Fri

是非シェアして下さい

ジェイ・Zは2009年に「オバマがメッセージに書いてある、みんな私が次に何をするか怖がるべきだ」とラップした。

Shadow of Ezra

ジェイ・Zは2009年に「オバマがメッセージに書いてある、みんな私が次に何をするか怖がるべきだ」とラップした。

ジェイ・Zは2013年、キューバへの旅行について「ホワイトハウスの許可」を得たとラップした。

2015年の記事で、CNNはオバマ氏とジェイ・Zが近いことを認めた。 もしジェイ・Zが次なら、すべての道はオバマに通ずるだろう。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

オーストラリア、過労死急増で公式調査を開始 – スレイニュース


フランク・バーグマン

オーストラリアは、過去3年間に同国が被った驚くべき過剰死亡の急増について公式調査を開始した最初の国となった。

火曜日、オーストラリア上院は、国の過剰死亡に関する議会調査設置を議決した。

この動議が可決されたことで、おそらく世界初のこのような性質の調査に青信号が灯った。

この調査を推進したのは、保守政党「統一オーストラリア党」のラルフ・バベット上院議員である。

この1年間、バベットは調査のゴーサインを得るために5つの動議を提出した。

昨年3月、バベットはオーストラリアで急増する超過死亡率に関する調査を求める2つの動議を提出したが、いずれも不採択となった。

その後、今年2月にも動議が提出されたが失敗に終わった。

その数週間後、上院に調査の必要性を認めるよう求める4回目の動議が可決された。

この勝利は上院内での支持の変化を示し、最終的に調査設置を求める今週の投票への道を開いた。

「5度目の正直です!」とバベットは声明で述べた。

“これは世界的な問題に対する世界初の調査である。

“この委員会のプロセスが遺族の声を代弁し、わが国が切実に必要としている答えを届けてくれますように”

米国もコロナワクチンの廃止・回収を求める公職者数が増加の一途

2024年3月26日現在: 164人の選出議員、93人の候補者、1人の州保健長官、1つの州政党、16の郡政治委員会、7つの医師団体が、コロナワクチンを市場から撤退させなければならないと公言し、大手製薬会社から献金を受けないと誓っている。

17,000人以上の医師が彼らを支持している。

ジョー・ローガン、素晴らしい質問を投げかける

“人々に嘘をつき、強制的に服用させ、副作用を隠しても、訴えることができないのは奇妙ではないか?”

ワクチンは、製造者を直接訴えることができない唯一の製品である。

1980年代初頭、ワクチンメーカーは大損をしていたからだ。

DTPワクチンで1ドル儲けるごとに、傷害訴訟で約20ドル失っていた。

ワイス(現ファイザー)はレーガン・ホワイトハウスに赴き、ワクチン事業から手を引くという脅しをかけて責任保護を要求した。

レーガン大統領は、なぜより安全なワクチンを作れないのかとワイスに尋ねた。 ワイスは、ワクチンは “不可避的に安全でない “からできないと答えた。

このため、1986年にワクチン傷害法が制定され、ワクチン製造業者は特別な責任保護を受けることになった。

「そして、ワクチンは安全で効果的だと言う人は誰でも、ワクチン業界自身が、ワクチンはやむを得ず安全でないと大統領と議会を説得することで、免責を得たのです」

ロバート・ケネディ・ジュニアと以前のインタビューでジョー・ローガンに答えている。

26州の登録有権者の最大18%が偽者であることが調査で判明 – スレイニュース


フランク・バーグマン
米国26州の登録有権者の7%から18%が偽の有権者であることが、選挙保全に関する衝撃的な調査で判明した。

Omega4Americaが行った調査では、偽有権者は存在しないか、居住地の住所が捏造されていることが判明した。

同社は複数の州の有権者名簿を長期にわたって監査した。

調査の結果、複数の州で大量の “幻の有権者 “が登録されていることが判明した。

しかし、同組織は、以前に登録されている偽の有権者を特定したにもかかわらず、各州の選挙管理当局が幻の情報を削除するために何もしていないと警告している。

Omega4Americaは、11月の選挙が近づくにつれ、この問題に警鐘を鳴らしている。

同団体は、ドナルド・トランプ大統領は “何も変わっていないため、7つのスイングステートのそれぞれで負ける可能性が高い “と警告している。

「オメガ4アメリカは声明で、「幻の有権者がすぐに有権者名簿から消えるわけではないが、市民は、投票資格のない住所に住んでいる場合、郵送による投票が行われないようにすることができる。

「私たちが調査した26州すべてで、登録有権者の7%から18%が実在しないか、実在しない住所に住んでいるか、実在する住所(ガソリンスタンド、コンビニエンスストア、レストランなど)に住んでいる。

コマー氏、アメリカ社会への中国の浸透と麻薬危機への関与を指摘-Just the News

https://justthenews.com/world/asia/comer-calls-out-chinese-infiltration-american-society-countrys-involvement-drug-crisis

スティーブン・リチャーズ

中国の影響力に関する広範な下院の監視調査を率いる委員長は20日、技術、麻薬、戦略的買収を通じて共産主義国が米国に浸透していることを指摘し、新たな調査の方向性を示唆した。

「中国は連邦政府のあらゆる主要部分に浸透しており、経済にも浸透している。 我々の目的は、この浸透に対抗し、それを解体することだ。 一般のアメリカ人は、中国が我々の全ての主要な機関に浸透していることを認識していないと思う」

「彼らは我々の大学システムに浸透している。 TikTokや、中国が我々の若者たちに対して成功裏に行おうとしている洗脳プログラムについて我々は知っているが、彼らはまた、正直なところ、アメリカを最後にして中国を第一にするような議題を推進している外部グループを通じて、多くの企業役員会にも浸透している。 ですから、これは最も重要なことであり、監視委員会の今後の優先事項です」と彼は付け加えた。

コマー氏は、Just the Newsが主催し、AMACのレベッカ・ウェバーCEOが共同司会を務めた、米国に対する中国の脅威に関するテレビ特番に参加した数人の専門家のひとりである。

今月初め、コマー氏は、中華人民共和国と、米国政府と米国社会に浸透し影響を及ぼそうとするその努力について、政府を挙げての調査を開始すると発表した。

「一発の銃弾も撃つことなく、中国共産党はアメリカのあらゆる経済部門と地域社会を標的にし、影響を与え、浸透させることによって、アメリカに対して戦争を仕掛けている。

「中国共産党によるこの組織的な影響力と浸透作戦が、米国の軍事的即応性、技術部門、金融市場、農業、教育システム、知的財産を脅かしていることは分かっている。

この調査は、アメリカ人が中国に対する懐疑的な見方を強めているときに行われた。 最近、共産主義国に対する否定的な意見は、世論調査で過去最高を記録している。 トランプ政権もバイデン政権も、程度の差こそあれ、関税や輸出禁止など、中国に厳しい姿勢を示す政策を制定することで、この感情に応えてきた。

この事実は、政府機関や作家、ジャーナリストたちによって何年も前から強調されてきたが、議員や幹部たちによる成果はほとんど見られなかった。

コマー委員長は、米国における違法なフェンタニル取引への中国の関与がもたらす脅威に対し、特に警告を発した。この事実は、政府機関、著者、ジャーナリストによって何年も前から強調されてきたが、議員や幹部による成功した行動はほとんど見られなかった。

The Economist誌が発表したCDCのデータによれば、フェンタニルは年間約7万5,000人のアメリカ人を殺害しており、その割合は2019年の2倍以上である。

「これは、発砲することなく、本質的に米国を戦争で解体しようとする意図的な努力であることは間違いない。 これは戦争における新しい戦術である。 中国人は、私が住んでいる大都市でも小さな町でも、アメリカのあらゆる地域にフェンタニルを浸透させている」とコマーはジャスト・ザ・ニュースに語った。

麻薬取締局(DEA)によれば、いくつかのフェンタニル前駆体化学物質が自由に広告され、オンラインで販売され、直接米国に持ち込まれるか、メキシコの犯罪組織(カルテル)に売られているという。

中国の大手金融機関は、米国でのフェンタニル販売から得たカルテルや犯罪組織の利益をロンダリングすることで、このプロセスに関与している。

不法移民の家屋侵入を促すTikTokerのスクワッティングに各州が注目-Just the News

https://justthenews.com/government/security/states-focus-squatting-social-media-influencer-encourages-illegal-immigrants

ナタリア・ミッテルシュタット

ベネズエラ出身のソーシャルメディア・インフルエンサーが不法移民に米国内の家屋を「侵略」するよう奨励したため、州および地方当局は不動産所有者が不法占拠者に住居を乗っ取られるのを防ぐために取り組んでいる。

不法占拠と戦っているフロリダ州とジョージア州の両州で不法占拠の問題が浮上し、一方ではニューヨーク市の住人が不法占拠者の自宅への再侵入を阻止しようとして逮捕された。 ベネズエラ人がアメリカ人の家に不法占拠することを奨励したため、不法移民の流入が懸念されている。

この法律は、ベネズエラ人が不法占拠者になる人に、不法占拠者の権利を使って効果的に住居を占拠する法的手段を指導するTikTokの動画が拡散したことを受けて制定された。

ニューヨーク・ポスト紙によると、オハイオ州に住むと思われるベネズエラ人のレオネル・モレノは、スペイン語から翻訳した「私たちはアメリカの家に侵入することができます。

水曜日、フロリダ州のロン・デサンティス知事(共和党)は、特定の場合、法執行機関による不法占拠者の即時排除を住宅所有者に許可する法案に署名した。

新法では、不法占拠者が不法に侵入し、退去要求にもかかわらず敷地内に留まっている場合、不動産所有者は法執行機関に不法占拠者の排除を要請することができる。 不法占拠者は、家主と係争中の賃借人であってはならない。

「私たちはフロリダにおける不法占拠者詐欺に終止符を打ちます。 他州が不法占拠者の味方をしているのに対し、私たちは不動産所有者を保護し、制度を利用しようとする犯罪者を罰するものです」とデサンティス氏は声明で述べた。

さらに、不法占拠者や不法占拠を奨励する個人には厳しい罰則が課される。

モレノはTikTokの50万人以上のフォロワーに、不法占拠者が所有者の同意なしに不動産に対する権利を持つことを認める法律である有害占有法について話しているようだった。 彼はビデオの中で、”すでに7軒ほど家を奪った “友人がいると語った。

モレノのTikTokアカウントはもう存在しないようだ。

モレノは2022年4月にテキサス州イーグル・パスから米国に入国し、不法移民を連邦当局が足首モニターで監視する「収容代替プログラム」に登録されたとニューヨーク・ポスト紙は報じた。

しかし、『ポスト』紙が確認した移民税関捜査局(ICE)の内部文書によると、モレノは現在、このプログラムからの「逃亡者」である。

警察 プリンストン大学のボランティアとLGBT活動家が児童ポルノを所持していた-Breitbart

https://www.breitbart.com/tech/2024/03/27/police-princeton-volunteer-and-lgbt-activist-possessed-child-pornography/

アラナ・マストランジェロ

LGBT活動家でプリンストン大学卒業生ボランティアのロイ・”トレイ”・ファーマーが、プリンストン大学キャンパス近くで児童ポルノ容疑で金曜日に逮捕された。

プリンストン大学とその卒業生に関連するいくつかの団体に関与していた男が、児童ポルノ所持で起訴されたことを、マーサー郡検察局がNJ.comに確認した。

その男は、プリンストン大学の卒業生で、同校の職員ではないが、卒業生ボランティアとして関わっているトレイ・ファーマーと特定された。 彼は、第3級の重罪である児童性的虐待資料所持の1件で起訴されたと報じられている。

ファーマーは金曜日、キャンパス正門の向かいにある大学近くの所有マンションで逮捕された。

1月、非営利団体National Center for Missing and Exploited Childrenは、マーサー郡検察官のInternet Crimes Against Children部門に、マーサー郡内の何者かが児童性的虐待と思われるコンテンツをアップロードしているとのタレコミを送った。

問題のコンテンツはファーマーまでさかのぼることができた、と検察局は主張している。 同事務局は、ファーマーの自宅マンションの捜索令状も執行し、”証拠となる価値のある複数の物品 “を押収したと付け加えた。

ファーマーは1993年にプリンストン大学を卒業し、自身が会長を務めるプリンストン大学グリークラブ財団やクィア・プリンストン・アルムナイなど、いくつかの大学関連団体の関係者や代表を務めていると言われている。

また、クィア・プリンストン・アルムナイ(Queer Princeton Alumni)のウェブサイトに掲載された経歴によると、53歳の彼はこれまでに、クラシック・チェンバー・コンサーツ、イスタンブール国立歌劇場バレエ団、ロンドン交響楽団、ナポリ・ミュージック・クラブ、オペラ・ナポリ、ステインメイ・フェスティバルの役員も務めている。

同窓会グループのウェブサイトへのリンクには現在、”お探しのページは見つかりませんでした “というエラーメッセージが表示されている。

ウェブサイトには、「これは次のどちらかのためです: あなたのウェブブラウザに入力されたURLにエラーがあります”、または “あなたが探しているページは移動または削除されました”。

フーミッヒ博士、獄中から声明 – 「彼らのカードハウスは崩壊しつつある」The Expose

パトリシア・ハリティ

ライナー・フルミッヒ博士は、彼とコロナ委員会が2020年以来暴露するために取り組んできた人道に対する罪の証拠を獄中から分析し続けている。 ライナーによれば、汚職は世界中でますます目につくようになっており、「彼らのカードハウスは崩壊しつつある」。 世界中で開かれつつある真実の窓、そしてこれらの窓から射し込む光は、責任者全員を特定する過程にあり、誰も正義から逃れることはできない』と付け加えている。

ライナー・フルミッヒは、法廷での8日間に続くイースター休暇のため、裁判を中断してこの声明を発表した。 彼は現在、自分に対する刑事手続きを要約することができ、ホフマンとアントニア・フィッシャーは『コロナ委員会の寄付金を手に入れること』にしか興味がなかったと結論付けている。 彼は、『詐欺と恐喝』によって、彼らは彼と彼のクライアントのおよそ150万ユーロの金を手に入れたと主張している。

しかし、ビビアン・フィッシャーは、”政府の攻撃 “の危険にさらされていたコロナ委員会の寄付金を確保するために、二人ともローンを組んだが、返済することができたと法廷で認めている。

これが意味するのは、ライナーが委員会資金を横領したという非難は根拠のないものだということだ。 実際、彼が刑務所に入れられた理由はまったくないようで、他の多くの人々と同じように、刑事手続きは彼を黙らせ、刑務所に入れるための努力であり、『検察の訴えは、水泡に帰した』と見ることができると彼は考えている。

それゆえ、ライナーは将来に対してより前向きになっているようで、それは以下の声明で知る事ができる。

2024年3月22日、ライナー・フルミッヒ博士の声明。

記録

親愛なる皆さん、イースター休暇のため、私に対する刑事訴訟は2週間の中断があります。

これは私に、この訴訟手続きの現状、現状を要約する機会を与えてくれますが、同時に、この訴訟手続きを超えて、私を黙らせ刑務所に入れようとする努力の背景となっている、現実に起こっている非常に前向きな進展に目を向ける機会を与えてくれます。

私の目を開き、それまで想像もつかなかった嘘の網に気づかせてくれたコロナ・パンデミックは、今まさに解明されつつあり、正式にプラネミックとして解明されつつあるようだ。

世界中で開かれつつある真実の窓、そしてこれらの窓から差し込む光は、責任を負うべき者すべてを特定する過程にあり、誰も正義から逃れることはできない。

科学的根拠なし

1:09 ドイツ人ジャーナリスト、パウル・シュライヤーが『Multipolar』誌に寄せた新しい記事は、徹底的な調査と、ドイツ版情報公開法(FOIA)の下で起こされた多くの訴訟に基づいている。

そしてこの記事は、ドイツのCDCに相当するRKIが、2020年3月16日までは実際の科学的根拠に基づいて、コロナ・ウイルスはインフルエンザ以外の何物でもないと国民に伝えていたことを明確に示している、 3月16日、パンデミック産業と密接な関係を持つRKIの高官と、WHOが西側世界の他の多くの国々と連動して、これまで無害だった状況をパンデミックにエスカレートさせ、国民を恐怖に陥れ、彼らの服従を試す理由があると決定したとき、一夜にしてその方針は変わった。

これは科学的根拠なしに起こったことであり、何の科学的根拠もなく、純粋にプランデミック産業とそのマウスピースであるWHOからの政治的シグナルに基づいている。

パウル・シュライヤーはその記事の中で、ドイツでWHOのために『汚い仕事』をした人物の名前は知られていないと述べているが、私には彼がそれが誰であるか正確に知っていることは明らかであり、私たちもそうである。

ところで、このことはもちろん、ドイツの法廷でも非常に重要な意味を持つだろう。これまで彼らは、RKIから出たものには何の疑問も持たず、盲目的に、パンデミックの原因となる危険な新型コロナ・ウイルスが存在することを当然のこととしていたのだから。

今、RKIが腐敗していることは明らかであり、同様の動きは世界中で見られるようだ。

カードハウスは崩壊しつつある

私に手紙を書いて情報をくれた人から聞いたのだが、アメリカのファウチは、社会的距離の取り方や社会的距離の取り方について、科学的根拠はおろか、何の根拠もないことを認めたようだ。

私たち国際弁護士は、そのプロセスを加速させ、正義を貫くために全力を尽くす。

私に対する刑事事件

私に対する刑事事件に関する限り、検察側の主な証人である奇妙な弁護士ホフマン氏と、法廷でのパフォーマンスがホフマン氏に匹敵する私の元共同司会者ビビアン・フィッシャー氏の尋問は非常にシンプルだ。

二人の証言によると、ホフマン氏は非常に攻撃的で制御不能な人物であり、私やビビアン・フィッシャー、そして実際に全世界を不可解なまでに憎悪しており、私が数々の奇妙な方法、とりわけウィンチェスターライフルで彼を脅したり、私が一時期共同代表を務めていた政党の党員を過激化させたりしたという大規模な告発にはまったく根拠がないことを認めざるを得なかった。

ホフマン氏の奇妙な言いがかりのひとつは、『民族的背景』から私に脅威を感じているというものだった。 その意味を尋ねると、彼は自分がアシュケナージ・ユダヤ人であると言った。 もしそれが本当なら、たとえ私がそれを知っていたとしても、私にはまったく関係のないことだったでしょう。

ホフマンとは “単なるバカ”

私がホフマン氏をまったく軽蔑し、軽蔑さえしていた唯一の理由は、ホフマン氏が仕事上でも個人的なレベルでも、単なるバカであることを知ったからである。

ビビアン・フィッシャーは、ホフマン氏も、私たちが2人の科学者の代理としてコロナ調査委員会に加えたアントニア・フィッシャーも、コロナ調査委員会の仕事には何の役割も果たさず、寄付金にしか関心がなかったことを確認した。

しかし、ビビアン・フィッシャーとその怪しげなパートナーが、詐欺と恐喝によって、私と私のクライアントのおよそ150万ユーロの金を手に入れたにもかかわらず、ビビアン・フィッシャーがまだこの連中に協力しようとしているように見えるのは、かなり奇妙なことだと思った。

地方検事の助けを借りて、この連中がコロナ委員会の活動を停止させるためだけに、コロナ委員会の寄付金のすべてを手に入れようとしているという事実があるにもかかわらず。

とても奇妙なことだ。 地検が司法妨害で有罪である証拠が固まりつつあるにもかかわらず、これは単なる軽犯罪ではなく犯罪である。

ビビアン・フィッシャー、寄付金確保のための融資を確認

実際、私のケースにとって非常に有益なのは、フィッシャーが、州からの寄付金の一部を確保するために私たちがローンを組み、私たちの銀行口座を差し押さえたが、このような事態が起こる危険性が差し迫って高まっていたこと、そしてもちろん私たちはともにローンを返済する意思と能力があったことを確認したことだ。

つまり、DAの裁判は水泡に帰したということだ。 実際、国による故意の差し押さえから資金を守るために私たちが何もしなければ、寄付金を預かるという受託者の義務に違反したことになります。

法廷でのビビアン・フィッシャーとハフマン氏の、少なくとも部分的には奇妙な証言についての詳細な評価を、法廷に提出する予定である。

ドイツの奇妙なショー

一方、ここドイツでは、さらに奇妙なショーがテレビのメインストリームで目の前で繰り広げられている。 ウクライナの平和をあえて主張する者は誰でも、政治家やジャーナリストを自称する人々によって、ほとんどヒステリックに、プーチンが戦争に勝つのを手助けしていると非難される。

彼らは大真面目に、ドイツがウクライナにできるだけ多くの資金と武器を供給するよう要求している。 何のために? 明らかに、できるだけ多くの人々を殺すための、とても、とても奇妙なショーだ。

ありがとう

お手紙と、時にはとても個人的なメッセージをありがとう。 ちなみに、私以外は誰も読まない。封筒は私のところに来たときには閉じられていて、開封後に破棄され、私が手紙を受け取るだけだ。

私は、妻、犬、家族、友人たちとの絆を取り戻し、国際的な弁護士グループとの活動を、もちろん皆さんの助けを借りながら、続けていくことをとても楽しみにしています。

人類が生き残るためには、それ以外に方法はないのだから。

私の好きな曲をもう少し紹介します。1曲は元フリートウッド・マックのリンジー・バッキンガムで、彼の曲は「Trouble」、素晴らしい曲です。 デヴィッド・ボウイ、”Heroes”、”China girl” クリストファー・クロス、”Ride Like A wind” エルトン・ジョン、”I’m Still Standing”

トランプ

HK かつて元ポルノ女優との関係を訴えられていました。トランプの弁護士だったマイケル・コーエンがその疑惑のキーマンでした。口止め料を払ったとか、払わなかったとか…全く無実なのに、何年も何年もメディアがその話を蒸し返すために、誰もが「火のないところに煙は立たず」という確信が固まったと思います。

去年の記事ですが、コーエンに関するロイター(フェイク筆頭)の記事も紹介します。

そのコーエンこそが、実はそのポルノ女優と昔からの不倫関係にあった事が、今になってバレました。全く持って腐った連中です。こんな連中が周りにいて、ひたすら足を引っ張り続ける中、トランプは本当によく頑張っていると思います。

マイケル・コーエンが2006年からストーミー・ダニエルズと関係を持ち、「口止め料計画は2016年の選挙前にトランプ組織を恐喝するためにマイケル・コーエンによってでっち上げられた」という告発が浮上。

「アヴェナッティは、クライアントであるストーミー・ダニエルズ(本名ステファニー・クリフォード)の事件の詳細と、彼女とマイケル・コーエンが実際に2006年以来不倫関係にあったという事実を明かした。」 -トニー・セルガ

トランプ氏、元顧問弁護士を提訴 不倫口止め疑惑の重要証人( 2023年の記事)

[12日 ロイター] – トランプ前米大統領は12日、元顧問弁護士のマイケル・コーエン氏に対し、少なくとも5億ドルの賠償を求める訴訟をマイアミの連邦地裁で起こした。元腹心のコーエン氏は、不倫口止め疑惑などでトランプ氏を起訴したマンハッタン地区大陪審の刑事裁判で、同氏にとって不利な主張する重要な証人になるとみられている。

前大統領は訴状で、コーエン氏が自身との通信内容について秘密保持契約を守らなかったほか、著書やポッドキャストで「嘘を拡散した」と訴えた。

コーエン氏の弁護士は訴訟について「根拠が無い」と一蹴した。

前大統領が不倫相手とされるポルノ女優、ストーミー・ダニエルズさんに口止め料を払ってもみ消しを図った疑惑で、マンハッタン地区のアルビン・ブラッグ地検検事は、コーエン氏が支払った口止め料を後に前大統領が弁済し、その事実を隠蔽したと指摘している。

コーエン氏は2018年、ダニエルズさんへの支払いに絡んで選挙運動法違反の罪などで有罪判決を受けた。

コーエン氏はかつて、前大統領を守るためなら「何でもする」と述べる仲だったが、2020年に出版した暴露本では、前大統領を「人種差別主義者」と酷評するなど糾弾姿勢に転じた。

ペド暴露が進む

【まとめ】
☆ドラッグ💉違法銃器🔫薬物入りドリンク🍹未成年の性的搾取👧
・ディディのパーティーにはセレブ・政治家・スポーツ選手などが参加しセックスワーカーの少女達があてがわれた
・その中には英国王室のヘンリー王子🤴の名前もあったと報道された
・超有名芸能人J.B.も未成年の時に取り込まれていた?
・未成年の少女に薬物入りドリンクを飲ませて性行為を強要
・ディディは人身売買に資金提供して訴訟された
・所有するスタジオで銃乱射事件があった🔫
・レコード会社CEOやハリウッド俳優や若手の有望株がパーティーに参加
👇
キャリアや音楽業界へのチャンスを約束
👇
代わりに薬物とアルコールを投与され未成年少女との性行為をビデオに撮られる
👇
それをネタに脅迫するビジネスモデル
などなど詳しくはフル動画で
アメリカにこんなガチヤバニュースが来てしまい
既に大谷翔平の事件なんぞ子供のいたずらレベルになって吹き飛んだ模様です

ラップ文化を愛するとは

結局のところ、一部のラッパーを除き、その文化は純粋にCIAによる、アメリカ破壊の道具に過ぎません。それは回り回って日本破壊、そして人類の破壊でもあります。

残念ながら、ラッパー(当然日本人も含む)は騙され、またもや利用されただけでした。

自分たちは「何をしても良い自由」を謳歌しているクールと勘違いしてますが、人類を破滅に追いやる、破廉恥を通り越したケダモノと化しています。

いい加減に目を覚まして、その下らない幼稚なエネルギーを、CIAを倒すために費やしてもらいたいものです。

P.ディディのスキャンダルを踏まえて。アイス・キューブはラップとヒップホップ業界がいかに政府の心理作戦であるかを暴露している。 CIAは若者に犯罪行為をさせる社会実験として業界に潜入した。 若者が嘘に目覚めることを願ってこれを投稿しま

聖書

これは是非とも観てください。以前、紹介しましたが、当時よりももっとUFOだの宇宙人だのという人が増えて来ました。

確かペンタゴンは宇宙人に関する証言は、どれも信用できないと、この間発表があったと覚えてます。そんな真実を暴露するのは怪しいので、それは何かの心理作戦かも知れません。

宇宙人は最後の大いなる騙しですので、よく覚えておきましょう。

独り言

人との比較に苦しまない方法は、自分の強みを知る事です。​弱みの克服は、解決になりません。「さあ、自分に目覚めよう」という本で紹介された話ですが…

強みに対する注目度について、いくつかの国を調査したそうです。​その中で最も低い国は、日本と中国だそうです。「成功への鍵は強みにある」と答えたのが、24%だけでした。

最も高いのはアメリカで44%。面白いのは、国籍に関係なく、55歳以上の人は弱点にこだわっていないそうです。

「批判は何かを壊したり、屈服させたりするときには有益な力を持つが、何かを築こうとするときには害にしかならない」−カール ユング

歳を重ねていくと、弱点を何とかしようとしても、結局は大して効果無いと諦めがつくのでしょう。また、他人と比較しても仕方ない、と悟るのかも知れません。それが知恵というものなのでしょう。

父親の立場からすると、そうだなぁと思います。自分の娘に対しては、比較しなくていい、あなたはそれで最高だから、と教えます。だから早いうちから、弱点など忘れるように努める事が知恵なのです。

何かを極めるプロセスで、弱点への取り組みは自然に組み込まれます。しかし強みを知らず、弱みばかり改善しようとすれば、自分が誰だか分からなくなります。

僕は55歳を待たずに、方向転換出来て良かったです。「弱みは忘れろ」と思うだけで、気持ちがかなり軽くなりました。自分の持っているものが、特別な才能であると分かり、感謝しています。

そうする事で、他人をもっと認める事が出来るようになりました。そもそも人間を平均化する教育は、罪だと思います。才能に気付かないように仕向け、つまり幸せになる道から外らせ、尚且つ他人との比較に苦しむようにさせました。

自分の才能を知るだけでも、多くの人は救われるでしょう。才能に力を注いで、弱みは忘れましょう。自分が持っていない才能は、天命を全うするのに要らないのです。

それは誰か得意な人に任せましょう。自分の才能にフォーカスしましょう。それが比較から自分を救う道です。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい