hkblog

John3:16

Wed

アメリカは侵略されました。ヨーロッパもアメリカもイスラムの支配下となり、国民は弾圧されます。

アメリカが終わろうとしている-カールソン

HK イスラム教徒の蛮行はXに溢れています。知れば知るほど恐ろしい。これが日本にも来ます。既にアジアのイスラム教徒たちが、どんどん入って来ています。

特に女性に厳し過ぎる現実が待っています。

Tommy Robinson

イスラム教は過去1400年間に56か国以上を植民地化してきました。これらの国々はかつては繁栄した先住民族と文化の故郷でしたが、イスラムの寄生虫によって破壊され、消滅しました。

あなたの国が次の犠牲者にならないようにしてください。私たちは今立ち上がらなければなりません。西洋を脱イスラム化しなければなりません。モスクはもういらない

イスラム化する前のアフガニスタン

HK イランとか他のイスラム圏もそうですが、Youtubeにはイスラム化する前の映像が残されています。70年代まで平和で女性も自由を謳歌し、欧米と比べても遜色のない、健康的な姿を見る事が出来ます。

イスラム教徒は他宗教の女性を不妊にする

HK 考えられない思考回路です。例えばハラールレストランで、我々の料理に何が入れられているか…

スリランカ警察は、健康診断のために診療所に来る仏教徒やヒンズー教徒の女性に不妊手術を行っていたイスラム教徒の医師を逮捕した。
彼は、将来的にはイスラム教徒だけになるように仏教徒とヒンズー教徒の人口を減らしたいと語った。
気持ち悪い奴ら。

結局イスラム対キリストの第三次世界大戦になるのか

HK この事態を回避するには、イスラムと戦わなくてはなりません。これはまさしく、アルバート・パイクの予言通りです。彼らが仕組んだ通りに進んでいます。

何もしなければ、男は殺され、女性は集団レイプされ、彼らの子供を孕まされます。そして子供たちは小児性愛者たちの奴隷となり、あるいは妻となります。

アメリカのイスラム学者シェイク・ウスマンは、西洋のイスラム化を止めることは誰にもできないと述べている。

しかし、あなたがそれを言うと、それは「イスラム嫌悪」です。

彼らが考えていることを話してくれたら、それを信じてください

Amy Mek

「未来は私たちのもの…」

サンディエゴのイスラム教説教師シェイク・ウスマン・イブン・ファルークはイスラム教が世界を征服したことを自慢している…

彼らは自分たちが誰で、自分たちの計画が何を意味するのかをあなたに話します。彼らを信じるには何が必要でしょうか?

9/11は十分に説得力のある警鐘ではなかったのか?」

「預言者」ムハンマドとイスラム教の聖典は、不信者は屈辱を受け入れるか、イスラム教に改宗するか、あるいは殺されるまで、戦って制圧されるべきであると教えている。

コーラン第9章33節は、アッラーがイスラム教徒に、イスラム教を「すべての宗教よりも優れたものにする」よう命じたと伝えている。この章はアッラーからの最後の「啓示」の一つであり、粘り強い軍事的拡大のきっかけとなり、ムハンマドの仲間たちはその後100年間でキリスト教世界の3分の2を征服することに成功した。

イスラム教は他のすべての人々や信仰を支配することを目的としています。

シェイク・ウスマン・イブン・ファルークに関する楽しい事実…

ウスマン・イブン・ファルーク氏によると、2022年3月に彼は胸を刺され、ヘイトクライムの被害者として警察に届け出られた。刑事らが事件に取り組み、犯人を逮捕した。

しかし:

サンディエゴ警察への繰り返しの問い合わせによると、報告書は提出されていなかったことが判明した。

警察署からの記録は全く存在しない

逮捕者はいなかった

ウスマンは、下腹部に刺し傷と思われる血まみれの自分の写真を車の中で撮影した。しかし、この有名な「刺傷」写真は偽造されたとされ、またもやイスラム憎悪のデマである。

覚えておいてください: イスラム教では、特定の状況下では非信者に対していくつかの形で嘘をつくことが許可されていますが、最もよく知られているのはタキーヤ (シーア派の名前) です。

こうした状況は、非信者の信頼を獲得し、彼らの弱点を引き出し、彼らを打ち負かすことで、イスラム教の大義を前進させる。

イスラム教のシャリア法がヨーロッパを席巻

女性が火をつけられたが、イスラム警察協会という独自の警察組織があるため、何もできない。アメリカでこんなことが起きる覚悟はあるのだろうか?

「イギリスは今、そういう状況です。現在、住宅を管理する密集したイスラム教徒の人口によって、すべての町や大都市が完全に占拠されています。

  • ロンドンにはイスラム住宅協会があるので、その住宅にはアクセスできません
  • ロンドンにはイスラム教警察協会があります。イスラム教警察協会

気づかないうちに、二重の警察システムが始まり、それは目撃すべき良いものではありません。」

「一つ例を挙げましょう。グラスゴーという治安の悪い地域は、イスラム教徒が密集しています。真昼の4時、通りに女性がやってきました。彼女は全身が燃えていました。火がついていて、助けて、助けてと叫んでいました。男は彼女の声を聞いて、外に飛び出しました。彼はガレージで働いていました。彼はなんとか水を見つけました。彼女は今、芝生の上に横たわっていて、 彼はなんとか彼女に水をかけ、彼女を消し去りました。私は、彼女が草の上に乗せられ、真っ黒に焼けた救急車に乗せられた写真がまだ残っています。

グラスゴーのその地域はシャリーア法の管轄下にあり、イスラム教徒の警察の管轄下にある」

既にニューヨークも

HK これは2019年の話です。コミュニティに浸潤し、ダブルスタンダードを通すのです。

ニューヨーク市は最近、ブルックリンにイスラム教徒コミュニティパトロールを創設しました。

これは米国におけるシャリア法への新たな一歩だとお考えですか?

11歳で結婚

HK 売りに出されたと言っても過言ではありません。両親は金を借りて、娘を嫁に出しました。まあ、ちょっと前まで日本でも同じだったと言えばそうなのかも知れませんが。

アフガニスタンで11歳の少女が老人との結婚を強制される。
「私は11歳です。結婚して6ヶ月になります。」
母が人からお金を借りて、その人たちから連れ去られたんです」

泥棒で手を落とす

HK 泥棒の罰は手の切断です。それにしても泥棒はそんなに厳しくて、他宗教の女性をレイプするのは問題なし。クリスチャンを殺しても良い…狂ってます。

イスラム教
イスラム法による窃盗の罰:手の切断
パキスタン:サルゴダのキリスト教徒男性が、血に飢えたイスラム教テフリク・エ・ラッバイクの暴徒の犠牲になった。
イスラムの狂気は続いており、無法と過酷な冒涜のゲームが新たな命を奪っている。
タリバンの聖戦士らが捕らえたパキスタン兵を絞首刑にし、その後射殺した。
マルコムXはかつてこう言った。「自業自得だ」

アフリカ系も日本に来ている

HK 僕は仕事柄、イスラム系だけでなくアフリカ系の客とも会います。大半は日系ブラジル人と、フィリピン人ですが。日本に来るアフリカ系は、まだマシな人が多いように見えます。イタリアのようにボートに大量に乗ってやって来るのとは違います。

これが現実

HK イスラム教徒はキリスト教国では幸せに暮らし、クリスチャンがイスラム教国に行けば処刑されます。

シオニズム

HK 分かりやすく、表向きの話がまとめられてます。僕は真面目なユダヤ教徒は守られるべきだと考えてます。

しかしビリー・グラハム牧師が、ニクソン大統領に言ったように「ユダヤ人には2種類ある」「一つは神に選ばれし民」「もう一つは悪魔教会に属するユダヤ人」「悪魔教会のユダヤ人たちを何とかしなくてはならない」のです。

彼は「ヒトラーは…しなかった」と言葉を濁しました。ホロコーストは無かったのかも知れません。あるいはずっと小規模だったのかも知れません。あるいはユダヤ人がユダヤ人を殺した…ジョージ・ソロスのように、ユダヤ人と名乗る者がユダヤ人を差し出すのです。

日本人はユダヤ人を助けました。その我々に原爆を落とし、さらに戦後の洗脳を施し、弱体化させました。それをしたのは「悪魔教会のユダヤ人」だと僕は考えます。

彼らにはそれらの悪事が暴露され、世界中を敵に回す事も良いのです。それによってユダヤ人が滅亡する事を、彼らは望んでいるのです。

また彼らの悪事が暴露されず、このまま世界征服するのも彼らには良いのです。

このように、彼らは「両建て」を自慢します。そして厄介なのは、悪魔教会に属するユダヤ人と真面目なユダヤ人の区別がはっきりしない所です。

Imtiaz Mahmood

盗まれた土地:

「盗まれた土地」という言葉は、イスラエルとパレスチナの紛争に関する議論の中で頻繁に登場し、イスラエルの建国には正当性が欠けているということを暗示していることが多い。

しかし、この見方は、国家誕生の根底にある歴史的、法的背景を無視している。イスラエル建国の核心にある運動であるシオニズムを冷静に見てみると、イスラエルの存在への道を開いた合法的な土地取得と国際協定の歴史が明らかになる。

歴史的背景

シオニズムは、ユダヤ人の祖先の地であるパレスチナに、ユダヤ人のための公的かつ法的に保障された住居を建設することを目標として、19 世紀後半に出現した国家運動です。

その起源は、古代ユダヤ人とこの土地とのつながりと、さまざまな国でしばしば迫害される少数派としてのユダヤ人の現代の経験の両方に遡ることができます。シオニズムのイデオロギーは、何世紀にもわたる離散生活を通じて見られた伝統的なユダヤ人の帰還への憧れと、当時ヨーロッパ中に広がっていたナショナリズムと自決の近代的原則を統合したものです。

「シオニズム」という用語自体は、エルサレムとイスラエルの地を指す聖書の用語である「シオン」という言葉に由来しています。この運動は、影響力のあるパンフレット「ユダヤ人国家」(Der Judenstaat)の出版に続いて、テオドール・ヘルツルによって 1897 年に正式に政治組織として設立されました。

ヘルツルと他のシオニスト指導者たちは、ヨーロッパにおける「ユダヤ人問題」に対する唯一の解決策はユダヤ人国家の樹立であるとみなしていた。「ユダヤ人問題」とは、ヨーロッパの大部分で劣悪な環境で暮らしていたユダヤ人の市民的、法的、国家的地位に関する論争を指す言葉だった。

初期のシオニスト活動の中心にあったのは、目標を実現するためには、土地の購入、農業とインフラの開発、経済・社会制度の構築を含む構造化された計画を作成する必要があるという認識でした。

この実際的なアプローチは、ユダヤ人の自治の基盤を築くことを目的としており、法的手段と外交的手段を通じて追求されました。

イスラエル国家の建国に至るまでの期間、パレスチナとして知られる地域は、主権国家ではなく、オスマン帝国、第一次世界大戦後のイギリス委任統治領など、歴代の外国の支配下にあった地理的地域であったという意味で、無国籍であった。

パレスチナに住む人々は、ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒など、それぞれ独自のアイデンティティとコミュニティ構造を持つさまざまな宗教や民族グループで構成されていましたが、国民国家という現代的な意味で理解されるような明確なパレスチナ人の国民的アイデンティティは存在しませんでした。

パレスチナ人の集団的アイデンティティという概念は反動的であり、シオニストの願望の発展とシオニスト運動によって奨励されたユダヤ人移民の増加に応じてより首尾一貫して出現した。

地元のアラブ人のアイデンティティと汎アラブ感情の相互作用は、1948年以前には欠けていた独特のパレスチナ人の国民意識の形成に貢献した。

土地を統治する中央集権国家や主権国家が存在しない状況で、シオニストの祖国建設のアプローチは、しばしば不在の地主や地元住民から合法的に土地を購入するという特徴があった。これらの取引は、最初はオスマン帝国によって、後にはイギリスの管理下で提供された法的枠組み内で行われた。

土地購入

シオニスト運動はオスマン帝国、そしてその後のイギリス委任統治領の法的枠組みの中で活動した。両国は当時の法的基準では売却可能だった土地をこの地域で購入する権限を認められていた。

オスマン帝国時代の法的環境は、土地所有の記録と手続きを改革した1858年のオスマン土地法典に基づいていました。

この法典により、外国人を含む個人は、耕作されていない土地や所有者がはっきりしない土地を購入し、登録することができました。パレスチナの多くの土地は、領土外、多くの場合ベイルートやダマスカスに住む不在地主によって所有されていました。ユダヤ人はこれらの土地を合法的に購入しましたが、その土地は湿地や乾燥地、または耕作されておらず、地元のアラブ人によって利用されていないことが多かったのです。

イギリス委任統治領下でもこうした慣行は継続され、委任統治当局が土地取引を監督し、認可した。

英国は1917年のバルフォア宣言の一環としてユダヤ人の移住と土地購入を促進した。この宣言ではパレスチナに「ユダヤ人の国家」を設立することへの支持を表明するとともに、「既存の非ユダヤ人コミュニティの市民権と宗教的権利を侵害するようなことは何も行われない」とも規定した。

ユダヤ人入植地としてパレスチナの土地を購入し開発するために1901年に設立されたユダヤ人国家基金(JNF)は、これらの合法的な購入において重要な役割を果たした。

ユダヤ人のために永久に土地を保有し、土地の管理人としての役割を担った。この土地購入資金は世界中のユダヤ人からの寄付によって集められ、何世紀にもわたる離散と迫害の後に安全な避難所を求める集団的な努力と願望を強調した。

最終的にイスラエルの一部となる土地の大部分は、売主からの購入を通じて合法的に取得された。「盗まれた土地」という話は、保管され、現在も精査可能な取引の詳細な記録を考慮していない。

これらの取引は市場価格をはるかに上回る価格で行われることが多く、土地の先祖伝来および精神的重要性に対して割増金を支払うユダヤ人の意欲を反映していた。

さらに、イギリス統治からイスラエル主権への移行期間中、さまざまな国連決議、特に1947年の国連分割案(決議181)は、この地域をユダヤ人とアラブ人の別々の国家に分割することを目指しており、ユダヤ人の国家としての主張に法的枠組みを与えた。

この計画はユダヤ人指導者には受け入れられたものの、アラブ高等委員会によって拒否され、その後の紛争につながった。

その後の 1948 年と 1967 年の紛争中の土地の取得は戦争法に基づいて行われたが、これは議論の余地があり、議論の対象ではあるものの、「窃盗」という概念とは異なり、国家の存続と安全保障の文脈で理解されなければならない。

最後に、イスラエルは、失われた土地や係争中の土地の請求に対処するための法的手続きを実施しました。最高裁判所を含むイスラエルの裁判所は、アラブ人の請求を裏付ける証拠がある場合、何度もアラブ人の請求者に有利な判決を下し、土地の返還や補償を命じてきました。

1948年と1967年の戦争

1948年の戦争は、イスラエル独立戦争、あるいはアラブの物語ではナクバ(大惨事)として知られ、1947年11月に国連総会がイギリス委任統治領パレスチナをユダヤ人国家とアラブ人国家に分割することを勧告した決議181号を採択したことを受けて起こった。

ユダヤ人の指導者たちは、新生イスラエル国家に法的正当性を与えるこの計画を受け入れたが、アラブ高等委員会と周辺のアラブ諸国はこれを拒否した。

その直後、パレスチナ委任統治領のユダヤ人とアラブ人コミュニティの間で内戦が起こり、1948年5月14日のイスラエルの独立宣言とともに国家間の紛争へとエスカレートした。その後、国連決議に反対するアラブ諸国による侵攻により、イスラエルは合法かつ国際的に認可された自決行為を擁護する立場に置かれた。

同様に、1967 年の六日間戦争に至るまでの出来事は、イスラエルに対する存在の脅威の高まりを特徴としていました。シナイ半島でのエジプト軍の動員、国連緊急軍の追放、イスラエルにとって重要な海上航路であるティラン海峡の封鎖、アラブ諸国の指導者による攻撃的な発言など、一連の攻撃的な行動により、切迫した絶滅の感覚が生み出されました。

イスラエルの先制攻撃は、国内で迫りくる破壊の可能性に直面して行われた自衛行為だった。

戦争で獲得した土地の合法性

国際法は自衛の権利を認めており、これに基づき、1948年と1967年の戦争におけるイスラエルの軍事的対応は正当化され、特に国連憲章第51条で強調されている。

これらの紛争中の領土獲得とその後のイスラエルによる行政措置は論争を呼んでいる。

1948 年以降の休戦ラインは正式な国境ではなく暫定的な境界線として機能し、1967 年に獲得した領土は現在も紛争が続いている。特に、占領行為は第 4 次ジュネーブ条約で規定されており、イスラエルによる東エルサレムとゴラン高原の併合は国際社会の非難を浴びているが、イスラエルは歴史的および安全保障上の正当性を主張している。

これらの出来事とその法的影響の複雑さは、「奪われた土地」という物語が過度に単純化されており、特に戦争がすべて実存的な防衛の性質を持っていたことを考えると、戦争後のイスラエルの領土状況の複雑な歴史的、法的背景を捉えていないことを示している。

「盗まれた土地」

歴史記録を徹底的に調査すると、イスラエルの土地を「盗まれた」と決めつけるのは事実に基づかないことが分かる。

ユダヤ人のこの地域への帰還は、オスマン帝国とイギリス当局の規則に従った合法的な購入から始まりました。これらの土地は、ユダヤ人コミュニティにとっての重要性を強調して、時には高値で購入されることもありました。

イスラエルの建国は、特に1947年に国連がユダヤ人とアラブ人の国家を別々に設立するという提案を行ったことを受けて、国際合意に支えられた。この提案はイスラエルは受け入れたが、アラブの指導者らは拒否した。イスラエルの拡大につながった1948年と1967年の戦争は、国家に対する脅威への対応であり、領土を侵略的に奪取する試みではなかった。

イスラエルの土地が盗まれたと主張することは、文書化された法的取引、国際的な支援、そしてイスラエルの戦争の防衛的性質を無視している。

このような主張は歴史を誤解しており、平和の推進には役立ちません。歴史の知識があって初めて、平和と協力への希望が生まれます。

~ 博学者@LesPolymathes

コミュニティノートもシオニスト

見せしめ

選挙で選ばれていない公衆衛生当局者が「鳥インフルエンザ」に対する「強化された監視」と「農場の検疫」について話している流出したビデオ。
これは心理テロです。従わないでください

英米のロシア攻撃開始

ブリッゲン氏によれば、アメリカとイギリスはウクライナに兵士を駐留させ、高度なミサイル発射システムを操作し、ロシア軍に降らせているという

アンドリュー・ブリッゲン

「我々は今、実際にロシアと戦争状態にある、数カ月前、ロンドンのロシア大使アンドレイ・ケレンに会った。彼は、ウクライナから我々に向けてストームシャドウ・ミサイルを発射していることを我々は知っていると言った。我々は、あなた方がやっていることを知っている。つまり、アメリカ、イギリス、フランスが大勢いることは誰もが知っている」

「ベトナム戦争はそうやって始まったんだ」

「熊(ロシア)をつつくなんて何をやっているんだ?本当にバカげてる」

「彼らは我々をロシアとの戦争に巻き込もうとしている、プーチンは少なくとも頭脳
はある」

「私は彼ら(プーチンなど)の誰も良いとは思っていない。しかし、結局のところ、事実を見れば、91年以来、我々はNATOをモスクワに1000マイルも近づけた。私たちがやろうとしていたことを考えれば、EUは何らかの理由でウクライナを取り込みたがっていたし、NATOもそれを望んでいた。つまり、旧ソ連がフロリダ海岸の90マイル沖のキューバにミサイルを置こうとしたとき、アメリカはどうしたか?」

「振り返ってみれば、ロシアは長い間、ウクライナは中立を保てと言ってきたが、我々(西側)はそれをさせるつもりはない…彼らは非常に長い間、我々にそう言ってきた」

拡散

こんなクルド人いらない

HK 難民としてしか入国できないので、難民と呼ばれているだけです。

ニカブ

HK うちの周りでは、ヒジャブと言って顔以外を覆う女性をよく見かけます。近所の中学校にもヒジャブをつけて毎朝登校している子を見かけます。違和感満載です。

ロシアと同様に禁止してもらいたいです。

ロシア在住です

ロシアでも移民問題が深刻で、ここ数日、ムスリム女性の衣装であるニカブの着用を法律で禁止するかどうかの議論が活発だ。保守系メディアの調査では、九割弱のロシア人がイスラム過激派を連想させるニカブの着用に反対し、テロ対策として公の場では顔を隠すべきではないと主張している。一方、ニカブ着用を認める少数派は、ムスリムの慣習に介入することでイスラム世界との軋轢を生むのではないかと懸念する。

しかし、世界的に見てもサウジアラビア・エジプト・チュニジア・インドネシア・モロッコや、旧ソ連構成国だったウズベキスタン・タジキスタンでもニカブの着用は禁止されている(カザフスタン・キルギスは検討中)ので、ロシアでだけ軋轢が生じるというのはおかしい。

また、ロシアは多宗教の連邦国家で、ロシア帝国時代からチェチェンやタタルスタンなどムスリムが大多数を占める地域を持つが、ニカブを着用するような伝統はなく、普通にロシア社会に溶け込んでいる。なので、ニカブを着用したい人々は、近年ロシアに流入してきたムスリムだと言える。

さらに、このような急進的な「ニカブ・ブーム」はイスラム原理主義組織によって意図的に作られているのではないかと見る向きもある。確かに、黒装束の中に武器を隠していても分からないし顔も判別できないので、テロを起こすには有用なカムフラージュだ。

例えば、ロシアで活動を禁止されているイスラム原理主義「ヒズブ・タフリール」は、ネオナチ「アゾフ大隊」と緊密に連携している。2016年にはウクライナにイスラム学校を共同設立し、子どもたちを洗脳する傍ら、テロ戦闘員を養成し、米国の手配で世界中に配属しているようだ。こうした過激派組織がロシアで「ニカブ・ブーム」を意図的に作り出していても不思議ではない。

ロシアも、日本と同様、自国の伝統や慣習を守り、郷に入っては郷に従えとの立場を明確にする時期に差し掛かったと言える。因みに、ロシアでは土葬は法律で禁止されており、ムスリムの人々が土葬を要求しているという話は寡聞にして耳にしたことがない。

聖書

独り言

さじ加減は難しい問題です。例えば、突然終わるマイルスのソロ。観る側に委ねられた、仏映画のエンディング。

腹一杯で終わらず、疑問が残ります。幕が閉じてもシーンを反芻します。ミステリアスで、クールさを際立たせるテクニックです。想像を掻き立てられるので、余韻が持続します。

​ストーリーは満足した時点で、飽きが始まります。心はもう次の作品を探しに行きます。満足は素晴らしいけれども、満腹と飽きは隣り合わせです。

ブルースは使う音はわずかで、シンプルなだけに含みがあります。ニュアンスで勝負するジャンルです。​俳句などにも似ています。文字数に制限があるので、直接的な表現になりません。匂わす、ほのめかす、というゲームです。

受け取り手の理解や、想像力が刺激されます。一見難解ではなく、むしろ簡単で、マンネリで、退屈そうです。淡々としているようで、しかし、情念が奥深く続きます。

みんなが楽しめなくてもいい。一部の人だけに「強烈に、深く、長く」楽しんでもらえたらいい。そんな潔さも感じます。その覚悟がクールなのでしょう。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました ブラジルの思い出、全3巻です。

Kindleアプリをダウンロードして、Amazonから電子書籍を購入して頂くと読む事が出来ます。

過去の投稿

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

コメントは表示されません、ご安心下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

友達に知らせる