Fri

是非シェアして下さい

アメリカでは共和党の州が頑張っています。グローバリストの押し付けを拒む動きが強まっています。

Clandestine

非常に興味深い

ニューヨーク・タイムズ紙は、トランプ大統領が最近、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン国王と会談したと報じている。

中東で緊張が高まる中、トランプ大統領はイスラム世界で最も著名な人物とおそらく連絡を取り合っているが、バイデン大統領は居眠り運転をしている。

ニューヨーク・タイムズは会話の内容は知らないと伝えており、ただ2人が最近電話で話しただけだとしている。

トランプ氏は常にMBSと良好な関係を築いてきたし、BRICS諸国の指導者全員とも良好な関係を築いてきた。

トランプ氏とその外交努力によってBRICS諸国が第3次世界大戦の拡大を控えるよう説得され、トランプ氏が政権を取り戻し、NATO/イスラエルの侵略を速やかに終わらせられることを期待したい。

世界の指導者たちは、バイデンが何も解決しないことを知っている。世界はトランプを求めている。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

ルイジアナ州上院、WEFのアジェンダを州から追放する法案を37対0で可決

The People‘s Voice

ルイジアナ州は、同州における国連、世界保健機関(WHO)、世界経済フォーラム(WEF)の影響力を排除し、グローバリスト組織による規則や指令の押しつけを禁止する法案を可決した最初の州となった。

ルイジアナ州上院は、国連、WHO、WEFがグローバリストのクーデターを起こし、世界中に彼らの規則や命令を押し付けようとしているとして、州や地方の協力を打ち切る法案を37対0の賛成多数で可決した。

トーマス・プレスリー上院議員と2人の共同提案者は2月29日、上院法案133(SB133)を提出した。 この法律案は、”世界保健機関(WHO)、国連、世界経済フォーラムはルイジアナ州内では管轄権も権力も持たない “と宣言するものである。

法案は、グローバリスト組織の規則、規制、命令がペリカン州では効力を持たないことを確実にするための実際的なステップを概説している。

“世界保健機関(WHO)、国連、世界経済フォーラム(WEF)のいかなる規則、規制、料金、税金、政策、命令も、ルイジアナ州、州のいかなる機関、部局、理事会、委員会、政治小区、政府機関、教区、自治体、その他の政治団体によって施行、実施されることはない”

極めて効果的

憲法修正第10条センターのレポート ジェームス・マディソンが『連邦主義者』第46号で州や個人に対して行った忠告に基づくと、「連邦の役員への協力拒否」は、連邦法を事実上執行不能にする極めて効果的な方法である。

このことは、国際機関に関しても同様である。 これらの機関には、独自の執行メカニズムはない。 連邦法のすべての力は、地元の管轄区域による自発的な遵守と執行に基づいている。

フォックス・ニュースの上級司法アナリスト、アンドリュー・ナポリターノ判事は、この種のアプローチが極めて効果的であることに同意した。 連邦銃刀法に関するテレビ討論で、彼は、執行への協力を拒否する州がひとつでもあれば、連邦銃刀法の執行は「ほぼ不可能」になると指摘した。

人食いバクテリア

90年代から感染する人が少しつづ増えているそうですが、最近特に目立つようになりました。ワクチンが怪しいです。

地方都市でのリアルな声

果たして大都市の病院ではどれほどの事象が起きているのだろうか。

30代の既往症のない女性が数日前に倦怠感があった。その後40℃の高熱が出て呼吸苦が生じたと入院してきました。コロナとインフル検査は陰性でした。

コロナワクチン未接種者は必ずカルテに「未接種」と記載され、一方接種者は何回接種されたかは未記入の病院なので、その記載が無かったことから、数回は接種済の方だったと思われます。
エクモは当院にはないのですが、リザーバーマスクで高濃度で酸素投与しても呼吸苦は全く改善されず、入院時の血液培養から劇場型溶連菌、いわゆる人喰いバテリアと呼ばれているものが検出されました。 結局その方はICUで挿管もされましたが、甲斐なく入院3日後に亡くなられました。

その方は入院時、肌の色艶も良く、見た感じは健康そうな方でした。 最近人喰いバテリアにかかる人が増えているというネットニュースを見ましたが、片田舎でもこのように見られるということは、やはりそうなのかなと思います。私はコロナワクチンによる免疫力低下と、普段の食生活の悪さによって引き起こされている事だと考えています。

何れにしても本当に恐ろしい状況になってきたと思っています。 私は長年看護師をしていますが、コロナワクチンが始まってから、これまで見たこともないような疾患、症状、病態ばかりです。

大きい週数の死産、奇形、生まれても赤ちゃんの飲みが悪い、若い妊娠も出来る健康なはずのお母さん達に帯状疱疹、ヘミバリズム。四十代のまだ若い方がどんどんターボ癌にかかり亡くなってゆく。80〜90代のおばあさん達の性器出血。びっこ引きながら歩く職員多数。

看護学生の時にワクチン打たされたナースは徐々に脳梗塞が進み、今は左半身麻痺の状態。ワク3回目の後、真っ赤な血尿が出ているナースもいました。 コロナワクチンが開始された当初、こんな片田舎でもクロイツフェルト・ヤコブ病と診断されてあっという間に亡くなったおじいさんがいた話も聞きました。 皆、コロナワクチンのせいだとは誰も言いません。

「あなたワクチン打ってますか?何回打ちましたか?」と、はっきり問いただす立場にもなく、多分打っているんだろうという予測しかないので、確かな言及も出来ません。とても歯がゆいです。 小林製薬の事も、こんな異常な状態なのに疑問に思わない周りの人間にうんざりします。

少しでも真実が伝わるように、日々微力ではありますが、伝えられそうな患者さんには食の事、これ以上ワクチンは打たないようにという話を伝えています。 華さんはじめ、Xで詳しく発信して下さっている方達には本当に助けられてきました。有り難うございます。

ワクチン

この顔を忘れない

素朴な疑問、この動画の中に「手を洗う」が含まれていないのはなぜ?

除菌はいらない

オーストラリアでは現金を使う自由を確保する運動

アマゾンの手のひら決済アプリ、個人生体情報の収集に高速課金

アマゾンが手のひらスキャン決済サービスを推進、専門家は「デジタル奴隷化」を警告

Expose

アマゾンは最近、ユーザーが自宅から生体認証決済サービスにサインアップできるアプリを発表した。 2020年に導入されたアマゾンのペイバイパーム技術は、個人情報保護における大手テック企業の説明責任の欠如により、プライバシー専門家の間で懸念を引き起こしているにもかかわらず、である。

アマゾンが2020年に初めてペイバイパーム・テクノロジーを展開すると発表したとき、何人かのプライバシー専門家は警鐘を鳴らした。

アメリカ人の重要な個人情報を安全に保ち、他者への販売や他の方法での悪用を防ぐために、大手ハイテク企業に責任を負わせる法律がほとんどないため、「ひどいアイデアだ」と言う人もいた。

しかし、それでも人々はそれを使うことを止めない。 アマゾンのパームスキャナーは、アメリカ中の多くの小売店舗に設置されており、800万回以上使用されている。

アマゾンによれば、ユーザーにとってのメリットは利便性だという。

現実には、生体認証決済サービスを利用するためにサインアップした人々は、アマゾンの手のひらベースの本人確認を訓練する手助けをした可能性が高い。

上のビデオで、アマゾンのJust Walk Out副社長ジェラール・メディオーニは、生成人工知能がプログラムの訓練にどのように使われたかを説明した後、手のひらスキャンは「顔認識よりも1000倍、2つの虹彩よりも100倍精度が高い」と述べた。

予想通り、人々が手のひらスキャンを使った支払いというアイデアを受け入れるようになると、アマゾンは次の段階へと議題を進めた。 2024年3月28日、アマゾンは、生体認証決済サービス「Amazon One」の初回利用者が自宅にいながら登録できる新しいアプリを発表した。

「アマゾンの手のひら認証サービスであるAmazon Oneへの登録が簡単になりました。 アマゾンはプレスリリースで、「今日まで、顧客はAmazon Oneデバイスに手のひらをかざすために物理的な場所に行かなければなりませんでした。 「アマゾン・ワンへの申し込みは、自宅、職場、外出先からでもできるようになった。

アマゾンはすでにデータ流出や違反の歴史を持っている。 では、なぜアマゾンに生体認証データを渡すのだろうか?

アマゾンの3月末の発表は、アマゾンがより多くの個人データを容易に収集できるようにし、それが潜在的に、社会的監視と統制のテクノロジー対応システムの一部として悪用される可能性があるという考えを中心に、新たな批判を引き起こしている。

New Discoursesの創設者であり、「人種マルクス主義」や「社会(の)正義」などの著書があるジェームス・リンゼイ氏は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)、中国式社会信用システムを含む一連のノードによって、テクノロジーを利用した「デジタル奴隷化」に向けた、より広範な推進の新たな証拠であるとエポック・タイムズ紙に語った。

「共産主義に支配された監視国家が、特定の行動に対して人々を罰したり報酬を与えたりする中国の社会信用システムを含み、いくつかの国で模倣されている。

リンゼイはツイッターへの投稿で、アマゾン・ワン・アプリの展開について、彼らは “デジタル・スレーブIDを本当に強く押し付けている”、”私はデジタル家畜にはならない “と書いた。

彼はその後のスレッドでこの考えを展開し、”邪悪な技術者たち “がいかに人々の人間性を見過ごし、消費者を利益のために搾乳されたり、他の用途のために利用されたりする家畜としか見ていないかを論証した。

「従って、私はテクノクラートが、私たちが彼らにとっての家畜であり、収穫されるデータの中心であるようなシステムを確立すると言っているのだ。

リンジーは、教育におけるヲークイズムを声高に批判しているが、デジタル奴隷制度を機能させる鍵はデータだと付け加えた。

批評家の中には、「デジタル奴隷化」というオーウェルのようなシステムに対する懸念は誇張されすぎていると主張する者もいる。学校で批判的人種理論を推し進めたり、企業労働者に多様性、公平性、包括性(「DEI」)ポリシーを押し付けるような左翼的な現象に対する世論の反発を考えると、採用される可能性は低いからだ。

ウォーキズムのバブルはすでに弾けつつあるという見方についてコメントを求められたリンゼイは、「それは希望だ」と答えた。 しかし、「それは希望に過ぎない」と彼は注意を促した。

元教授で、『グレート・リセットと自由への闘い』など12冊の著書を持つマイケル・レクテンワルドは、エポック・タイムズ紙に次のように語っている: The Great Reset and Struggle Liberty: Unravelling the Global Agenda』など12冊の著書がある元教授のマイケル・レクテンワルドは、『エポック・タイムズ』紙に対し、利便性の約束は、より根本的な利益につながらないかもしれない取り決めに人々を引き込む誘惑であると語った。

完全なデジタル奴隷化の脅威は、アマゾンやグーグルのような国家の付属物、あるいは私が “ガバメント性 “と呼んでいるものから、”利便性 “と “包摂性 “を提供することによってもたらされる」とレクテンワルドは言う。

「アマゾンの手のひらスキャンアプリは、デジタル・アイデンティティの方向への一歩です」と彼は続け、スイスを拠点とする金融機関、通称「中央銀行のための銀行」である国際決済銀行(BIS)は、「デジタル・アイデンティティ・スキーム」が効果的なCBDCの前提条件であると述べている、と付け加えた。

「BISもまた、CBDCが取引の完全な透明性を可能にすることを認めている。 「完全な(政治的な)プロフィールを含むデジタル・アイデンティティに金銭へのアクセスを依存することは、オーウェル的な可能性を容易に想像できる。

「それは全体主義の輪を閉じることを意味する。

この記事の情報源は以下の通り: アマゾンが手のひらスキャン決済サービスを推進する中、専門家は「デジタルの奴隷化」を警告、Zero Hedge、2024年4月1日

クリスチャン女性、スタバのLGBTディスプレイ反対を理由に解雇されたと訴える

CBN

シアトルに本社を置くスターバックスの元従業員が、プライド月間の展示に公然と異議を唱えたために解雇されたと主張している。

テイラー・トライスはTikTokのビデオで、彼女がノースカロライナ州エイペックスにあるスターバックスの店舗から解雇されたのは、LGBTのディスプレイと、トランスジェンダーである従業員の “好みの代名詞 “を使用することを義務付ける方針に異議を唱えたからだと説明した。

そのディスプレイと方針は “神の御言葉に沿うものではない “と彼女は言った。

「スターバックスで働く前、私はスターバックスが高級コーヒーショップだと思われていること以外、何も知らなかった。 “だから、とてもリベラルな会社だとは知らなかった”

スターバックスで2年間働いたトライスは、アリゾナ州立大学のオンライン・プログラムの授業料補助があったため、このカフェで働き始めたという。 彼女は2022年に仕事を解雇されたと、ビデオの中で語っている。

その元従業員は、トランスジェンダーであることを示すスタッフを名前で呼び、代名詞の使用を完全に避けても構わないと言った。

「つまり、もしあなたが男性であるのを見て、女性と呼んだら、それは嘘をついていることになるのです」

「それは、神があなたを創造しなかったものとしてあなたを識別することです。 サタンの究極の目的は、あなたを混乱させ、自分のアイデンティティについて欺くことなのです」

それを “小さな罪 “と見なす人もいるかもしれないが、トライスはそのような不誠実な態度は軽んじられるべきものではないと主張した。

「私は、敬意を持って、『あなたを名前で呼ぶことは厭わないし、代名詞の使用を避けることも厭わない。

振り返ってみると、トライスは、来るべきことのために神が彼女を準備されたと感じたという。 上司に解雇される前夜、彼女は会議に呼び出される夢を見たという。

その翌日、彼女は職を失った。

「予想通り、クビになりました。 「昔の同僚や上司を非難するために言っているのではありません。 実際、私は彼らと一緒にいてとても楽しかったし、彼らを愛している。

スターバックスの広報担当者は、クリスチャン・ポスト紙に対し、同社はトライスのケースを指す「従業員の個人的な問題」についてはコメントしないと述べた。

「しかし、スターバックスは店舗においていかなる差別やハラスメントも許さず、誰もが歓迎され、尊重され、大切にされる環境を育むことを約束します。 “私たちは、すべてのパートナー(従業員)が、反ハラスメント、反差別方針を含む会社の方針と基準を遵守することを期待しています。”

アイデンティティ政治を批判し、キリスト教キャンパスから追放された教授が和解

Federalist

「多様性、公平性、インクルージョン」の取り組みに反対したため、2年前にキャンパスから追い出された教授で聖職に就いている牧師が、ウィスコンシン大学コンコーディア校と秘密合意で和解したと、彼の弁護士が火曜日にThe Federalistに語った。

哲学のグレッグ・シュルツ教授は、「彼らは学問の自由を侵害することで契約に違反したと主張していたが、彼は満足のいく形で和解が成立したと考えている」と、言論の自由のためにシュルツ教授の訴訟を担当した非営利の公益法律事務所、ウィスコンシン法律自由研究所のダン・レニントン副弁護士は語った。 2022年2月に警告なしにキャンパスから追い出されたとき、シュルツの終身契約はまだ5年残っていた。

シュルツが、同大学や他のキャンパスが人種や性別を採用基準としていることを批判する記事を発表した後、ウィリアム・カリオ学長代理は、キャンパス・セキュリティーにシュルツのキャンパス出入りを禁止するよう命じたと、シュルツとレニントンは当時ザ・フェデラリスト紙に語っていた。 シュルツ氏は、オフィスの掃除や学内のメールにアクセスすることさえできなかったという。

何人かの弁護士は、これは明らかにシュルツとコンコルディアの契約に違反していると主張した。 この契約では、すべての解雇は大学の理事会の投票によって決定され、終身雇用の教授には、敵対的措置の前に詳細な紛争解決プロセスを利用することが義務付けられていた。 CUWはフェデラリストのコメント要請に答えていない。

この事態は、コンコーディアを管理する教会組織、180万人の会員を擁するルーテル教会・ミズーリ・シノッド(筆者も教会員である)でちょっとした騒動となった。 教団内の牧師、教授、教会員たちは、教会の指導者たちに公私にわたって懸念を表明した。 地方、地域、全国の教会協議会は、CUWの行動と、左翼人種差別主義や文化的マルクス主義としても知られるアイデンティティ政治への反対を表明した。

2年前、LCMSのマシュー・ハリソン総長は、キャンパスを訪れ、シュルツを除く約80人と面談した後、公開書簡を発表した。 CUWは、18人の理事会のうち2人が辞任すること、大学が「多様性」の取り組みを見直し、キリスト教の神学に沿うようにすること、そして大学が「世俗的な世界観と課題を採用している」ことに対して「悔い改めを示す」ことを求めている。

ハリソンが特定した2人の摂政は辞任した。 カリウは12月に退任した。 レニントンによると、CUWを監督する教会区は、コンコーディアの多様性への取り組みを見直すため、「巡回訪問者」を任命する予定だという。 黒人学生連合は、歴史的に不正確な1619プロジェクトとイブラム・X・ケンディの仕事を学生に推薦した。 ケンディは、肌の色の薄い人々に対する政府の組織的差別を公然と提唱している。

コンコーディアはまた、”偏見報告システム “を維持している。 これらの組織は、学生や教授の言論に対して嫌がらせをすることで知られている。 フェデラリスト紙が昨年この制度について報じた後、その名称は変更されたようだ。

ミルウォーキー・ジャーナル・センチネル紙によると、コンコルディアは月曜日、過去6年間のうち5年間で200万ドルから600万ドルの年間赤字に対処するためのレイオフを発表した。 今年初め、CUWはミシガン州アナーバーのキャンパスを閉鎖する意向を発表したが、これも予算の関係によるものだった。

ジャーナル・センティネル紙によると、「入学者数は2016年の6,000人近くから、連邦政府の最新データである2021-22年度には4,400人近くまで減少した」。 アナーバーを含め、LCMSは2018年以降、生徒数の減少とそれに伴う予算危機のため、4つのカレッジを閉鎖することになる。 閉鎖されたカレッジはまた、左翼的な人種や性の政治がキリスト教の教えと対立するという問題を抱えていた。 LCMSは現在、オースティンにあるコンコーディア大学テキサス校と法的係争中で、同校の権威を主張し、深刻な神学的問題に対処しようとする教会の試みを拒否している。

停職中の2年間、シュルツは教会におけるDEIの経験について本を書き、海外で神学を教えてきた。 シュルツ氏は2つの博士号を持ち、退役空軍中佐である。

レニントン氏は、シュルツ氏の契約上の懸念は今回の合意で解決されたものの、元雇用主が反キリスト教的で差別的な「多様性、公平性、包括性」イニシアチブを受け入れていることに対する牧師および神学者としての懸念は解決されていないと述べた。

「学問の自由に対する大学のコミットメントを再確認してほしい」とレニントン氏は言う。 “教授の言論の自由とデュー・プロセスの権利を尊重するという簡単な声明が出せないのであれば、その評判と勧誘を助けることはできないだろう。”

NTTも一緒

聖書

独り言

何も無い所から何かを作るのは、神様の業です。人間が作るものは、何かを加工したり、組み合わせたり、または何かからアイデアを得たり…創造的であるけれど、完全なる創造をしてるわけではありません。

話が上手な人も、小説家も言葉そのものを作ってません。素晴らしい文章も、最小単位の単語に分解出来ます。それら一つ一つは味気ない、または誰もが使う言葉に過ぎません。

どう使うか?に意味があります。良い話し手、書き手、もしくは英語を話せるようになるには、単語だけを暗記し、書く練習をすれば良いでしょうか。もしくは、セリフや文をコピーするだけ良いでしょうか。

それでは無理でしょう。使い方を学び、自分で言葉を選び、接続する練習、実践経験を積む必要があります。アドリブも同じだと思います。

マスター達は、スケール、トライアド、インターバルなどを作った訳ではありません。それら一つ一つの繋ぎ方、使い方に個性が現れます。だからすごいフレーズも、なぜ凄く聴こえるのか効果を生むポイントを理解出来なければ、コピーに過ぎません。

あるいは少し崩して使う程度しか出来ないでしょう。もっとも前後の文脈が大切だと知れば、闇雲に覚えたフレーズなど挿入出来ないと気づけなければ、おかしいのです。

僕としては、最小単位のパーツを自在に操れるようになりたいです。いつどこでも、どの他のパーツとも繋げられて、感情を込められる、つまりニュアンスを加えられる…即興というと、どこまでその場で作っているのか?という疑問があると思います。

言葉そのものを作っている訳ではない、覚えたフレーズを繋ぎ合わせているだけではない。話したり、ストーリーを書く(やり直しが効きますが)みたいな事、つまりコミュニケーションそのもの、と考えています。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい