Tue

是非シェアして下さい

ヨーロッパ最大の銀行王朝に背を向けて、独自の金融帝国を築いた銀行家で慈善家のジェイコブ・ロスチャイルド氏が87歳で死去した。(ブルームバーグ)

ロスチャイルド

HK 有名なロスチャイルド一族の主が毎年一人ずつ死んでます。何の意味があるのでしょう?善人が水面下で裁きを下しているのでしょうか?分かりません。

そう思いたいし、そう思えるような今日この頃のニュースです。


ジェイコブ・ロスチャイルド卿(世帯主)死去

エブリン・デ・ロスチャイルド(英国ロスチャイルド家の当主)が2022年に死去

ベンジャミン・ド・ロスチャイルド(フランス・ロスチャイルド家当主)が2021年に死去

世界に不幸をもたらした邪悪なグローバリスト、ジェイコブ・ロスチャイルドを追悼して、「彼の家族がどのようにしてイスラエルを築いたのか」を皆で思い出しましょう。 イスラエルは邪悪なグローバリストによって作られた偽国家です。

HK 今日もまたこの動画を再掲載します。右も左もなく、両方から支配して来ました。金融だけでなくイデオロギーの世界でも、権力を握っていました。いうまでもなく共産主義は、サタニズムに帰結します。

内輪での争い?

HK 金融の話は疎いので良く分かりませんが、どうやら内輪揉めしていたようです。以下はRTの記事からの引用です(自動翻訳)

ロスチャイルド一族、銀行の顧客をめぐって争う

https://rt.com/business/592880-rothschild-family-banks-switzerland-france/…

ロスチャイルド家のスイス支社とフランス支社は、資産管理業界の覇権をめぐって争っており、これが緊張を引き起こし、世界の金融情勢に大きな影響を与える合併の憶測を呼んでいる、とブルームバーグは今週書いた。

スイスのプライベートバンクであるエドモンド・ド・ロスチャイルド・グループと、フランスの小規模な貸金業者であるロスチャイルド・アンド・カンパニーは、2世紀以上にわたって富と権力の代名詞とされてきた。

一族とつながりのある唯一の銀行である ロスチャイルド家は19世紀にフランクフルトのユダヤ人ゲットーから生まれ、戦争と帝国を支えた。

世界で最も裕福で強力な金融王朝のひとつとなり、ヨーロッパの経済と政治の歴史の形成に貢献した。

数十年にわたり比較的異なるセグメントで事業を展開してきたスイス支店とフランス支店は、今や同じ富裕層の顧客をターゲットにしている。

両行が250兆ドル規模のグローバル・ウェルス・マネジメント業界でより大きなシェアを争っているため、名高い一族内での合併の可能性が高まっている、と同誌は伝えている。

チューリッヒ応用科学大学でウェルス・マネジメントの講師を務めるクリストフ・クンツレ氏は、「両社は今、同じような顧客をターゲットにしています」と語る。

「非常に競争が激しく、何世紀もの歴史を持つ両社の名前は大きな資産であり、両社はそれを活用しようとしている」

アレクサンドル・ド・ロスチャイルド(43歳の7代目)が経営するパリに本拠を置くロスチャイルド&カンパニーは、この2行の中では規模が小さい。

同行の運用資産は2023年半ばには1,020億ユーロ(1,100億ドル)を超えていた。

しかし、スイスの同業他社に匹敵するほど、同じセグメントでより多くのオフィスを開設し、急成長を遂げている アリアーヌ・ド・ロスチャイルド男爵夫人率いるスイスのエドモンド・ド・ロスチャイルドが事業の停滞に悩む中、積極的な事業拡大が行われたと記事は述べている。

2022年末現在、同行の運用資産は前年の1780億スイスフランから1580億スイスフラン(1790億ドル)に減少している 一方、パリを拠点とする同社はここ数年、イタリア、ルクセンブルク、英国に資産管理事務所を開設し、アリアンの裏庭であるスイスでも買収を行った。

専門家はまた、2つの別々のロスチャイルド・ビジネスが互いのテリトリーに進出しているため、顧客の間に混乱が生じていることも指摘している。

ブランド・ファイナンス社の戦略・評価ディレクターであるデクラン・アハーン氏は、「消費者の間では、この2つの事業が混同されていることは間違いない」と述べた。

専門家によれば、伝統と革新の境界線がますます曖昧になっているグローバル化した経済において、合併はロスチャイルド帝国に重みを与えることになるという。

モルガン・スタンレーやUBSグループAG、さらにはスイスのプライベートバンクであるジュリアス・ベアやピクテ銀行といった業界の巨頭と比較すると、2行の規模は小さすぎる。

ケプラー・シュブルーのアナリスト、ニコラス・パイエンは、「特に小規模のウェルス・マネージャーにとっては、コストと規制の増加のため、統合の必要性がある」と述べた。

「今の業界のルールは、規模が必要だということだ」 過去にもフランス支部が提携を提案したことがあるが、スイス側からは断られている。

アリアンヌ男爵夫人は、彼女の高位のプライベート・バンカーの何人かが和解は理にかなっていると考えていたにもかかわらず、この動きを何度も拒否してきた。

スイス銀行の58歳のCEOは現在、石油資源の豊富な中東や将来有望なアジア市場での当面の事業拡大を視野に入れていると報じられている。

「一方には経済的な合理性があり、もう一方には個人的なプライドがある」とHECパリ・ビジネススクール非常勤講師のフィリップ・ペレ=クラムールは言う。

彼は、200年の歴史を背景にすれば、「エゴと論争」の期間は比較的短いと考えており、2つの支部の合併は1世代以内に行われる可能性があると予測している

爆弾投下、エプスタインとの繋がり

ここに来て、ロスチャイルドとエプスタインとの関係が暴露されました。エプスタインを有名人達に紹介したのは、何とロスチャイルド夫人だそうです。

もちろん我々は知ってました。エプスタインはモサドのために働いていた事を。そしてモサドの上には、更なる大物がいるだろうという事も。それがロスチャイルドであろう事も予想していました。

しかし、ここではっきりとそう言っており、FBIはロスチャイルド夫人の名前を伏せている事が判明しました。

さて、こういった情報が流れ始めた事と、今日のジェイコブ・ロスチャイルド卿の死亡ニュースと何らかの関係がないとは言い切れない…と感じるのは、僕だけでしょうか。

エプスタインを使って有名人を脅迫し、世界を思いのままに操っていたのはロスチャイルドという疑惑は、陰謀論の域を超えました。


よく聞いてください。 ロスチャイルド夫人はジェフリー・エプスタインをアラン・ダーショウィッツ、ビル・クリントン、アンドリュー王子に紹介しましたが、FBIは彼女の名前を国民から隠しています。

なぜロスチャイルド家はエプスタインを、あたかもエプスタインのハンドラーであるかのように、これらの影響力のある人々全員と結びつけようとするのでしょうか?

蛇の頭の一つは他ならぬロスチャイルド銀行家である。 ジェイコブ・ロスチャイルドはその野獣に欠かせない存在だった。 エプスタインは政治家、有名人、メディアを脅迫していました。

ジョーダンとラトクリフ

僕の好きなジム・ジョーダン下院議員とジョン・ラトクリフ元情報長官のやり取りは、「ウイルス研究所起源」に完全な確信を与えるものです。

機能獲得、つまり禁じられた生物兵器研究を武漢で行い、その漏洩によるコロナ起源を隠蔽した…当初からラトクリフとポンペイオは事実を把握していました。公衆衛生のトップでありウイルス学者であるレッドフィールド博士の証言もありました。

ラトクリフはポンペイオと議論し、次の政権に公開できるようにセットアップしたといいました。ファウチの配下にある人たちは皆「研究所漏洩は陰謀論」と決定づけており、反対意見の情報は一切公開されておらず、その中で突破公すらなかった…という感じでしょうか。

多分ポンペイオがCIAのために働いて、ラトクリフを制御したのだと思います。

このように、コロナは生物兵器として開発されたものでした。そしてそのために作られたワクチンは「もっと酷い生物兵器」という事も、そのうち明らかにされて行くでしょう。

とりあえず、コロナ起源に決着がついた事は大いに喜べると思います。それがずっと前から研究開発されて来た事、そしてワクチンもずっと前から研究開発されて来た事が暴露されれば、悪者が裁かれる日も近いでしょう。

ハーベイ・リッシュ博士、新型コロナウイルスとワクチンは米国の生物兵器産業への継続的な資金提供を正当化するために使用されたと語る。

「この研究とWIV漏洩は、過去70年間、秘密裏に極悪非道な生物兵器開発を行ってきた生物兵器産業の成果だと私は考えている。多くの人類を殺害した結果、フォード大統領が署名した 1975 年の生物兵器禁止条約につながりました。

この条約は攻撃的な生物兵器の開発を禁止していますが、この条約の抜け穴の 1 つは、研究を目的とした少量の攻撃的な生物兵器の開発が許可されていることです。その後、この抜け穴は過去 50 年間、生物兵器産業によって悪用されました…

私の仮説では、ウイルス起源の隠蔽と地球全体への強制ワクチン接種の両方が、地球を守るために画策されたということです。生物兵器産業の健全性…ワクチンは、生物兵器産業が最初から適切に正当化されていることの証拠となる」

※2024年2月26日「連邦保健機関と新型コロナカルテル:何を隠しているのか?」より座談会

ケーブル切断?

フーシ派がファイバーケーブルを爆弾でインターネットを切断 (スカイニュースアラビア)

「治安筋はスカイニュース・アラビアに対し、フーシ派が紅海の下に伸びるファイバーケーブル線を爆撃したことを明らかにした。

初期評価では、ケーブルへの損傷は非常に大きいものの、深刻ではないことが示されています。 ケーブルを標的にすると、ヨーロッパとアジアの間の通信に影響が出るでしょう」

「海洋通信ケーブルの標的はフーシ派からのエスカレーションのメッセージだ」

ワクチン?

HK 血栓で死んだそうですから、やはりワクチンでしょうか。フェイクニュースは費やした同じ時間を使って、謝罪訂正するでしょうか?いや、しないでしょう。

これが彼らの汚いやり方です。結局、大衆は血栓で死んだとは記憶しないと知っているからこそ、フェイクニュースを最初に大量に刷り込んでおくのです。

カールソン暗殺未遂

タッカー・カールソン暗殺計画は阻止された ロシア軍は、ウクライナ情報機関が画策したとされるタッカー氏への攻撃計画で男を逮捕したと伝えられている。

この陰謀には、フォーシーズンズホテルにあるカールソンの車を標的としたIEDが関係していたと言われている。 伝えられるところによると、容疑者は逮捕後、襲撃実行の報酬として4000ドルを受け取ったと認めたという。 出典: インテルドロップ

2023年11月、私はウクライナ国防省諜報本部に採用された。
“私は特殊通信、収集、爆発物の起爆の訓練を受けた”
“1月31日、私は館長から、隠れた場所から爆発物を拾い上げ、それを使って車を爆破する任務を受けた”
🔸約束の金額は?
4000ドル
🔸爆発物はどこで使われる予定だったのか?
「モスクワのフォーシーズンズ・ホテルの地下駐車場だ。隠れている場所から爆発物を拾い上げ、車の下に置くことになっていた」
🔸誰を狙ったのですか?
聞いていない。
🔸標的は誰か知っているか?
アメリカ人ジャーナリストの タッカー・カールソンだ
🔸何が問題だったのか?
“準備段階で拘束された”

ニューヨークタイムズの記事

HK 結局、ウクライナにおけるCIAの情報戦争を暴露するに至りました。長年かけてCIAは国境からロシアに情報戦争を仕掛けていたのです。

僕は以前「CIAの本部はウクライナにある」みたいな情報を目にしていたのですが、その意味が良く分かりませんでした。しかし、この記事で良く理解できました。

ZeroHedgeの記事を引用します。


CIAがウクライナに「12の秘密スパイ基地」を建設し、過去10年間影の戦争を仕掛けていたことを衝撃的なニューヨーク・タイムズ報告書が確認

日曜日の『ニューヨーク・タイムズ』紙は、アメリカの諜報機関がウクライナの戦時中の意思決定に役立ってきただけでなく、ハイテクを駆使した指揮統制のスパイセンターを設立し、資金を提供してきたこと、そして2年前の2月24日のロシア侵攻のずっと前からそうしていたことを、非常に遅ればせながら全面的に認める爆発的な記事を掲載した。

最大の発見は、このプログラムが10年前に設立され、3人の異なるアメリカ大統領にまたがっていたことである。タイムズ紙によれば、ウクライナの諜報機関を近代化するCIAのプログラムは、旧ソビエト国家とその能力を、”今日のクレムリンに対するワシントンの最も重要な諜報パートナー “へと “変貌 “させたという。

これには、2014年のマイダン・クーデター直後からウクライナの諜報員を秘密裏に訓練し、装備を整え、8年前に始まったロシア国境沿いの12の秘密基地のネットワーク構築も含まれている。これらの情報基地は、ロシアの指揮官の通信を掃引し、ロシアのスパイ衛星を監視することができ、ロシア領土への国境を越えたドローンやミサイルの攻撃を開始し、追跡するために使用されている。

つまり、長年の “極秘事項 “が公表されたことで、世界は第3次世界大戦に大きく近づいたということだ。重要な石油精製所やエネルギー・インフラへのドローンによる直接攻撃を含む、最近の一連の攻撃の効果にはCIAが大きく関わっていることを意味する。

ウクライナの国内情報機関であるSBUの元トップ、イワン・バカノフによれば、「彼ら(CIAとCIAが訓練した精鋭部隊)がいなければ、ロシアに抵抗することも、ロシアを打ち負かすこともできなかっただろう」。

NYT(ニューヨークタイムズ)が暴露した主な情報源は、決して主流派の「公式」シナリオを簡単に飲み込もうとはしない人々にとっては驚きではない情報源だが、セルヒイ・ドヴォレツキー元司令官と特定されている。

キエフとワシントンが過去10年以上にわたって隠そうとしてきた諜報機関との深い関係を世界に知らしめようとしているのは明らかだ。ウクライナ軍が後退している今、モスクワに対する一種の警告なのかもしれない。しかし、NYタイムズ紙が明らかにしたことは、プーチン大統領がワシントンをずっと非難してきたことを裏付けるものでもある。

NYTの長大な報告書は、CIAがウクライナにどれほど深く関与してきたかを確認する新鮮な暴露に満ちているが、その中でも特に重要な7つの事実を以下に紹介しよう。

秘密のスパイ・バンカーの説明

この報告書には、CIAがロシア国境近くに設置した「秘密」の地下司令部のひとつについて、驚くほど詳細な記述がある…場所はもちろん非公開:

それほど遠くない場所に、目立たない通路が地下壕へと続いている。そこでは、ウクライナの兵士たちがロシアのスパイ衛星を追跡し、ロシアの司令官たちの会話を盗聴している。あるスクリーンには、ウクライナ中部の地点からロシアのロストフ市の標的まで、ロシアの防空網をくぐり抜ける爆発ドローンのルートが赤い線で描かれていた。

ロシアの侵攻後数カ月で破壊された司令部の代わりに建てられた地下壕は、ウクライナ軍の秘密中枢だ。

さらにもうひとつ秘密がある。この基地は、ほぼ全額がCIAによって出資され、部分的に装備されているのだ。

エリートコマンド部隊

2014年に西側が支援したウクライナのクーデターから2年以内に、CIAはウクライナのエリート工作員のための訓練プログラムを立ち上げた:

2016年頃、CIAはウクライナの精鋭コマンド部隊(ユニット2245として知られる)の訓練を開始し、CIAの技術者がロシアの無人機や通信機器を捕獲し、それらをリバースエンジニアリングしてモスクワの暗号化システムを解読できるようにした。(その部隊の将校のひとりが、現在ウクライナの軍事情報部を率いるキリーロ・ブダノフだった)。

ウクライナは “情報収集ハブ “に変貌した

ウクライナにおけるアメリカの情報網(これはNATOの情報網にも等しい)は、現実には、事前のメディアの憶測のほとんどすべてが想定していたよりも広範囲に及んでいる。

ウクライナは長い間、ワシントンとそのパートナーにとって大規模な「情報収集ハブ」だった

ウクライナ、アメリカ、ヨーロッパの現・元政府高官たちは、200を超えるインタビューの中で、ウクライナが着実に拡大し、ウクライナのキエフにあるCIAの支局が当初処理しきれなかったほど多くのロシアの通信を傍受する情報収集ハブになる前に、相互不信から危うく破綻しかけたパートナーシップについて語った。関係者の多くは、諜報活動や外交上の機密事項について話すため、匿名を条件に語った。

ロシアが攻勢に転じ、ウクライナが敵陣のはるか後方でスパイを必要とする破壊工作や長距離ミサイル攻撃に依存するようになった今、こうした情報ネットワークはかつてないほど重要になっている。そして、その危険性はますます高まっている:議会共和党がキエフへの軍事費を打ち切れば、CIAは規模を縮小せざるを得なくなるかもしれない。

プーチンが基本的に正しかったことをNYTが大々的に認める

以下は、『タイムズ』紙のレポートからの非常に皮肉な抜粋である。このセクションは、プーチンがウクライナに軍事・諜報インフラを拡大しているとして、アメリカ・北大西洋条約機構(NATO)を繰り返し非難してきたことを指摘することから始まる。

現在認められているように、これは正確に過去10年間続いていただけでなく、2022年2月24日のロシア侵攻の重要な原因としてクレムリンによって提示された。プーチンとその関係者は侵攻前夜、NATOがウクライナを軍事化していると断固として主張していた。『タイムズ』紙は現在、実際にそうだったのだ、と完全に認めているようだ。

プーチンは長い間、西側の情報機関がキエフを操り、ウクライナに反ロシア感情をまき散らしていると非難してきた。

ヨーロッパの高官によれば、2021年の終わり頃、プーチンはロシアの主要なスパイ組織のトップと会談した際、本格的な侵攻を開始するかどうかを検討しており、CIAがイギリスのMI6とともにウクライナを支配し、モスクワに対する作戦のための橋頭堡にしていると話したという。

……アメリカの高官たちは、ウクライナの高官たちが信用されないことを恐れ、クレムリンを刺激することを懸念して、しばしば全面的に関与することに消極的だった。しかし、ウクライナの諜報機関の高官たちの緊密なサークルは、熱心にCIAに求愛し、次第にアメリカにとって不可欠な存在になっていった。2015年、当時ウクライナの軍事情報機関のトップであったヴァレリー・コンドラティウク将軍は、CIAの副支局長との会合に出席し、何の前触れもなく極秘ファイルの束を手渡した。

2014年のクーデターとクリミア

報告書は、ウクライナとロシアを悲劇的な衝突コースへと導いたこの非常に重要な時期について間接的に言及している:

暴力がエスカレートするなか、キエフの空港に着陸したアメリカ政府専用機には、当時CIA長官だったジョン・ブレナンが乗っていた。米国とウクライナの当局者によれば、ブレナンはナリヴァイチェンコに、CIAは関係を発展させることに関心を持っているが、CIAが納得できるペースでしか関係を発展させられないと語ったという。

CIAにとって未知の問題は、ナリヴァイチェンコと親欧米政権がいつまで続くかということだった。CIAは以前にもウクライナで痛い目に遭っている。

……結果は微妙なバランス感覚だった。CIAはロシアを刺激することなく、ウクライナの情報機関を強化するはずだった。そのレッドラインは決して明確ではなかった。

金魚作戦

CIAから提供された資金と高度な技術によって、ウクライナ人は通常では考えられないほどの盗聴作戦を確立することができた。その一方で、『ゴールドフィッシュ作戦』と呼ばれるプログラムの一環として、エリート・コマンドチームがヨーロッパの都市でCIAによって訓練されていた。NYTの報道には、ウクライナ人がロシアの軍事ネットワークにハッキングできるようになったというちょっとした『自慢話』が含まれている:

壕の中で、ドヴォレツキーは通信機器と大型コンピューターサーバーを指し示した。ドヴォレツキーは、この基地を使ってロシア軍の安全な通信ネットワークに侵入していると語った。

「これは衛星に侵入し、秘密の会話を解読するものだ」とドボレツキはツアー中のタイムズ紙の記者に語り、中国やベラルーシのスパイ衛星もハッキングしていると付け加えた。

…CIAはスキャッターグッドでの極めて重要な会議の後、2016年に機器を送り始め、暗号化された無線機や敵の秘密通信を傍受するための機器を提供したとドヴォレツキーは語った。

驚くべき告白”トランプに忍び寄る”

NYTの報告書の中で最も興味深く不思議なのは、トランプ政権下でのCIAプログラムの広がりについての記述である。報告書は、真の範囲がトランプに隠されていた可能性さえ示唆している。トランプ政権のロシア・タカ派は、”汚い仕事 “を黙々とこなしていたという:

2016年11月のトランプ当選によって、ウクライナ人とCIAのパートナーは緊張状態に陥った。

トランプはプーチンを称賛し、選挙干渉におけるロシアの役割を否定した。彼はウクライナに疑念を抱き、後にウクライナの大統領ヴォロディミル・ゼレンスキーに圧力をかけて民主党のライバルであるバイデンを調査させようとし、結果的にトランプ大統領の最初の弾劾につながった。

しかし、トランプの言動がどうであれ、彼の政権はしばしば反対方向に向かった。というのも、トランプはCIA長官にマイク・ポンペオ、国家安全保障顧問にジョン・ボルトンといったロシア・タカ派を要職に就かせていたからだ。”

そしてさらに、”彼らはキエフを訪れ、より専門的な訓練プログラムやさらなる秘密基地の建設にまで拡大した秘密パートナーシップへの全面的な支持を強調した。”トランプを否定的な立場に置こうとしたことを考えると(彼は “つま先立ち “しなければならなかった…)、彼と彼の選挙陣営がこの報告書にどう反応するかは興味深い。しかし、より重要なのは、今後数日間のプーチンとクレムリンの反応だろう。

プーチン大統領

プーチン大統領、ウクライナのNATO加盟について語る

「ウクライナがNATOに加盟し、軍事力でクリミアを取り戻そうとするなら、それはヨーロッパ諸国が自動的にロシアとの戦争に巻き込まれることを意味する。 NATOとロシアの潜在力は比較にならない。私たちはそれを理解しています」

「しかし、ロシアが主要な核保有国の一つであることも私たちは理解しています。そして、いくつかの最新のコンポーネントにより、多くのコンポーネントを上回るパフォーマンスを発揮します。 勝者はいないでしょう。そして、あなたは自分の意志に反してこの葛藤に巻き込まれることになります。 第5条を実行するときは、まばたきする暇さえありません。 そうなって欲しくない」

同性婚は法的に認められていないが、外に向けてアピールするのでない限り、私生活に踏み込むことはない。

LGBTを推進する他国に対しても「聖書に書いてあることと矛盾してるよね…ウチとは合わないけど、まあ勝手にやって」というスタンスで、自国に火の粉が降り掛からない限り干渉することはない。

ロシアは伝統的な家族観を尊重する、そういうお国柄。ただそれだけ。だから、自分たちの価値観と合わないからといってロシアを非難するのはお門違いで、先ずはそれぞれの国にはそれぞれ価値観がある、ということを認めることが大事。それが本来の「多様性」というもの。

聖書

独り言

僕が観たジャズライブの中で、最も楽しかったものの一つのは、ベニー・グリーンのピアノトリオでした。ハリウッドの「Catalina Bar&Grill」だったと思います。最前テーブルに座りました。

実は、マックス・ローチ クインテットとのダブルヘッダーでした。格付け的に言えば、ベニー・グリーンは前座です。それは「ジャズを知らない人でも楽しめる」事を確信したショー演奏でした。

彼のピアノから学ぶ事も沢山ありました。詳細な部分に目が行きがちなのですが、トリオ全体から溢れるフィーリングに感動しました。ダイナミクス、フレージング、スウィングなどによる部分が大きいです。

どの曲も「思わず引き込まれてしまう」そんな感じでした。相当のテクニシャンだからこそ、フィーリングだけが押し寄せてくるのでしょう。魔法のような演奏でした。

彼のトリオは1セットだけで終わり、ブレイクがあり、その後マックス・ローチのクインテットでした。そのブレイクの時に、ベニー・グリーンは客席に混じって、少し雑談してました。そうかと思うと、またピアノに戻りました。

みんなが会話してますし、席を立ったり、ウエイトレスも忙しく動き回っており、誰もベニーの事を気にしてませんでした。見ていると、彼は何やらブツブツ呟きながら、フレーズを何度か繰り返し弾いて練習するではありませんか。察するに、ライブ中に上手く弾けなかったフレーズを思い出して、なぞっているようでした。

「クレイジーだ…」と思いました。ショーが終わってすぐ、そうなのだとしたら、家では四六時中弾いてるのでしょう。そんな場面を観たのは、後にも先にも彼だけです。

久々に彼の事を思い出して、書いているうちに、やはりテクニックは大事だと思いました。彼のように溢れるフィーリングのために、テクを磨くべきだと。テクニックという言葉が消えて無くなるほど、練習が必要なわけです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい