Mon

是非シェアして下さい

第三次世界大戦の只中です。我々と支配層との戦争です。あらゆる分野で攻撃を受けています。庶民の覚醒が、敵へのダメージとなります。

ワクチン

ますますDNA混入が拡散されるようになって来ました。村上先生の説明は、ジャーナリスト山路氏の人脈によって、主流メディアにも届けられるでしょう。それを報道しない場合、無数の無名メディアを通して拡散が進むでしょう。

今朝の情報では、アメリカでは既にワクチンメーカーへの賠償を訴える事が出来るという話です。マローン博士によれば、90人の弁護士に連絡できるとの事。

混入だ。プラスミドの生物活性汚染配列は規制当局に指摘されなかった。これは不純物とみなされる。バイラム・ブライドル教授とロバート・マローン博士と電話で話したところだ。

ミシガン州のレムデシビル事件は、有効成分の未公表の混入があった場合に責任の保護は失効することを証明している、ここでの非常に重要な判例だ。

明日、バイラムとケビンとのビデオインタビューを行う。 FDAは今、岐路に立っている。FDAは汚染を知りながら、それを公衆や外部委員会に開示しなかったことを認めるか、あるいは知らなかったと主張するか、その場合はファイザー社に責任がある。

しかし、私たちはFDAに渡されたファイザーの文書を持っているので、FDAが何を得たか知っている。 そして、SV40混入の開示がないことを私は真剣に疑っている。

FDAは混入が修正されるまでワクチンを市場から排除しなければならない。もしFDAがそれをしないなら、彼らは公衆を危険にさらし、法律を守らなかったとして刑事訴追を受けるべきである。

ミシガン州の話だが、混入があった場合、免責されることはない。それは理にかなっている。そうでなければ、ワクチンにヒ素を添加しても責任を問われないことになる。

COVIDの製造バイアルはすべて汚染されている。モデルナもファイザーもだ。 ナオミ・ウルフ博士にファイザーの医師についてメッセージを送った。彼女は、ファイザー社がFDAに提出した文書にSV40の記載があることを知らなかった(しかし、彼女はさらに確認するつもりだ)。

つまり、ファイザー社は非常に大きな問題を抱えた。 ワーナー・メンデンホール弁護士と電話で話したところだ。彼は私が書いたことが正確であることを確認し、訴訟の門は今開かれた。

ワクチンメーカーを訴えたい場合に連絡できる90人の弁護士のリストはこちら: https://airtable.com/appGIUGnttjzscdJF/shrAqtpTOTkoOgrbx/tblfVuObLpclbtF0W…

SV40プロモーターはすべてのバイアルに含まれており、規制当局に提供された遺伝子配列にも含まれていた。間違いはない。

問題は、どちらの製薬会社もそれを規制当局に指摘しなかったことだ。決められた基準を満たさない未承認の汚染物質なのだ。だから規制当局も手をこまねいている。

しかし、もし規制当局が行動を起こさないのであれば、非常に深い穴に自ら入ってしまうことになる。法律はFDAにワクチン中止を義務付けている。

ロバート・マローンが 今メッセージをくれた: 「このDNA混入問題は、私たちが探していた楔になりうると思う。SV40の塩基配列を持つプラスミドを擬似mRNA製造の鋳型として使用することは、少なくとも無謀であり、論理的に正当化することはできない」

トップ10ニュース

メディアのブラックアウト今週報道されなかった10のニュース (10/22/23)

#10位:COVID「ワクチン」と医薬品を誰も欲しがらないため、ファイザー株が大損失。

#9位 – イーロン・マスク、憲法修正第2条を擁護する強い声明を発表。

#8位 – ドナルド・トランプが “腐敗した “世界保健機関(WHO)を非難するソーシャルビデオを公開。

#7位 – 殺人医師がワクチン未接種の患者を窒息死させる。

#6位 – タイソンフーズは、あなたが「虫を食べる」という大きな賭けに出る。

#5号-アンドリュー・ブリッゲン議員が、COVID-19注射が過剰死亡の原因であるという説得力のある証拠を英国議会に提出。

#第4号-ファイザー社がFDAのCOVID-19「ワクチン」EUA申請から臨床試験による死亡を除外していることを研究者らが発見。

#ブラック・ライブズ・マターのリーダーが1月6日の囚人を支持し、トランプを支持する。

#病院はCOVID患者を殺害した。殺せば殺すほど儲かる。

#1位 – 世界人口の3分の2が人類史上最大の心理的恐怖キャンペーンに引っかかったのは偶然ではない。変態的な洗脳のテクニックは、ジャブを打たせるために徹底的に研究された。

再投稿とフォローで、来週のヘッドラインをお楽しみください。記事は以下のスレッドに含まれている。

「なぜインフルエンザが突然消えた」メディアが追及すべきニュースでは?

中国も動き出した

米国が2隻の空母打撃群を配備した後、中国は複数の軍艦を中東地域に配備したと報じられている。 伝えられるところによると、最新鋭の052D駆逐艦2隻を含む最大6隻の中国軍艦が配備されたという。

このニュースは、米国がこの地域にさらに軍隊を派遣する準備をしている中で伝えられた。正確な数は現在不明です。 ロイド・オースティン国防長官は「地域における軍隊の態勢要件を引き続き評価し、必要に応じて追加の能力の配備を検討する」と述べた。 こんなはずじゃなかったのに…

最近イスラエルの近くに配備されたUSSジェラルド・R・フォードは、先進的なレーザー防御システムに移行すると伝えられている。 光の速さで伝わるレーザーは、ドローンなどの敵の資産に穴を開けることができます。

単一のレーザー ビームの発射には 1 ドルから 10 ドルの費用がかかります。ちなみに、防衛用ミサイルの価格は 100 万ドルから 1,000 万ドルです。

2014年に初めて実験されたレーザーは、中国の最新の極超音速ミサイルに対抗するために導入された。 海軍は間もなく、極超音速兵器に対抗できる300キロワットのレーザーである高エネルギーレーザー対艦巡航ミサイル「ヘルキャット」の試験を開始する予定だ。

空母が現在、より低いキロワットのレーザーシステムのいずれかを装備しているかどうかは不明です。

ドイツの特殊部隊がキプロスに派遣される 島で彼らを待ち受けていたのは、中東紛争激化の際に派遣されたイギリスとアメリカの特殊部隊だった。

マクレガー元大佐

「共和党と民主党の戯言にはうんざりしている。ワシントンにはユニパーティーと呼ばれるものがある。統一党はさまざまなロビー団体に所有されている。製薬会社もある。実質的に政治家を買収する方法を見つけた。

我々はそれを知っている。それは消えなければならない。私たちが財政的にどこへ向かおうとしているのか、その結果としてそうなるのだと思う。

我々は非常にシンプルな定式に戻らなければならない。信仰、家族、国。私たちがこの政府で目にしたのは、家族を破壊しようとする組織的な試みだ…この政府の介入を止めなくてはならない。

法の支配を取り戻したい。我々は不屈の精神を失ったようだ。社会を守るために必要なことをするガッツや勇気を。

国境を閉鎖しなければならないが、その余裕がない…これが起こるべくして起きている。子どもたちの性犯罪も絶対に食い止めなければならない。党派を超えたアピールが必要で、こうしたことに同意できる善良な人々はたくさんいる。

私たちは団結し、ワシントンの連中を追い詰めなければならない。我々のアジェンダをワシントンに強制する必要がある。私たちが現在さまよっている、このひどい絶望の淵から抜け出すために。

フリン将軍

水平線に浮かぶ戦雲は決して良いものではない。敵のビーチヘッド、飛行場、砂漠、ジャングルに近づけば近づくほど、雲は日に日に暗くなる。

抑止は使命であり、勝者であるときには大きな可能性を秘めている。しかし、終わりのない戦争への参加に成績を与えるのであれば、抑止力とは、チンギス・カーンやその侵略の大軍に立ち向かおうとしているときに、リトルリーグの野球の試合でスーツを着るようなものだ。何の類似性もない。

子供たちは単に野球をしに来ただけであり、チンギスとその戦士たちは自分たちの大義のために殺すために来たのだ。

過去20年以上にわたるアフガニスタンとイラクでの戦争で、我々は何隻の空母を配備し、何を達成したのか?

戦争とは、政策と戦略的リーダーシップの失敗である(PERIOD)。

確かに、どの戦場でも失敗はあるが、それは戦争がどこで、なぜ失敗するかということではない。

戦争が失敗するのは、主に政治的な理由によるものである。

第一に、ほとんどの失敗は、敵の政治的、軍事的、宗教的目標、文化と目的、そして長期にわたる戦争を維持する能力と能力を完全に誤解していることにある。

次に、自分たちが選択したのではない地形で戦うことの甚大な問題である。政治的・戦略的に「あちら側」で戦わなければならないことは、今日の米軍を圧倒的に不利な立場に追いやる。アフガニスタンとイラクにおける、過去20年以上にわたる高価で敗戦的な努力を、切り離して考えてみればいい。もっと細かいことを言えば、海から特定の行動(すべてではない)を「抑止」することはできるかもしれないが、敵を圧倒するには陸を征服しなければならない。

最後に、自国の政治的・戦略的景観と能力、人口、そして自国が持つ製造能力と能力を理解しなければならない(すべてを中国に頼って生産するのは、ただの馬鹿だ)。

国家の指導者(私たちの場合は大統領/最高司令官)はまた、国民が指導者として彼をしっかりと支持しているという最高の自信を持たなければならない。大統領が米国民の信頼と意欲を得れば、この強力な組み合わせは長期にわたって持続し、無敵となる。

悲しいことに、私は、この大統領が必要な自信を得たとは少しも思えないし、また新たな戦争に参加する意志をアメリカ国民に求めたとも思えない。

アメリカ人は、何十年にもわたる海外での果てしない政治的失敗から、大量の政治的、財政的、軍事的資源を失ったことをまだ引きずっていることを知っている。そして、9.11以降の政治的嘘の数々が、アメリカ人の健全な懐疑心を引き起こし、それは時が経つにつれて悪化の一途をたどっている。

さらに重要なことは、アメリカ国民が、侵略の大群による祖国への果てしない攻撃、街頭での前例のないレベルの犯罪、崩壊しつつある経済、政敵(草の根から元首相まで)を追及するために歪曲された「法の支配」を用いる連邦政府によって疲弊しているということだ。

また、私たちの立憲共和制がもはや存続可能なのかどうかという不安から、多くの人々が怯えている(例えば、過半数が選挙を信用しなくなっている)。

結局のところ、これらの点は現実、歴史、経験に基づいた理論である。それらは何千年も前にさかのぼるものであり、すべての帝国に共通するものがある。

敵を正しく認識し、直面する戦争の本質を理解し、自らを理解していた帝国は、よりうまくいき、より長く続いたが、やがて帝国はやはり崩壊した。

戦士と敵対国の間には健全な敬意が存在する。その尊敬は、長い時間をかけて実証された行動によるものだ。私は、我々の行動、行動、そして意志が、我が国が自由世界のリーダーであり続けるために必要なレベルに達していないのではないかと懸念している。私が間違っていることを祈る。

最後に、軍服を着た男女のために祈ってほしい。彼ら、特に若い人たちは、リーダーシップの失敗のために究極の犠牲を払っているのだ

ドイツ

移民を追い出すのは喜ばしい話です。しかし時既に遅しです。完全にカオスとなるでしょう。武力で鎮圧した暁には、全国民が統制されるシステムが導入される…もしすると、それが目的なのかも知れません。


ヨーロッパは目覚めつつある! ドイツ首相はイスラエル訪問を終えて帰国し、ハマスが民間人に行ったことを目の当たりにした。 「移民」がハマスを公然と支援しているのを見て、首相は「大規模な国外追放を開始する時期が来た」と述べた。

イスラム法が待っている

イスラム系の移民には、イスラム法の壮大で残虐な計画が隠されています。指令が下されれば、彼らはイスラム法のために動きます。彼らは国を征服する大義のために、移民します。

つまり移住地への敬意のかけらもありません。指令が下されるまでは、法に従いますが、時が満ちて、イスラム法のための戦いが始まれば、彼らは全てを破壊するでしょう。

今、どんなに良い人でも、その時が来て、豹変する可能性が無い訳ではありません。僕にもイスラム系の知人はいますし、家の近くにはモスクがあり移民の溜まり場となってます。モスクには「アッラーの他に神はなし」と日本語で掲げられてます。


警告…

イスラム教徒の多い国は57カ国あるが、パレスチナのイスラム難民に歓迎の手を差し伸べようとする国はない。

欧米人の多くは、この消極的な姿勢の根底には、ハマスの支持者が自国に増えることへの恐れや、彼らを受け入れることができないことへの不安があると考えている。

だがイスラム諸国は、左翼指導者(イスラムから献金を受けた)たちと共に、西洋の破壊を進めている。

これは計画の一部なのだ!

ヒジュラとして知られるイスラムの移住の目的は、移住によるイスラムの拡大である。彼らは、ムハンマド(彼らの宗教的、政治的、軍事的指導者)とその信奉者たちがメッカからメディナへ移住した例に倣っているだけなのだ。

ヒジュラは今日に至るまで、新たな土地に移住し支配しようとする聖戦主義者のモデルであり続けている。アッラーの目的のために移住することは、イスラム教では非常に功徳のある行為と考えられている。

「アッラーの大義のために移住する者は、地上に多くの場所と豊かさを見出すであろう。「アッラーと御使い(祝福と平安を)の為に移住して故郷を離れ、その後に死が彼を襲う者は、その報いは既にアッラーにある。アッラーは寛容にして慈悲深くあられる。(4:100)

「アッラーが私に課されたことの五つをあなたがたに課する。アッラーのために集まり、聞き、従い、移住し、ジハードを行うことである。

ヨーロッパに定住するイスラム至上主義者たちの明確な目的は、イスラム法(シャリーア)への忠誠を守ると同時に、ヨーロッパにおける影響力と支配力を強化し、西洋の法律と価値観を弱体化させることである。

これらのイスラム教徒は、受け入れ国を彼らの過激な信条にますます順応させ、イスラム化のプロセスを促進させる目的で、さまざまな要求を提示する。

これらの要求の中には…

アルコールや豚肉を含まないハラール食品(シャリーアを世界に広めるためのジハードの金儲け計画)の入手可能性の確保、地域の法令ではなくイスラムのシャリーア法に基づいて裁判所が運営されるよう提唱すること、キリスト教の祝日を認めないこと、ユダヤ人の大量虐殺を取り上げたホロコースト教育を排除すること、イスラム法に従った銀行制度を確立すること、イスラム教徒の女性が公共の場で顔を覆うニカブの着用を許可することなどが含まれる。

さらに、幼い少女の花嫁や性的切除の許可、国費による一夫多妻制など、さまざまな要求がある。

彼らの目的は、受け入れ国をより多くのイスラム移民を惹きつける場所に形成することである。イスラム系移民は、欧米の受け入れ国に同化することを望んでいるのではない。

彼らはこれを達成するために武力を行使する必要はなく、コーランが忍耐を奨励しているように、漸進的なプロセスに満足している。かつてリビアの元大統領ムアンマル・カダフィが言ったように、「われわれイスラム教徒はヨーロッパに対して武力を行使する必要はない。

私はビデオ内で話している男性を個人的に知りませんが…今の現実を残酷な視点で捉えたい人は、数分かけて彼のメッセージを聞いてください。とてもリアルです。

パレスチナで30分以内に君を降ろしたら、君は捕らえられ、何日も拷問を受け、首をはねられ、テロリストはビデオを撮ってテレビに流すだろう」それでパレスチナ人を支持するのか?シリア、ガザ、イラン、パレスチナにいるアメリカ人はテロリストと共謀しているだけだ。

スティーブン・ガーンは、ジハードを強制送還することを支持する理由と、彼らをアメリカに入れてはいけない理由について警告している。

ニューヨーク、ブルックリンのイスラム化…

イスラエルとユダヤ人の消滅を主張するジハードが集結…

もちろん、彼らの憎悪の対象はユダヤ人だけではない。

また、新たなイスラムの攻撃から街を守る警察に対しても、彼らを軽蔑していることを明らかにしなければならない。

ムスリマのリンダ・サーソーが、ハマスとつながりのあるISNAの会議で、アメリカのムスリムはユダヤ人/イスラエル人を「人間化」すべきではないと発言したことを覚えているだろうか…。

彼女の兵士たちは命令を実行しているようだ。

ユダヤ人患者、注意…(実際にはすべての非イスラム教徒)

親ハマス/パレスチナ派の医師や医療関係者の大群が、白衣を身にまとい、シャリーアの覆いをかぶり、首にはパレスチナの戦争スカーフ(ケフィエ)を巻いて、「正義も平和もない!」と熱唱しながらミシガン大通りを行進した。

ハマス/パレスチナとその暴力を公然と支持するイスラム教徒の医師から、ユダヤ人やイスラエル人の患者はどのような医療を期待できるだろうか?

イスラムの医療専門家たちがユダヤ人憎悪を広めていることは、彼らの聖典や預言者の教えの文脈から見れば驚くことではない。ユダヤ人憎悪はコーランの至るところで言及されている。

しかし、心配すべきはユダヤ人患者だけではない。

「コーランには、ムハンマドがイスラム教徒に他宗教の人々を愛せと言う箇所はない。それとは対照的に、非ムスリムに対して戦うよう信者に指示する節が少なくとも3ダースあり、地獄での彼らの居場所について語る節が約500ある。それらはムハンマドの各時代のもので、コーラン114章のうち87章に散らばっている。

これを整理すると、コーランの12節のうちほぼ1節は、アッラーが非ムスリムを憎み、永遠に恐ろしい方法で彼らを苦しめるということを暗示していることになる。このことに言及しているスーラは、コーラン全体の約95%を占めている。アッラーが単に地獄の業火を焚きつけるために異教徒を生み出すのであれば、イスラム教徒がそのような命がこの世でも価値があると信じる理由はほとんどない」

私の最新記事「アメリカのイスラム医師、ハマスの虐殺を祝う」を読む。

スコーキーにあるユダヤ系スーパーマーケット『マリアーノ』の外で銃声が聞こえたという。

現在、パレスチナ人がイリノイ州で最もユダヤ人の多い地域のひとつであるスコーキーでユダヤ人に嫌がらせをしており、警察が大勢出動している。

親HAMASイスラム教徒とパレスチナ人は、ユダヤ教徒が多いコーシャ(律法に適った食材)のスーパーマーケットやコーシャの多いショッピング・プラザにある店を出るユダヤ教徒に向かって「恥を知れ」と叫んでいる。パレスチナ人は集会をシカゴのダウンタウンからスコーキーに移した。

スコーキーはイリノイ州でも有数のユダヤ人コミュニティである。1977年と1978年、スコーキーでナチスの行進を行おうとしたナチスが閉鎖されたことで全国的に有名になった。国家社会主義党対スコーキー村訴訟として知られるこの裁判は、連邦最高裁判所まで争われた。

親パレスチナのデモ参加者はベルビューのダウンタウンで2時間以上激しく活動を続けている。コレクション モールの買い物客から多くの注目を集めています。 ところで、この群衆の中に緑髪の極左活動家の姿は見当たりません。白人はほとんどいない。 多くは敬虔なイスラム教徒とみられ、数人の女性は顔と体全体を覆う衣服を着ている。

パリ:反ユダヤ主義者らが80歳のユダヤ人夫婦を標的にし、夜中に家の玄関に火を放った。 ユダヤ人はメズザやその他のユダヤ人のシンボルを撤去し始めている。ヨーロッパでは安全ではありません。無関心にしないでください。

ウクライナ戦争

女性兵士の泣き崩れる動画です。究極の状況に追い詰められなければ、悟る事が出来ないとは残念です。戦争直後のトルコでの交渉でアメリカが圧力をかけなければ、こんな事態になる必要はありませんでした。


彼女は戦争は楽しいだろうと思っていた。彼女は、訓練を受けていないロシアの「オーク」がアメリカ人のブラッドリーを見て逃げるというプロパガンダを信じていた。ソーシャルメディアのインフルエンサーチームが左右に飛び出たとき、それがまったく楽しくないことを知って彼女は悲しんでいます。

第三次世界大戦

「我々は既に第三次世界大戦の只中にいる」それは支配層と我ら庶民との戦争です。ブログでずっと言って来た通りです。

しかし、最近は武力によるリアル戦争による第三次世界大戦のリスクレベルが最高潮に達しているため、その事実を忘れがちになっているかも知れません。

我々に仕掛けられた攻撃は、あらゆる分野で、しかも矢継ぎ早に繰り出されて来ます。それにより、注意と力が分散され、反撃するのが難しい状態です。総崩れとなるのを、敵は期待しているのでしょう。

無知な市民、無関心な市民、洗脳された市民を味方につけるのはどうすれば良いのでしょう?

下に挙げられた敵の攻撃は、多岐に及ぶものです。それは手強いのですが、1箇所だけ崩す事の出来る弱点があると思います。

どんな人でも、これら5つのうち1つは関心があるはずです。どれか1つのトピックに対し、目が開かれるなら、他の事も理解が出来る可能性が高まります。

なぜなら、全ての攻撃は同じプレイヤーによって仕掛けられているからです。

そのために我々が出来る事は、情報をアップデートし続ける事です。多岐にわたる専門用語や知識の理解が追いつきませんが、おおまかな動きをフォローしましょう。


戦争にはさまざまな方法がある:

(1) 経済戦争=利上げ+ロックダウン+炭素税=生活費危機

(2)生物学的戦争 = #コビッド + #ワクチン = 労働力と世界人口における大量の死傷者

(3) 情報戦争=メディア+企業が#FREESPEECHを封鎖+政府・軍・諜報機関、ソーシャルメディア戦争=#真実を語る者を孤立させ、嘲笑し、その言論の信用を失墜させようとする。

(4) 化学兵器戦争=空への散布+食料と水の供給への干渉(アトラジン!? 赤色染料40!? などなど)=病気+「ランダムな出来事」による死。

(5)気象戦争=#DEW+「地震発生装置」?+ 気象改変技術=「ランダムな」出来事による大量死。

戦争は銃や爆弾だけではない。それは非効率的で非効果的だ!

個人的には、戦争は人類に仕掛けられていると思う。

キャサリン・オースティン=フィッツ:「私たちは戦争状態にあり、誰かが私たちを殺そうとしている」

カナダ

ずっと前から警告してきたはずだ……彼らが皆を財政的に破滅させたのには理由がある。

カナダ 、ユニバーサル・ベーシック・インカム導入へ

このUBIはおそらく中央銀行のデジタル通貨という形になるだろう。

もしCBDCが社会に受け入れられれば、ゲームオーバーだ!

今後、あなたのお金の使い道は彼らが決めることになる:

もしあなたが #コヴィッド #ワクチン を接種していないなら、あなたは収入を得られない。

1日のノルマ以上の肉を買いたい場合、クレジットカードは使えない。

銃や弾丸を買いたいですか?クレジットカードは使えません。

15分以内の都市以外で何かを買いたい場合?クレジットカードは使えません。

私の意見では、これが彼らの最終的な目標である。野外刑務所で放し飼いにされたニワトリのように暮らしたいなら、これが一番だ。

オーストラリア、イギリス

電源が切られ、動かなくなった。もちろん、意図的に停止させたのだが。彼らはスクリーン(画面)のコロナをとても気にしていましたね。画面にタッチした時のことを本当に心配していた。パンデミックだった。 だから、誰も必要としなかった。

コロナは極悪で、ATMのキーパッドに潜んでいる可能性もあった。コロナがキーパッドに付着すると、病気になるんだ。だから、全てをシャットダウンしなければならなかった。これが彼らの説明だった。

イギリスだけで8000台以上のATMが停止した。 英国内の現金自動預け払い機の多くが電源を切られた。8,000台が消えた。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、アメリカではその数ははるかに多く、コロナの期間中、わかっているだけでも19,000台がシャットダウンされたという。

CBSは閉鎖について次のように説明している: 米国では2019年に全国で47万台のATMがピークを迎えた。それが2022年末には41,000台以上に減少した。この傾向は、多くの人々が現金を使わなくなったパンデミック時に始まった。

コロナヒステリーが過ぎ去ると、それらの機械はすべて元に戻されたはずだろう?これらの機械に巻かれていた警察のテープを剥がしたんだ。覚えているか?そして、どれも元に戻らなかった。

アメリカでは、パンデミックの間に閉鎖された1万9000台が永久に、そして増え続けている。ある調査によれば、2037年までにすべてのATMが消滅するという。私はもっと早くそうなると思います。 2037年だと思いますか?私の計算が正しければ14年かかることになる。もっと短いと思う。

同じ調査によると、銀行の支店は2041年までになくなるという。電話ボックスのように。電話ボックスを覚えていますか?スーパーマンが… つまり、もしスーパーマンが現代にいたら、電話ボックスはない。

同じことがオーストラリアでも起こっていて、ATMはすべて閉鎖され、銀行の支店も閉鎖されている。ATMだけでなく、小さな地方銀行も永久に閉鎖されようとしている。オーストラリアでは400以上の支店が閉鎖された。

新しい数字によると、この数字は本日10月18日の朝発表された。オーストラリアの報告によると、400以上の銀行が永久閉鎖した。7800万以上の銀行が閉鎖された。何が起こっているのか?

現金からCBDC(中央銀行デジタル通貨)に向かう動き、世界経済フォーラムの計画が本格化しているのだ。 ところで、ありがたいことに、この動きに反発している都市もある。

スイス

スイス国民党は「キャンセルカルチャー」や「異常なジェンダーイデオロギー」叩きもスタート。 最終結果は本日判明しますが、スイス国民党の優位は変わらなさそう。 前回2019年の総選挙で大勝した気候変動政策重視の左派政党である緑の党(GPS/Les Verts)と自由緑の党(GPL/PVL)は今月22日投開票の選挙では大敗を喫すると予測されています。

ニュージーランド、オーストラリア

情報統制

世界経済フォーラムの「偽情報」に関するパネルディスカッションで、選挙で選ばれていないEUのテクノクラート、ヴェラ・ユロヴァ氏は米国憲法修正第1条の廃止を発表し、興奮を抑えるのに苦労している。 「ヘイトスピーチとみなされるものは違法なヘイトスピーチであり、近いうちに米国でも同様になるだろう」

この本は買わないで

ブリトニー・スピアーズのボディ・ダブルが彼女の本の宣伝に使われる。

コンクリート・プレイグラウンドによると、ブリトニー・スピアーズは今週、自身の回顧録『The Woman in Me』のプロモーションのため、オーストラリアのシドニーを訪れる。しかし、それは本物のブリトニー・スピアーズではない。デイリー・メール紙が確認したところでは、ブリトニーのモノマネ芸人が登場するとのこと。

この二人組は、「ブリトニーをテーマにしたバスでハーバーシティを走り回り、彼女の本のコピーをファンに配る」予定だという。

ブリトニー・スピアーズはまだ自由ではなく、この本は彼女の真実ではないということを理解するのに、これ以上の証拠が必要だろうか?彼女の蛇のチームは、彼女に本当のインタビューや出演をさせることができず、今ではブリトニーのそっくりさんを使って宣伝していることを公然と認めている。これは笑いを通り越して、ただの病気だ。

ブリトニーについて真実が明らかになった時、彼女を傷つけた全ての人に地獄が待っている。

新事実

2023年10月20日、マサチューセッツ州警察はオバマ夫妻のシェフ溺死事件に関する情報公開請求に応じ、ジュディシャル・ウォッチを通じて公開した。それによると、オバマ大統領はキャンベルが行方不明になった直後に現場にいた。

報告書によると、タファリがボードから落ちたとき、無名の女性スタッフが海に飛び込んだが、時すでに遅し。彼は姿を消した。

最初の報道では、事件当時、オバマ夫妻は自宅の敷地にはいなかったとされている。

「また、シークレットサービスが、キャンベルが海に入る直前のオバマの屋敷の監視カメラの映像を持っていることもわかった。だから、我々はそれを得ることができるかどうかを確認するつもりだ」

独り言

リーバイス501は、50歳くらいの人にとっては憧れでした。ジーンズ専門店でカタログをもらってきて、穴が開くほど眺めたものです。アメリカのものが何でもカッコいいと思い、目標、夢となって行きました。

80年代は日本のピークの時代だったと思います。アメリカには戦争では負けたけど、経済で追いつき、追い越せる、みたいな勢いがありました。真面目に暮らしていれば、何もかも右肩上がりに成長するものだと信じてました。

85年にプラザ合意日航機墜落事故があり、それがターニングポイントだったと言われたりします。プラザ合意以後、急激に円高になっていきました。アメリカの貿易赤字を修正すべく、という事で自動車業界に激震が走りました。

86年に高校入学した後くらいから、円高問題が学校でも語られました。先生が僕の事を気遣ってくれたのを覚えています。我が家はトヨタの孫請け零細企業だったからです。

円高は確かに父の工場に打撃を与えました。しかしそのままバブルになり、すぐまた良くなりました。その証拠に、好景気のおかげで僕と兄は留学できた訳です。

また円高のおかげで、¥8700円だったリーバイス501が、¥4200円くらいに値下がり、高1の時に母に買ってもらいました。非常に硬い生地で、洗うと5センチ以上縮むやつです。着込むうちに体にフィットしていく、オリジナル・ジーンズです。

ジッパーではなく、ボタンなので最初は慣れるまで時間がかかりました。トイレでは通常より長く股間をゴソゴソせざるを得ず、人の目が気になったものです。それでも僕にとって「オリジナル501」は、憧れのアメリカのシンボルでした。

実は中2の頃から、リーバイス505を愛用し、白のコンバースのローカットと、白のBVDのTシャツというファッションでした。ブルース・スプリングスティーンや、ブライアン・アダムスが好きだったので、そういう恰好をしていたのです。

そしてナチュラルのフェンダージャパンのテレキャスターまで買ったりして、ちょっと書くのが恥ずかしいほど、かぶれてました。「アメリカの方が何でも優れている」という空気があったように思います。実際は、日本にも良いものが沢山あるのですが、当時はとにかくアメリカに追いつく事が目標だったのです。

でも、目標に向かって突き進んでいる状態は楽しいものです。みんなが何となく、その目標、「経済で世界一になれる」で足並みが揃っていた感じです。普通に就職し、結婚し、子供を作り、家を買い、定年まで働き、年金をもらい、土地が値上がりしているので、そのお金で何とかなる…みたいなパターンを想像できました。

未来は明るいもの、将来の心配は要らない、と誰もが思っていました。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
是非シェアして下さい