Tue

是非シェアして下さい

日に日に情報開示が進む…そんな勢いを感じてます。自然な形で、ショックを与える事なく、事態が明かされるので、じわじわという感じではありますが。

勢いを感じる

気候変動に関し、1%の支配層こそが問題であるというニュース。「3台目の車を止めるべき」など、彼らの排出量は貧困層50億人に匹敵するそうです。

FOXで「WEFはテロ組織だ!」と捲し立てるほどになりました。今では視聴率は低下してますが、それでもこういう報道がなされるのは素晴らしいです。

本当に変わり始めた…?そんな勢いを感じます。


 【ワシントンAFP時事】国際NGOオックスファムは19日、世界の富豪上位1%による炭素排出量が経済的に貧しい約50億人の排出量に匹敵するとの報告書を公表した。気候変動は人類共通の課題であるものの、全ての人に平等に責任があるわけではないとして、排出量に応じた負担の適正化を呼び掛けた。 

報告書によると、2019年の時点で世界人口の1%に当たる最富裕層約7700万人が地球温暖化の原因とされる炭素の16%を排出した。これは、所得水準で下位66%に相当する約50億人の排出量と同程度だった。

報告書の共同執筆者は「豊かであればあるほど排出を削減しやすい。(富裕層が所有する)3台目の車はいらない」と指摘。「排出量が最も多い個人に最大の負担を求める政策を施行しなければ、良い政治とは言えない」と訴えた。

「何のためにそんなに多くの人間が必要なのでしょうか?」 WEFの主任顧問ユヴァル・ノア・ハラリ氏は、コンピューティング技術の急速な進歩により「人間が不要になり」、「麻薬とコンピューターゲーム」で「幸せ」を維持する必要がある「大量の役に立たない人々」が生み出されるだろうと「予測」している」

「今、私たちは役に立たない人々の新たな大規模なクラスの誕生を目の当たりにしています。コンピューターがますます多くの分野でより優れたものになるにつれて、コンピューターがほとんどのタスクで私たちを上回り、人間が不要になる可能性は明らかです。そして、その後21世紀の大きな政治的、経済的問題は、何のために人間が必要なのか、少なくとも何のためにこれほど多くの人間が必要なのかということになるだろう」

テロ組織とは、過激な政治目的を達成するために恐怖と脅迫を利用する組織です。 WEFはテロ組織です。 WEFは、コロナウイルスのヒステリーや地球温暖化のデマのような恐怖と操作を利用して、人々に何らかの形で自分たちが救世主であると信じ込ませる狂信的な政治組織です。

しかし、実際にあなたたちがやっているのは、彼らの目標の達成を支援することだけであり、それは実際には世界規模の官民ファシスト運動であり、大きな政府、巨大テクノロジー、巨大資金の融合であり、テクノクラートの支配エリートを生み出すことであり、それが都合よく彼らなのです。

彼らは封建制 2.0 を作りたいと考えています。そこでは私たちは農奴であり、彼らは私たちを統治する領主です…「あなたは何も持たずに幸せになるでしょう」…それが彼らが目指しているものです – 彼らは封建制を目指しています

悪いのはシオニスト達

ユダヤ人と混同してはいけません。しかし、シオニスト達は「ユダヤ人」と自称します。そのユダヤ教とはタルムードを信仰しており、タルムードの中には悍ましい、小児性愛などが含まれているそうで…。ただユダヤ教の中にも、タルムードを認めないグループもあり、その人達がまともなユダヤ教だと、僕は思います。

はっきり言っておきます。 イスラエルは、1967 年の国境によって地理的に定義される国家です。

シオニストイスラエルは、「より大きなイスラエル」という聖書の概念によって定義されています。

シオニズムは根本的に非アメリカ的だ。 シオニズムはアメリカの価値観を反映していません。

もしあなたがイスラエル入植者を装ったアメリカ人なら、あなたはアメリカ人ではありません。

あなたがアメリカ国民としてイスラエル国防軍に勤務している/勤務しているアメリカ人である場合…そうではありません。

ADL/AIPAC に所属している場合は、外国エージェントとして登録する必要があります。 シオニストイスラエルは米国の友人ではなく、その逆です。

シオニストイスラエルが戦艦リバティを攻撃しました。 シオニストイスラエルが米国をスパイ、米国の機密技術を米国に敵対する国々と共有した。シオニストイスラエルはアメリカの選挙に積極的に干渉しています。

シオニストイスラエル当局者は、米国議会を「所有している」と公然と自慢しています。

シオニストイスラエルは、宿主を支配する寄生虫のように、米国の政治的、社会的言論の構造そのものに侵入してきたという以外の理由がないとしても、米国の最大の敵である。

イスラエルは、イスラエルと対等な立場で運営されるパレスチナ国家が存在する二国家解決策の一環として存在する権利を有する。

シオニストイスラエルには存在する権利はない。 核兵器はシオニストイスラエルにとって脅迫の手段です。 イスラエルは核兵器を保有できない。

イスラエルを守る最善の方法は、シオニストイスラエルを非合法化することです。 わかった?

エプスタインとイスラエル

2020年6月29日、元モサドエージェントのアリ・ベン・メナシェは、ジェフリー・エプスタインとギレーヌ・マックスウェルがイスラエル政府のために働いて、児童虐待の記録でアメリカの政治家を脅迫していたと述べた。

彼はまた、ジェフリー・エプスタインと元イスラエル首相エフド・バラクの関係との検証済みの関係を明らかにした。

ヒトラーの真実

日本語字幕が付いてます。是非観てください。ナチスは悪魔崇拝に入れ込んでおり、それは正当化できません。しかし、ヒトラーが戦っていたのは、シオニストだったのでは?今になって、その過激さの理由が分かる気がします。

問題はシオニストだけ全滅させれば良いものを、全然関係のない普通のユダヤ人も含めてしまった事。

しかし現実はシオニストが、ユダヤ人迫害の支援もしていたそうで、これがシオニストの本当の目的ではないかと思えてしまいます。

ユダヤ人になりすまして悪事を行い、悪魔による支配を完成させ、クリスチャンを全滅させる、あるいは、世界中から憎まれて、ユダヤ人を迫害させ全滅させる、その両建てなのでは?


いわゆる「歴史」チャンネルでは、なぜ彼のスピーチに字幕が表示されないのか疑問に思ったことはありませんか?

プーチン


「フランスのBRICS参加については、フランスが望むのであれば、申請書を残してほしい。特に、来年はロシアがBRICSの議長国である」 第9回サンクトペテルブルグ国際文化フォーラムは11月16日から18日まで開催される

アルゼンチン

アルゼンチンはかつて地球上で最も裕福な国の一つであり、米国のライバルであったことを思い出してください。そのため、「アルゼンチンのように裕福」という有名なフレーズが生まれました。

20世紀初頭のアルゼンチン経済に関する信じられない事実:

✅今世紀初頭の一人当たり米国と同じくらい豊か

✅ GDP は 1914 年までの 43 年間で毎年 6% 成長しました (世界最速)

✅ 1914 年までの一人当たりの世界で最も裕福な国トップ 10

✅アルゼンチンの輸出は 1920 年代に世界貿易の最大 4% に達しました

✅アルゼンチンは 1950 年になってもまだヨーロッパの多くの国々と同じくらい豊かでした

こういう意見もある

彼の公約には、人道に対する罪で有罪判決を受けたアルゼンチン軍事独裁政権の死刑執行人を釈放すること、アルゼンチンがBRICSに加盟するのを阻止すること、「共産主義」ロシア、中国、ブラジルとの関係を断ち切ること、そして「自由の理想」としてのアメリカとイスラエルに国を完全に方向づけることが含まれている。 アルゼンチン人が恐竜だったら、隕石に投票するだろう。

フリーメイソンの暴露

やはりタルムードが鍵のようです。昨日も紹介しましたが、旧約聖書から考えられないような行為が書かれており、バビロン捕囚以降のユダヤ教は、それ以前とは違っている可能性があります。イエス様が「まむしの裔ども」と宗教学者を呼んだのは、それが理由なのかも知れません。


フリーメイソンの「マスター・メイソンの学位」儀式を暴露するために隠しカメラを持って潜入した。 その多くが古代タルムードの教えに由来していることを知り、私はショックを受けました。

今日、私たちは、新入社員の復活を準備するためのユダヤ人の葬儀の祈りで終わる死の儀式に目を向けます。

復活は、マスターの握力だけが彼を死から蘇らせることができることを示すために、さまざまな秘密の握手によって行われます。

自然栽培は腐らない

奇跡のりんごの話が、なぜ世界に広まらないか?モンサントの介入らしいです。

トランプ

トランプ大統領「以前、私はインサイダーで『特別クラブ』に所属していたが、今はその『特別クラブ』を脱退したことで罰せられている」

ドナルド・トランプの象徴性や過去の出来事を理由に、ドナルド・トランプの忠誠心を疑問視する人たちがいることに気づいています。

正直に言うと、まともな研究者なら誰でも、ある時点で頭の中でそのような会話をしなければならなかったと思います。

したがって、一部の人が戦っている難問は、ドナルド・トランプが善なのか悪なのかということだ。

トランプ大統領はこの動画の中で、自分は「インサイダー」であり「特別クラブ」の一員であると述べた。彼はその特別なクラブを辞めたと言った。

私たちは彼の言葉を信じますか?いいえ。 私たちが信頼すべき唯一のものは神です。 しかし、私たちが共に歩んできた旅、そして彼が大統領になってからそのすべてが明らかになり、暴露されたことを考えてみてください。

もしトランプが悪いのにまだその「特別クラブ」にいて、彼がそこから離れると嘘をついたとしたら、友人たちよ、それは彼らがやったであろう最悪の行為だ。

真実を求める運動は、これまでにないほど繁栄しています。その男が選出されて以来、何百万もの人々が目覚めています。 何百万もの人が(私も含めて)神を見つけたり、神との関係を強化したりしています。

他に私と一緒にそれを証明できる人はいますか? もし彼が悪いなら、彼らは私たちをぐっすり眠らせておいた方がよっぽど良かっただろう、なぜなら、その男が大統領になる前、まさに私たちの大多数がまさにそうだったからである。

ドナルド・トランプを見るとどのように感じられるかについては、言うべきことがあります。なぜ彼が話すとインスピレーションを感じ、安らぎを感じるのか、自問してみてください。

はっきり言っておきますが… 私はドナルド・トランプを信じていません。 私の信仰は、神は神の介入によって、手遅れになる前にドナルド・トランプをトランペットとして用いて子供たちに語りかけたということです。

皆さん、信仰にはこの点を超えて前進することが求められています。 信仰は目に見えるものにあるのではありません。

それは、神が明日私たちのために用意しておられるものを信頼することにありますが、それは現時点では不明です。

揺るぎない信仰は、砕けない岩です。 その上に立ってください。ひるまないでください。

奇跡が起きている

イスラム教徒は「神からの啓示」は、夢を通して受けると信じています。以前から「夢でイエス様がイスラム教徒に現れる」という奇跡(しかも同じ夜に大勢の人に)は起きており、イスラム教徒がクリスチャンに回心しています。

それは命懸けの回心であり、イスラム教を捨てた者は殺される事になってます。ですので、家族であっても、息子、娘であっても、殺されます。ある娘は父親に殺されそうになった時、天使が現れ、ついに殺せなくなってしまったという奇跡も起きてます。

人身売買で性奴隷となった子供達の所にも、イエス様が現れたという証言が多くあるそうです。そして今回の非常事態にも、ガザの人々の所にイエス様が現れたという事です。


ガザに住む200人以上のイスラム教徒の男性が、夢の中でイエスを見たという報告を受けてキリスト教に改宗したと、キリスト教のマイケル・リコナ教授が語った。

リコナはヒューストン・クリスチャン大学で新約聖書学を教えており、”The Case for the Resurrection of Jesus “や “Paul Meets Muhammad “などの著書もある。

最近のフェイスブックの投稿で、彼は中東の “地下キリスト教ミニストリー “から奇跡的な改宗の詳細について報告を受けたと語った。

「神は戦争のただ中で働いておられる!」彼の投稿はこう始まった。

そして、そのミニストリーからの報告を引用した。

「この2日間、私たちは、戦争で子どもたち全員とは言わないまでも、そのほとんどを失った何百人もの父親たちに伝道をしてきました。彼らを安全な場所に移し、食事を与え、衣服を洗濯し、聖書を読み聞かせた。

「そして、大きな奇跡が起こった。昨夜、200人以上の彼らの夢の中にイエスが現れたのです!彼らは神の御言葉からもっと学ぶために私たちのところに戻ってきて、イエスに従うにはどうしたらいいかと尋ねています」と報告書は述べている。

そしてリコナは、イスラエルとハマスの紛争に対する自身のスタンスを述べた。

「すべてのパレスチナ人がハマス支持というわけではないことも知っている。実際、ハマス支持でないと疑われただけでも、彼らは厳しく罰せられる。この戦争が早く終結し、イスラエルがハマスを撲滅し、パレスチナ人がハマスから解放されることを祈ろう。

イスラム教徒に影響を与えるこのような夢の報告はこれが初めてではない。

10月7日のハマス・テロ攻撃の約1カ月前、アッセンブリーズ・オブ・ゴッド・ニュースは、世界中のイスラム教徒がイエスの夢を見、かつてない勢いでキリスト教に改宗していると報じた。

ペンテコステ派のキリスト教組織であるアッセンブリーズ・オブ・ゴッドの宣教師であるディック・ブログデン氏は、「これは普通の経験だとさえ言えるでしょう」と語った。”イスラム教徒は、1400年もの間、私たちが見たこともないレベルでイエスに応えていると言うのが正確でしょう!”

ブログデンはまた、伝道における夢の重要性についても言及した。

「夢は啓示に寄与しています……伝道と改宗のプロセスに」

「多くのイスラム教徒がイスラム教を拒否していますが、イエスに従うにはすべてを犠牲にしなければならないことを知っています。イエスの夢は彼らを励まし、イエスが彼らと共にいてくださるという慰めを与える。

独り言

毎日、普通の人なら直視したくない情報にどっぷり浸かっています。僕は元来ポジティブな性格で、一方で正義感が強い方だと思うので、家族に反対されながらも情報発信しています。

今は歴史上あり得なかった事が起きていて、新しい時代の地平線を開拓している瞬間なのです。だから「超エキサイティング」であるべきなのです。

でも、あまりにダーク過ぎる世界なので、げんなりしてしまう時もあります。いつもこの記事を読んで下さる方も「重すぎる…」と感じているかも知れません。僕も落ち込んでしまわないように、気を付けています。

具体的にしている事は、散歩や自転車通勤といった些細な事ですけど…僕にとっては心のギアを緩める時間です。至福の時間となっています。

完全にデバイスフリーです。そしてひと気のない田んぼ道を選びます。独りになって脳を休ませ、五感をよみがえらせます。

田んぼ道をゆっくり進みながら、草花を眺め、匂いを感じる、空を眺める、雲を眺める、風を感じる、などしていると、自然と神様への感謝が湧いてくるのです。

こんな感じで、できるだけ自分を色んな情報から解放してあげます。そして今この瞬間を味わい、感じられるように努めます。また他にも色々してます。

今日は雨で、朝から気分も体もだるく、重かったです。そんな日は、努めてスローを楽しみます、ボーっと雨を眺めたりします。立ち止まったりして、身の回りの動き、音、匂い、景色を感じようとします。

そうすると、なぜか気分が落ち着き、雨が楽しくなってきます。

世界は決してグレー一色ではなく、もやが美しく見えたり、土の色が濃かったり、興味深く感じてきます。

世の中の理不尽さや、邪悪な行為を直視しますが、一方では、ささやかながら、日々を楽しもうと努めています。

僕の場合はこんな感じです。みなさんもそれぞれの方法でバランスを取りつつ、暮らしていると思います。長い戦いとなりました、疲れる前に休むなどして、頑張りましょう。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
是非シェアして下さい