Fri

是非シェアして下さい

キューバが現金が無くなり、パニックに陥ってます。食料も無いとの事、日本もそうなるのでしょうか。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

ダークウェブが次々に暴かれる

元スコーピオンズのベーシストがスナッフパーティーが本物だと認める!
2012年、元スコーピオンズのベーシスト、ラルフ・リーカーマンは、過去にスナッフパーティーに参加したことがあると語った。

リーカーマン氏は「本当にひどいもの」を目撃したと語り、人々は誰かが殺されるのを見るために最高10万ドルも支払うのだと語った。

彼は別のパーティーで、吐き気がするほど不快なものを見たと言っていました。
ジャガー・ライト氏はまた、ホステル映画のような拷問やスナッフパーティーが存在し、ダークウェブでのライブ配信中に被害者が残虐な扱いを受けるのを見るために人々が金を払うことも確認した。

また、2016年にアンソニー・ウィーナーのノートパソコンからヒラリー・クリントンとその仲間が児童に対する性犯罪やその他の犯罪に関与していたことを示すビデオを見たニューヨーク市警の警官たちが体調を崩し、嘔吐したことも皆さんに思い出してもらいたい。

警官たちは、恐ろしい映像を見ただけでトラウマを負い、専門的なカウンセリングを受けなければならなかった。それほどビデオはひどいのだ!

Liz Crokin

ラッパーのプロディジーは、エリートたちが子供たちに性的な儀式を行っていると世界に警告しようとした。

2014年に彼はツイートした。「お前ら全員に言っただろ、奴らは子供に性的な儀式をしてるって。残念。バカな奴らは目を覚ます必要がある!!」

彼のツイートはまだ残っており、この投稿に引用ツイートされています。下記をご覧ください。

彼は、国連が英国に対し児童ブードゥー教の儀式と小児性愛者の性旅行者について警告したというRTの記事にリンクした。 👇🏻

プロディジーは、世界が秘密結社のエリートたちによって運営されていると語ることで知られていた。2017年に不審死した際、彼はイルミナティを暴露するミュージカルに取り組んでいたと報じられている。

しかし、彼の家族はそうは考えず、病院と医師を不法死亡で訴えたのです。訴状では、病院は点滴をきちんと維持せず、また病院の医師の指示どおり酸素レベルを継続的に監視しなかったことで、プロディジーのケア義務に違反したと主張しました。こうした不備がプロディジーの死につながったと彼らは言いました。

内部告発者、民主党の政治家が小児性愛者向けの闇サイトを運営していたと主張

私たちが対処している人々が本当にどれほど邪悪であるかを知りたいなら、これを聞く必要があります。

これは民主党の政治家で、何度も国会議員に立候補したネイサン・ラーソンの言葉です。小児性愛者が邪悪な意図や妄想を議論するためのウェブサイトを運営していました。引用文はこれです。

「子供とセックスして純真さを奪うだけでは十分ではありません。彼らと次の世代を生むことも必要です。もう未成年ではない女性とセックスするよりも、彼らと子供とセックスする方が好きだということを彼らに見せてください」

このビデオで言及されている引用文には他にもいろいろありますが、正直言って、あまりにも暗くて不快なので、書き起こすつもりはありません。クリップを見て聞いてください。

内部告発者は大手ニュースメディアに証拠を提供したが、誰もその記事を掲載しなかった。彼は、執行機関を含め全員がそのことを知っていたが、誰もそれについて何もしなかったと述べている。

民主党のネイサン・ラーソンは、自称小児性愛擁護者であり、12歳の少女を誘惑し誘拐した容疑でも裁判にかけられていた。

フロリダの私立学校で児童を暴行したとして逮捕された校長は、5年前に別の児童を性的に虐待した疑いで逮捕されていた。

一体どうして彼はまだ子供たちの周りにいることが許されていたのだろうか?

フロリダ州オカラのデスティニー・リーダーシップ・アカデミーで、ドンテイ・プロフェット容疑者が生徒の首を絞めたり、殴ったり、鞭打ったりする様子がカメラに捉えられた。

報道によると、プロフェットは2017年にキャンプカウンセラーをしていた際に未成年者を性的虐待したとして告発され、2019年に逮捕された。

プロフェットは後に、児童に対するわいせつかつ淫らな性的虐待の罪で起訴された。(デイリーメール)

2023年、プロフェットはチェックインを怠って保護観察処分に違反し、90日間の懲役刑を宣告された。

これらすべてにもかかわらず、プロフェットはデスティニー・リーダーシップ・アカデミーの校長を務めることができました。

校長のエルビラ・ヒギンズ博士は、この件についてまだ何も語っていない。

非常識な。

どこまで狂うのか

HK ダークウェブの暴露が続きますが、他方、信じ難い変態、野蛮行為の動画も、毎日のように流れて来ます。アムステルダムは特に移民との衝突が危険な状態です。

このドイツの政治家は、相当狂った性癖の持ち主です。これが出来るという事は日常から異常なプレイに浸っているはず。

もう既に限界を超えた動画ばかりなのですが、それでも、どうしても掲載できない猥褻な動画も出て来ます。これらを観て、世も末だと思わない人はいないでしょう。

ドイツの政治家マルティン・ノイマイヤー、公衆トイレを舐めヒトラーのロールプレイングをする
ノイマイヤー氏は、詳細を語らずに、これは「罰」の一部だと言っているのが聞こえる。
すでに削除されているもう1つの映像では、彼はヒトラーの役を演じながら、排泄物で口ひげを作っていた。
彼はまた、ナチス時代のドイツ国歌を歌いながら性行為を行っている自身のビデオをオンラインで共有した。

こういう政治家が必要

HK 最終的に、日本人も戦わなくてはならない事態に突入するでしょう。銃が無いのでどうしたら良いか分かりませんが。

彼らは我々を殺しにかかっています。厚労省、国会議員どもは、完璧に殺しにかかっています。我々は彼らに殺してもらうために、税金を貢いでます。これこそ狂気。

『私のSNSにはハマスが沢山、来ている。私の住所は公開してる!来やがれ、クソ野郎!』
こう言うと決まって単なるポーズだと言う輩がいる。ポーズでも、カッコつけでも構わないからやってみろ。

早速見せしめですか

HK 敵は早速圧力をかけ始めました。逆らう者への見せしめでしょうか。無事だったようで良かったです。むしろ国民がこれで立ち上がって欲しいです。

アイルランド共和党の欧州議会議員候補マラキー・スティーンソンに対する暗殺未遂事件

男が拘留されている。アイルランドの状況は緊迫している。

大丈夫でよかった、マラキー

蚊に注意

レプリコン臨床試験で5人死亡

ARCT-154 COVID-19 Replicon Vaccine(自己増幅型mRNA)試験データを公開しました。
第3b相試験で注射された患者のうち5人が死亡した。注射された参加者は、研究フェーズ1、2、および3aを組み合わせた最初の投与後に90%の有害事象率(74.5%全身-15.2%の医師の診察が必要)を経験しました。
著者の多くは、ワクチンメーカーであるArcturusRxの正社員です。したがって、研究の結論は偏っている可能性が高い。
ARCT-154は、日本ではすでに成人向けに承認されています。安全性データは、この新しい遺伝子技術が人間にとって安全ではないことを裏付けています。nature.com/articles/s4146…

キューバ崩壊

銀行口座が空になり、ATMでお金を引き出せないため、多くのキューバ人が貯蓄を失っています。

AP通信によると、首都ハバナやその周辺の銀行やATMの外には、食料やその他の必需品の購入など日常的な取引のために現金を求める人々が早朝から長蛇の列を作り始めています。

キューバの金融銀行システムは完全に崩壊し、キューバ国民は銀行口座が空になったことを知りました…ATMには現金がありません!

財務全体
キューバの政治システムは完全に崩壊したが、何らかの理由でこの記念碑的な話が主流マスコミに取り上げられていないのだろうか?

キューバ国民は財源を失い、食料を買う手段もなく…絶望し、恐怖に陥っています。

これが最終目的地であり、グローバリズムがあなたを黙示録へと導こうとしている場所です。

キューバ国民は財源を失い、食料を買う手段もなく…絶望し、恐怖に陥っています。

これが最終目的地であり、グローバリズムがあなたを黙示録へと導こうとしている場所です。

キューバ人はデジタル銀行システムの導入を余儀なくされ、今では経済的に困窮しており、頼るすべはない。

政府は次にキューバ国民にユニバーサル・ベーシック・インカムを提供する予定

アメリカ、何度偶然を繰り返せば偶然で無い事が分かるのか

地元メディアによると、橋を横切る鉄道橋梁の一部が崩壊し、艀の上に落下した。
現在のところ、負傷者は出ていない。艀は3万ガロンの油を積んでいたが、どれだけの量が流出したかは不明。
事故 が発生した橋はガルベストン市とペリカン島を繋いでいる。

BRICs Pay

失業保険、生活保護

HK 移民にやるカネは無し。

これはイーストロンドンの福祉事務所です。このレベルの失業率と福祉への依存は英国を破滅させるでしょう。

日本も

聖書

独り言

「お前ら小学生以下だ」コンサルタントが、呆れて吐き捨てました。僕と兄は、彼と店のレイアウトのミーティングをしてました。シドニーのノースショアのカフェで、秋(5月)の午後だったと覚えてます。

確かに当時の僕は、小学生以下の低レベルな青年だったかも知れません。本当に無知でした(まあ今もあまり変わりませんが)

お店を始めると言っても、何の経験もありません。そもそも店を始める事になったのは、ある方からの打診があったからでした。それはブラジル滞在の最後の月でした。

「Oさんが、仁士にオーストラリアでお店をやってくれないかと言ってるけど」母に電話した時、突然こう切り出されました。その当時、僕は混乱してました。「結局この1年何だったんだろう」と。

演奏する機会があり、いい人たちに恵まれ、そのまま暮らせば幸せでしたが、ビザの問題で帰らざるを得ませんでした。「将来へのきっかけすら掴めなかった」と、当時は​帰国準備に向けて頭の中が疑問だらけでした。

充実した楽しい日々でしたが、同時にすごく疲れたというのも本音でした。そんな中でオーストラリア行きの話が舞い込んで来たのです。「何それ?今度はオーストラリアかよ。わけわからん、お母さんごめん。今は何も考えられないよ、一度見に行ってから話そうよって伝えてくれるかな」

ブラジルを去るのは悲しかったです。演奏の機会と沢山の友達があり、少しポルトガル語も話せるようになり、​その先に色んな可能性がありました。住み続けたら、かなりいい人生になっていたのは容易に想像できます。

でもその道は閉ざされ、より良い道が備えられていたのです。

当時は頭が混乱し、先が見えない状態でした。でも神様は、僕がうなだれて日本に帰国しなくても済むように、一歩先だけ教えてくれました。

メルマガには、よかった事、失敗談など、読みやすいエピソードを優先して書いてます。でも、真実はそんなにスッキリしたものではありません。いつも先が見えない中、手探り状態のモヤモヤが根底に流れてます。

「なぜこれをしている?これからどうなる?何をすべき?どうすべき?」その問いがずっと頭から離れません。一人ぼっちの時間が多く、その度にそれらの問いが頭を占拠します。

当時はスマホ、インターネットもない時代です。​情報はなく、自分頼み、人頼み、神頼みしかありません。海外生活を通して、心の底を見る、真意を見つめる重要性を学びました。

「俺はここで何をしたいんだ、どうしたらいいんだ?」とボーっと一人で部屋の片隅に座り込んで、悩みました。でも、一人になればなるほど、一人じゃないと気づきます。心の奥底を辿ればたどるほど、そこに神様が共にいて下さる事を知りました。

次第に、悩み、独り言は神様との対話に変わります。時には自分で何をしたいのかも分からない場合もあるのです。考えれば考えるほど、迷ってしまう事もあります。また何を優先すべきなのか分からない時もあります。

何をしたい、何をすべき、どうしたらいい、どうすべきか…お手上げの時、そんな時は、神様に信頼し全てを委ねるだけです。僕の知らない、より良い道を備えて下さっているからです。​その神様の導きに従うまでです。

僕の場合、聖書からその導きをもらう事が多いです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました ブラジルの思い出、全3巻です。

Kindleアプリをダウンロードして、Amazonから電子書籍を購入して頂くと読む事が出来ます。

過去の投稿

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

コメントは表示されません、ご安心下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい