Wed

是非シェアして下さい

バイデンが起訴される日が近づいているように思います。もはや逃れる事は出来ないでしょう。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

バイデンの起訴へ

HK 早速、特別検査官の証言。副大統領の任期を終え、私人となったバイデンがゴーストライターに本を書かせるために、機密情報を持ち出したという話です。しかもそのラップトップの証拠隠滅も図っていたわけで、それが違法だと分かった上での犯行でした。

バイデン司法省が今の世の中、司法の二層基準でやっている証拠だ。何故?起訴しない?私人だったバイデンは機密文書を持っていく権利すらない。

そのような文書を所有する法的権利「自身が機密を解除」したものを持っていたドナルド・トランプ大統領がなぜ起訴されているのでしょうか?

最後にもう一つ、何故、彼は議会の公聴会に召喚され、その公聴会が開かれる前日に、辞任し、民間人として”協力している人”という感じにしたのか?まっ非常に、わかりやすいねぇ

ワシントンでの速報 – 衝撃的な告白

ジム・ジョーダン下院議員はロバート・ハー氏に、バイデン氏が機密資料をゴーストライターに共有した理由はプライドと金だったということに同意するかどうか尋ねた。

彼の答えは、「その文言は報告書に確かに記載されており、我々はそれらの評価を裏付ける証拠を特定した」

HK ゴーストライターに書かせた本の出版の報酬800万ドルをせしめるため、機密資料をゴーストライターに共有したらしいです。それが違法だと熟知しており、証拠隠滅のためにノートパソコンをゴミ箱に捨てた事が音声として証拠に残っています。

ヌーランドについて

HK スコット・リッター氏の意見です。戦争屋ヌーランドの強引さに、戦況はついて行かず、政治家たちも選挙のためについて行くのを渋る始末。

やり過ぎて、辞めさせられたようです。

両方です。今のところ、この話で驚くべきことは、誰もこのことについて話していないということだ。 これはヴィクトリア・ヌーランドの戦争であり、ヴィクトリア・ヌーランドの戦略だからだ。

彼女が辞任を求められたり、圧力を受けて辞任したりするということは、この戦略がもはや米国の好む戦略ではないということを意味する。 それがここで起きたことだと思う。

ヴィクトリア・ヌーランドはおそらく先走りし、この戦略を推し進めようとしすぎたのだと思う。思い起こせば、彼女はウクライナに赴き、議会で保留されていた資金を出すと約束し、その約束に基づいてウクライナ人、同盟国のフランスやドイツなどと、この資金が放出されることを前提とした政策課題について交渉に入った。

しかし資金は出されず、同盟国は先走ってしまった。 バイデン政権はその代わりに、「(ロシアへ)倍返しするつもりはない。我々は今、実際に出口を探している。ウクライナを次の選挙で一番の争点にはしたくない。国内政策に集中させたい。だから、出口を探している」

ヌーランドは戦争をしたがっているが、どの大統領も戦争、特に大統領選挙を控えたこの時期にロシアとの大規模な戦争はしたくない。アメリカ人は戦争に疲れ、外国との関係に疲れていると思う。

ヌーランドは手を引くように言われたと思うが、そうしなかったのだろう。ヌーランドはペンタゴンに許可されていない電話をかけ、上司の同意を得ていない政策を追求していたという噂がある。

そして彼女は門前払いを食らった。 だが彼女はここでいい席を与えられている。 つまり、コロンビア大学の教授職は悪いものではない。 彼女は外交問題評議会で講演し、議会で呼ばれ、論文を書いたりするだろうが、バイデン政権の一員ではないし、バイデン政権がどのような出口戦略を取るにせよ、そのチームの一員にはならない。

ワクチンとトランプ

HK 海軍パイロットの心不全が973%増加しました。それ以外にも数え切れないほどの症状が増加しています。アメリカ軍はそれだけ見ても、弱体化しました。

今、トランプの発言をめぐり、フォロワー達が怒りの声をあげています。そうすべきだと思いますし、もしかするとトランプはそうすべく刺激しているのかも…だとすればまだ良いのですが。

流石に今回の発言は、「もううんざり」という人も出て来ています。アレックス・ジョーンズのようなインフルエンサーが代弁しています。

国民の声を聞くのが政治家です。だからトランプをフォローするだけでなく、彼に我々の意見に従わせる事も必要なので、声を上げるべきだと思います。


フリン将軍

(この批判は)起こらなければなりません。私もこのワクチンのせいであまりにも多くの友人を失いました。そして軍に与えた壊滅的な影響を今も目の当たりにしています。

アレックス・ジョーンズ、トランプ大統領に新型コロナワクチン自慢をやめるよう懇願

「これ以上トランプの発言を見たら、私は戦争への道を歩むことになるだろう…彼は自分が間違っているとは認めないだろう…あなたの支持者もうんざりしているし、うんざりしている…私は銃弾のせいで病気になった友人や家族がたくさんいました。それによって亡くなった人もたくさんいます」

遺伝子ワクチンがヒトの細胞に吸収される最初の実験が完了 – スチャリット・バクディ教授が明かす。

二人の女性科学者は本当に優秀で、細胞、人間の細胞を採取し、これらの細胞をワクチンに浸したところ、これがこれまでに行われた最初の実験であることを発見しました。

人間の細胞がすぐにワクチンを取り込むということを発見しました。DNAと染色体、そして染色体、細菌の染色体が細胞に入り、これらの細胞はすぐに恐ろしい量のスパイクタンパク質を作り始め、彼らはこれを定量化し、スパイクタンパク質に何が起こるか、それが安定であることを示しました。

それが血液中、循環中に放出されること、彼らはこれを血液中で測定できること、実際どこでも測定できることを示し、そしてプラスミドとスパイクの生成が何日も続くことを示しました。

それで、トランスフェクトされたヒト細胞の染色体に細菌の DNA が染色体に組み込まれているのを見つけられますか?答えはイエスです。

カナダの生物兵器開発

カナダもコロナに大きく関与していた疑惑が出て来ました。トルドーとオバマはベッドの中でこの陰謀を企てていたのでしょうか。

カナダ政府のスパイ活動隠蔽を暴露: ウィニペグ国立微生物研究所の背後にある衝撃的な真実 これはマニトバ州ウィニペグにある国立微生物研究所です。

そこで国際的なスパイ活動、政府の隠蔽、そして世界的な影響の可能性に関する物語が横たわっています。

ここは普通の研究施設ではありません。 ここはカナダで唯一のレベル 4 のバイオラボであり、世界で最も致死性の高い病原体を扱うための設備が備えられています。

しかし、この研究を際立たせているのは、中国政府の科学者との疑わしい関係だ。中国の科学者は、中国国外にいるこの厳重なセキュリティ施設にアクセスできました。

過去数年間の出来事、準備に5年、そして首相官邸への巻きひげによるほぼ3年間の綿密な隠蔽工作を掘り下げると、陰謀はさらに濃くなる。

衝撃的なことに、最近の暴露は、コウモリウイルスを使った機能獲得実験が私たちの目の前で行われたことを指摘している。

ウィニペグの普通の地区にある研究室が、高校の通りのすぐ上にあり、住宅地と政府サービスに囲まれた場所にあると想像してみてください。その意味を考えると背筋がゾクゾクするはずです。

2019 年に巻き戻してみましょう。 中国人2名とその学生が、中国軍との協力の疑いで国立微生物研究所から連行された。

彼らの悪行には、エボラ出血熱を含む致死性の病原体を中国人民解放軍に移送することが含まれており、サンプルは武漢ウイルス研究所に行き着く可能性がある。

この事件をきっかけにカナダ治安情報局(CSIS)の調査が開始されたが、その詳細は3年間にわたり一般公開されなかった。しかし、ついに真実が明らかになってきました。

ザ・ビューローのサム・コッパー氏の調査報告書によると、関与した科学者の一人である邱香果博士は、不気味にも「コウモリ女」と呼ばれる石正麗博士とともに、武漢ウイルス研究所で合成コウモリフィロウイルスのプロジェクトを主導していた。

彼らの研究は、異種間感染と病原体のリスクを評価することを目的としているとされており、物議を醸している機能獲得研究を示唆している。

しかし、時系列はそこで終わらず、2019年6月、スパイスキャンダルのさなか、邱博士と夫は、危険な病原体の入ったバイアルを研究室から密かに持ち出し、中国の連絡先に送ったとして、保安検査を剥奪された。

数か月後の2019年11月に、武漢ウイルス研究所がこの病気の起源であると疑われ、最初の公式な新型コロナウイルス感染症クラスターが特定された。

一方、CSISはカナダの研究所のスパイ活動について捜査を続けた。捜査が終了すると、官僚的な妨害が続いた。

当時のカナダ公衆衛生庁長官イアン・スチュワートは、調査結果を議会に開示することを拒否し、1世紀以上ぶりに問責を受けた連邦管理官という疑わしい名誉を獲得した。

スチュワートは引退後に英雄として称賛されたが、都合の良いことに、議会がスパイスキャンダルを詳述した忌まわしい600ページの報告書を受け取る数週間前に行われた。

一方、混乱に巻き込まれたジャスティン・トルドー首相は、CSIS捜査の編集なし公開を阻止する法的手段に訴えた。彼の行動は、政府の共謀や無能の程度について憂慮すべき疑問を引き起こしている。

火に油を注いだのは、2021年8月のトルドー首相の解散総選挙で、中国政府がトルドー首相の自由党に有利な介入を行っているとの非難で眉をひそめた。国立微生物研究所の壁の中で一体何が起こったのでしょうか?

邱博士とそのチームは、現在、新型コロナウイルス感染症の流行の中心地として関与しているとされる武漢ウイルス研究所に、どのような秘密を送っていたのだろうか?

そして、なぜトルドー首相はパンデミックの初期に同じ研究所に90万ドル近くを注ぎ込んだのでしょうか?

今のところ、真実は隠されたままで、官僚主義や政治的陰謀、陰謀の層の下に埋もれています。 カナダ人が説明責任を求める中、明らかなことが1つあります。

それは、政府の誠実さが失われ、国家の安全が危険にさらされているということです。

カールソン、シュワブと会う

「脳にチップを埋め込んでなんて言ってさあ…ちょっと、待ってくれよ。お前何様だと思ってんだよ」

「彼はWEFのただの飾りだよ、何もコントロールしてない」

タッカー・カールソン氏、世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ氏と会談 シュワブと同席した後、タッカーは「彼は全くのバカだ。100頭も老けたような年齢で、何が起こっているのか全く分かっていない」と言う。 タッカーはWEFが世界に導入しようとしている狂気を嘲笑する

ホロコーストの原因

HK この本は「ホロコーストの原因はウクライナにおける小麦の不作」と言っています。食料が足りず、労働力とならない人から死んでもらった…みたいな感じ。さらにはガス実験に使われた…

そのため、領土を獲得したとはいえ、東部での作戦は約束されたものだけでなく、必要なものも提供することができなかった。ソ連侵攻のわずか2日後、バッケは4カ年経済計画の一環として小麦の需要予測を発表した。

ドイツは年間250万トンの不足に直面していた。ドイツ国防軍はこれを解決し、ドイツ人が食べるために数百万トンの油分を含む種子と数百万頭の牛や豚を確保する必要があった。

これが、ヒトラーが将軍たちに『モスクワとレニングラードを壊滅させよ』と指示した理由のひとつである。ヒトラーは、『冬に食糧を供給しなければならない人々がそこに残るのを防ぎたかった』のである。

食糧不足と飢饉で数百万人が死ぬと予測したドイツ軍は、今度は苦しむべき人々を特定し始めた。その最初の列がロシア人捕虜だった。「彼らに食料を与える必要はない。国際的な義務に縛られるわけでもないのだから」とゲーリングは軽率に書いている。

1941 年 9 月 16 日、ゲーリングは「働かない」捕虜、つまり奴隷労働者として働くには衰弱しすぎ たり負傷しすぎたりしている捕虜から食料供給を引き揚げる命令を下した。

その 1 カ月後、「働く」捕虜の配給はすでに減らされていたが、再び減らされた。その影響は壊滅的で、1942年2月までに、ソ連人捕虜のうち約200万人(合計330万人)が死亡した。

このプロセスをさらに早めるために、給餌を必要とする口の数をなくす新しい技術が考案 された。捕虜は百人単位で集められ、ポーランド軍の兵舎を燻蒸するのに使われた殺虫剤の効果を試すことができた。

一酸化炭素中毒の影響についても、排気ガスにパイプをつないだバンを使って実験が行われた。1941年秋に行われたこれらの実験は、同じ技術を大規模に使用したことで間もなく悪名を馳せることになる場所で行われた。アウシュビッツとザクセンハウゼンである。

侵攻開始のわずか数週間後に始まった大量殺戮は、ドイツ軍の攻撃の失敗と経済・戦略計画の絶望的な不備に対する病的な反応であった。ウクライナとロシア南部の大穀倉地帯は、期待された成果を上げることができなかった。そして、その代償は直ちに支払わなければならなかった。

ヒトラーが会話の中で述べていたように、地元住民の国外追放や移住ではなかった。人が多すぎて食料が不足していたため、ドイツ人のあらゆる生活、メディア、民衆の意識の中で悪者扱いされていた2つの明らかな標的がいた。

ロシア人とユダヤ人である。 スラブ人は人種的に劣等で、常軌を逸し、苦悩と暴力の能力を持っているという描写は、戦前から一貫して展開されてきた。1939年にモロトフ=リッベントロップ協定が結ばれた後、この誹謗中傷は抑えられたが、侵攻後に再び始まった。

これまで力強く論じられてきたように、これは1941年夏の終わりから始まったロシア人の大量虐殺に直接作用した。 戦前のドイツでは、反ユダヤ主義はさらに深く根付いていた。

退位したカイザーによれば、ワイマール共和国は「ユダヤ人によって準備され、ユダヤ人によって作られ、ユダヤ人の給料によって維持されてきた」

ユダヤ人は蚊のようなもので、「人類が何らかの方法で取り除かなければならない厄介者である。一番いいのはガスだと思う」このような態度は珍しいものではなかった。

1938年11月9日から10日にかけての夜、ユダヤ人に対して組織的な暴力が振るわれた水晶の夜のような出来事は、ユダヤ人を「他国の肉と生産性と労働を糧とする寄生虫」と日常的に見下す毒々しいレトリックの集大成であった。

このような言動や行動がもたらすものへの懸念が高まり、新たな同盟関係を築こうと考える者もすでにいた。1930年代半ば、後にイスラエルの初代首相となるダヴィド・ベン・グリオンは、パレスチナの有力なアラブ人と合意に達し、ユダヤ人の移住を拡大できるようにしようとした。

アラブの穏健派とされる人物が率いる使節団がベルリンに派遣され、ナチス政権が中東におけるイギリスの利益を損なうアラブの計画を支援する代わりに、どのような条件で合意するかについて話し合った。

戦争が始まって最初の月が終わる前の1939年9月には、すべてのユダヤ人をポーランドに再定住させる計画が合意されていた。少なくとも当初は、強制移住によってドイツ領内から追い出すことを容易にするために、住民を大挙して集めるという計画であったようだ。

実際、1930年代後半には、ドイツ系ユダヤ人をマダガスカルに強制移住させるという綿密な計画が練られた。この計画は、19世紀末から20世紀初頭にかけて、インド洋南西部に位置するこの島の先住民マダガスカル人の起源はユダヤ人にあるという、多くの地理学者や人類学者の一般的な(しかし見当違いな)確信に基づいていたようである。

ナチス・ドイツでは、ユダヤ人を他の場所にも追放しようという議論があった。実際、変な話だが、ヒトラーは20年近く前からパレスチナにユダヤ人国家を建設することを主張していた。

1938年の春、彼はドイツ系ユダヤ人の中東への移住政策と、彼らの故郷となる新しい国家の形成を支持する発言をしている。実際、1930年代後半には、アドルフ・アイヒマン率いる高級代表団がパレスチナのシオニスト諜報員と会談するために派遣され、しばしば「ユダヤ人問題」と呼ばれるものをきっぱりと解決するための融和策について議論した。

後にイスラエルで人道に対する罪で処刑されたアイヒマンが、ドイツからパレスチナへのユダヤ人の移住を促進する方法について話し合っていたのは、非常に皮肉なことだった、 反ユダヤ主義を掲げるナチ指導部とエルサレム周辺のユダヤ人コミュニティーの指導部の双方にとって利益になりそうなことだった。

話し合いは合意に至らなかったが、ドイツ人は開戦後も、潜在的に有益なパートナーとして見なされ続けた。1940年秋、リーハイと呼ばれる運動(パレスチナ当局にシュテルン・ギャングとして知られるようになり、そのメンバーには後の首相イツハク・シャミールや近代イスラエル建国の父たちがいた)の創始者アブラハム・シュテルンは、ベイルートのドイツ外交官に過激な提案のメッセージを送った。

ドイツと、シュテルン(ら)が代表と称する「ユダヤ民族の真の民族的願望」との間には、「共通の利益が存在しうる」と、それは始まった。もし「イスラエルの自由運動の願望が認められる」なら、シュテルンは「ドイツ側として積極的に戦争に参加する」ことを申し出た。

中東における将来のドイツの権力的地位の強化」とは別に、「全人類の目から見て」第三帝国の「道徳的基盤が極めて強化される」のである。 これは威勢がよかった。実際、シュテルンは現実主義的であった。たとえ彼がドイツとの同盟に託した希望が、組織内 の全員に共有されていたわけではなかったとしても。

私たちがドイツ軍に望むのは、ユダヤ人の入植者をパレスチナに連れてくることだけだ。そうすることで、「祖国を解放するためのイギリスとの戦争がここから始まる。ユダヤ人は国家を獲得し、ドイツ人はついでに、中東におけるイギリスの重要な拠点を取り除くことになり、ヨーロッパにおけるユダヤ人問題も解決することになる」

それは論理的で、恐ろしいことのように思えた: ユダヤ人の有力者たちが、史上最大の反ユダヤ主義者との協力を積極的に提案し、ホロコーストの実行犯と交渉していたのだ。

ヒトラーにとっては、ユダヤ人がどこに追放されるかは重要ではなかった。それは彼の反ユダヤ主義がいかに強力であったかの現れでもある。パレスチナも検討された場所の一つにすぎず、ロシアの奥深くも真剣に議論された。

「ユダヤ人をどこに送るかは問題ではない」とヒトラーは1941年、クロアチアの軍司令官スラヴコ・クヴァテルニクに言った。シベリアでもマダガスカルでもいい。 ロシアでの慢性的な問題に直面したナチスは、この気軽な態度を、より形式的で冷酷なものに変えていった。

ナチスの計画者たちは、ユダヤ人が収容所に集められたという事実が、大量殺人がほとんど困難なく達成されうることを意味していることに気づいたからである。すでに不足していた資源の枯渇に直面し、組織的に反ユダヤ主義を掲げる政権が、大規模な殺人に目を向け始めるのは簡単なことだった。

ユダヤ人はすでにポーランドの収容所にいた。ナチス指導部が何百万もの口数が多すぎて養いきれないことを悟っていた時期、彼らは用意周到で簡単な標的だった。 アドルフ・アイヒマンは1941年7月中旬の時点で次のように書いている。

「この冬には危険がある。もはやユダヤ人をすべて養うことはできない。最も人道的な解決策は、労働能力のないユダヤ人を、ある種の早業で仕留めることではないのか、真剣に検討しなければならない」

高齢者、病弱者、女性、子供、そして「労働能力のない」人々は消耗品として切り捨てられた。彼らは、ソ連侵攻前に注意深く死が予測されていた「X百万人」に取って代わるための第一歩だった。 こうして、前代未聞の規模と恐怖の連鎖が始まった。

人間を家畜のように収容小屋に送り込み、そこで奴隷労働者として働く者と、他の人々の生存のために支払うべき代償とみなされる者とに分けた。南ロシア、ウクライナ、西部の草原が大量虐殺の原因となった。

この土地が予想された量の小麦を生産できなかったことが、ホロコーストの直接の原因となった。

The Silk Roads: A New History of the World Peter Frankopan (著) https://amzn.to/3Txnf6y

青い屋根

HK 緑のビームの攻撃が「陰謀論」とは言えない事態となってます。青い屋根だけが助かる話を聞いて、多くの人がそれを実行してます。

テキサス州火災で指向性エネルギー兵器の疑いでバイデンがパニックを引き起こす。 人々は屋根を青く塗っています。

Mr.ハヤカワ

この人、実は僕がアメリカ時代に通っていた日系キリスト教会で、色々とレクチャーしてくれたMr.ハヤカワです。昔からの読者さんでしたら、何度か彼の事を書いていたのを覚えているかも知れません。

彼とは90〜91年に何度も会っていて、「これからインターネットというものが出てくる」「手のひらに収まる電話で何でも出来るようになる」「マイクロチップが埋め込まれて管理される」「高周波、低周波などで大衆の感情をコントロールする」「幻聴を聞かせる事ができる」「ホログラム」などなど、当時では全く想像も出来ない事を教えてくれました。

それらは既に70年代に軍が開発したものと言ってました。UFOも地下でアメリカ軍が宇宙人(彼は悪魔/悪霊と言ってます)からテクノロジーをもらって開発しているなど。

いわゆる文明というものは、悪魔/悪霊によって伝授され「便利さ」と引き換えに、彼らを崇拝するという取引だと言ってました。それらに人身御供がつきものだと考えると、全てがつながると思いませんか?

だから今日までその図式は変わっていないと思います。

30年前に彼に教えてもらったこれらの事は、今になって常識というか、知らなければいけない真実になりつつあると思います。

聖書

独り言

情報は検索すれば、何でも無料で見つかります。とはいえ、すぐに欲しい情報にたどり着けるか?または、求める情報が見当違いという可能性もあります。

情報はあるけれど、問題の解決にはならない可能性があるわけです。解決しないのは、間違った道に進むからで、逆に迷路にハマる可能性もあります。

でも1つの事に没頭してみると、大体正しい所に導かれるように思います。結局は、基本へ戻り着くのではないでしょうか?迷っている間は、ショートカットを探していたり、すごそうな情報を探していたり、動機が不純なのです。

それにはメディアによる洗脳もあるかも知れません。価値観や、人格の問題もあるかも知れません。基本に戻るには、謙虚さが求められます。

道に迷い続け、最後には、全て否定するくらいの、情報や経験を積む行き方もあるでしょう。

最後には、自分までも否定するわけです。「自分の動機、価値観が間違っていた」と気づくわけです。僕はギターでそういう道を辿りました。

基礎を良く知らなかった事が、問題だと知りました。基礎に行けば行くほど、分からなかった事が分かるようになります。「実はこんなシンプルな事だったのか、バカバカしい」と。

でも、その道筋は、自分で探すしかありませんでした。1人でじっくり考える時間が必要でした。繋がりが見えてくるまで、何年もかかりました。

そういうディープワークが必要です。根気よく、諦めずに、やり続ける、掘り続けるのです。

ギターヒーローになる才能はなくても、地味でマニアックなトピックにこだわって掘り下げる事ができます。それも、才能です。最近それに気づき、自分の居場所が分かりました。

このままこれに没頭していれば、極わずかなギタリストの役に立つ事ができると。​まだシェアしていないものや、掘り下げたいものは沢山あります。ブログでまずアイデアをまとめた上で、アマゾンキンドルで出版しています。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい