Fri

是非シェアして下さい

嵐の中で、我々は翻弄されるのみです。何が起きているのか、良く分かりません。のちになって、明かされる事を期待します。

嵐の中で

マイク・ペンスは、未だに謎です。彼の決断が、世界を暗黒に陥れました。この謎が解けるのはいつの事でしょうか?彼は大統領候補の出馬に関して、まだ無言を貫いているそうです。

不可解と言えば、トランプのワクチンもあります。いつか分かる時が来る事を願っています。嵐の中は視界が悪いですから。僕はまだ希望を持っています。

The storm has arrived

「もし有名な人が、国を救うために自分の評判を放棄したとした…それは立派な事だと思いますか?」

「もしそれが、私が言っていたマイク・ペンスだとしたら?」

「私の意見としては、ペンスは何も間違った事をしていません。もしトランプが単に当選したとしたら、恐らく同じ(民主党やメディアによる)中傷キャンペーンの4年間だったでしょう。人々は、私たちの国を破壊するためにどれだけのことをするかを知らなければなりませんでした。

それが今、私たちがいるところです。ペンスは彼がしなければならなかったことをしました」

トランプ

マイク・ペンスは無実だ。分かっていながら不誠実な事を今までした事がなかった。彼をそっとしておいてくれ。

「国境の移民は90%鎮まっている」とは思えない状況。国境問題だけ見ても、アメリカは崩壊寸前です。共産主義者の攻撃の一つに過ぎません。
異常な性癖を押し付け、正常化する悪魔崇拝者たち。子供が犠牲となっています。そしてこれは人口削減に繋がります。
大量不法移民、麻薬、強盗、暴力、全てが共産主義者の民主党の仕業です。そしてインフレとロシアへの制裁により、ドル離れさせました。ここまで落ちぶれたアメリカに対し、世界は一気に掌返しを始めました。BRICsに加入し、アメリカを倒すつもりです。

加えて、バイデン一家の犯罪は、尊敬に値しない大統領である事が世界中に暴露されました。ハンターが未だに逮捕されないのは異常ですし、バイデンもそう。

「法的に保護された信頼性の高い」WB 開示を受け取り、DOJ と FBI は「当時のバイデン副大統領が関与したとされる犯罪計画を説明する未分類の FD-1023 (人的情報源の報告) を所有していると信じています…」 タイミング: 2020 年6 月、大統領選挙前であり、FBIがハンターのラップトップを没収した後。

しかし、ついにその時が来そうです。日本メディアですら、書かざるを得ない状況です。その書き方は、無知なのか、奴隷根性丸出しなのか不明です。やっとここまで来た、という感じです。世界は嵐を通り、誰が悪者なのか知ったと思います。これからもまだ続くでしょうが…

悪は続く

分からないまま、進んでいきます。分かっていたら、こうはならなかったでしょう。上手く行きそうに見えますが、悪はまだ存在し、働き続けます。上手く行っても、行かなくても、一度覚醒したら、後戻りは出来ません。苦しみながら死ぬか、苦しみながら戦って勝つかのどちらかです。

それほど、悪者の計画は邪悪でした。想像できないほど邪悪です。だから騙されるのも無理もありません。人間の仕業とは思えないのです。そこに悪魔の存在を認めざるを得ません。

そういう敵に対し、まともに戦ったら勝てないでしょう。不可解な事があるのは、当然だと思うべきです。我々が分かるようでしたら、敵にも当然知られているでしょう。それは作戦になりません。戦いになりません。

最も差し迫った懸念の 1 つは、インターネットが偽の動画、写真、ニュースであふれ、人が「何が真実かを知ることができなくなる」こと→権力がAIを使用して大衆を「操作」できる
人類がこんなに生き残るはずではなかった…だから、#ひとごろし である牧原先生ら議員の方々は、こんなにパニックになってしまっているんです…大部分を殺す予定だったはずが、こんなにたくさんの日本人が生き残り、しかもそのほとんどが、韓国カルト政権自民党が毒ワクチンで日本人を殺そうとした事実を知ってしまっているからです。

24 それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。

25 いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。

26 人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。

27 人の子は父の栄光を帯びて、御使いたちとともに、やがて来ようとしているのです。その時には、おのおのその行いに応じて報いをします。

マタイによる福音書16:24〜27

独り言

いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書」水野学著によると、クリエイティビティとは何なのかが分かります。何か特別な事をやろうとせず、淡々とやると書かれています。気負っては、良いものができません。

評価は、外部の人のものです。全て終えて、世に出してからのものです。自分のコントロールの外にあります。

セス ゴディンの言う、一滴一滴垂らすように、コツコツ作るみたいな感じです。彼のおかげで納得していましたが、この本を読んでだめ押しとなりました。「すごい事をしようとしない」からこそ、集中できるそうです。

僕も経験により、薄々感じてました。演奏の仕事では、時間通り現場に行き、共演者と挨拶し、速やかにセットアップし、打ち合わせをし、最後まで演奏し、速やかに片付け、帰宅しました。そのいずれかがダメでもいけません。

演奏のほんの一部だけが「良い」のではいけません。全てのフローが仕事人らしく振る舞えないと。演奏にも、やはり段取りの中に、自分の集中力を整える力があると思います。

今は教会の礼拝で演奏しています。それも同じで、集合し、祈り、音合わせ、ブレイク、礼拝賛美演奏に入ります。流れが大切だと痛感しています。

一連の流れの中で、エゴが出る事はありません。全体が上手く行っているか、良い雰囲気かどうか、それだけが気がかりです。良い演奏が出来るかどうか、考えたりしません。

淡々と仕事をする。その中で良い日が必ず出て来ます。全てをベストテイクには出来ません。

良いテイクを沢山残そうとすれば、沢山平凡なテイクをする事も含まれる訳です。そして良いテイクは、強制して出来るものではありません。たまたまそうなるのです。

だとすれば、沢山仕事をする必要があります。だとすれば、段取りに気配りする必要があります。段取りによって、スムースな仕事のフローが得られるからです。

沢山の良い作品を残すべく、良い段取りを作る事が最重要と言えます。


母の日

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

是非シェアして下さい