Thu

是非シェアして下さい

暴露が進みます。「陰謀論」という言葉が懐かしいです。まだそう言う人は存在するのでしょうか。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

ブリズマが資金を回していた

「モスクワのテロは、ウクライナがやった」という話を聞いて、ISISとかでは無い事に驚きました。しかし、なんと!ウクライナと言っても、その資金源はブリズマ経由でテロリスト調達していました。

ロシアではここのところ毎日のように放火や爆発など物騒な事件が起きていて、治安が乱されています。

コンサートホールで起きたテロも大統領選の妨害もそうですが、犯人らは金銭目当ての闇バイトであることが多く、ナワリヌイも国外から仮想通貨で活動資金を受けていたと言われています。

では、何処からお金が出ているのかとロシアが調べたところ、ウクライナの石油ガス企業「ブリスマ・ホールディングス」 の名前が挙がりました。

ご存知の通り、この会社はバイデンの息子のハンターが2014年から2019年に取締役員として名を連ね、何もしないのに法外な役員報酬を得ていた会社です…

偶然とは思えない繋がりですね。ロシア連邦捜査委員会の続報を待ちたいところです。
Screenshot

日本が植民地である証拠が暴露

有事の際は、アメリカ大統領に、 日本の自衛隊の指揮権を委ねるとあります。これで台湾有事をでっちあげ、日本を巻き込むというわけです。

日米安保条約は1951(昭和26)年 9月8日、サンフランシスコ平和条約が署名された日に結ばれ、1952年7月23日、1954年2月8日の二度、吉田茂首相が米軍マーククラーク大佐と、口頭で「指揮権密約」が成立。吉田茂とクラークとの合意は国民に与えるショックを考慮し、秘密裏に合意されました。

日本はただの植民地。

米軍の強制ワクチン

これは酷いです。18歳の兵士が接種拒否した事に対し、この強制接種…

追い詰められるファウチ

Travis

ランド・ポール上院議員が入手した新たな文書で、武漢での新型コロナウイルスの全容が暴露された。

DEFUSEと呼ばれる団体が、武漢で新型コロナウイルスに似たウイルスを作製するための資金を得るために複数の政府機関を訪れたが、モンタナ州にあるファウチの研究所がパートナーとして挙げられていた。

これは、新型コロナウイルスが発表される前の2018年に起こったことだ。 15の異なる連邦機関がこのことを知っていたが、そのうちの1つも名乗り出てこれを暴露しなかった。

ポール上院議員はこれらの文書を公開させるために何年も戦わなければならなかった。

なぜ2018年にグループがコロナウイルスの研究をしていたのか? ほぼ同じウイルスが偶然武漢から漏れたのはなぜなのか? ファウチ博士はなぜこの情報を隠し、なぜ政府の資金を使ってこれに資金を提供したのか?

米国政府は選挙に勝って権力を強めるためだけに、自国民と全世界にウイルスを拡散させたのでしょうか。

ランド・ポール、ファウチ博士とCOVID-19流行につながった研究を結びつける。

「決定的な証拠」を明らかに 新たに入手した文書により、ファウチ氏がCOVIDに関して嘘をついていたことが再び確認された。

– ファウチ博士のNIH研究室は2018年に武漢と提携し、非常に伝染力の高いコロナウイルスを開発した。

– 15の政府機関はそれを知っていたが、何も言わなかった。

– この事実を暴露したのは、政府関係者ではなく、海軍の内部告発者だった。

– COVIDの起源を疑問視する人々は陰謀論者とみなされた。

– NPRは、パンデミック中に政治を煽ることでジャーナリストとしての能力が失われたことを認めた。

ランド・ポール氏は、アメリカ人は答えを得る権利があると言う。 私はアンソニー・ファウチ氏が2024年のPRlSONにふさわしいと考えています。

表を歩く事は出来なくなる

悪人どもを追い詰めるには、数の力が必要です。デマ太郎の事務所もそのうち人の海となるでしょう。

アレックス・ジョーンズ

HK すごい暴露動画が出ました。元CIA、元FBI捜査官の口から直接、都合の悪い人間をハメて刑務所に送り込んでいるという告白を得ました。

もちろんアレックス・ジョーンズもハメられた一人でした。彼は裁判で負けて、破産に追いやられました。しかしこれを知ったジョーンズが、黙っているわけがありません。

KanekoaTheGreat

CIA職員で元FBI捜査官は、アレックス・ジョーンズを標的にアメリカ人を罠にかけ、1月6日に国会議事堂で活動していた20人のFBI潜入捜査官について自慢している。 「何をすればいいか分かっていれば、誰でも刑務所に入れることができるんです。彼らを罠にかけるのです。私たちはそれをナッジと呼んでいます」

Benny Johnson

CIA職員と元FBI職員が、タッカーやアレックス・ジョーンズのような「問題のある」右翼ジャーナリストを刑務所に送ることができたことをカメラの前で自慢し、中傷の締めくくりに「装飾された」企業メディアの記事を使用したことを確認し、6日に20人のFBI覆面捜査官を国会議事堂に配置しました。

Alex Jones

アレックス・ジョーンズは、CIA が彼のキャリアを台無しにするためにアレックスをターゲットにしていたことを CIA のエージェントが認めたことを受けて、CIA と FBI を訴えると発表しました。

私はアレックス・ジョーンズのこのスピーチに日に日に共感しています。アメリカ人のほとんどは、これらの人々がどれほど病んでいるかわかっていません。

ブラジル

ワクチン拒否で禁固刑とは…そして刑務所で強制接種。

日本では

かつて上川大臣はアメリカ民主党で働いていたそうです。これはかなり危険…彼らの言いなりになるのは武見もそうですが、彼女の方がツーカーな感じで怖いです。

日本を守らなくては

聖書

独り言

電子書籍「ブラジルの思い出」を読んで頂けると、僕の愚かさが分かります。若い頃は何も考えてなかったんですね。それに情報もありませんでした。この度、第3巻を出版し、これで完結です。

敢えて言えば、こんな馬鹿な事でも体験できて良かったと思います。

言葉も分からない、情報も無い、そんな状態でも何とかやってみた…それが良かったです。もちろん当時はそれが当たり前でしたが…

今となっては、そういう状況で暮らすのは、ほぼ不可能です。グーグルやソーシャルで、十分リサーチできちゃいますから。こんな行き当たりバッタリな事はしません。

ビザの変更、更新が可能かどうか。それだけの為に、何10時間もバスに乗ったり、探し回ったり…結局、野良犬のように追い出されたり。

今でこそ何馬鹿な事やってるんだ、と笑って言えますけど。当時はそれはそれで正しいと思ってやってました。今は情報が沢山あり、どの分野でも多くのマスター達がいて、フォロー出来ます。

全てが安く、楽になりました。凄く良い時代になったと言えます。一方で、これだけの人や情報を浴びさせられると、学ぶ事は出来ても、実践のハードルも高くなった気もします。

つまり情報があるだけに、気負ってしまう人も多いんじゃないかと。情報だけは蓄積されていくのですけど。まわり道をする事が少なく、失敗もしづらくなったのは確かです。

誰でも失敗やまわり道は嫌です、僕もそうです。古臭い感覚かも知れませんが、失敗から学ぶ事は多く、また大きいです。むしろ失敗からしか学べないようにも思います。

そして語るべき変なエピソードがある人生の方がいいような気がします。上手く説明出来ませんが。

ただ単に自分の過去を正当化したいだけ、なのかも知れません。恵まれた時代になったからこそ、色々トライして失敗を重ねるべきだと思うのです。

他人の情報だけで上手く立ち回ろうとするのではなく、自分の”語るべきストーリー”を増やすべきだと思うのです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい