hkblog

John3:16

Thu

ハンターは何をしても大丈夫ですが、トランプはしていない事まで騒がれ、訴えられます。

日本語字幕

ファクトチェッカーは詐欺

直感を信じる

2011年のよく似た映画

HK 映画はショックを和らげるための機能を果たします。我々は既に来たるべきものを刷り込まれていました。「ああ、こういう事があり得るんだ」とイメージできるように訓練されているのです。それが映画なのです。

もしあなたが本当にウサギの穴に降りて行きたいのなら、私はあなたの心を吹き飛ばしてあげます。 2011年の映画「コンテイジョン」を振り返る。

中国の生鮮市場で発生したウイルスが原因の世界的パンデミックを描いた、ハリウッドスターが勢ぞろいした大ヒット映画。

メタバイオタの創設者であり主任ウイルス学者であるネイサン・ウルフ氏は、この映画の主任生物学コンサルタントを務め、医療界が「仮想」パンデミックに現実的にどのように対応するかについてプロデューサーに指導した。

ネイサン・ウルフは、テラマー・プロジェクトを通じてギレーヌ・マクスウェルおよびクリントン財団とも金銭的な関係があり、ウクライナに複数の研究所を持つバイオラボ会社、メタバイオタに資金を提供するローズモント・セネカを通じてバイデン家とも金銭的な関係がある。

世界的なパンデミックの到来を警告していた同じ人々が、たまたま病原体を改変しているのも偶然でしょうか?

ウクライナでコウモリコロナウイルスを探していた同じ人物が、エプスタイン、クリントン、バイデン、ロスチャイルド家とも密接な関係を持っている。 彼はまた、2008年に出版した著書の中で、新型コロナウイルスのパンデミックが実際に起こる10年以上前に、それがどこから来るのか、そして政府がそれにどう対応するのかを「予測」していた…

ファウチ氏はソーシャルディスタンシングを「でっち上げた」わけではない。それは当初から計画されていたことだ。 ネイサン・ウルフがこのすべての震源地です。ファウチは単なる表向きの人物です。 

スコット・リッター氏、パスポート没収

HK 既に進行しているアメリカの軍事作戦がバレないよう、どうしてもリッター氏を足止めしなくてはなりませんでした。

それは核戦争への挑発です。既に危険な事態となっています。

Sputnik日本

元米海兵隊諜報部員のスコット・リッター氏は自国の政権にパスポートを没収され、ロシアに向かうはずの飛行機から降りざるを得なくなった。

私がニューヨークの空港で搭乗をすませ、すでに機内にいたが、税関の職員3人が私を脇に連れて行き、パスポートを取り上げた。

私が理由を尋ねると税関職員らは国務省の命令だと説明したほかは、何の情報も与えられなかった。

私の預け荷物は飛行機から降ろされ、私は空港の外に出された。 一連の騒動については、リッター氏自身がスプートニク・インターナショナルに話した。

リッター氏はペテルブルク国際経済フォーラムに参加するため、飛行機に乗り込んでいた。

リッター氏は元米海兵隊諜報部員で国際連合大量破壊兵器廃棄特別委員会主任査察官を務めた経歴の持ち主。

ウクライナ紛争に関してはバランスのとれた立場を堅持し続けており、同紛争について、国際安全保障、軍事問題、中東情勢についてはスプートニクと同様の見解を持ち、寄稿している

米国がスコット・リッター氏の旅券を没収事件にザハロワ氏がコメント

Sputnik日本

「米国務省の命令で米国の警察は、ペテルブルグ経済フォーラムに行くはずだったコラムニストのスコット・リッター氏を搭乗機から降ろした。

これは米国憲法修正の第1条に基づいて行われたんですか? それとも第4条?」リッター氏をめぐる状況についてロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官はこうしたコメントを発表した。

米国憲法修正の第1条は言論および集会の自由の保証を、第4条は不当な捜査と拘束を禁じている。 元CIA分析官のラリー・ジョンソン氏は状況をこう読み解いている。

「米国の政策を批判していただけの自国市民を、自由に旅行できないようにすることで罰している。これは逆効果になると思う。なぜなら、スコット氏の注目度はこれで下がるどころか、ますます高まるだろうからだ。これで彼のメッセージには今まで数人単位ではなく、より多くの人が耳を傾けることになるだろう」

同日、4日、ラブロフ露外相は6月4日、リッター氏はロシア国籍を取得していないため、ロシアはこの状況でリッター氏を助けることはできないと述べた。ラブロフ外相はまた、この状況は米国が警察国家に変貌したことを示す一例だと指摘している。

3日、元米海兵隊諜報部員のスコット・リッター氏はペテルブルク国際経済フォーラムに参加するため搭乗していた機内で税関職員に自国の政権にパスポートを没収された。リッター氏はこのため、飛行機を降りざるを得なくなった。

リッター氏は元米海兵隊諜報部員で国際連合大量破壊兵器廃棄特別委員会主任査察官を務めた経歴の持ち主。

ウクライナ紛争に関してはバランスのとれた立場を堅持し続けており、同紛争について、国際安全保障、軍事問題、中東情勢についてはスプートニクと同様の見解を持ち、寄稿している

衝撃的:NATO、ロシア危機に備えて30万人の部隊派遣を準備… -POLITICO

NATOは、ロシアとの大規模な紛争が発生した場合に備えて、30万人の米軍をヨーロッパの最前線に派遣する計画を策定している。

この戦略には、地元の官僚機構を迂回し、ロシアの侵略に迅速に対応できるようにするための「陸上回廊」を構築することが含まれる。

これらの回廊は、主要な港からヨーロッパ中の事前に計画されたルートまで軍隊を迅速に移動させることを容易にするだろう。

この動きは、同地域での緊張が高まる懸念がある中、ロシアの侵略を抑止し、潜在的な脅威に備えるためのNATOの取り組みの一環だ。

速報:ウクライナが西側諸国の兵器でロシアを攻撃… -NYタイムズ

ウクライナ国会議員の発言によると、バイデン政権がウクライナに対し米国製兵器を対ロシアで使用することを承認した直後、キエフは新たに得た自由に基づき、米国製の大砲システムを使用して国境の向こう側にある軍事施設を標的に素早く行動した。

ウクライナ議会の国家安全保障、防衛、情報委員会の副委員長であるイェホル・チェルネフ氏は火曜日、ウクライナ軍がロシア領内約20マイルのベルゴロド地域での攻撃によりロシアのミサイル発射台を無力化することに成功したと明らかにした。

同氏は、この作戦では高機動ロケット砲システム(HIMARS)が使用されたと断言した。 これは、バイデン大統領がそのような行為の禁止を撤回した後、ウクライナ当局者がロシア国内の標的を攻撃するためにアメリカの兵器を使用したことを公に認めた最初の例となる。

タルムード・ユダヤが悪の元凶

HK 英語ですが、この動画は「大いなる欺き」の鍵だと思います。ロシアのユダヤ…と言っても、ここでもやはり2種類のユダヤがいて、タルムードを信仰するユダヤ人が悪でした。だから犠牲となったユダヤ人もいて、そしてクリスチャンを大虐殺したユダヤ人もいるわけです。そこにはやはりメーソンの存在が。

日本はロシアに接近すべきだ

イスラム教徒の不法移民がロシアから大量に国外追放される。これがやり方だ!

おめでとうインド!

Amy Mek

モディ首相がインド人民党(BJP)を再び勝利に導き、3期連続の政権獲得を果たしたことを大変嬉しく思います。 この勝利はモディ首相とBJPにとって歴史的な節目となり、インド国民が彼らの指導者に対して揺るぎない支持と愛情を持っていることを示すものとなった。

モディ首相とヒンズー教徒は、左派の西側諸国政府とそのメディア同盟からの容赦ない攻撃に直面している。中傷、嘘、批判にもかかわらず、彼らはまたも負けないことを証明した!

左派は、この大勝利をマイナスに解釈しようと必死で、モディ氏が400議席の超多数を確保できなかったため敗北だと主張している。

彼らは、モディ氏がインドをイスラム過激派や共産主義者に明け渡すことを拒否しているという理由だけで、モディ氏のリーダーシップを「分裂的」と決めつけている。

インドは世界でも有​​数のイスラム教徒人口を抱える国で、約 2 億人のイスラム教徒がおり、インドネシアとパキスタンに次いで 3 番目にイスラム教徒が多い国です。この大規模でしばしば暴力的なイスラム教徒コミュニティは、インドの総人口の約 14% を占めています。

私たちは毎日、ジハード戦士がヒンズー教徒の多数派に対して犯した恐ろしい犯罪について耳にしています。殴打、家や寺院の焼き討ち、殺人、斬首、ヒンズー教徒の少女や女性の誘拐や残忍な性的暴行などです。

しかし、ジハード主義者の人口が抑制されないまま増え続けている多くの西側諸国とは異なり、ヒンズー教徒とモディは反撃し、左派に支持されインドを破壊するために団結しているこれらの過激派と戦い続けている。

西側諸国の保守派指導者たちが選挙で不正行為を働かれ、追われ、逮捕され、暴力的に攻撃されるなか、モディ氏は不正投票に直面しながらもこの大勝利を確保することができた。

インドよ、戦い続けろ!世界中の愛国者たちがあなた方と共にあり、あなた方が直面している困難を知っています。あなたの揺るぎない、謝罪のない、そして激しい国、文化、伝統、そして国民の擁護から西洋人が学んでくれることを願います。

イスラムペド

Matt Wallace

警察は46人の容疑者(主に移民)を逮捕した 彼らは以下の罪で起訴されています: 児童に対する性的暴行 レイプ 小児性愛 &その他

第三世界を輸入する…第三世界になる…

ラップトップの中にあった画像

HK ハンターはオバマの(借り物)娘ともキメセク(麻薬しながらセックス)をしていました。JPモーガンは人身売買に協力していただけに、仲間たちもそのカードを利用するのでしょう。そのカードで作ったコケインのすじが並んでます。

トランプのラップトップからこの画像が出てきたら、一体どんな騒ぎ方をするでしょうか。ハンターは一切騒がれませんが。

Shadow Of Ezra

ハンター・バイデンは国際的な性的人身売買に関与し、父親の政治的影響力を利用して米国を最高入札者に売り渡し、贅沢な生活を送り何百万ドルも稼いだ麻薬常用者の小児性愛者です。

彼のノートパソコンに詳細に記録されている犯罪のすべてを考慮すると、彼らが思いつく唯一の容疑は銃の容疑であり、軽い処罰で済むだろう。 マリア・オバマはハンター・バイデンと何をしていたのか? マリア・オバマは別名 今はマリア・アン。

デマ太郎

聖書

独り言

「比較は喜びの盗人である」セオドア・ルーズベルトの言葉です。私たちは比較の精神に囚われて、頑張るように仕込まれて来ました。誰がより多く所有するか?でも、「より多く所有するを良し」の時代は終わりつつあります。

人を羨む、または蔑むことに、疲れたからでしょう。より少なくを良しとする時代に、向かっているようです。

喜びは目に見えません。目に見えないもの、量る事の出来ないもの、を求めると、全く違う方向へ進むことができます。

目に見えないもの、例えば音楽とか…音楽の喜びを味わうのに、マテリアリズムは関係ありません。

むしろ物が少ない方が、ノイズをカット出来て、音に集中できそうです。音から広がる情景は、自分だけのものです。

最近、昔より音楽を楽しむ回数が減ったのはよくない、と反省してます。その幸せを、経験するよう努めてます。

こうすべき、こうあるべき、そう求めるべき…誰が作ったのか知らない社会通念も、ノイズ。それらに決着をつける事が、どれほど人生に明瞭さを与えてくれるでしょう。

比較する人生から自由になる=奪われた喜びを取り戻す、と言えます。これは僕の課題です、ノイズをカットしながら行こうと思ってます。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました ブラジルの思い出、全3巻です。

Kindleアプリをダウンロードして、Amazonから電子書籍を購入して頂くと読む事が出来ます。

過去の投稿

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

コメントは表示されません、ご安心下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

友達に知らせる