無謀さに、「いい加減うんざりした」という人が増殖中。アメリカでは今起きている事の全てが、覚醒へと繋がっていると思います。日本では違いますが…

(オバマとバイデンは黒人が不利になるようにしてきたが、トランプは黒人の地位を向上させたので信頼されてます) 腐った司法制度に対抗する彼を支持する 起訴はでたらめで、逆にトランプの選挙を有利にしてる ファニ・ウィリス検事(民主党)は俺の妹と同級生だったが、あいつはくそだ、あいつは白人リベラルの操り人形だ

蛇崇拝:グノーシス&LGBTQ

この動画は興味深いです。多くの方がバチカンに隠された「多くの聖書外典」について語り、聖書の信ぴょう性を否定します。しかしながら、それらの本は欺くために書かれたものであり、サタンの働きによるものだという事が、この動画から学べます。

独り言

時短テクとか時間の節約アイデアは、ある程度までは役に立ちます。しかしいずれ歪んでくるので、根本的に考えを改めるべきです。もっと良い解決法があります、人生のリストラ(再構築)です。

時短など考えず、捨てるといいです。

そもそも、時短が良いとされるのは、子育て中の母親くらいなものです。手がふさがってしまうので、時短テクに頼ってもおかしくありません。でも学校に通い始めたら、母親は家事そのものを楽しむのが良いです。

洗濯機、ガス風呂、冷蔵庫が無い時代では、家事は大変でした。その頃と比べると、随分楽なはずです。どうして今の人は、それが大変に感じるのでしょう?

ミニマリストは、モノを捨ててしまいます。収納テクで何とかしようとは思いません。収納テクは「また買い足す」前提なのです。

それが問題の根です。

モノと同じようにコトも「徹底的に捨てる」のです。減らして初めて、日常の営みに意識が向いてきます。例えば、「そうじ」です。

「仕方なくやる」、「やらなければ」と思いながらやるのではなく、それ自体を楽しむのです。意識を向け、集中したとたん、面白くなります。気持ちよい作業になります。

それはゴシップ番組からは決して得られない、清涼感を与えてくれます。神聖さとも言えるような清々しさ、爽やかな気分にさせてくれます。テレビと、どちらがいいでしょう?

本当はどうでもいい話なのに、ネガティブなネタばかりなのに、「お菓子食べながら、いつも観る番組」として To Do リストしていませんか?そうじはそれなりに体を動かすので、色んな筋肉も刺激します。

作業(仕事)そのものが喜びになります。自分にとっても、家族にとっても良い事です。

寝転んでお菓子たべて、くだらないテレビを観るのを習慣としているなら、心身ともに不健康になってしまいます。こんな典型的な専業主婦の話を例にすれば、誰でも分かります。でも、こんな生活している人が、未だにこの世に存在するのでしょうか?

今日もっと忙しく働いているはずですね。

みんなぐーたら主婦と同じだ、と言ったら怒るでしょう。「オレは毎日死にそうなくらい働いてるんだ」と。でも根本的な事を言えば、心身ともに悪い事をしているかも知れない、という事です。

踏み込んで言えば、「もっと自分を顧みてはどうですか?」という事です。

例えば、「仕事が忙しい」と言ってしまうと、思考が停止します。仕事を引き合いにすれば、全てが許されてしまう風潮があるからです。でもそれで人生が終わっていいのでしょうか?

「それは本当の仕事なのか?」と問い詰めると、一筋縄ではいきません。

  • やらなくてもいい仕事
  • やりたくない仕事
  • つまらない仕事
  • どうでもいい仕事
  • やるべきでない仕事
  • やってはいけない仕事

考えてみると、色々あります。

本当の仕事以外は、やめるか、人に任せたらいいです。本当の仕事は、そうじのように「喜び」となり、自分にも会社にも良いはずです。

そして本当に時間が無いのか?と問い詰めると、作れるはずなのです。

「嫌だけど生活のためにしている」のであれば、人生を放棄しかかっています。人生の中で仕事はほとんどの時間を占めています。人生のほとんどが不幸な時間で、週末と休日だけが幸せな時間となります。

しかも、週末にたまっていた家事や、買い物、子供の用事などを済ませると、時間は残りません。

結局、時短テクというのは、「出来る限り詰め込む」です。そこに知恵はありません。「究極に疲れ果てるためのテクニック」に過ぎません。

愚かです、馬鹿らしいです。昔、ハイテクが人間の暮らしをもっと楽にすると言ってました。便利にはなりましたが反対に、もっと苦しくなりました。

「ハイテクで時短できた分、他の仕事ができる」という詰め込みパターンに陥ったからです。

こんな事ならローテク時代と変わりません。優先順位をつけ、トップ3以外は捨てないと永久に奴隷として生きる事になります。時短した分、自分が楽しむ、家族と楽しむ、もっと有意義な事をするための時間に費やさなければ、人生の質は落ちています。

しかし時短人間は、往々にして、自分が楽しむ時も、家族と楽しむ時も、有意義な事をする時も、全て時短マインドで効率主義で行動してしまいます。

そこが時短人間の悲しい性です。ぼーっと出来ません、時を味わう事が出来ません。
根本的に変えなければ、ラットレースから抜けられません。

まず捨てて、何が一番大切かを見極めるといいです。そして平凡な家事をも楽しみながら暮らせるといいです。そうしたら毎日が楽しみになります。

人生のリストラ(再構築)が必要です。

休暇を待ちわびる人生、それ以外はカオスの人生なんてやめましょう。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
是非シェアして下さい