Tue

是非シェアして下さい

海外ではワクチンの犯罪性が、当たり前のように語られてます。しかし日本では未だに「陰謀論」扱いしてます。

ビル・ゲイツ

ジェフリー・エプスタイン自身が撮影したビル・ゲイツとエプスタインとされる人物の新しい写真が公開された。 (WSJ)

この写真は、エプスタインが未成年者への買春の勧誘と斡旋で有罪判決を受けてから数年後の、2014年に撮られたものだと伝えられている。

写真の女性は撮影当時20代のポーランド人モデル。 この写真はゲイツ氏のシアトルオフィスから撮影されたものだと伝えられている。

他の多くの犠牲者と同様にエプスタインから約束を取り付けられたこの女性も、ウディ・アレンや元CBSニュース記者チャーリー・ローズらと写真に写っていた。

身元不明の女性はゲイツの行為を告発しなかったが、今回の展開は、なぜゲイツがエプスタインが小児性愛者であることを知りながらも、まだ彼と付き合っていたのかという更なる疑問を引き起こした。

しどろもどろゲイツ

ゲイツがエプスタインとの関係について尋ねられたこのインタビューをご覧ください。彼の反応と態度は奇妙です。

カーディン上院議員は、上院公聴室でゲイセックスをしたとして逮捕された元職員との関係について問い詰められてつまずく。

「これらは人事問題であり、私は適任者ではないでしょう。人事問題には立ち入るつもりはありません」

「私、分からない、そんなつもりはない、そんなことには立ち入らない。だって、私、それは違う、それは捜査されることになると思うよ。分からない。でも、私は立ち入るつもりはない」

「それは、私にはわかりません。私が知っていることではありません…」

ワクチン

ロシアの核、生物、化学防護の責任者イーゴリ・キリロフは、米国と国連が生物戦争を通じて世界を征服しようとしていると主張している。

#Covidの被害は第二次世界大戦の数十倍!!しかし、 #BigPharmaは莫大な利益を上げて成功しています」

「私たちはこれら#Biolabsに関する 2000 ページを超える証拠を#UN#USAに送信し、2 つの標準的な応答を受け取りました。

(1) 私たちが行うことはすべて米国の国家安全保障上の利益になります

(2) 私たちを信頼してください

「アメリカと国連は生物戦争を通じて世界を征服したいと考えています。彼らは、本質的に生物的な人為的な危機を作り続けて世界を征服できると考えたのです」

私はロシアとこの男が真実を語っていると信じています

WHO内部告発者アストリッド・シュトゥッケルバーガー博士

「ジョンズ・ホプキンス大学は、2025年から2028年のSPARSに向けたパンデミック計画を発表しました。彼らは止まらないでしょう」

「彼らは永続的なパンデミックを引き起こしているのです」

予測プログラミング

最後はUFOと宇宙人で騙されるという動画を、以前紹介した事があります。最近になって突然、その話が増えた気がします。

戦争の結果

ヨーロッパ人はバイデン大統領を、私たち国家に起こったことの生きた比喩として見ています。 彼らはアメリカが非常に急激に衰退しており、私たちはもはや国境や移民を管理できないと見ています。 私たちは犯罪を抑圧しません。 米国は底なしに転落する社会になっており、私たちは自分たちが何者であるかさえわかりません。

我々が切実に必要としている、敵と戦える人材を軍隊に採用することができないのだ。何十年もの間、歴史的に頼りにしてきた男達以外を募集しているのだ。海軍でも空軍でも陸軍でもだ。そして今、我々はこう言われている。『外国人を採用しろ。不法移民を採用しろ。彼らを連れてこい』と言われている。だから今、アメリカ人がアメリカを守ることはもはや期待されていない。

FBIはジョー・バイデンが500万ドルの賄賂を受け取ったという文書の存在を記録上認めているが、内部告発者は殺害されるため情報を公表できないということは全く何もないことを思い出させる。

ジョシュ・ホーリー: あなたは、1023 を公開しないことが生死に関わる問題として話されているというブラックバーン上院議員の質問に答え始めたところです。

FBI: 情報源に関しては誰にとっても生死に関わる可能性がある。

ジョシュ・ホーリー: それでいいよ。これで、文書が存在することが確認されました。 FBI長官は当初、その存在を否定していたため、これは進歩だ。なぜ彼はそれを認めましたか?

FBI: 私たちはすでに、そして以前にも文書の存在を認めています。

ジョシュ・ホーリー: そうですね。あなたが最初にそれを否定した後に今、この委員会のメンバーがそれを読むと、そうです。 FBI は記録を明らかにしましょう。 FBI長官は当初、そんなものは存在しないと言いましたよ。 なぜ開示しないのですか?機密扱いですか?

FBI: この文書は機密扱いではありません。

ジョシュ・ホーリー:開示することにコミットしてもらえますか?

FBI: 上院議員、私たちはそれを取り戻し、あなたとこの委員会と協力していきます。

ジョシュ・ホーリー: はい、いいえだけでどうでしょうか?米国大統領が外国から500万ドル以上の賄賂を受け取ったと主張するこの非機密文書を公開することを約束していただけますか。

FBI:下院監視委員会への召喚状に従って文書はすでに公開されている

ジョシュ・ホーリー: それはこの委員会に発表されましたか?

FBI: 確立されたパラメータの範囲内でこの委員会と協力する

ジョシュ・ホーリー: この文書を一般に公開していただけますか?未分類です。アメリカ国民にはそれを見る権利があると思いませんか?

FBI: えー、上院議員、ご存知のとおり、この文書には情報源の生命に関わる可能性のある機密情報が含まれています。

バイデンノミクス

2023 年、アメリカは前例のないホームレスの急増に直面し、65 万 3,000 人以上のアメリカ人が避難所を失いました。

これは、わずか 1 年で 7 万人以上という驚くべき増加です。 これはバイデンミクスの結果でしょうか?

現在、連邦政府は33兆ドルの債務と、過去1年間で1兆ドルから2兆ドルに急増した驚異的な年間財政赤字を抱え、悲惨な財政状況に直面している。

バイデン氏の不法移民危機を背景に、各州政府や各都市はホームレスによるコストの増大に苦戦している。

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は「この問題(不法移民)はニューヨーク市を破壊するだろう」と率直に警告している。

アメリカ国民の大多数は、給料から給料への生活サイクルに囚われており、上昇する生活費を維持するのに苦労しています。

こうした差し迫った国内問題にもかかわらず、バイデン政権はすでに1130億ドル以上をウクライナに送金しており、

追加の610億ドルを外国に割り当てることに引き続き注力している。

バイデンノミクスは、記録的なインフレの時期に「インフレは一時的」と繰り返す一方、皮肉なことに「インフレ抑制法」と名付けられた支出法案を可決し、記録的な数のアメリカ人がホームレスになる中、終わりのない対外戦争に資金を提供するという矛盾を内包している。

人間以外の知的生命体

自殺?

ドキュメンタリーシリーズ「カバールの崩壊」で知られる映画監督、ジャネット・オセバードが数週間行方不明となっていたが、自殺により悲劇的に亡くなったという新たなニュースが報じられた。

2013年11月29日、フェローシップ・オブ・ザ・マインドのエオウィン博士は、自身のウェブサイトに投稿した記事の中で、ネスビッツ一家がサーシャとマリア・オバマの実の両親であることを初めて示唆した。

2015年6月14日、ミシェル・オバマがマリアとサーシャ・オバマを出産しなかったという疑惑が再浮上した。

先祖調査が実施され、オバマの娘たちと一致する結果は得られなかった。

これらの主張はばかげているが、ミシェル・オバマの著書「Becoming Michelle」の中で、彼女は二人の娘を妊娠するために体外受精を利用したと説明した。

疑惑をさらに深めているのは、マリアとサーシャがオバマ大統領の家族の親友であるアニタ・ブランチャード医師によって出産されたとされる事実であるが、これらの出産に関する公的記録は存在しない。

これらの申し立ての出典を以下に追加しました。 出典: ニューヨークタイムズ: https://web.archive.org/web/20150517222022/http://www.nytimes.com/2008/12/14/us/politics/14friends.html?pagewanted=all…

ナジャル氏の日本語字幕

タタリア帝国

数百年にわたり禁忌とされてきたタタリアの歴史が今明かされる! 2023 年、ロシアのウラジーミル プーチン大統領は、1 世紀にわたって埃をかぶっていた歴史アーカイブを公開し、世界に衝撃を与えました。

これらのアーカイブは、かつて世界の非常に偉大な国であったタタリアを明らかにします。過去の文明が再び甦ろうとしている!それは私たちに歴史の理解を再検討するよう促します

独り言

「インポスターシンドローム…」怖気づいて、手も足も出なくなる事を言います。良く「考えずにやる」「とにかくやる」と言いますが、実際は難しいです。なぜでしょう?

理想が高すぎるからです。完璧を求めるからです。でも、始めなきゃ、始まりません。なので、とりあえず何事も「練習中」って事にしましょう。

いきなり完成を出そうとするから、重荷になるのです。練習、リハーサルのつもりで、出す、やる、トライする、でいいのです。やってみないと、全体のオペレーションを知る事すらできません。

また継続してみないと、経験による成長もありません。始める時には、成長する時間と、成長する幅も計算に入れるべきなのです。となると「とにかく練習」として、すぐに始めて、回数をこなすに限ります。

僕もそういうつもりで、色々やってます。

「ブログ、youtubeやポッドキャストで情報発信していてすごいね」と言われる事もあります。僕は有名人でもないし、何一つ成功してもいません。

​やりながら、失敗しながらも、成長していく事は分かってます。だから、やめません。長い海外生活では、沢山の失敗を経験しました。

過去を思い出すと、「オレは最低な奴だった…」と嫌になります。「それでも前を向いて行かなくては」と思うので、生きていられます。「そんな自分が情報発信して、恥ずかしく無いのか?」と思ったりもします。

「お前がそんな事できるのか?」

​「何様のつもりだ?何の肩書きがあるんだ?」

という批判的な自分の声が聞こえてきます。でも最終的には、

​「やらずに死んでいいのか?」

という声がいつも勝ります。それ以外にも、

「練習中だと思って、やり続けるか」

​という、ふてぶてしさもあります。生きて行く上で、必要な事だと思います。

誰もが、完璧な人生を過ごして来なかった事を、分かっています。そして完璧を求めるなら、身動き取れなくなる事も、分かっているからです。

“過去の過ちを認めるのを恥じてはならない。それは昨日より今日の方が賢くなった証なのだから“ – ジョナサン スウィフト


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
是非シェアして下さい