Thu

是非シェアして下さい

ゲイキメセクのオバマ。Twitterは大荒れです。ついにパンドラの蓋が開き、嘘で塗り固められたオバマの真実が世界中に暴露されました。しかしまだこれは始まりに過ぎません。

ゲイキメセク

変な言葉になりましたが、そう表現するのでしょう。ラリー・シンクレアのインタヴューがアップされ、パニック状態です。彼はメキシコに潜伏していたそうで、無事で良かったです。時が満ちて、ついに再登場。

日本語字幕がまだありませんが、いくつかの部分の文字起こしを発見したので、自動翻訳しました。



「彼(ラリー・シンクレア)は、1999年にイリノイ州でバラク・オバマに遭遇し、バラク・オバマと性行為をし、その後コカインを使用した」と述べた。シンクレアはさらに。ワシントンのナショナル・プレス・クラブで公の場でこれらの主張を行い、協定書に署名した。宣誓供述書を提出し、嘘発見器の検査を受けるよう要求した。しかし却下された。

実際、彼は攻撃された。ポリティコのベン・スミスと同様に、オバマ氏らは反論することなく主張を打ち負かした。ばかげている! そして他のメディアもこれに追随した。

彼の主張は不合理なものではなかった。それらが真実であるとは主張しないが、確かに信頼できるものと言える。これは、その旨の宣誓供述書に署名する意志のある人物による、バラク・オバマの行動に関する直接の報告であった。

そこで問題は、ラリー・シンクレアに何が起こったのかということだ。それ以来、彼の人生はどうなったのだろうか?それは興味深い話だ。ラリー・シンクレアがまだ生きていることが判明した。彼はメキシコに住んでいる。でも今日、彼は私たちのスタジオに来ている、そして私たちは彼に会えてうれしい。

ラリー・シンクレア、リムジンの後部でバラク・オバマに何が起こったかを明かす。

「私はバラクに(コカインの)代金として250ドル渡していたのですが…私はCDトレイに粉の線を引き始めましたが、たまたま彼がポケットから何か別のものを取り出していることに気づきました。そして次に気づいたときには、彼は何かを手に入れていました」

「小さなパイプを一本、彼は吸っています。だから、私はそれについて問題はありません。つまり、煙を口から吸う人もいれば、鼻から吸引をする人もいるということです」

「コケインの粉をCDケースの上に線状に引いた後、そこからどうするか…そこで私は彼の太ももに沿って手で弄り、その向かう先を見ていました。そして、それは私の望む所に進みました。それで、その夜は性的にも薬物的にも激しさを増しました、リムジンの中で」

ラリー・シンクレアは、オバマが他の男性ともロマンチックな出会いをしていたことは「絶対に間違いない」と語る。

「私が相手に対する推測を間違えて、その方向へ手を這わせて行った時、ある男は私の手を折ろうとしました。だから、そういう人は興味がないのは明らかです。ショックを受けるわけでもなく、興奮もしないし、ズボンを脱ぐ事もないし、座ったまま成り行きに任せたりしないんです」

「オバマにとってこれは間違いなく初めてではなかった。そこまでは私も絶対に確信しています。そして、私はほとんど喜んで賭けてもいいが、これが彼の最後でもなかったはず。」

ラリー・シンクレアは、2004年の民主党全国大会でバラク・オバマを見て「文字通り床に転げ落ちた」笑い 「私はちょうどクラッキングを始めたばかりでした。私はびっくりしました。その夜家にいた友人たちにも指摘して、こう言いました。『信じられないだろう。私はこの男と2回やった』そして彼らは騒ぎ始めました」

タッカー・カールソン:「オバマ大統領は麻薬をやってどんな風だった?」 ラリー・シンクレア: 「非常にハイになり、穏やかになり、ほとんど陶酔状態になり、それが下がり始めると、けいれんしたり、視線を向けたりします…しかし、ハイになっている間は…かなり制御されていて、多幸感があり、おしゃべりですが、実際には中身の無い話でした」 タッカー:「つまり、それは彼の大統領職のようなものでしたか?」 シンクレア: 「とても似ています。」

ラリー・シンクレア、「バラク・オバマを守るために死んだ」男との電話通話についてすべて明かす 「ドナルド・ヤング自身の母親は、息子がバラク・オバマを守るために死んだのだと感じていると繰り返し語っている」

ADL

オバマがピンチという事で、Twitterを潰すためにADLという組織が必死です。Twitter以外のメディアは全て掌握済みのようです。当然の如く、ADLのCEOは嘘ばかりの攻撃をイーロン・マスクに仕掛けています。彼らには嘘しかありません。すぐ下はリズのツイートで、ADLの組織を暴露します。一番下のマリオは、CEOの嘘を暴露します。そのツイートに対し、イーロンが「的確な分析」と評価してます。

ADL は小児性愛者擁護団体だ。イーロン・マスクは、彼とXを反ユダヤ主義で不当に告発したとして名誉毀損防止連盟を訴えている。

彼らは、同意しない意見を持つ個人を悪質に中傷し、標的にし、取り消すだけでなく、児童の性的人身売買を隠蔽する仕事も行っている。 2023年1月6日、ADLは、ヒラリー・クリントンが「児童に対する犯罪」に関与しているという私の主張は根拠がないと述べて私を中傷した。これは嘘だ。

私が5年前から主張してきたように、マイケル・ホロウィッツ監察長官が作成した2018年の政府公式報告書の「ヒラリー・クリントンと財団」と「児童に対する犯罪」のページで引用されている。

294. これは証拠の 1 つにすぎない。しかし、私は過去 7 年間、ビルとヒラリーの両方が児童の性的人身売買に関与しているという大量の証拠を報告してきた。

ADLとジョナサン・グリーンブラットは、2017年に遡ってピザゲートを「陰謀論」であると偽って隠蔽してきた。 さらに、グリーンブラットとADLは、つい先週、レス・ウェクスナーによって設立されたウェクスナー財団を宣伝していました。

ジェフリー・エプスタインはウェクスナーの財産を管理し、全権を持ってウェクスナーの「慈善活動」に資金を注ぎ、ウェクスナーの隣に家を所有していた。ウェクスナーは愚かなふりをしているが、事実上エプスタインの性的人身売買活動に資金を提供していた。

また、ウェクスナーもエプスタインも、イスラエルの強力なエリート、CIAやモサドとつながりがあった。 ADLは、メアリー・フェイガンという13歳の少女を強姦し殺害したレオ・フランクという小児性愛者を擁護するために1913年に設立された。 ADL は文字通り 1 世紀以上にわたって小児性愛者を擁護してきた。

速報: Elon に対する ADL の対応の嘘を暴く

ADL の CEO は、 𝕏とイーロンに対する沈黙を破り、ホストを罠にかけ、嘘をつきました。

1) 彼は、イーロンが反ユダヤ主義とヘイトスピーチを壇上に持ち帰り、増幅させたと主張しました。

安全チームは、Sprinklr による独立した評価により𝕏によるヘイトスピーチの印象は「Twitter の推定 0.012% と比較して 0.003%」であることが判明したと共有しました。

2) グリーンブラット氏は、イーロンや𝕏が反ユダヤ主義的であると主張したことはないと明言し、「プラットフォームとしての Twitter は反ユダヤ主義的ではないと思います。」

3) グリーンブラットが司会者(この人もユダヤ人であることを明らかにした)から、 𝕏から ADL への地位や寄付を求めているのかと尋ねられたとき、彼はこれに腹を立て、まるで自分が反ユダヤ主義的な比喩であるかのように呼んだ。が彼をキャンセルしようとしたため、ホストは不快になり、防御的になりました。

4) グリーンブラット氏は、ADLは広告主と公的にも私的にも対話していないと主張したが、その直後に「買収後、そしてそれ以降、我々が11月に一時停止を求めたのは事実だ」と述べ、以前のインタビューで「もしも」と述べた。広告主が[Twitter]に参加しない地獄絵図のままだ」

5) グリーンブラット氏は、ADL はニューヨークの小規模な非営利団体であると述べた。

違う。 ADLは100年以上の歴史を持つ影響力のある団体で、ADLの2021年の納税申告書によると、団体の総収益は1億100万ドル、貸借対照表は2億3800万ドルだった。

彼らはまた、ADL が特別な関心を持っているグループへの助成金を通じて、数百万ドルの間接的な政府資金も受け取りました。

6) Greenblatt 氏は、ADL は Facebook を含む他のソーシャル メディア プラットフォームと連携していると述べています。 Politico の記事で、 

@elonmuskが Facebook に投稿できる内容を ADL が間接的に制御していると投稿しました。

7) グリーンブラットはイーロンのツイートのきっかけは分からないと主張したが、グリーンブラットが動画で認めたADLの介入による広告の60%減少がきっかけであることはイーロンには明らかだった。

X CEOのリンダ・ヤッカリーノ氏との会談は、グリーンブラット氏が思っているほどうまくいかなかったようだ。

トランプ

トランプは「復​​讐ツアー」に参加するつもりか、また大統領の権限を利用して自分を中傷した人々を追うつもりかどうか尋ねられた。彼の答えは次のとおりです。

「私は真実だけを探します。そして、私が真実を見つけたとき、人々は真実を知らなければならないと思います。なぜなら、彼らは7年間私を中傷してきたからです。彼らは私を中傷し、中傷し、虚偽の内容を作成してきました… 私たちは何よりも真実を見つけたいと思っています。さて、ここで一つのことがあります。

私たちは真実をほぼ見つけました。選挙では不正行為、大規模な不正行為があった。私たちは真実をほぼ見つけました…他の選挙と同様に、この選挙も腐敗していました」

私にはYESのように思えます。

警察の蛮行

2021年7月24日 オーストラリア人男性がマスクもせずに屋外の公園のベンチに座っていたところ、警察が近づいてきた。

「正当な理由があれば公共の場にいなかった」と言われたという。 彼は地面に組み伏せられ、逮捕され、「警察官への暴行」の罪で起訴された。

オーストラリアのパンデミック政策は疑似科学に基づいていた。 ロックダウンもマスク着用義務もなかったスウェーデンは、オーストラリアを含む世界のほぼすべての国より超過死亡率が低かった。

これらの権威主義的政策によってもたらされた苦しみは、健康に何の利益ももたらさず、おそらく健康に害を及ぼしたでしょう

2021年7月4日 オーストラリアの12歳少女が催涙スプレーをかけられ、マスクを着用していなかったとして警察に逮捕される。

関与した警察官の中にはマスクを着用していない人もいた。 当局はこれらの政策は科学的であると主張した。 彼らは科学的ではなかった。 彼らは悪者だった。

素直な態度

専門家でも「分かりません」といえる謙虚さが必要です。医療界の人なら、この異常事態にパニックになるはずです。ならない人は、現実が見えておらず、信用に値しません。分からないなら、素直に分かりませんといい、原因解明のために働いていると言うだけの正直さが欲しいです。

マウイ

マウイに壁を築きました。十五分制限の町を作るつもりでしょうか。こんな風に強引に計画を進めるとしたら、日本ではどこが標的とされるのか…まあ日本は抵抗する事も無いでしょうが。

独り言

家族に対して自分の気持ちを伝えるのは、難しいかも知れません。でも人はいつ死ぬか分かりません。だから機会がある度、言うべきです。

娘が生まれたのは、母が亡くなってちょうど1年後です。だから妊娠が分かったのは、母が亡くなってから数か月後の事です。僕が悲しみに沈まないよう、神様が与えて下さったプレゼントだと思いました。

娘には昔から、その時の事を話します。「あいちゃんが生まれてくれたおかげで、パパは幸せになったよ」と言います。妻にも「愛してるよ」といつも、毎日何度も言います。

やはり言わないと伝わりません。いや、分かっていても言って欲しい時があると思います。普段はそうでもないかも知れませんが、ピンチの時には必要です。

ただ、普段から言わないでいると、言わなきゃいけない時に、言い出しにくくなりがちです。改まって言うのは、恥ずかしいものです。それだったら、バカみたいだけど、いつも言ってしまえばいいと思います。

ふざけながら、「アイラブユー」とか、「大好きだよー」とか言えばいいんです。そうやって慣れて行けばいいです。死んでからでは遅すぎます。

出し惜しみしている間に、コロっと死んだらどうするんですか?

死ぬ間際に言うのも、遅すぎます。何気ない日々の繰り返しこそが人生で、その中で伝えるべきです。僕はそう考えていて、気持ちを伝える事にしています。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
是非シェアして下さい