Fri

是非シェアして下さい

シオニストはユダヤ人と呼ばれる資格はありません。正しいユダヤ人の定義を持たない人は、騙されたまま、混乱の中で翻弄される事になります。

本当のユダヤ人迫害

欧州連合のティエリー・ブルトン委員はイーロン・マスクに対し、暗黙のうちにパレスチナに言及したすべての投稿を削除するよう指示した。

この件に関しては、私たちにもいくつかのアイデアがあります。 まず第一に、欧州連合は他の人に民主主義と人権について教えようとしてはなりません。

欧州連合は人々に人権について教える最後の機関の一つだからです。 ヨーロッパの指導者たちは歴史を通じてユダヤ人コミュニティを迫害してきました。

彼らはヨーロッパの人々を誤った情報で騙し、都市伝説をでっち上げ、ユダヤ人をスケープゴートとして宣言し、何世紀にもわたって大量虐殺を行ってきました。

ヨーロッパの指導者たちは亡命ユダヤ人を悪者扱いし、彼らのすべての罪をユダヤ人のせいにし、ヨーロッパ全土で捜査を開始しました。

特に第二次世界大戦中、ユダヤ人がナチスによって大量死刑台に送られたとき、ヨーロッパの指導者たちは声を上げることはなかったが、ナチスが戦争に負けそうになって介入し、いわゆるユダヤ人の擁護者となるまではだった。

彼らは有罪であるように見せかけず、裁かれないようにするためにそうしたのです。

現在彼らは、ユダヤ人を擁護すると主張しながら、実際にはユダヤ人ではなく、自分たちの政治的目的のためにユダヤ教を利用しているだけのシオニストを擁護しているという大きな間違いを犯している。

最大の反ユダヤ主義は、ヨーロッパの指導者たちが、シオニストがユダヤ人ではないことをよく知っているにもかかわらず、常にシオニストをユダヤ人と呼んでいることである。

シオニストはユダヤ教を利用して他人の土地を強奪し、犯罪を犯すからです。将来、彼らはユダヤ人がこれらの犯罪を犯したと主張し、この状況から抜け出そうとするであろうことを私たちは知っています。

だから、シオニストをユダヤ人と呼ぶのはやめ、シオニズムをユダヤ教と呼ぶのもやめよう。

ユダヤ人コミュニティはもはやシオニストが犯した犯罪の責任を問われることを望んでいない。 世界の指導者たちは、イスラエルをユダヤ国家と呼ぶことで反ユダヤ主義を煽っていることを理解する必要がある。

シオニストは、フランスでのパレスチナ支援会議に講演者として出席したラビの代表団を襲撃した。

平和的な会議へのユダヤ人の参加はシオニストには歓迎されなかった。 フランスはいつまで人種差別主義者と占領軍の反ユダヤ主義シオニストを支援し続けるのだろうか。

シオニストのせいで、フランスではユダヤ人は安全ではない。フランスの支援を受けたシオニストは常にユダヤ人を攻撃しています。シオニストは反ユダヤ主義者だ。

これはイスラエルにある反シオニズムのユダヤ人学校です。このユダヤ人の学校では、イスラエルのカリキュラムは決して教えられず、イスラエルの祝日も祝われず、ここにはイスラエルの国旗さえも掲げられていません。

子どもたちにはシオニズムは教えられておらず、イスラエル国家からの援助も受け入れられていない。 ユダヤ人はシオニズムを決して信じません。

なぜなら、今日シオニズムと呼ばれるイデオロギーは、100年前にヨーロッパの無神論者のシオニスト指導者によって発明された政治思想だからです。

彼らの唯一の目的は、ユダヤ人とユダヤ教を国有化しようとすることです。 しかし、彼らが忘れていることがある。それは、ユダヤ教は国籍ではなく、宗教であるということである。

ユダヤ人は人種ではありません。それは宗教共同体であり、あらゆる人種や国籍の人々がユダヤ人になることができます。

アメリカでの混乱

ANTIFA INC: 親パレスチナ集会の前、最中、そして後に、極左活動家たちが群衆の中で私を見つけました。いつものように、彼らは私の取材を妨害しようとした。

私にとって、これらのイベントにお忍びで参加することは事実上不可能です。 これは、ストップ・ザ・スイープ・シアトル、トランス/LGBTQ抗議マフィア、BLMの背後にある同じANTIFAの悪党チームです。

彼らは今、パレスチナの大義を乗っ取ろうとしている。ポートランドやシアトルのような場所以外では、こうした人々がアメリカの都市に存在するとは誰も信じないだろう。ぜひお越しください

ハマスの元長官ハリド・メシャール氏が世界的な聖戦の日を呼びかけたことを受け、ニューヨーク州クイーンズのユダヤ人学校が金曜日に閉校となる。

パレスチナ人の侵略を受けて、ニューヨーク市警察「全員」が金曜日に制服を着て出頭するよう命じられた。

ニューヨーク市警は次のメッセージを発表した:「すべての制服を着た隊員はその日の制服で任務を遂行することになっており、直ちに発効し、追って通知があるまで、あらゆる階級の制服を着た隊員全員がその日の制服で任務を遂行することになる」当日に備えて配備の準備をしてください。」

ホチョル知事は暴力の可能性についてもコメントし、金曜日に親が子供を学校から退学させたい場合、それは「個人的な選択」であると述べた。

「家族や子供たちを守りたいという人間の願望はよくわかります。このような情報が流れているので、それは各人が個別に判断しなければならないことです」

ハマス指導者ハリド・メシャールが13日金曜日を「ジハードの日」と呼びかけ、イスラム教徒にイスラエルに抗議して「街頭に繰り出す」よう指示したことを受けて、現在ニューヨークで起きている。 武装して、何事にも備えてください。

「ハマスに敬意を表します。よくやった。ニュースを聞いたときは笑顔になりました!」 フィラデルフィアの観衆はどよめき、拍手を送ります。 これから起こることへの準備はできていますか?

ニューヨーク市のコロンビア大学で親パレスチナの抗議活動参加者が学校を制圧した現場。 ほんの数日前、ハマスのテロリストは罪のないイスラエル人の男性、女性、子供を殺害しました。

野蛮な攻撃を受けて、大学キャンパスは親パレスチナ/ハマスの抗議活動によって占拠された。 全国の大学では、テロ攻撃を受けて学生たちがイスラエルに対して結集している。 大学は何年にもわたって学生を教え込み、過激化させてきた責任をいつ取るのでしょうか?

爆発的な対立:ワシントン大学キャンパスで親パレスチナ集会が進行中、イスラエル国旗を掲げた反対デモ参加者が群衆の中を歩き回り、ハマスをテロ組織と呼んだ。

それを合図に、極左活動家やアンティファのメンバーを着たネオンベストがKVIラジオのアリ・ホフマンに群がり、同性愛嫌悪の中傷を呼び始めた。

ステージ上のスピーカーが「川から海へ」と「インティファーダ」を合唱する中、ホフマンは毅然とした態度をとった。 多くの叫び声と押し合いを伴う小競り合いが複数回ありました。しかし結局パンチは当たらなかった。ところで、警官の姿は見えません。

学生団体がキャンパス内で親ハマスの集会を主催した後、ワシントン大学のユダヤ人学生が崩壊する: 「どうしてこんなことを許すんですか!?」彼らは我々の死を望んでいるのだ!」

ここUCLAでは学生たちが「インティファーダ、インティファーダ」、つまりイスラエル人とユダヤ人の殺害を呼びかけている場所です。 このキャンパスにいるユダヤ人の学生がどのような感じかをちょっと想像してみてください。

イスラムが教える事

「ユダヤ人、クリスチャンだから憎むのだ」

「誰がそう教えたの?」

「イスラム」

こういう移民が押し寄せています。

欧州の移民達

既に欧州では、イスラム圏からの大量移民が完了しています。これから大変な混乱となる事が予想されます。既に、少しずつ始まっています。

現在、フランスのパリでパレスチナと連帯する大規模なデモが行われている。

人々はマクロン大統領によるパレスチナ支持デモ禁止令に異議を唱え、こう叫んでいる:

「Nous sommes tous des Palestiniens!(われわれはみなパレスチナ人だ!)」

大勢のハマス支持者に囲まれたウィーンの警察官。 西ヨーロッパで何が起こっているのでしょうか?

日本

東京:人々はイスラエルとの連帯と平和への祈りをヘブライ語で「オーセー・シャローム」と歌う。この歌の意味は、「高き地に平和をもたらす方が、私たちと全イスラエルに平和をもたらしてくださいますように。そして私たちは言います:アーメン」

イスラエル国内での迫害

イスラエルは確かに反ユダヤ主義が台頭する国となった。シオニストは絶えずユダヤ人を容赦なく攻撃しています。

シオニスト当局者がユダヤ人男性をどのように残酷に攻撃したかを見てください。 シオニズムは今日の反ユダヤ主義の新しい形です。

もしあなたがイスラエルでシオニズムとイスラエルに反対するユダヤ人であれば、毎日殴られ、シオニストから嫌がらせを受け、警察から絶えず家宅捜索され、侮辱されるかもしれません。

ローザンヌの意見


テリアル・ローザンヌ

ハマスによるイスラエル攻撃以来、私がみんなに伝えようとしてきたすべての視点。戦争をしろ言い、政府に疑問を投げかけない人々に、私が強く反対してきた理由。

911が起こる前は、内なる敵に対して団結した人々の動きがようやく見え始めたように感じた。

世界中の政府が反人類的なアジェンダに捕らわれ、その一員であることを知っていたこと、彼らがワクチンやその他の手段で故意に人々を傷つけ、殺していることを知っていたこと、そして彼らが常に私たちに嘘をついていることを知っていたことで、私たちはほぼ感情を共有していた。

しかし911以降、どの話を信頼し、誰の意見を聞くべきか、どの権威が善人で悪人か、誰を支持すべきかについて議論するようになった。

「イスラエルはどのように国民を守らなかったのか?」

「これは結局誰が得するのか?」

「何から目をそらすためのモノか?」

ハマスがブルドーザー、ボート、パラグライダー、トラックで入国し、数時間かけて民間人を殺害して人質として捕らえ、イスラエル軍から何の連絡もないまま、その人質を連れて出国することができたのはなぜなのか?

これがいかに馬鹿げて聞こえるか、誰も気づかないのだろうか?

世界最高の軍隊のひとつであり、アメリカという世界のスーパーパワーが背後にあるのに、どういうわけかこれほどひどい失態を犯し、自国民が殺されるのを許してしまったのだろうか?

9.11のときにもまったく同じ質問がなされ、同じように嘲笑を浴びたが、その数年後、彼らはテロが起こることを知っていて、ずっと前に立てた戦争計画のためにテロを起こさせたのだとわかった。


ロザンヌはまた、ワクチンについても非常に重要な点を提起した。それは、ハマスが赤ん坊や民間人を殺害していることについて、イスラエルやアメリカ、あるいはその他の政府が「悲劇だ」と言っている現在の状況について、誰もがすでに忘れ、完全に文脈から外してしまっているように思えることだ。

政府は何十年もの間、国民を実験台にし、ワクチンで赤ん坊を殺してきた。今こうしている間にも、生後6ヶ月の乳児がCOVIDワクチンを接種されている。

政府はこのことを知っていながら、憤慨していない。なぜか?

イスラエル政府が自国民をCOVIDワクチンのモルモットにしたことを覚えているだろうか?

仕事や社会生活を維持するために強制的に接種させられたことを覚えているだろうか?

WHO/WEFのワクチン・パスポートを最初に導入した国だと覚えているか?

このような現実を念頭に置いて、イスラエル政府が実際に自国民を大切にしていると主張できるでしょうか?

敵は常に内部に存在し、その敵は今、さらなる死と破壊、過疎化のためにイランとの戦争へと我々を駆り立てようとしている。

早速支援と攻撃

アントニー・ブリンケン米国務長官がイスラエルに到着した。ブリンケンはネタニヤフ首相に対し「我々はあなたとともにあり、どこにも行かない」と語った。

大変な事になるだろう

ユダヤ人はもう逃げ場がなくなるだろう…アメリカは大規模な侵略を受けている。敵は 23andMe のような祖先 DNA データベースを使用して EDNA (敵の DNA) を追い詰めて殺します。

パナマを経由して米国への侵入が増えている。 不法移民流入率は間もなく10,000(1日当たり)に達し、その中には中国人(遺伝子研究を盛んに行っている)、ヒズボラ、ハマスなどが含まれる。

スティーブ・バノン、アメリカ軍を別の果てしない中流域に引きずり込もうとしているワシントンDCの戦争屋たちを非難 東部紛争 彼らはトランプを憎んでいる、なぜなら彼は4年間平和だったからだ 今彼らは彼が戻ってくる前に第三次世界大戦を起こそうとしている 私たちは彼らを止めなければなりません

新たな情報

敵は内にいる。これを見ればそう思うでしょう。日本もそういう目で見れば、日本を滅ぼそうとする政府の存在を見出します。

これは、Supernova が主催し、ハマスによって攻撃されたイスラエルのサイトランス パーティーの拡大映像です。パーティー中にはすでにイスラエル国防軍の戦車が参加していたようです。私は昨日、最初の報道にもかかわらず、この党はパレスチナとは何の関係もないことを確認した。

ハマスがイスラエルの家々に入る映像 ハマスのメンバーがイスラエルの家族の家に入り、殺せるなら殺せるが殺さないと発言する映像。 ハマスのメンバーは家族に対し、ネタニヤフ首相に子供や女性がいるから彼らの居場所を爆撃しないよう伝え、彼らを殺さないようにと要請する。

リンジー・グラハム

「あなたは、たとえこの攻撃への関与を示す直接の証拠がないとしても、アメリカとイスラエルがイランを爆撃することを望んでいるということですか?」

彼女が質問を終える前に、彼は熱心に「はい」と言いました。 このクリップは、イスラエルと米国が本当に誰と戦争をしたいのかについての混乱を解消するはずです。

9/11と同じように、イラクは何の関与もしていなかったが、その後、CIAの捏造情報に基づいてサダムを追って、戦争タカ派全員が一斉に結集し始めた(ネタニヤフは懸念して何度もそうした)

彼らは今、中東で前のドミノを打倒し、クーデターを起こした後、次のドミノに移ろうとしている。

「アメリカ新世紀のためのプロジェクト」を読んでみてください。それはすべてそこにあります。 また彼は、ロシアが昨年イランと大規模な石油・ガス取引を結んだばかりであることも語っていないし、イラン、ロシア、中国などに対するグローバリスト銀行家のBRICS銀行との金融利権についても語っていない。

イランを追いかければ、すぐにロシア、そしておそらくは中国も巻き込むことになるだろう。そのときから花火が本格的に始まる。 決して忘れないでください…

週末の読み物

ユダヤ系アメリカ人が、シオニストを暴露した話です。古い情報なので、間違っている部分もあるかも知れません。今ではアシュケナージ・ユダヤ人もDNAによってユダヤ人だと認められているそうです。

ただし、その他の内容は知っておくべきだと思います。ユダヤ陰謀論ではなく、ユダヤ系アメリカ人がイスラエルに移住し、経験した話が書かれています。

注意して頂きたいのは、ほとんどの人が本当のユダヤ人について知りません。トーラー(モーセ五書)を信仰するユダヤ人こそ、本当のユダヤ人です。

メシアニック・ジューも真正のユダヤ人であると、僕は言いたいです。

この二つのグループ以外は、ユダヤ人をユダヤ人たらしめるものが皆無です。悪魔教会に属する自称ユダヤ人が、世界を騙し、不幸にしているのです。

残念ながら、これまでの騙しや洗脳が深過ぎて、あらゆる事に霧がかったような状態です。

色んな立場の人が、騙されたまま発言するので、ますます混乱するでしょう。

覇権はイスラムに?

この必見の動画は恐怖を覚えます。BRICsが台頭し、パワーバランスが変わりました。それでNWOは中断したと喜んだのも束の間、イスラムが世界を支配する事を宣言してます。西側のやり方を暴露し、避難します。彼らの言い分は理解できます。彼らは力で支配をすると言います。

アルバート・パイク

フリーメイソン、悪魔崇拝者のパイクは3つの世界大戦について予告してました。果たして、その通りになりそうです。


1871年にアルバート・パイクが書いたとされるこの悪名高い手紙は、3度の世界大戦がどのように展開するかを説明しており、不気味な予言のように感じられ始めていますね。

「最後に、この書簡には、政治的シオニストとイスラム世界の指導者の間で第三次世界大戦が起こるだろうと述べられている」

「戦争はイスラム教(イスラム教徒のアラビア世界)と政治的シオニズム(イスラエル国家)が相互に破壊し合うような方法で実施されなければならない」

「一方、他の国々は、この問題で再び分裂し、肉体的、道徳的、精神的、経済的に完全に疲弊するまで戦うことを余儀なくされるだろう。」

独り言

年齢とは関係なく、筋肉も脳も鍛えれば応えてくれるといいます。昔は若い時がピークで、後は下降線を辿るのみといいました。昔の話しか知らない人は残念です。

「もう50歳だから…」

「もうやっても無駄だ」

自分を信じられないのは、昔の情報を信じているからでしょうか?まるで犬のセンサーのようです。

犬に庭から脱出しないよう、ボーダーラインを超えると、軽い電気ショックがかかるセンサーがあるそうです。一度そのショックを受けると、もうそこには近づかないそうです。たとえセンサーの電源をオフにしてあっても、近づこうとしないそうです。

それと同じで、人も昔の失敗を引きずります。残念な事に、もうセンサーがなかったとしても、トライしようとしません。

「近づくと痛い目にあうぞ」

そこにセンサーがあると思い込んでいるのです。

でも歳をとっても、少しずつ、ゆっくり鍛えれば何でもできます。まずはそれを信じる所から始めましょう。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
是非シェアして下さい