hkblog

John3:16

Fri

アメリカでは昨日から「検閲産業複合体」という言葉が使われるようになり、注目を浴びています。自由の国、アメリカがまるで旧ソ連になっていたのです。

検閲産業複合体

マット・タイビとマイケル・シェレンバーガーは、ハンター・バイデンのラップトップの話を事前に捏造するためにアスペン研究所、企業メディア、ソーシャルメディアと協力していた元FBI職員を含む、Twitterファイルで発見した最も衝撃的な事柄について証言します。

@mtaibbi : 「私たちが目にした最も憂慮すべきことは、FBI、DHS、および最大手のテクノロジー企業の間で定期的に組織化されたコミュニケーションの流れでした。彼らは、アカウントのスプレッドシートを含む膨大な数のコンテンツにフラグを立てるための組織化されたシステムを持っていました。それは数十万人に達しました」

@shellenberger : 「私にとって、それはツイッター内のいわゆる元FBI職員がアスペン研究所を含むさまざまなグループと協力して、ハンター・バイデンのラップトップの記事がニューヨーク・ポストに掲載される前に事前に捏造されていたのを見たことでした。そしてTwitter社に検閲してもらうことになったが、Twitter社の内部スタッフはNYPのツイートは利用規約に違反していないと結論付け、とにかく検閲したのだ」

@mtaibbi : 「これはおかしな陰謀論ではありません。すでに 4 人の連邦判事に、この活動は憲法修正第 1 条に違反しているとの判決を下してもらいました。」

@shellenberger : 「アスペン研究所が、ハンター・バイデンのラップトップ記事が外部に存在するという証拠がなかったにもかかわらず、基本的に事前に捏造するために、ソーシャルメディアプラットフォームを含む基本的にすべての主要メディアが参加するワークショップを作成したことを発見しました。 FBIは2019年12月に入手したので、彼らがそれを持っていることを知っていたという事実」

一般のアメリカ国民を検閲しようと共謀している米国政府機関、請負業者、大手テクノロジープラットフォームのネットワークである検閲産業複合体について証言する。

サイバー脅威情報連盟の内部ファイルにより、軍事請負業者がアメリカ人に対して心理作戦を行っていることが明らかになった。

批評家らはソーシャルメディアプラットフォームには検閲する権利があると主張しているが、政府の関与が合衆国憲法修正第1条に違反していることを示唆する証拠が存在する。

「最高裁判所は、憲法で禁じられていることを政府が私人に達成させるよう誘導、奨励、奨励してはならないとの判決を下した。

現在、政府がまさにそれを行ったことを証明する大量の証拠が存在する。

米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・情報セキュリティ局(CISA)が検閲の大部分で中心となっており、全米科学財団が検閲と偽情報ツールの開発に資金を提供しており、その他の連邦政府機関が支援的な役割を果たしている。

CISAのNGOやソーシャルメディアパートナーからの電子メールによると、CISAが2020年にスタンフォードインターネット観測所やその他の米国政府請負業者を巻き込んだ選挙誠実パートナーシップ(EIP)を設立した。

EIPとその後継団体であるバイラリティ・プロジェクトは、ツイッター、フェイスブック、その他のプラットフォームに対し、一般市民や選挙で選ばれた役人のソーシャルメディア投稿を検閲するよう求めた。

EIP は、プラットフォームからの応答率が 75% であり、報告された URL の 35% が削除、ラベル付け、調整、またはソフトブロックされたと報告しました。

2020年、CISAは憲法修正第1条に違反し、選挙に干渉した。

2021年、CISAとホワイトハウスは合衆国憲法修正第1条に違反し、フェイスブックとツイッターに対し、ワクチンの副反応など「多くの場合真実である」とフェイスブック自身が述べたコンテンツの検閲を要求し、米国の新型コロナウイルス感染症パンデミックへの対応を弱体化させた。

これは極めて非アメリカ的だ。

私は議会に対し、検閲に関与している政府機関の資金を停止し、解体するよう奨励します。

これには、国立科学財団のトラック F 信頼性と信頼性および通信システムおよび安全で信頼できるサイバースペース トラックに対するすべての資金の段階的廃止が含まれます。

私はまた議会にDHSにおけるCISAを廃止するよう奨励します。

こうした措置を講じずに、このような検閲が再び起こらないように、重要なガードレールと監視を奨励します」

「ちょうど 1 年前、私は Twitter ファイルとして知られるようになった文書を初めて調べました。 それ以来、私たちは多くのことを学びました。

マイケルと私が3月にこの委員会の善良な人々の前で証言したとき、私たちは二人とも、これがいかに党派的な問題ではないかについて話し合いました。

右翼の陰謀論として繰り返し説明されているという事実にもかかわらず、黄色いベストや緑の党などの左翼運動やコンソーシアム・マガジンなどの組織を含む、双方の運動が抑圧されている証拠が見つかりました。

ちょうど今週、マイケルと私は彼が話したCTIリーグと呼ばれるグループについて報告しました。

それらの文書の中で、アメリカ民主社会主義者などの団体や「みんなの健康管理」などのハッシュタグを監視している証拠が見つかりました。

検閲プログラムの性質上、あらゆる方向に拡大する傾向があり、これらのプログラムはすでに拡大しています。

生涯を通じて民主党に投票し、フランク・チャーチ上院議員、ポール・ウェルストン、デニス・クシニッチなどの人々から言論問題についてのアイデアを得た者として、私はまた、あまり明白ではないが、さまざまな立場の人々が関心を寄せるべきより重要な理由があると信じています。

この問題。 ACLUの元事務局長であるアイラ・グラッサー氏は、かつてキャンパス内でヘイトスピーチ規定を支持しない理由を学生グループに説明したことがある。問題はスピーチではないと彼は言った。

問題は次のとおりです。 「何がヘイトであるかを誰が決めるのですか? 何を禁止するかを誰が決めるのですか? ほとんどの場合、それはあなたではないからです」

この話はツイッターファイルで明らかになり、ミズーリ州対バイデン訴訟とこの委員会のフェイスブックファイルのリリースの両方でさらなる証拠が表面化し、CTIが文書を漏洩した。

彼らは皆、アイラ・グラッサーの懸念を直接語っています。 この国では言論に対する態度が劇的に変化しており、多くの政治家は今やアメリカ国民の大部分が自分自身で情報を消化することを信頼できないと明らかに信じている…

これらの番組では常に、拡大し続ける他の全員を検閲する、ごく一部の裕福なプロフェッショナルクラスのアメリカ人を特集します。

憎しみに対抗し、被害を減らすという高尚な話を取り除いて、偽情報対策は、あからさまにエリート主義的な監視活動にすぎません…

これらのプログラムの継続が許可された場合、損をするのはどちらかだけではありません。それは全員の問題であり、だからこそこれらのプログラムは手遅れになる前に資金を打ち切らなければならないのです」

CIAポップカルチャー

検閲産業複合体は、言論の自由を奪うものです。しかし、それ以前に、もっと昔から「大衆文化を腐敗させる」ために、音楽、映画、美術、文学、哲学、宗教などを使い、CIAは大衆をコントロールして来ました。

「何を考えるべきか、何を感じるべきか」まで、CIAは我々の脳を形付けてきました。その一切を、一言で表現すれば「反キリスト、反聖書的」です。

下に紹介したコメントでも見られるように「ヒップホップ文化のおかげで黒人が受け入れられた」と考える人もいるでしょう。

しかし、それは全くの間違いで、1957年の議会記録には既に、「白人が白人である事に罪悪感を抱かせるようにする」という目標を掲げてました。

ケダモノ化した文化を「クール」と崇拝する人種を増やす事で、悪魔崇拝者を増産するという狙いがあるわけです。

「クールだ」と思われていた黒人ラッパー達も、CIAの手先に過ぎません。それのどこがクールなのでしょう?


CIAは「アメリカの若者を腐敗させ」、アメリカの分断を密かに不安定化させ、種を蒔くためにソーシャルエンジニアリングのためにヒップホップに資金提供したと元CIA職員が認める。

(コメント)その目的が人種関係を妨げるものであれば、それは裏目に出た。これにより、X 世代は黒人の仲間を前例のないレベルで歓迎し、受け入れるようになりました。

(返答)目覚めたアフリカ中心主義、反白人プロパガンダ、白人の罪悪感を受け入れることが目標であり、それは成功した。アメリカとヨーロッパの伝統的な文化、家族の価値観、団結、祖先のアイデンティティ、同種の関係の結果は自明です。 (画像: 1957 年の米国議会記録)

フィリピンもIHR改正を拒否

WHOの暴挙を許すまじ。広がりつつある、IHR改正の拒否。日本も続くか?

テキサス州はファイザーを訴えました。この噂は以前からありましたが、ハッキリするまで紹介するのを控えてました。素晴らしいです、他の共和党の州も続く事を期待します。

とはいえ、ファイザーなどはラベルを貼っただけのようですから…どこまで責任を負って情報開示するか?

https://twitter.com/hinsuke/status/1730357516754956373

キッシンジャーというDS

田中角栄氏を陥れたのはキッシンジャーだそうです。彼も昔から人口削減を促進してました。池田大作もキッシンジャーも死に、何か起こるかも知れません。

それなのに原口氏はトンチンカンな反応を示しました。みんながっかりし、総攻撃を加えてます。

ヘンリー・キッシンジャーは根っからの悪人、間違いなく史上最も邪悪な男の一人です。

ヘンリーがニクソン政権で国務長官を務めた1974年の国家安全保障研究覚書200を調べてください。

そこには、群れを間引くための課題、すなわち「個体数管理」が列挙されている。

この覚書は、米国がその天然資源を盗みに行くことができるように、第三世界の様々な国々の人口を削減する計画を具体的に概説した。

ヘンリー・キッシンジャーは彼らのNWOの首謀者だった。

彼はかつてこう言いました…「石油をコントロールすれば国家もコントロールできる。食べ物をコントロールすれば、人々をコントロールできるのです」

ヘンリーはクラウス・シュワブのウィキペディアのページに「影響力」として記載されており、シュワブの本当の人生の「指導者」でもあります。

そうすれば、彼について知っておくべきことがすべてわかるはずです…

彼はバラク・オバマの影でもあり、彼に信頼を与え、スポットライトを浴びせることに貢献した。

ヘンリーは2008年にオバマ次期大統領について「新世界秩序は創造できる、それは素晴らしい機会だ」と語った。

(原口氏続き)この写真は、彼のニューヨークのオフィスで撮った数少ない写真のひとつだ。この日もアジアは緊張していた。大事な言葉を残して彼は太平洋を超えて行った。  

この一年だけでもどれだけの距離を移動しただろう。第三次世界大戦の危機回避に向けてどれだけの努力を重ねただろう。100歳。  

天に召された。数々の学びを胸に刻んでいる。心から感謝の祈りを捧げたい。

ヒトラー

ヒトラーの動画を紹介してますが、僕は彼のフォロワーではありません。「歴史は勝者によって書かれる」という事ですので、負け組ヒトラーの情報も歪められている事を認めたいのです。

我々日本人も、歴史の捏造に腹を立ててます。ドイツも少なからず、そういう部分はあるのでは?


彼らが彼をひどく憎んでいるのは、もし誰かが彼のナショナリズム体系を真似したら、人民に寄生する方法がなくなるからである。

というのは、異質な国際的存在が、どのようにして団結した国民を食い物にし、操作することができるのでしょうか? それはできません。

パラサイト・クラスは分裂を生み出し、世界中を旅して各国を感染させ、毒を盛る。それらの国が弱体化して摘み取りの機が熟すまで、「多様性」と「民主主義」を強制するのだ。これは主に破壊によって行われます。

しかし、抵抗し、より強力な国家に対しては、軍事力が必要です。 彼の時代には、それはマルクス主義でした。私たちの時代ではそれはシオニズムです。 私たちは彼らと彼らのあらゆる陰謀に抵抗しなければなりません。

ドイツは国家を再建するために好きにやらせて欲しかったのですが、国際カルテルがそれを許しませんでした。

タルムード

タルムードは、ユダヤ教が反キリスト教であり、反人類であることを証明しています。誰もユダヤ人至上主義を支持すべきではありません。

アーティスト?

動画は英語ですが、是非観て頂きたいです。多重人格の人のインタヴューです。これは悪名高いオプラの番組で放映されたそうです。

何人もの人格が入れ替わり、その都度、声と話し方と内容が変わります。MKウルトラの虐待によって、こうなってしまったのでは?と思います。なぜなら記憶喪失障害もあり、それはMKウルトラで実験されていたのを動画で見たからです。

しかし、この人がそれぞれの人格によって、絵を描く事でアーティストとして評価されるようになりました。そして展示会をしているそうです。

そこまで聞くと「ああ、それは良かった」と思うわけですが…その彼女のサイトに行って絵を観てみると、驚きました。悪魔的で、不快なものばかりです。そしてスクロールしていくと、なんとピザゲートの絵が出て来ました。

あの悍ましい絵は彼女が描いたのです。

とても心が痛みました。僕はああいう絵は変態野郎どもが、面白がって描いているものだと思ってました。何でも「アート」にすれば、表現の自由として許されると思っている連中の仕業だと。

しかし彼女がセラピーがてらに、心にあるものを吐き出していたわけです。これはまさに彼女が経験して来た事でしょう。そしてまた、背後には悪霊との契約もある事でしょう。


悪名高いコメット ピンポン、ピザゲートの中心にあるこの店は、ただの卓球台のあるピザ店ではありませんでした。

時間外にはバンドによるライブショーやアート展示も開催されました。

彼らが展覧会に招待したアーティストの1人はキム・ノーブルという名前で、2014年に彼女はオプラからインタビューを受けました。

彼女はウェブサイトで自分自身を次のように説明しています。

「キム・ノーブルは、解離性同一性障害(DID)を持つ母親であり、アーティストであり、作家でもあります。

DID は、耐え難い痛みに対処するための創造的な方法です。主な人格はいくつかの部分に分かれており、それぞれの間に記憶喪失の障壁があります。

14 歳から入退院を繰り返し、正式な美術訓練を受けなかったキムとその分身は、アート セラピストと短期間過ごした後、2004 年に絵画に興味を持ち始めました。

結果として生まれた 13 人のアーティストは、それぞれ独自のスタイル、カラー、テーマを持って取り組んでいます。

多くの人は、自分たちが他のアーティストと身体を共有していることに気づいていません。合計すると、国内外で60回以上の展示会が開催されました」

このインタビューを見てから、Comet Ping Pong が彼女をレストランで展示するよう招待したアートを見てください。

なぜピザ屋が、この明らかに不穏な、子供たちが大人たちに言いようのないことをしている描写のある画像を掲示することに興味を持つのだろうか?kimnobleartist.com/our-work.html

ディズニー解約が続出

ディズニーのCEO、ボブ・アイガーがTwitterを脅迫しました。それに対してイーロン・マスクは「勝手にしろ」(Go Fuck Yourself)それを受けて、多くののユーザーがDisney+のサブスクリプションをキャンセルしている。

良い。あなたを憎み、言論の自由を嫌う人々にお金を与えるのはやめてください。 イーロンが広告主を非難したことを受けて、Xユーザーらも反撃し、イーロンの支持に結集している。

「ディズニーとパラマウントプラスのキャンセル」 @TheNickAmerica

「言論の自由の支払いを支援するためにディズニーをキャンセルし、X プレミアムに登録しました」 @andrews5647

「ディズニープラスのサブスクリプションをキャンセルしました」 @drkevinleung 他にもたくさん…

HuluのキャンセルとDisney Plusのキャンセルは現在、Googleトレンドの両方で急上昇トレンドとなっており、イーロン・マスクとXを検閲しキャンセルしようとする取り組みに視聴者が反応しているようだ。運命は皮肉を好む。

そのうち開示されるか

とても興味深い会話でした… タッカー・カールソンとロザンヌ – なぜ私たちは歴史について特定のことを知らないのでしょうか?選ばれたグループが知っているから

• ピラミッドはどのようにして建てられたのですか?

• 水中のピラミッド

• 周波数と磁石

• 私たちが知らなかった文明全体

バチカン図書館には、私たちの歴史の多くに対する答えが保管されています。クレオパトラはアレクサンドリアで世界の歴史を持っていましたが、彼らが解雇されたとき、彼らはすべてをローマに持ち帰りました。

私はこういう会話が大好きです。これらの討論会は現在、より主流になりつつあり、人々に私たちの本当の歴史について考え始めさせているように感じます…おそらく、そう遠くない将来に明らかになるでしょう。

独り言

趣味を副業にするのは難しいか?大儲けを狙わなければ、出来ると思います。ギターの教則本を出版して、小遣い程度ですが稼いでいます。売るための営業は、一切してません。

子供のように純粋に楽しみたい

子供の頃、野球が大好きでした。それがたまらなく楽しく、それ以外の事はどうでも良かったのです。家の庭で兄とキャッチボールをしたり、隣の広場で草野球の試合をする毎日でした。

​子供の頃、親や大人が毎晩酒を飲むのが不思議でした。「なぜ、酒がそんなに楽しいのだろう?」父が酒とたばこを止めようとした時、依存というものを知りました。

父はいわゆる依存症ではありませんでした。しかし、やめようとしても、すぐにはやめられなかったです。お金を払って、健康に害する事をし、しかもやめられない、そういうものは良くないと子供の頃理解しました。

僕は今アルコールをほとんど飲みません。誰かから頂いたり、祝い事の乾杯で飲む程度です。年に数回、あるかないかです。

お金も使わないし、健康だし、時間の無駄にもなりません。

子供の頃、好きな野球をしているだけで、毎日が幸せでした。子供だったので、世の中の愉しみを知らなかったからです。でも、知ったからと言って、それが自分にとってのベストマッチかどうかは分かりません。

例えば、「イチローのように野球を愛し、人生を野球に捧げたような人と、色んな愉しみを持つ人と、どちらがいいか?」そんな比較はナンセンスだと言うかも知れません。僕はイチローの方を好みます。

色んな事に惹かれる、好奇心旺盛なのは良い事とされます。けれども、楽しそうな事、気を引くような事は、マーケティングの騙しが多く含まれていたりします。楽しそうに見えるのは、自尊心をくすぐられるとか、現実逃避できるとか…そんなイメージ戦略です。

そういうものの儚さを知ると、冷めます。その愉しみのために、長時間働くのか?嫌な仕事を続けるのか?と考えると、人生に矛盾を見出すようになるのです。人生に何を求めているのかを考えるべきで、考えないと、簡単にマーケティングの罠にハマります。

日本人はステイタスを異常に気にします。平たく言えば、世間体です。世間体とはすなわち、他人の目です。

他人の目と言いつつも、昔とは違い「価値観は人それぞれである」と考える人がほとんどです。また、それより何より、誰もが毎日忙し過ぎて、自分が生き延びる事に精一杯です。誰も他人の事など気にも留めません。

それでいて、SNSでは他人に対する異常な嫉妬心にかられてしまう…だとすればSNSがなければ、みんな自由に生きる事ができるのでは?と思います。「誰もあなたの事など気にしていない」ならば、そうできるはずです。

実際、若い子たちは、酒、たばこ、車などから離れています。若者にとってそれらは、もはや憧れの対象ではありません。純粋に楽しめる何か、やりがいのある何かを求める若者は多いです。

その点、僕の世代と違って、若者は人生に真摯に向きあっているなと感心します。

趣味が副業になると人生が楽しくなる

趣味と副業を兼ねると、時間と労力に対する報酬が大きいです。やりがい、いきがい、たのしみという報酬は、お金で計れません。もちろん本業で得られるに越したことはありませんが…

副業なら定年もありません。一生愉しみ続ける事ができるのです。そして何よりプレッシャーが少ないのがいいです。

極端な例で、イチローのようなキャリアを目指すと、プレッシャーに苦しみます。リターンは大きいですが、誰もがなれる境地ではありません。成功率は限りなくゼロに近いので、やってもムダとなるか、途中で挫折します。

そこまで究極を目指さなくても、フルタイムで食べていけるようにするのは出来るはずです。ただし、人生何が起こるか分からないので、全てを賭けていいかどうか?…リスクはかなりあります。そこに稼ぐプレッシャーがかかるので、趣味の純粋さを維持するのは難しくなります。

そうではなく、死ぬまでやれる事、楽しみ続ける事を目標とした副業は、嫌味が無く、純粋さを維持し、またそういう人達を惹きつけます。そういうビジネスは、人生の最期に振り返る時に、報われるタイプかも知れません。「自分に対し、誠実に生きた」事を誇りに、死ねそうです。

それもあるでしょうが、本当の旨みは、日々を楽しくしてくれる事です。朝起きて、自分の好きな事をして、世の中に貢献できるという喜びが、何よりありがたいです。
この先何十年と、毎朝起きるのが楽しみである事こそが、最大のリターンです。

とすれば、他人は関係ありません。自分が朝起きてどう感じるか?が基準です。結局、自分以外の人間が、自分の人生を生きる事はあり得ないのと同じように、他人の成功の基準を自分にあてはめる事も不可能なのです。

その上で、収入が上がっていけば、本業とのバランスを変えていけばいいです。

​他の何かで自尊心を高める必要がない

自分の好きな事で稼いでいると、それが少額であろうと誇りに感じます。そういう生き方そのものに満足できるのです。もちろんビジネスには浮き沈みがあり、その旅に終わりはありませんが。

それがあると、何か他のものが誘惑してきても、無関心になれます。ちょうど子供の頃、野球にハマっていたように。その他の遊びもそれなりに楽しかったけれど、野球の時間を犠牲にする気にはなれませんでした。

友達と集まって野球をする事が目標であり、生きる目的であったのと同じです。出来るだけ長くやり続けられるよう、コンディションを維持する事に気を配ります。人生がシンプルになります。

自分にとっての価値を知る

好きな事を、焦らず、じっくり、確実にやり続けるといいです。その経験の蓄積を人にシェアしたり、人の役に立たせるようにします。それがビジネスとなり得るのです。

テクノロジーの発達で、誰でも好きな事で副業が出来るインフラがあります。しかし何でも出来るからと言って、簡単に出来るとは限りません。新しいスキルを習得し、改善しながら、継続しなければ、結局上手く行きません。

つまり趣味そのものだけでなく、ビジネスも学ぶ必要がありますが…マイペースで、純粋な気持ちを大切にやればいいのです。煩雑な仕事は、テクノロジーの進化とともに、ますます簡単になるからです。

​これからは独り勝ちを目指すのではなく、純粋で、楽しくて、健全なビジネスを続けられるかを目指すべきです。子供の頃のように熱中できる、継続させる事が目的となるビジネスを目指すといいです。その価値はお金で計る事ができないほど、価値の高いビジネスだと思うのです。

メディアが作り上げた「幻想」を追いかける時代は終わりました。これからは各人が価値を決め、選ぶ必要があります。それを厳しいと捉えるか、自由と捉えるか…

僕は自由と捉えています。そして子供の頃のように、毎日楽しみながら生きていたいです。

純粋なビジネス

これまで僕は、純粋なビジネスを築くために、地味に地道にやってきました。ものすごくニッチなジャンルで、オリジナルコンテンツを販売してきました。「僕が信じる商品」であり、他人の模倣を一切してない事が誇りです。

普通のマーケターは、それでは売れないといいます。それは「失敗するビジネス」と言います。

王道は、「すでに成功しているものをパクって、少し個人的な色を付け、改善を施したもの」みたいな言い方をします。でもそれは「大儲け」を狙ったビジネスであり、「楽して確実に儲ける事」にフォーカスしたビジネスだと思います。

それは「人の作品をいかに合法的に盗むか?」という生き方です。それは「勝てば官軍」という価値観です。それは「人との比較」の中で価値を判断する生き方です。

そういう人達の群れは結局、価格競争となります。差別化が価格でしか出来なくなるからです。

僕はそういう生き方はすべきでないと思っています。だから副業として、誰も目に留めないジャンルで細々とやっています。それは売り上げには反映されなくても、作っている最中に報酬がすでにあります。

また、時間と共に価値が上がっていくと期待しています。他に無いからです。売れ線狙いの商品は、ますます飽和して行き、価値が落ちて行きます。

そして自己満足感も増して行きます。「人生ですべき事をした」からです。

これは副業だからこそ、やりやすいと思います。僕は今こそより多くの人に、純粋さを追求したビジネス(副業)をして欲しいです。それはある意味、「古き良き日本人らしい商売の姿」のような憧れに過ぎないかも知れませんが…

それを継続した結果、売り上げに反映すれば、それが最高です。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
友達に知らせる