Tue

是非シェアして下さい

トランプは大統領になる前から、人身売買について訴えてます。Qの投稿で指摘されたように、ミススペルは重要なのです。今なお、発見があります。

Chidlren

トランプ大統領がミススペルする事は、よく知られています。その言葉を「キーワードとして調べろ」的なメッセージが込められている事が多いです。既に2012年のツイートで、おぞましい犯罪を訴えていました。

オバマ政権時、オバマ自ら税金6万ドルを使って、シカゴからホットドッグを空輸しました。変態悪魔儀式パーティするためにです。

さて、Chidlrenで検索すると、色んなものが出てきます。

Chidlrenアドレノクロムとして、アリババから販売されている。武漢からわずか4時間離れた所で製造されている。
やはりユニセフも人身売買組織だという証拠。FlickerでユニセフがChidlrenとしてアップしている。しかもウクライナ。
ここでもアリババの商品が異常な高値で売られている。以前、アマゾンで暴露されたのと同じ手口。しかもペド印の証明書まで送付されるらしい。
Chidlrenで悪魔的なポーズの子供達の画像がアップされている。
科学的に合成された?武漢で作られた安物も出回っている
この施設の医師たちは、脊髄損傷、パーキンソン病やアルツハイマー病、糖尿病、ガン、関節炎、肝臓、神経系、血液、心臓、腸の病気など、人間が知っているあらゆる病気や怪我を完全に治療または改善できるとIRMのウェブサイトで主張している

IRMは、バルバドスを「世界の胚性幹細胞の首都」にするという公約の実現に向けて大きく前進した IRMはウクライナから中絶された赤ちゃんのパーツを輸入し、液化して「ピューレ」のようなものを作り、顧客の腕や体の臓器に直接注入する IRMによれば、これらの細胞は一種のレーダーを使って患者の体内の病気や損傷を受けた細胞を探し出し、修復するという

IRMは、これまでに記録された事実上すべての病気を96%の驚異的な改善率で治すと主張している。英米のリッチな女性たちは、(もちろん自費で)この人里離れた複合施設に行き、1回2万5,000ドルの胎児幹細胞を注射される IRMのCEOであるバーネット 「これは最も自然な癒しです。頭の回転がよくなり、よく眠れ、よく見えるようになります。生活の質も向上し、性欲も確実に改善します」

プロライフ運動に数年携わっていると、何も驚かなくなる傾向がある ヒューマンライフ・インターナショナルに戻った私は、再生医療研究所が単なる偶然の産物なのか、それとも世界でも類を見ないユニークな施設なのか、確かめたいと思った

しかし、IRMは決してユニークな施設ではない 胚や胎児からだけでなく、後期中絶された赤ん坊や新生児でさえも、ヒト幹細胞や臓器を売買する世界的なネットワークのほんの一部にすぎないのだ 実際、私は胎児の材料を使ったさまざまな病気の治療を専門とする50以上の「クリニック」に関するウェブサイトや新聞記事を見つけた

これらの「クリニック」はすべて、世間知らずの絶望的な人々を怖がらせるような特徴を持っている そのどれもが観光地にある 地方自治体や国の規制を受けているところはひとつもない 医療行為そのものに密接に関係している者以外、医療監督を受けた者は一人もいない そしてそのすべてが、倫理的な幹細胞研究を規制する唯一の団体である国際幹細胞フォーラムの会員になることを拒否している

これらのクリニックが店舗を構え、数百万ドルをかき集めるために必要なものはたった6つだけである わずかなスペース、現金に飢えた貧しい政府、名前の後に「医学博士」がつく人物、ウェブサイト、「胎児材料」の供給源、そして絶望的な患者である まず、マリブの精神科医ウィリアム・C・レーダーがバハマに設立したアンチエイジングのメドラ・クリニックから見てみよう

レーダーの以前の専門は摂食障害だったが、島から追い出されるまでのわずか3年間で3千万ドル以上を稼いだ レーダーは、「科学者、政府当局、プロライファーの陰謀」からの攻撃を受けやすくなるため、医学文献には何も発表していないという メドラのウェブサイトは、身体的な脳障害を含め、既知のあらゆる病気を治すと主張している

バイオマーク・インターナショナルは、医療訓練をまったく受けていない元モデルによって、マンションの一室で設立された 彼女は、少なくとも220人の患者を、病気の如何にかかわらず、胎児幹細胞を注射することによって、一人当たり最高21,000ドルの費用で「治療」した

バイオマークの共同設立者たちは、FDA(食品医薬品局)によって事業が停止された後、アメリカから逃亡し、すぐにスイスの銀行口座を開設してロンドンで事業を開始し、メキシコ人医師と契約して胎児幹細胞注射を行った

キエフの胚性幹細胞センター(EmCell)は、アレクサンダー・スミコドゥブとアレクセイ・カルペンコによって運営されている 両者とも過去にウィリアム・レーダーと仕事をしたことがある EmCell社のウェブサイトでは、さまざまな病気や不調の治療が劇的に改善されたと、いつものように大げさに謳っている

ALS(筋萎縮性側索硬化症)治療開発財団がEmCell社を調査したところ、同社の従業員全員が、調達、手順、フォローアップに関する質問に一切答えることを拒否した ALS財団の医師たちは、エムセルの職員が幹細胞生理学の最も基本的な原則さえ理解していないことを発見した。

良いニュース

本当に気が滅入る情報ばかりです。なので「素晴らしい人達も紹介せねば」と思いました。これは約10年前の動画です。既に、子供達を救う宣教師達が、我々が知るずっと前から戦っていました。

多くの人が、宣教師、牧師=ペドと考えています。確かに一部、そういう人がいます。しかし、それとは正反対の人達がいる事も知って欲しいです。

真実を探りながら、誰もが悪魔の存在を信じる事となりました。しかし、悪魔の存在を知るだけでは、希望がありません。本当に希望は存在します。それは神様に出会う事です。

ティム・バラードさんも素晴らしいですが、ドン・ブリュースター牧師も本当に素晴らしい働きをしています。どうか、この動画を観て救われて下さい。救われる子供達も存在します。

コロナ/ワクチン

武漢ラボかウクライナラボか、どちらか分かりませんが…いずれにせよ、WHOによる「COVID−19」命名以前から、その名前は存在し、研究がなされていました。PCRキットも2018年か17年には、世界各国に輸送されていました「COVID19用」の名目で。

American Thought Leaderの動画は、呆れてしまいます。体内でスパイクタンパクが数ヶ月にわたり製造され続ける事は、想定外だったと言ってます。彼らは「科学を信じろ」といい続けました。まだその程度の科学なのです。到底、信じるに値しないものでした。

そんな詐欺師集団は、西側諸国ではもう表を歩けない事を悟りました。日本でやりたい放題やるつもりです。

通常の健康な人のSARS-COV-2「ワクチン」の能力は2、3週間で終わってしまう。4、5ヵ月後、細胞はまだSARS-COV-2をリンパ節に保持し、スパイクタンパク質を作り続けている。スパイク・プロテインは逆にダメージを与えることになる」 と言ってます。何のメリットもない毒。
おかしいですね。雇っているのに飼い慣らされています。どこまで苦しめられても目覚めない人がいるからと人のせいにしてしまいますが、私達自体が本気を出していないからかも知れません。 この後は、 また勝手に法が作られるまで待っていては完全に負けです。ただ、これは日本を破壊する方法の1つに過ぎません。

各方面から何パターンもの作戦が作られています。 立ち上がらなければ飼いコ◯されます。 立ち上がれば必ず勝てる。 奴らは本気です。 雇ってる側が騙され続けるなど本末転倒。 こちらも本気に成らなくては!

認め始めた

アメリカは失敗を認め始めました。諦め始めたのでしょうか?クリミア橋のテロも、ウクライナ側が認めました。ノルドストリーム2も認めるのでしょうか?

彼らが認めるという事は、相当旗色が悪いと思いますが…

グレート・リセット

マイナンバーはデジタルパスポートだと岸田首相がいいました。WEFはCBDCに貨幣をシフトし、IDを皮膚に埋め込む事を明らかにしています。マイナンバーカードから始まり、便利さに慣れさせた時点で、埋め込みにシフトするでしょう。

マイナンバー不祥事がもっと増える事で、マイナンバー廃止運動になれば良いです。しかし政府は「埋め込みなら不正できない」と言い出しそうですが…

LGBT

自認という言葉で、何でも許される世の中になってしまいます。スペインでもあらゆる事態を想定しているようです。

独り言

ユニーク(唯一無二)である事が、求められる時代になっていくと思います。何をするにしても、リサーチ、パクリのパターンが出来上がっているからです。そして今まだそれが通用するので、みんながそこに殺到しています。

アメリカではそういう人がもう飽和状態です。みんなが同じ事をやるので、手の内も見破られています。誰かのコピーのコピーのコピーというのはダサいです。

「3か月で結果を出す」とか無理な話だと僕は思います。しかし今の世の中「3か月はとても長い」といいます。つまりそれだけ簡単にお金を稼げて、稼げなければおかしいという考えです。

何でもいいから稼ぎたい、という考えは僕は反対です。僕はゼロ円でも幸せだから続けたい、というものをやっています。それが出来ないのは危険だと思います。

お金という結果は、メンタルな浮き沈みが伴うからです。有名youtuberで鬱になった人の話を、ブラジル人から聞きました。自殺する人が多いといいます。

お金は一瞬のハイを味わわせます。それが終わると一気にローに落とします。だからお金を目当てにやっていると、精神的にきついといいます。

プロ野球選手が分かりやすいです。結果次第ですぐに減俸、公表されます。良ければ良い、でもその度に気分は浮き沈みます。

毎年結果を出さねばというプレッシャーの中、常に若手が自分の地位を脅かします。同時に年を重ねるごとに、肉体は衰えて行きます。こんな状態でまともな精神を保つのは難しいです。

だから一流選手ほど、自分の事しか考えず、人と比較せず、マイペースにしがみつきます。自分がプレー出来る事に感謝し、好きな野球を続ける事にフォーカスします。肉体と精神のコンディション作りが全てなのです。

結果はついてくるもの、と考えます。結果を出そうとするほど空回りする事は、若い時に経験ずみだからです。リラックスして、周りに振り回されなければ、それで良しとします。

ユニーク(唯一無二)である自負がなければ難しいです。プロ野球はそれでいて、40歳までプレーできれば幸せという業界です。大金はご褒美、デザートのようなものです。

ビジネスの良い所は野球と違い、40歳で終わらない事です。それだけの稼ぐ時間があるのです。チャンスはいくらでも巡ってきます。

つまり長期的視点に立ち、良い基礎を自分に築く事が大切だと思います。そうすれば、好きな事をしながら、生涯稼ぎ続ける事は、可能だと考えています。目の前の金を追い求めず、良い基礎の上に、ブランドを作るべきです。

ビジネスの世界は変化が激しく、対応するだけでも大変です。常に学び続け、時代に敏感でなければいけません。競争も激しく、若者がどんどん台頭してきます。

その部分ではプロアスリートと同じです。

そんな状況の中で、まともな精神状態を保つのは困難です。だからこそ上手く行かなくてもへこたれない基礎が不可欠です。それにはユニークさを確立すべきです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
是非シェアして下さい