Fri

是非シェアして下さい

NIHは武漢ラボに資金提供し、機能獲得研究をした…つまり生物兵器を作っていました。そしてそこからコロナは漏れた、という説に戻りそうです。

告発

出所が分からない情報ですが、「武漢ラボの主任技術者が、NIHの資金提供で開発された生物兵器だと語った」そうです。どの情報も保留で受け止めて欲しいですが、これを裏付ける記事も出て来てます。

NIHの高官らはGmailでやり取りしていたそうです。彼らはNIHのアドレスで送信すべきであり、その情報は公開されるものです。それを回避するために個人メールを使用し、コロナ起源に関するメールを削除するように命じました。

コロナウイルスの研究は中国か、ウクライナかと意見が分かれるかも知れません。この流れを見ると、やはり武漢ラボの可能性が強いのでは?

ハンター・バイデンはウクライナのパンデミック対策会社に投資していました。オバマ時代の話です。コロナウイルスの研究もオバマ時代。もしかするとラップトップには、もっと凄い情報が含まれているのかも知れません。

アジアン・ニュース・インターナショナルの武漢研究所の主任技術者チャオ・シャオ氏とのインタビューで、新型コロナウイルス19は中国が開発し、アンソニー・ファウチ率いるNIHが資金提供した生物兵器であると語った。

シャオ氏によると、人間とどのように相互作用するかをテストするために、ウイルスのさまざまな鎖が与えられたという。同研究所の複数の科学者がオリンピック選手たちのホテルの部屋に派遣され、彼らがウイルスを広めるためにそこにいたことをほのめかしたと述べた。

同氏はまた、ウイルスが人間とどのように相互作用するかをテストするためにウイグル族のキャンプに送られたとも述べた。

NIH高官、コビッドの科学者たちにFOIAを逃れるために個人的な電子メールを使っていると助言
NIHの高官David M. Morensは、Covidの起源について議論している著名な科学者たちに、電子メールを削除するように言った。

Covid-19の起源を調査している議会調査団が入手した記録によれば、米国立衛生研究所のアンソニー・ファウチの最高顧問が、情報公開法の厳しさから逃れるために明らかに個人的な電子メールアカウントを使用していたことを認めた。この職員はまた、メディアの監視を避けるために電子メールを削除する意向を表明した。

「ご存知のように、NIHのメールは常に情報公開されているので、私は常にgmailでやり取りするようにしています」と、NIHの高官であるデビッド・M・モーンズは2021年9月の電子メールに書いている。「私のgmailに送られたものは私の携帯電話に届くが、NIHのコンピューターには届かない」

しかし、Gmailのアカウントがハッキングされたことを指摘した後、「代わりにNIHのメールアカウントを使って彼らと連絡を取らなければならないかもしれない」と書いた。

「心配しないでください、私のアドレスのどれかに送ってくれれば、ニューヨーク・タイムズで見たくないものはすべて削除します」と書いた。

モレンスはNIHに25年勤務しているベテランで、国立アレルギー・感染症研究所所長の上級科学顧問を務めている。

メール交換に参加している他の科学者には、エコヘルス・アライアンスのピーター・ダスザック、チューレーン大学のロバート・ギャリー、オーストラリア・シドニー大学のエドワード・ホームズ、スクリップス・リサーチのクリスチャン・アンダーセン、カナダのワクチン・感染症機構に勤務するアンジェラ・ラスムセンがいる。

彼らは皆、コビド出現の自然起源説の支持者である。ブルームバーグのジャーナリスト、ジェイソン・ゲイルもまた、共和党主導のコロナウイルスパンデミック特別小委員会の調査員が最初に入手した電子メールのやりとりに参加していた。

Gmailアカウントから送信されたFOIAに関するモレンスのメールは、署名欄の下のフッターと矛盾していた:「重要:米国政府関連の電子メールについては、NIAIDのアドレスにも返信してください。モレンスはコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

超党派のProject on Government Oversightの顧問弁護士であるスコット・エイミーは、モレンスのメールに記載されている行為は、保健福祉省のメール記録管理ポリシーを含む政府機関の規則や、民事および刑事記録保持法に違反する可能性があると述べた。

「あのメールに書かれた彼の発言は、政府機関、政府機関の監察官、国立公文書記録管理局、司法省が調査する価値がある」とエイミー氏は言う。

モレンスの発言を含むこのメールは、モレンスと彼の科学者仲間が、『インターセプト』や他の出版物によるコヴィッドの起源に関する報道を非難し、このウイルスが中国武漢での研究事故から生まれたという可能性を真剣に考える人々を厳しく批判した、より広範なやりとりの一部であった。また、ウイルスが自然起源であることを支持する彼ら自身の論拠も示した。

「研究所のリーク者たちは、すでにでたらめな攻撃を仕掛けており、われわれにさらなる悪評をもたらそうとしている。

「このバカどもを名誉毀損で訴えることを否定しないでください」とモレンスは返信した。

モーンズは別の電子メールで、ラトガース大学のリチャード・エブライトのような科学者を “有害なデマゴーグ “と呼んで非難した。彼はまた、このような人物をメディアが擁護していることを嘆いた。

“彼らは呼び出される必要がある。私は政府関係者なので、オフレコでしか言えないが、何度も何度もそうしてきた。「彼らの中には、故意に偽りの同等性を宣伝している者もいる。ホロコーストの生存者にインタビューしたら、ナチスの殺人者と同等の時間と場所を与えなければならないと言うだろう。恥を知らないのだ。

木曜日、コロナウイルスの流行に関する特別小委員会の委員長であるブラッド・ウェンストラップ下院議員(オハイオ州選出)は、小委員会が入手した文書についてモレンスに書簡を送った。

同小委員会が所有する文書によれば、「あなたが個人的な電子メールを使って透明性と情報公開法(FOIA)を回避し、連邦政府の記録を意図的に削除し、同僚の科学者たちに対する訴訟を奨励するなど、同僚の科学者たちを中傷するために公的な立場で行動した可能性があることを示唆している」。

委員会はまた、モーンズが2021年7月に送った電子メールに注目した。そこには、モーンズが『ナショナル・ジオグラフィック』誌のインタビューにコビッドの起源について答えることについて、”トニー”(明らかにファウチのことを指している)から承認を得たことが書かれていた。

何カ月もの間、私は『起源』についてオフレコで話すことを承認されませんでした。しかし、今日、驚いたことに、私の上司であるトニーから、ナショナル・ジオグラフィック誌のインタビューに答えるよう要請されたのです。”私は、これは、私たちの政府が軽くなっているが、トニーは起源の物語に自分の指紋を望んでいないことを意味すると解釈している。”

委員会はその書簡の中で、このメールは “アンソニー・ファウチ博士が……彼の “指紋 “なしでCOVID-19の起源の物語に影響を与えることを望んだことを示唆する知識や情報をあなたが持っているかもしれないという懸念 “を提起していると述べた。

「ウェンストラップはモレンスに宛てた手紙の中で、”これは非常に厄介なことであり、深刻な問題を提起している “と書いている。選択小委員会はモーンズに対し、彼の個人的な電子メールアカウントを含む様々な追加記録の提出と、面談を要求している。

『The Intercept』が相談した倫理専門家も、情報公開法遵守に関するモーンズの発言に懸念を表明している。

「政府の透明性を高め、説明責任を果たすための法律を回避することは、非常に悪いことです」と、超党派のCampaign Legal Centerの倫理担当上級法律顧問であるDelaney Marsco氏は言う。「政府に対する国民の信頼にとって悪いことです。政府機関の文化にとっても良くない。倫理的な意味合いも悪い。

今起こっていること:新しい電子メールにより、ハンター・バイデンは父親が副社長だったときにパンデミック対策会社に投資し、投資後に数百万ドルの納税資金を受け取ったことが明らかになった。

公開情報記録によると、メタビオタ社は、ウクライナ関係への協力を要請する前に、ハンター・バイデンズ社から25万ドルの投資を受けていた。 その後、同社は1800万ドル以上の納税者からの資金を受け取り、その一部はウクライナ関係に充てられた。

ハンター氏はなぜ新型コロナウイルス感染症以前にパンデミックに投資したのか?
ハンター・バイデンの元ビジネスパートナーは、中国のエネルギー協定でハンターとジェームズ・バイデンと緊密に協力していた人物で、バイデン夫妻に不利な証言を希望したが、デラウェア州連邦検事デイビッド・ワイスによって拒否された。

CBSニュースによると、トニー・ボブリンスキー氏はバイデン一家に不利な証言を要請した後、ワイス氏に無視されたという。

「ジョー・バイデンがハンターとビジネスについて、話し合ったことがないと聞いた。それは誤りです。私はジョー・バイデンを含むバイデン一家と直接取引してきたので、このことについては直接知っている」とボブリンスキー氏は以前語った。

私たちのいわゆる司法制度が、たとえ証拠を突きつけられても特定の犯罪者を追及しないのは、まったくクレイジーなことだ。

次の攻撃

ゲイツは蚊のマラリアによって、ワクチンを普及させるつもりでしょうか?その蚊にはどんな仕掛けがなされているのでしょうか?不気味です。

5Gの普及で接種者はどんな影響を受けるのか?しかし未接種でもシェディングがありますし、常に解毒を心がけなければいけないのでしょうか…

ゲイツ財団は蚊を使った飛行ワクチンの開発に取り組んでいる 「我々が心配しなければならないのは食べ物だけではない」とペンシルベニア州上院で弁護士@RenzTomは証言した。

「ゲイツ財団はあらゆる種類の蚊の遺伝子工学に資金を提供しており、特定の集団へのワクチン接種を支援するために蚊や蚊に刺されたものを利用することについて、多くの話題が広がっています」

「それが実現可能であるという証拠はまだありませんが、彼らがそれに取り組んでいることは知っています」

「だから私は、ビル・ゲイツがフロリダで開発を進めている蚊が誰かに何かを注射していると言っているわけではない。私が言いたいのは、彼らが確実にあなたに注射できるように取り組んでいることを示す、絶対に議論の余地のない証拠があるということです」

犯罪を許さない

一応、厚労省は男が女湯に入る事を禁じるようです。これはつまり「差別」という事になります。ソロスか誰かがカネを払えば、バイトで訴えるかも知れませんが…日本ではそんな事で訴える人はいないでしょう。

風呂は選ぶ事が出来ますが、トイレはもっと現実的な問題です。アメリカで現行犯が録画されました。心が女なら、勃起するわけないでしょう。

去勢が必要なだけでない

幼児への性的虐待で25年も服役した男が、スタバで捕まりました。恐ろしい過去を自白し始め、「警察に電話しろ」と迫られ911。

彼の場合、去勢して射精できなくても虐待を続けるのでは?こういう問題から「チップ埋め込み」が肯定されて行くのも嫌ですが…そういう人たち限定というのは理解できます。

しかし、そこから拡大解釈が始まる事も想像できます。「反ワクは反科学」と悪者のレッテル貼りなど、いくらでも出来ます。

多くのメディアから厳しく叱責された。しかし、彼らはあなたが知っているように、何も知らない。それは負担だった。もう重荷はありませんし、自分のキャリアを子供たちの前に出すことは決してありませんでした。

映画『サウンド オブ フリーダム』をご覧ください。この嘘つきたち (主流メディア) に対するあなたの言葉を表しています。 アメリカ国民に真実を語ってください。」 真実が輝き始めています。 世界は、権力者によって私たちの子供たちに対して犯されている犯罪に目覚める必要があります。 子供たちは救われなければなりません。

RFK Jr

ウクライナ戦争に関して、アメリカの間違いを認めて訴えます。アメリカが常に善であるかのように、テレビが宣伝する事から離れろと。ついでに日本の真実も語って欲しいものです。

ロバート・F・ケネディ・ジュニアは、ウクライナ国民に対する深い共感を表明し、プーチン大統領のウクライナ侵略を強く非難した。

同氏はまた、NATOの拡大、米国のINF全廃条約からの離脱、西側諸国による2022年4月の和平合意の拒否についても懸念を表明している。 ケネディ・ジュニアは、戦争回避の重要性に対する叔父のケネディ大統領の信念を引き合いに出して、ハリコフ攻勢中に息子がウクライナ特殊部隊の機関銃手として志願したことに触れ、紛争との個人的なつながりを強調した。

同氏は、プーチン大統領とゼレンスキー大統領が和平協定に署名した2022年4月に戦争が終わった可能性があると主張している。しかし、同氏は、米国とNATOが協定を妨害するためにボリス・ジョンソンを派遣し、その結果、ウクライナがNATOに加盟しないという約束と引き換えにロシア軍がウクライナから撤退することになっていたと主張している。

ケネディ・ジュニアは、この戦争の代理戦争の性格を批判し、「それ以来、35万人のウクライナの子供たちが殺された。そして我々はこれをロシアと米国の間の代理戦争に変えてしまった。我々はこれがだと言われた」と述べた。人道的訓練だ」

同氏は、バイデン大統領とロイド・オースティン国防長官の矛盾した発言を強調し、ウクライナにおける米国の動機が純粋に人道的ではなく、政権転覆とロシア軍の貶めに焦点を当てていることを示している。 「もしそれが人道的であれば、それは流血を減らし、紛争を短縮することを意味する。しかし、バイデン大統領はなぜ我々はそこにいるのかと問われると、ウラジーミル・プーチンの政権交代のためだと答えた」

「ロイド・オースティン国防長官は2022年4月、アメリカのウクライナ駐留の理由はロシア軍の地位を低下させ、世界のどこでも活動できる能力を使い果たすためであると述べた。それは人道的使命とは正反対である。それは人道的使命に関するものである」「消耗戦で、亡くなっているのはウクライナ人だ」

ケネディ・ジュニアは、叔父の国際関係へのアプローチに言及しながら、敵対者の視点を理解し、彼らの正当な安全保障上の懸念を認識することの重要性を強調している。同氏は、1992年にロシアに与えられた保証にもかかわらず、NATOの東ヨーロッパへの拡大が緊張と不信感を生み出していると指摘する。

「当時、ベイカー長官が言ったのは有名だ。われわれはNATOを1インチも東に移動させない。それ以来、われわれはNATOを1000マイル東に14カ国に移動させ、ロシアのすぐ近くにあるルーマニアとポーランドにイージス・ミサイル・システムを配備した」

ケネディ・ジュニアは、ジョージ・ケナン、ウィリアム・ペリー、ウィリアム・バーンズといった尊敬される米国政府高官の意見に言及しており、彼らは皆、NATOのウクライナへの進出はロシアの「越えてはならない一線」を越え、暴力的な報復をもたらすと警告している。

真実と理解の重要性を強調するために、ケネディ・ジュニアは、イラク戦争をめぐる物語に異議を唱え、大量破壊兵器は存在しなかったと発言したために人気絶頂期に職を失ったニュース司会者のフィル・ドナヒューの話を紹介した。

彼は国際関係に対して繊細で共感的なアプローチを求め、人々に真実を求め、アメリカが常に「善人」として描かれるような単純な紛争描写から離れるよう促している。

「だから私が今日言っているのは、10年後にはこれが真実だと誰もが理解するはずだ。私たちはマスコミや政府に騙されてきた、そして私たちは真実を聞き始める必要があり、それを止める必要がある」

悪者と善人が存在し、アメリカは常に善人であり、私たちは決して間違いを犯さないという漫画の描写に注意を払ってください。

そこにはニュアンスがあることを理解する必要があります。私たちの人間関係には複雑さがあり、私たち皆が望む真の平和を世界にもたらすためには、敵の立場に立つことができる必要があります。 結論として、ケネディ ジュニアは、平和、多角的な視点の検討、メディアと政府によって永続化された誤った物語の拒否を提唱しています。

フランス

暴徒が火を放ってます。各地で暴動が起きてますが、僕はどうなっているのか良くわかりません。十七歳の子供が殺されたのがきっかけらしいです。フランスは数年前からデモが続いていますが、もう今回は収まらないのでは?

https://twitter.com/ronin19217435/status/1674564949186600969?s=20
https://twitter.com/ronin19217435/status/1674545330677850115?s=20
フランスの一部の都市の当局は状況の制御を失いかけている 特にマルセイユの状況は完全に制御不能になり始めており、ここでは多数の火災が記録されています。 フランス反乱の中心地の多くで、店や市場への大規模な強盗が始まった。
フランス政府は今夜遅くから全国のすべての公共交通機関を停止した。これは、男性射殺事件を受けてほぼ2日間続いている全国的な抗議活動と暴動を鎮めるため、連邦警察と地方警察4万人が全国に配備されているためである。

警察から車で逃走しようとした17歳の少年。暴徒たちは昨夜から市庁舎、学校、警察署を含む多くの政府の建物を標的にし始め、これまでに少なくとも170人の暴徒が逮捕され、昨夜だけで少なくとも180人の警察官が負傷した。

独り言

ミニマリストの中で、便利さを追求するタイプの人がいます。家事で掃除はルンバ、皿洗いはせず紙皿を使う、食事は外で調達する、など。僕はそういうタイプではありません。
僕にとって家事は、大切な儀式です。

家事は、単純作業、頭を使うもの、その両方もあります。仕事のブレイクとして、役立ちます。体を動かす、脳を休ませる、その両方が出来ます。

あるいは家事をしながら、ポッドキャストで自己投資の時間にもなります。またアイデアがひらめく時間でもあります。シャワーや自転車通勤とともに、家事をする時間も大切なのです。

妻を休ませてあげる時間でもあります。夫婦円満のためのささやかな努力、そう考えると、面倒どころか有益です。

単純作業は素晴らしい時間です。家事は貴重な時間です。

便利な製品を買って、家事を回避出来るかも知れませんが…便利さは人を怠惰にし、能力を低下させます。不便さのおかげで得るもの、維持できる事もあります。

不便さは人を粘り強くし、創造力を刺激します。不便さが売れる時代なのです。不便さは価値です。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

是非シェアして下さい