Fri

是非シェアして下さい

イーロン・マスクのおかげで、この1年でかなり状況が変わりました。日本では依然として、旧Twitterの社員が情報統制をしているようですが。早く全員解雇して欲しいです。

形勢が変わったこの1年

1年前の今日、イーロン・マスクはシンクを持ってTwitter本社に入った

焦りか

私はスイス当局と治安当局に対し、これらの人々を直ちに逮捕するよう要請します

悪者同士の権威づけ

数年前、私は、ゴーヴィ夫妻がお互いの仕事がうまくいったと称賛し始め、その功績に対して賞が与えられるようになるので、新型コロナウイルス危機がいつ終わったかが分かるだろうと予測した。 私たちは今、正式にその終点に到達しました。


アンソニー・ファウチ氏、「何百万人もの命を救った」功績で名誉ある「倫理賞」を受賞 ファウチ氏はまた、その「功績」に対して賞金も受け取ることになる。

ケース・ウェスタン・リザーブ大学の稲盛国際倫理・卓越性センターは、アンソニー・ファウチ博士に稲盛倫理賞を授与する。この賞は、「人類の状況を大きく改善した行動と影響力」のある国際指導者に贈られる毎年恒例の栄誉である。

Dossier は読者によってサポートされる出版物です。新しい投稿を受け取り、私の仕事をサポートするには、無料または有料の購読者になることを検討してください。 いいえ、これはバビロン・ビーの記事ではありません。

これは実際に起こっていることです。アメリカ史上最も破壊的な官僚として比類のないアンソニー・ファウチ氏に倫理賞が授与される。

ケース・ウェスタン社のプレスリリースは水曜日、ファウチ氏は、前例のないレベルの不必要な人的苦痛をもたらした破滅的で厳格な政策決定を行った2度のホワイトハウス政権を主宰し、「何百万人もの命を救った」と述べた。

ファウチ氏は2024年9月19日にキャンパスを訪れ、この栄誉を記念した「無料公開講演会」を行う予定で、それには金銭的な報酬も含まれる。

「博士。ファウチ氏は国民の健康だけでなく、世界の健康にも気を配ってきた」とケース・ウェスタン保護区のエリック・W・ケーラー会長は水曜日に語った。

「科学者、研究リーダー、公衆衛生アドバイザーとしての彼の科学的発見への貢献は、真に生活を改善しました。新型コロナウイルス感染症パンデミックという歴史上最も困難な時期における彼のリーダーシップは、私たち全員の模範となっています。」

Case Western では長い間、授業に登録する資格を得るためにすべての生徒に mRNA 注射を数回受けることが求められていました。同校はまた、複数年にわたりマスク着用の義務化を実施した。

秋学期が始まったとき、彼らはついに虐待的な命令を取り下げた。 昨年末に「引退」したにもかかわらず、ファウチ氏は年中無休の運転手やフルスタッフの連邦保安官の警備員など、納税者が資金提供する数百万ドル相当の給付金を受け取り続けている。

追伸 – 何百万人もの無実の人間を殺すためにファウッチ博士がワクチン会社に提供した奉仕についてあなたの考えを共有してください。

2023 年 10 月 25 日 – ニューヨーク州最高裁判所は、ワクチン未接種を理由に解雇されたニューヨーク市の全従業員に対し、給料と共に元の職に復帰するよう命じた。

彼らの決定では、「ワクチン接種を受けても新型コロナウイルス感染症の蔓延は阻止されない」とされています。 今年初め、エリック・アダムズ市長はこれらの労働者を再雇用しないと述べていた。この勝利は 1,700 人の従業員に影響を与えます。

挑発に対する忍耐

プーチン大統領:「10月7日の攻撃で家族を失ったすべてのイスラエル人と他国の国民に心から哀悼の意を表したい。しかし、無実の人々が他人の犯した犯罪の責任を問われるべきではないことは明らかだ。

テロとの戦いは、悪名高い連帯責任原則に従って遂行することはできません。今日の私たちの主な任務は、流血と暴力を止めることです。数十万人が食料、水、避難所、医療を受けられずに取り残されています。私たちの主な任務は、テロを止めることです。

流血と暴力が発生します。さもなければ、危機のさらなる激化は、極めて危険で壊滅的な結果につながる可能性があります。一部の強力なグループがさらなる激化を引き起こし、できるだけ多くの他の民族や国を紛争に巻き込み、自分たちのために利用しようとしているのが見えます。

彼らは中東だけでなく、それ以外の地域にも真の混乱と憎悪の波を引き起こしたいと考えています。 西側諸国は、世界を「分割して征服」し、支配と植民地主義に相当する「新世界秩序」を維持するために、宗教的憎悪と不寛容を煽っている。

イスラム嫌悪、反ユダヤ主義、ロシア嫌悪が多極化世界に対する武器として利用されています。 西側諸国は、多極世界秩序の形成プロセスがいかに勢いを増しているかを認識している。

そして、独立した主権国家の発展を抑制し、世界の多数派を分裂させるために、彼らは同じ手段を使います。これらの勢力は、「暴力と憎しみの蔓延」が中東だけでなくユーラシアにも巻き込まれることを望んでいる。

イスラム教徒はユダヤ人に対して敵対しており、「異教徒との戦争」を呼びかけている。シーア派はスンニ派、正教会はカトリック教徒と対立している。ヨーロッパでは、イスラム教の寺院に対する冒涜や破壊行為には目をつぶっています。

多くの国では、ホロコースト犠牲者の血を手にしたナチス犯罪者や反ユダヤ主義者が公式レベルで公然と美化されている。ウクライナでは正統教会を禁止し、教会の分裂を深めようとしている。

これらすべての行動の目的は、世界の不安定性を増大させ、文化、民族、世界の宗教を分断し、文明の衝突を引き起こすことです。その一方で、彼らはある種の『新世界秩序』について語っており、その本質は変わっていない:偽善、二重基準、独占権の主張、世界的支配、本質的に新植民地主義的なシステムの維持である。」

腐敗した一家

FBI、40人の情報提供者から提供されたバイデン一家関連の「犯罪情報」を隠蔽したと非難。

FBIはバイデン家のメンバーによる潜在的な違法行為に関する情報を40以上の機密情報源から収集した。 しかし、FBI ワシントン事務所はこの情報を隠蔽しようと努めました。

グラスリー上院議員の10月24日付の書簡は、メリック・ガーランド司法長官とクリストファー・レイFBI長官に宛てたもので、FBIが40以上の機密情報源のネットワークからジョー・バイデン大統領、弟のジェームズ・バイデン氏に関する「犯罪情報」を入手したことを強調している。

そして息子のハンター・バイデン氏。 書簡はさらに、「複数の信頼できる内部告発者」が、司法省(DOJ)とFBIの両方がバイデン一家に関連する捜査活動を抑圧しようとしているとグラスリー上院議員に通報したと述べている。

ジョー・バイデンの弾劾調査について: 「実際にすべての証拠が私たちが確信する方向に導いているのであれば、それは弾劾すべき犯罪である可能性が非常に高く、憲法で弾劾の理由として挙げられている…贈収賄。 」

やはりメドウズ…

マーク・メドウズは情報提供者としてFBIに勤務し、大統領首席補佐官だった間、トランプ大統領とのすべての会話をワイヤーで録音していたとされている。 これは憲法違反であるだけでなく、犯罪です。これが私たちが共に生きている政府です。それを変えるかどうかは私たち次第です。

迷惑か否か

誰でも祈る権利はあります。しかし公共の場で、うるさくして迷惑をかける事となれば慎むべきでしょう。例えば電話をかけるのも迷惑行為です。しかし、それも声を静めて話せば大丈夫です。

祈りにしても、心の中で祈れば良いと思います。しかし、そうしているクリスチャンこそがイギリスでは捕まるのです。

イスラム教徒は、彼らの野望があり、移民先の国を征服しイスラム服従させる事を目的としています。正直に言えば、完全に民主主義から逸脱した、野蛮な宗教です。

キリスト教…というよりも、聖書は人(個人)が罪を悔い改めて、神様と和解する事を求めています。個人の自由であり、拒絶する事も自由です。

それ以外の方法は、宗教団体、あるいは政治、国家がその権力のために、改宗を求める事になります。


地下鉄内で大声で祈ろうとするイスラム教徒の男性とキリスト教徒の男性が対峙する。 「ここはキリスト教の国ですから、公共交通機関ではやらないことを私たちのマナーに従って行動してください」これに賛成ですか、反対ですか。

イザベル・ヴォーン=スプルース氏は思想警察から固定の懲罰通知を受けた。

明らかに何も抗議してない。 明らかに誰にも嫌がらせをしていません。 明らかに害はありません。

ただ頭の中で静かに祈ったという事で、また逮捕!

静かに終結して行く?

スロバキアはウクライナへのすべての軍事援助を正式に終了した

銃規制のための悪事

アメリカを崩壊させるために、どうしても銃規制しなくてはなりません。そのために銃乱射事件を作り上げる必要があります。ほとんどの事件は、性犯罪者や精神異常者が起こしているそうです。

特に性犯罪者などは銃所持が禁止されているそうで、そもそも銃乱射以前の問題なのです。銃がなければ、アメリカは即座に第三世界に転落し、修羅場と化すだけです。

支配層はそれを悲願としてます。しかし賢明な市民は、その重大さを熟知しています。銃こそが、最後の砦なのです。


カマラ・ハリスは、銃規制に関して米国が模範とすべき国としてオーストラリアに言及している。 1996年からオーストラリアは強制買い取りにより約65万丁の私有銃を回収した。

また、銃器登録簿を設け、ポンプアクション散弾銃と半自動小銃を禁止した。 オーストラリア人が銃を購入できるのは、主にスポーツや狩猟のための「正当な理由」と政府がみなした場合のみだ。 バイデン政権は静かな部分を大声で言っている。 卑劣だ。

明らかな偽旗銃乱射事件に共通する特徴の一つは、容疑者が「悪魔」とも形容される「声」を聞いたと主張していることである。

これは、「Voice to Skull」または「Voice of God」技術として知られるマインドコントロール技術が導入された兆候です。

ジョー・ローガンとシェーン・ドリアンが憲法修正第 2 条の重要性について語る 「おそらく武器を持つ権利こそが、パンデミックの最中にオーストラリアになることを妨げた唯一のものだと私は信じている。

パンデミックの最中にオーストラリアに一体何が起こったか分かるだろうか?彼らはただ、外に出ていて武器を持たない人々を閉じ込めただけだった」マスクを鼻にかけていません。つまり、バナナでした。

オーストラリアとカナダは完全な中国になってしまった…完全な権威主義者…私のオーストラリア人の友人が何人かいるが、彼らは年上の本当に聡明なオーストラリア人の友人たちと同じように、アメリカで一番大切なものは、というようなものだった。

修正第 2 条。 それは憲法修正第 1 条を存続させるものであり、憲法修正第 2 条に裏付けられた言論の自由です。」

ロンドン

ロンドンはもはや安全な都市ではありません。ここで一体何が起こっているのでしょうか?

顔=Cara (s) 剥がす=Pelar

ペラカラス…その言葉が表すように、それはヒラリーを起こさせます。悪魔崇拝者ヒラリーとその仲間達は、狂喜するのです。

宇宙人は悪魔の化身に過ぎず、古代からテクノロジーと引き換えに、人間を奴隷化しました。奴隷化というよりは、崇拝を得ていたというのが正しいかも知れません。

そこには偶像崇拝と性的交錯、人身御供がセットとなっています。これが今までずっと続いて来た事です。

今や最後の最大の欺きである「宇宙人」の刷り込みが、最終段階に至る所だと思います。悪魔、悪霊が「宇宙人」として、大胆に我々にアプローチを仕掛けます。


これがペルーの15歳の少女が「ペラカラス」または「顔の皮をむく人」と呼ばれる身長7フィートのエイリアンに襲われたと村民が主張している映像のすべてであるエイリアンは彼女を誘拐しようとしたため、首に裂傷が残りました。 先月、ペルーでの襲撃はカルテルによるものだとの報道があったが、村民らはその話を否定し、現在では毎日「新たな襲撃」の動画をアップロードしている。

ペルーの村人たちは、7月に始まったと主張する「ペラカラス」またはエイリアンやUFOによる最近の攻撃から愛する人たちを守る試みであると主張し、夜間パトロールを開始した。今年。 このビデオは 2 日前にネイティブによって投稿されたものですが、実際には 2020 年 2 月 3 日にペルーで放送されたライブニュースです。最近のビデオは「Pelacaras」で検索すると見つかります。現在、この件を報道しているメディア企業はありません。 私は「子供たちがレーザー兵器で攻撃された」という主張から「政府関係者からペルーに行かないよう警告された」という主張までを調べていきます。

ペルーのアルト・ナナイにあるイキトゥ族の村民は、彼らが「ペラカラス」と名付けたエイリアンだと主張する者たちに繰り返し攻撃されていると主張している。これらの攻撃疑惑はペルーの主流ニュースで大きく報道されており、 BTimothy Alberino は素晴らしい要約をしてくれました。彼は現在ペルーにいるジャーナリストです。 彼らのメディアは、彼らの身長は7フィートで、銀色の装甲ボディスーツを着ていると主張している。また、15歳の少女を誘拐しようとしたが、少女は首に裂傷を負いながらも逃走したと主張している。 この少女の映像や画像が残っていますが、彼女は話すことができず、完全なショック状態にありました。視聴者からリクエストがあれば、次にその映像をアップロードできます。

独り言

比較の上に成り立つ幸せは、脆いです。また比較の上に成り立つ満足も、そうです。
人との比較は一時的なモチベーションになるかも知れませんが、それを捨てる勇気がなければ、終わりなき戦いにもなります。

「世界中には沢山の飢えた人がいる…」

「沢山の離婚したカップルが…」

「借金している人が…」

「自分はそうではないから、それと比べればまだマシ」みたいな考えはいけません。

その逆もまた然り。

「あんなすごい持ち家に住んでいいなあ…」

「あんなカッコいい車に乗っていいなあ…」

「あんな高収入でいいなあ…」

「…自分なんか全然だめだ」みたいな考え方もいけません。

他人と比較して、優越感に浸るのはやめましょう。また他人と比較して、劣等感に浸るのもやめましょう。状況が変われば、他人との関係も全く変わるからです。

そんな脆い尺度は捨てましょう。

「金持ちが不幸で惨め」という事もあり得ます。アメリカに留学していた頃、お金もちの人たちでも、色々と問題を抱えている事を知りました。金持ちには、金持ちならではの悩みがあるのです。

もちろん、お金の心配がないのはいいです。しかし、心配事はお金に限りません。お金は色んな危険や、トラブルも引き寄せます。

ブラジルで暮らしていた時は、少し貧しい生活も知りました。だからといって、不幸ではなく、むしろ幸せでした。電話、洗濯機、車などが無くても、近所同士が仲良く暮らしていて、それはそれは素晴らしい経験でした。

日本とは違い、ブラジルは色んな人種がいて、先祖も色んな国籍が混ざっていて、雑種みたいな感じです。そういう土地だと、みんな違うのが当然なのです。あんまり比較になりません。

ただ貧富の差があるので、大雑把な比較は出来ます。自分の生まれを嘆いたり、人を妬む事もあるでしょう。でも努力しても無駄な差は、あきらめがつきやすいです。

僕が自分にこだわるのは、こういった経験があるからです。色んな国で住んで、それぞれの国で、違う文化の人と比較してたら、疲れてしまいます。逆に日本という小さな国の、愛知県の西三河地方という、限られた人の中で比較するのも、バカげていて、つまらない事。

お山の大将を目指すつもりはありません。死に際に悔いのないよう、自分の生き方を貫くまでです。身近にいる、大切な人たちと、楽しく生きます。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
是非シェアして下さい