hkblog

John3:16

Wed

世界の悪が、誰の目にも明らかとなって来ました。目を開きさえすれば、誰でも理解出来ますが、まだ眠ったままの人がほとんどです。彼らを揺り起こさなければ…

コロナ起源

アンソニー・ファウチとCIAによる新型コロナウイルス研究所の起源の隠蔽との間に考えられる関連性をまとめた素晴らしい記事。

今週初め、SARS-CoV-2の起源をめぐる謎は、コロナウイルスのパンデミックに関する下院特別小委員会が、「数十年にわたる上級レベルの現役(CIA)職員」が、ウイルスの起源を調査する任務をCIAから負わされた7人の専門家のうち6人が、ウイルスは武漢の研究所から発生した可能性が高いという確信度の低い結論を出したとき、CIAがその決定を覆すために、それらの科学者たちに口止め料を支払ったことを明らかにしたことで、またしても当惑させられる展開となった。

賄賂として知られる “金銭的インセンティブ “を提供された6人の専門家は、結局、パンデミックの起源は不確実であると結論づけた。CIAは内部告発者の主張を否定した。この否定は、つい2年前までCNNとNBCニュースのジャーナリストとしてCIAなどを担当していたCIAスポークスマンのタミー・クッパーマン・ソープによって発表された。

過去3年にわたる徹底的な調査にもかかわらず、過去数世代で最悪のパンデミックの起源は、今日に至るまで不明のままである。しかし、確かなことは、大規模な公式隠蔽工作が行われたということである。アンソニー・ファウチが故意に国民を欺いたこと、学術科学者やかつて権威のあった科学雑誌が彼と結託してその欺瞞に加担したこと、国防情報局の国立医療情報センターでウイルスを調査していた科学者たちが、実験室から発生した可能性が高いと結論づけた際に検閲を受けたことが証明されている。そして今、CIAも関与していた証拠があるようだ。

私たちがまだ知らないのは、いったい何が隠蔽されたのかということだ。中国はアメリカの同盟国ではない。ではなぜCIAは、ウイルスが中国政府の研究所から来たかもしれないという証拠を隠したかったのだろうか?その答えは、悪名高い武漢ウイルス研究所の資金源がアメリカ国際開発庁(USAID)であったという事実と関係があるかもしれない。USAIDは名目上はアメリカの対外援助機関であるが、CIAとは数十年にわたるつながりがあり、情報機関の手先として機能してきた歴史がある。

アメリカの諜報機関と武漢研究所のつながりに関する疑問が浮上したのは、今回が初めてではない。6月に私は、武漢研究所で行われた初期の機能獲得実験のひとつが、USAIDの資金援助を受けていたことを報告した。これらの実験結果を発表した論文では、当初、援助機関からの資金提供は省かれていた。しかし、今回の内部告発はCIA自身によるものであり、パンデミックの起源に関する公式評価を揺るがそうとしたアメリカの主要な諜報機関を結びつける最初のもっともらしい証拠である。

内部告発者の証言は、ウイルス研究、軍産複合体、中国との結びつきがいかに深いかを明らかにするものであり、過去3年間ウイルスの起源を調査してきた研究者やジャーナリストの熱心な研究を裏付けるものである。これらの調査で明らかになったのは、国立衛生研究所、国立アレルギー・感染症研究所(以前はファウチが率いていた)、USAIDなどの機関が、エコヘルス・アライアンスという無名のニューヨークのNGOを通じて、何百万ドルもの税金をウイルス研究プログラムに流していたということである。USAIDは最近、CIAに代わってキューバに偽ツイッターを開設していたことが発覚したばかりだが、エコヘルス・アライアンスに6470万ドルを提供した。USAIDの資金のうち少なくとも110万ドルは、コロナウイルスを研究する武漢ウイルス学研究所に支払われた。

WIVのShi Zhengliとノースカロライナ大学の共同研究のひとつで、USAIDが不思議なことに資金提供の免責事項から漏れていた研究者Ralph Baricは、後に研究室でSARS-CoV-2を作るための “原型 “となる新しいハイブリッドウイルスを作った。バリックはコロナウイルス関連の機能獲得(GoF)研究の第一人者として広く認められている。2012年、2つの異なる研究が鳥インフルエンザ(ヒトでは60%の致死率を示すが、哺乳類の細胞には感染しにくい)に哺乳類間で空気感染する能力を与えることに成功し、GoF研究は警鐘を鳴らした。

なぜアメリカ政府は、中国共産党のボスに従う中国の研究者たちに、大量死につながる可能性のある研究を行う能力を与えたいのだろうか?また、なぜそのような研究に資金を提供したがるのだろうか?その答えの一つは、ファウチの政府内での真の役割にある。ファウチが利他的な公衆衛生当局者であるという一般的なイメージとは裏腹に、彼は実際、米国の生物防衛の初代責任者という役割を通じて、米国の軍事機構に深く組み込まれていた。核兵器開発とは異なり、基礎となる物理学は、核反応を爆発させる弾頭を提供できる技術へと移行させる必要がある。高度なウイルス研究は、科学的実験の結果と、本質的に生物兵器に相当するものとの区別をほとんどつけない。

これはこの分野では、民生と軍事の両方に役立つ進歩を同時に生み出す可能性のあるデュアルユース研究として知られている。しかし、リチャード・エブライトのような科学者は、機能獲得研究とその科学的兄弟であるウイルス狩りは、バリッチやシーのような科学者が研究し修正するために、未知の病原体を自然界から集めるものであり、民間には何の利益ももたらさない、と主張している。実際、USAIDが2億ドルを投じて実施したウイルス・ハンティングと監視プログラム「Predict」にもかかわらず、2019年後半に湖北省で暴れまわっている新種の病原体について世界に警告を発したのは中国の医師たちであった。

この種の研究の支持者はしばしば、呼吸器ウイルスは自国の人口だけでなく敵の人口にも感染するので、効果的な武器にはならないと指摘する。しかし、これはまったく真実ではない。致命的なウイルスが発生する前に、一方が効果的なワクチンを保有していれば、その病原体は一般的な災いから戦略兵器へと変貌する。ワクチンがなければ、国家は攻撃を受けやすくなり、その攻撃は標的の肉体を破壊するだけでなく、これまで見てきたように、世界貿易を混乱させ、社会構造を引き裂くことになる。

2000年代初頭、ディック・チェイニーが、当時NIHの27の研究所やセンターの所長の一人に過ぎなかったファウチをアメリカの生物防衛の責任者に任命したとき、まさにそのような超兵器の可能性に怯えたのである。(ファウチの韜晦癖、脚光を浴びることへの嗜好、難読化の巧みさにもかかわらず、ファウチの意図が政府と国に奉仕することであったことを否定しがたいのもそのためである)。

正確なメカニズムはどうであれ、アメリカ政府がこの研究を進めることに関心を持っていたことは明らかである。だから、パンデミックが中国人民解放軍とつながりのある研究所と結びついた証拠を隠蔽することで、大スキャンダルに発展するリスクがあることを知っていたであろうCIAの高官が、そのリスクを冒す価値があると判断したのは理解できるかもしれない。その一方で、これらの研究所で行われた研究に長い間携わってきた米政府機関や情報機関が、パンデミックが進行している最中にその事実を一般に知らしめることは考えられない。

どのような理由があったにせよ、パンデミックに関する社会的議論への影響はすぐに現れ、メディアは隠蔽工作に従順に従った。研究室からの情報流出」についての調査は無責任で人種差別的な陰謀であるという主張を強要するためにジャーナリストが使った主な柱のひとつは、パンデミックが動物由来である可能性が高いという説明に情報機関が傾いたことだった。CIAがCOVID-19を実験室由来と評価すれば、間違いなく計算が変わっただろう。ニューヨーク・タイムズ』紙は、国家情報長官室の報告書を引用し、この春、「CIAと別の機関は、相反する情報から、パンデミックの正確な起源を特定できないままだ」と指摘した。

ニューヨーク・タイムズ紙とワシントン・ポスト紙は、研究室起源を単にあり得ないだけでなく、”陰謀論 “であるとした最初の主要報道機関の一つである。両紙は2020年2月17日、人獣共通感染症が起源である可能性を示唆する科学的研究、あるいは未加工のデータさえも発表される1カ月前に、2つの記事を掲載した。その日の記事で『タイムズ』紙は、トム・コットン上院議員が上院で提起した質問を、生物兵器に関する「フリンジ」理論だと指摘した。コットン氏は後に、コロナウイルスは中国の生物兵器の暴走であるとの考えを撤回した」と『タイムズ』紙は報じた。

しかし、コットン氏が生物兵器の可能性に言及したことは一度もなく、そのような主張を撤回したこともない。それどころか、コットンの発言と生物兵器の問題との関連は、『タイムズ』紙の記事のページだけに存在する発明であった。そこでは、スティーブ・バノンのポッドキャスト(よりによって)から引き出された突拍子もない憶測が、コットンの実際の発言と並べられた。アメリカの一流出版社による明らかなプロパガンダでないとしても、確かにそのように見えた:チャイナ・デイリー』紙も、『タイムズ』紙の記事の1週間前に掲載された記事で、まったく同じ誤認をしている。

ニューヨーク・タイムズ』紙の記事は、アレクサンドラ・スティーブンソン記者が書いたもので、スティーブンソン記者はその中で、SARS-CoV-2が実験室から来たという「専門家たちの考えは一般的に否定されている」と主張した。しかし、スティーブンソン記者は専門家の名前を挙げることも、研究を引用することもしなかった:彼女はどこでその情報を得たのだろうか?

しかし、注目すべきは、『タイムズ』紙がパンデミックの起源に関する最初の大きな記事にスティーブンソンを起用したことである。同紙には科学や健康に関する記者はたくさんいたが、世界的なパンデミックの記事を、ウイルスや病気、パンデミックについての報道経験がほとんどないビジネス記者のスティーブンソンに任せたのである。(スティーブンソン記者はニューヨーク・タイムズ紙の広報部にコメントを求めたが、回答はなかった。)

アレクサンドラ・スティーブンソンはウィリアム・スティーブンソン記者の娘で、『タイムズ』紙の追悼記事によれば、「キャリアの大半をスパイとジャーナリズムの世界にまたがって過ごした」。ウィリアム・スティーブンソンは、初期のCIA創設に重要な役割を果たしたとされるカナダ人スパイ、ウィリアム・スティーブンソンの生涯を描いたベストセラーを書いた。

これは、若いスティーブンソンが諜報機関とつながりがあると言っているのではない。しかし、政府、メディア、諜報機関、そしてもちろん科学にまたがるプロフェッショナル・エリートの特権とインセンティブに関する疑問を投げかけているのだ。メディアはアンソニー・ファウチのために奔走した。アンソニー・ファウチはアメリカの生物防衛のトップとして、政府、科学、国家安全保障のまさに交差点に位置する権力者である。

このような階級に属する人々の間に共通の利益と動機があることを考えれば、これは必然的なことであったように思われる。マスキングのような重要な問題でファウチが劇的で不安定な方向転換をしたにもかかわらず、メディアは執拗に彼を技術者の聖人として祭り上げた。CIA職員や軍産複合体の他のメンバーが同じ扱いを受けたとしても驚くにはあたらない。

このような専門家の権力の連動現象は、メディアと情報機関のつながりにも見られる。カール・バーンスタインは1977年の画期的な記事で、当時のニューヨーク・タイムズ紙の発行人であったアーサー・ヘイズ・サルツバーガー(現在の発行人の曽祖父)が、秘密工作員をタイムズ紙の記者として偽装させるための努力の一環として、「CIAとの秘密協定」に署名したことを報告した。

私は『The Gray Lady Winked:The New York Times’s misreporting, distortions, and fabrications how the New York Times’s Radically Alter History(ニューヨーク・タイムズ紙の誤報、歪曲、捏造がいかに歴史を激変させるか)』に書いたように、タイムズ紙は1940年代、陸軍省と協力して原爆による放射能汚染の存在を否定し、科学担当のトップ記者にこのテーマに関するプロパガンダ・パンフレットを書かせるまでになった。その代償として、マンハッタン計画や長崎への原爆投下そのものへの前代未聞の独占アクセスを手に入れ、その結果、ピューリッツァー賞を受賞した。

下院特別小委員会が今週発表した書簡と同様に重要なのは、『タイムズ』紙や『ワシントン・ポスト』紙のような、実験室由来に強く反対して早くから表明した報道機関がまったく報道していないことである。CIAが自らの専門家に賄賂を渡し、中国共産党に有利になるように専門家の評価を変更させたという主張の意味合いと、その情報源の質の高さにもかかわらず、この記事を書いている時点では、どちらの報道機関からもまだ何も発表されていない。

ラドヤード・キップリングが、19世紀のインドで一見ありふれた出来事に隠れて繰り広げられる国際的なスパイゲームを描いた有名な小説『キム』の中で書いているように、歯車は回り、また回る。

ワクチン以外に何が?

Yahooニュース「HEATHさん死去で悲しきトレンド 櫻井敦司さん、谷村新司さん「ミュージシャンの訃報」相次ぐ23年」

上の記事を読めば、知らないミュージシャンも含め沢山死んでいる事がわかります。23年だけでなく、ワクチン前と後で比較した記事があれば良いです。

mRNAは人類史上初の試みであり、しかもテスト期間は極端に短く、博打以外何物でもありませんでした。それを政府、メディア、専門家、芸能人がこぞって「打て打て安全」と押し付けました。

その中で最も身分の卑しい芸能人は「それを打たないと仕事が無くなる」という強迫観念で打ちました。人気商売の卑しさが致命的となりました。人気を追いかけると、こういう場面で思考がまともに働きません。

その点、勝負師のジョコヴィッチのプロフェッショナリズムは、賞賛に値します。あと、GACKTも素晴らしかったです。彼は帰国してから、脅迫でもされて口封じされたのでしょう。すっかり猫のように静かになってしまいました…これだけ仲間が死んでいるのに。

「友達に伝える間もなかった」とは「チェックしたり治療する間もなく、山火事のようにステージ4へ」まさに、ライアン師のいう通りでは?

マッカロー博士「呼吸器系疾患に効果を発揮し、腕に打つワクチンは、かつて存在したことはない。何より、新型コロナワクチンが遺伝子製剤であり、それのスパイクタンパク質は次世代に受け継がれるものである。今まで有効な解決策は、まだ見つかっていないのだ」

追放という選択肢

リビアは外国人追放を強化している。昨年6月、約1,000人のエジプト人に徒歩で領土からの退去を強制した後、月曜日、不法移民対策の責任団体によって他の数百人がエムサアド国境検問所に戻された。

一方、西側の開かれた国境は何をしているのでしょうか?ああ、そうです、我々は「移民」を装った兵役年齢の兵士が国境を襲撃することを許可しています。なぜなら、我々を征服しようとする外国人兵士を歓迎しないのはイスラム嫌悪または人種差別主義者とみなされるからです。

シオニストのユダヤ教

シオニストのユダヤ教のせいで、聖書が誤解されてしまいます。シオニストは聖書にはない概念をユダヤ教として宣伝します。多分、タルムードにこれらの狂った教えがあるのでしょう。昨日の記事で書いた通りです。

だからこそ、いつも紹介している「旧約聖書の最初の5書」を強調する本当のユダヤ教信者と、混同しないように注意が必要です。彼らの顔、話し方、振る舞いを見れば、一目瞭然です。

しかし、下の動画のシオニストには、傲慢が顔、話し方に現れてます。そしてその話の内容は、およそ正常な人間の精神とはかけ離れた、キチガイカルトそのものです。

イスラム教徒のそれと同じです。

これがシオニスト至上主義のメンタリティであり、他の人種差別と同じように、彼らは自分たちが神に選ばれた民であり、劣ったものを奴隷にしなければならない「優れた人種」だと考えている。 残念ながら、これは4人の狂信者のメンタリティではない。シオニストのアパルトヘイトはこのような考えに基づいており、アラブ人を彼らの都市で奴隷としているのだ。

金融システムが蛇の頭

イエス様は優しく、柔和な人でした。しかし、超ワイルドな暴挙を働いた記録が2つあります。

宮で商売や両替をしていた連中の露店を「ちゃぶ台返し」して、破壊してまわりました。激怒し「私の父の家を泥棒の巣にしよった」と怒鳴り散らしたのです。

当時(今も)金融業は卑しい職業と看做されていました。僕のおじいちゃんも「銀行員は『ばいた』だ、この世で最も卑しい奴らだ」といつも貶していました。イエス様も、当時の庶民もそう思っていました。

なぜなら彼らは測りを誤魔化したり、レートを誤魔化したりして、ちょこっと余分に儲けを取るからです。あるいは誤魔化さなくても、何もせずとも「手数料」を取ります。

ただ交換するだけなのに「手数料」「交換料」を取ります。考えてみると、ひどい話です。

「それが商売だろ?」と楽して儲ける事しか考えられない人は、もう少し世の為になる事で儲ける事を考えるべきです。もちろんそのサービスが必要だからこそ存在する事は理解してます。

問題は、なぜならこのシステムこそが、悪の根だからです。イエス様がしたように、この悪の巣窟を「ちゃぶ台返し」して破壊しなくてはならないのです。ただ「手数料」「交換料」など、何の付加価値も無く奪う、つまり泥棒する事を「ビジネス」などと呼んではいけないのです。

我々がそう見做し、小さい泥棒から追放して行けば「では、その大元は誰か?」と遡って突き止める事になります


ケン・オキーフ – 蛇の頭は金融システム。”システム全体が金融詐欺に基づいている”

「蛇の頭は金融システムである。誰が世界を動かしているかについては、時の終わりまで議論できる。イエズス会か?レプティリアンか?イルミナティか?フリーメイソンか?しかし、この支配を行使するために使われているメカニズムについて議論し始めることさえ、合理的だとは思わない。そのメカニズムとは金融である。

金融の要諦は借金をすることであり、そうでなければ奴隷にすることである。住宅ローンとは何か?つまり、何の略か?「死の首根っこを掴まれる」と呼ばれるものです。つまり、住宅ローンを組むと、借金を背負うことになる。あなたは家を所有しているわけではありません。家を購入するための資金を融資してくれる銀行が家を所有しているのです。その場合でも、政府から課税される可能性がある。その税金を滞納すれば、政府はあなたから家を取り上げることができるのだ。

このシステム全体が金融詐欺の上に成り立っており、私たちが持っている権力を事実上奪い、金融の支配を通じて世界を動かしているごく一部の個人に与えているのだ。私たちが彼らに許した無限の資金供給によって、彼らは文字通り無限の資金を手に入れ、その資金で、そして彼らのサイコパス的視点から見れば、買収できるすべての人、すべての人を買収したのだ。私たちは物質をはるかに超えたレベルで活動しているため、買収されることはない、

そのような行動に対して報われることはない。そのような行動には罰が与えられる。そして、最もだらしなく、うんざりするほど犯罪的で、小児性愛者で、堕落したモラルの持ち主は、この逆さまのシステムで報われるのだ。私たちは小児性愛者に報いる。堕落した者に報いる。私たちは嘘つきに報いる。モラルのない人間にも報酬を与える。そして通常、私たちはこのシステムの下で彼らを妥協させる。

もしかしたらビデオテープかもしれない。バラク・オバマはゲイかもしれない。彼が他の男性とセックスしているビデオテープがあるかもしれないし、多くの有権者の間であまり好まれないかもしれない他の行為があるかもしれない。あるいは、政治指導者が少年や少女とセックスしているビデオがあるかもしれない。もし私が世界の責任者で、サイコパスで自分の権力に完全に酔っていたら、間違いなくそうするだろう。完全に妥協していない人間を権力の座に就かせるわけにはいかない。

金が無限にあれば、こんなことができる。金の供給を奪えばいい。権力を取り戻せ。国民の手に取り戻すのだ。分数準備銀行を廃止しなさい。イエス・キリストの教えに耳を傾けなさい。もしあなたがクリスチャンで、神殿に行って両替商がやっていることを見て本当に腹を立てたのなら、お金の発行権を取り戻しましょう。

そうすれば、私たちは文字通り、私たち全員を溺れさせようとしている銀行の負債から解放され、薄汚い金持ちのサイコパスの食卓からパンくずをかき集めるのをやめて、このたった1つのことを変えるだけで、豊かさの中で暮らすことができるのだ。

-私たちは皆、たったひとつのことを変えるだけで、豊かさを手に入れることができる。ジョン・F・ケネディは暗殺される半年前にそれを実行した。彼は連邦準備銀行券ではなく合衆国紙幣を発行した。私は、権力者たちがその行為の力を知っていて、彼をすぐに連れ出したと断言できる。

Xの文字数制限のため、すべてを書き写すことはできないが、これは素晴らしい聴きものだ!

ジェフリー・エプスタインはイスラエルのモサドで働き、イスラエル・ロトシルト国家への脅迫材料を作成するために権力者が子供たちを強姦する様子をビデオ撮影した。

彼のクライアントには次のような人がいます。

ビルゲイツ、アラン・ダーショウィッツ、 バラク・オバマ、 ヒラリー・クリントン 、ナンシー・ペロシ、 ジェイミー・ダイモン、 ビル・クリントン、 エフド・バラク

JPモルガンなどの銀行は、こうした顧客が強姦や生贄のために子供を購入していることを示す取引を隠蔽した。

Turning Point USA、The Daily Wire、PragerU、Breitbart、The Gateway Pundit などの管理された組織は、ジェフリー・エプスタインとイスラエル・ロスチャイルド国家を結び付けることは決してありません。

どちらの当事者もイスラエルに奴隷化されており、それが変わらない限り、アメリカ合衆国は決して自由にはならないでしょう。

グローバリストを追い出し、共産主義者、マルクス主義者、ファシストを追い出し、私達を憎む病んだ政治家達、フェイク・ニュース・メディアを根絶やしにしてアメリカをこれらの悪党どもから完全に解放する。

独り言

「たまには雨降りもいいなあ」なんて思った事がありました。今読んでいる「人生で大切なことは雨が教えてくれた」ドミニク・ローホー著のおかげで、雨が大好きになりそうです。彼女の他のどの本よりも、際立って深い洞察力を感じます。

たまに降る雨は、気分が重く、塞いだり、スローダウンしたり、いつもとは違う感覚を味わわせてくれます。それをどう捉えるか?が分かれ道です。どうにも気分が乗らない時、それを良しとして、逆手にとってその感覚を楽しむのです。

昔、失恋して何年も塞ぎこんでいた頃、雨が好きになった事があります。雨のおかげで、世界が全てグレーになるからです。自分の感情に同化し、心に沁みるようでした。

ウエス・モンゴメリーのイージーリスニング系のアルバムや、ポール・デズモンドとジム・ホールのアルバムが、当時の雨フェイバリットとなりました。「雨のハーバーブリッジなど、何の魅力もない」と最初思っていましたが、そのサウンドトラックの

おかげで、フランス映画のクールな感じに見えました。おかげで自分を客観視でき、心に落ち着きを取り戻し始めた感じがしました。

今は感謝な事に、毎日幸せですし、できれば毎日晴れがいいなと思います。同時に今求めているのは、「深み」なので、雨の愉しみを味わうのもいい、とこの本を読みながら考えるようになりました。

「ものの哀れ」とか「幽玄」などの表現は、雨を思う時にしっくりくるのだと、知りました。「今を深く、ゆっくり」味わいたいのであれば、雨降りは良い機会となりそうです。雨の朝、心と体のエンジンがかからない時、いつもと違う事をするのもいいでしょう。

僕は雨降りの朝一番、たまにスタバに寄る事があります。客もおらず、グレーな田園風景と、行き交う車、ガラスを撫でて行く水滴を、ぼんやり眺める事があります。「スローライフだなぁ…」とBGMのジャズのテナーの音に、一人浸ります。

エンジンがかからないなら、敢てさらにスローにしてやるのです。そうする事で自分の状態を客観視し、落ち着いて、スタートに踏み込めます。「別に急ぐことはない」と自分に言い聞かせながら、行くのです。

そんな感じで、スローを楽しむように努めています。これが結構、身体と心に効くのです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
友達に知らせる