Wed

是非シェアして下さい

サウンド・オブ・フリーダムの大ヒットは、色んな反響を生んでいます。ペドは生きた心地がしないでしょう。そうです、この調子で覚醒者を増やして行きましょう。

酷評するのもペドだった

いわゆる「メディア評論家」に至るまで、映画業界はペドの巣窟だと判明しました。彼らは児童売春を合法化すべきだと唱えます。

サウンド・オブ・フリーダムを、QAnonムーブメントと結びつけ陰謀論のレッテルを貼ろうとします。

この映画のヒットによって、小児性愛者達はアメリカ国民全員を敵にしたという恐怖を覚えているでしょう。それはこの評論家達も同じです。彼らの絶望的な訴えにも取れます。記事にはこの映画以前のペドによる意見も含まれてますが…

テレビ、新聞、雑誌から情報を得る人、主流メディアの方が信用できると考える人は、情報源をよく知るべきです。彼らがどういう人間なのかを。

大雑把な情報より、詳細に知るべきだと思うので記事をそのまま引用しました。

反児童人身売買映画『サウンド・オブ・フリーダム』に対する主な中傷のひとつである企業メディア評論家が、児童性虐待の常態化を提唱する過激な小児性愛者団体と結びついていることが判明した。

スレイ・ニュースが報じたように、映画は興行収入で予想を上回る大ヒットを記録している。

この映画は、実在のヒーロー、ティム・バラードの物語である。

キリストの受難』のジム・カヴィーゼル演じるバラードは、国土安全保障省での小児性愛者狩りの仕事を辞め、コロンビアで性犯罪にあった子供たちを救出する。

この映画の成功は、国際的な児童人身売買産業という問題にあらためて注目を集めることになった。

しかし、この映画は予想外に、しかしむしろ予想通り、左派メディアの批評家たちから攻撃され、中傷されている。

音楽雑誌から左翼プロパガンダに転じた『ローリング・ストーン』誌は、『サウンド・オブ・フリーダム』を “脳ミソの弱いオヤジのためのスーパーヒーロー映画 “と非難した。

Jezebelは、「『サウンド・オブ・フリーダム』はQAnonにふさわしい反児童人身売買ファンタジーだ」と報じた。

今、この映画を攻撃している批評家の一人が、小児性愛者を “Minor Attracted Persons(MAPs)”として再キャスティングする活動を主導しているグループに所属していることが暴露された。

現在、Twitchyと左翼主義の専門家アンディ・ンゴは、”Sound of Freedom “を中傷する最新の企業メディアのハッカー、ノア・バーラツキーについての詳細を明らかにしている。

ガーディアン』や『ビジネス・インサイダー』といった左翼系メディアに寄稿するベルラツキーは、自分の妻が “バイセクシュアルでノンバイナリー “であり、自分の子供が “トランスジェンダー “であることを自慢している。

彼はまた、小児性愛推進財団プロスタシアの元スポークスマンでもある。

プロスタジアは、小児性愛者を “汚名 “の被害者として再認識させ、児童虐待者を “MAP “として再表示させるという、左翼のエスカレートするキャンペーンを推進する主要団体である。

Wonder Woman:Wonder Woman: Bondage and Feminism in the Marston/Peter Comics, 1941-1948 “の著者であるバーラスキーは、土曜日のブルームバーグに “QAnon and ‘Sound of Freedom’ Both Rely on Tired Hollywood Tropes “という見出しのオピニオン記事を寄稿した。

また、ンゴが日曜日にツイートしたように、「左翼活動家ノア・バーラツキー@berlatは、M.A.P.(マイナー・アトラクテッド・パーソン)擁護団体『プロスタシア』のスポークスパーソンだった」。

“2017年、彼は小児性愛者は憎悪のために変質者に指定される汚名を着せられたグループだ”とツイート↓

ンゴは自身のツイッターのスレッドで、ベルラスキーが「児童性的労働者の自律性についてこんなエッセイも書いている」と暴露する別のツイートを出した。

“彼は、ほとんどの児童人身売買の被害者は強制されていないと述べた。”↓

このツイートは、プロスタシア財団のウェブサイトに掲載された2021年5月の記事のスクリーンショットにリンクしており、”Noah Berlatsky “という副題がついている。

このエッセイ “Child trafficking narratives are misleading “は、プロスタシア財団のウェブサイトに残っている。

しかし、報道時点では、ベルラツキーの傍線は不思議なことに “Staff Contributor “に置き換えられていた。

その中でベルラスキーは、彼が “セックスワーク “と呼ぶ強制売春に従事しているほとんどの子どもたちは誘拐されたのではないと主張している。

彼らは生き延びるために自ら進んで売春に手を染めるのだと主張している。

子どもの「セックスワーカー」を保護する最善の方法は、子どもを含むすべての売春を非犯罪化することだという。

ベルラスキーは、児童買春を合法化することで、金を払う客は、自分たちが小児性愛者であることをさらけ出しても、警察に通報することができると主張する。

アラスカの団体CUSP(Community United for Safety and Protection)の左翼セックスワーカー活動家タラ・バーンズを引き合いに出し、バーラスキーはこう書いている(強調):「では、法執行機関やサービス提供者は、未成年者の性売買を助けるために何ができるだろうか?

「バーンズはまず、実際に強要されている人々のためにできる最も重要なことは、性産業を非犯罪化することだと主張する。

そうすれば、『周囲の誰もが法執行機関に通報できるようになる』と彼女は言う。

「未成年者がセックスを強要されていることに最も気づきやすいのは、他のセックスワーカーや客です」

「しかし、セックスワーカーや顧客が警察に通報すれば、彼ら自身が逮捕される可能性が高く、非常に重い罪に問われる可能性がある」

ベルラスキーの『サウンド・オブ・フリーダム』評では、反児童人身売買の物語がQAnonに大きく焦点を当てられ、ファシズムとの関連性まで指摘されている。

この記事は、次の2つのパラグラフで締めくくられている:

学者のロバート・パクストンは、ファシズムはとりわけ「統一、エネルギー、純粋さのカルト」によって特徴づけられ、”内部浄化 “の目標を追求すると主張する。

極右は堕落した無垢と復讐された腐敗の神話に突き動かされている。

それはQAnonを見ればわかる。

しかし、ハリウッド自身の人身売買の物語にも見ることができる。

では、『サウンド・オブ・フリーダム』はQAnonの犬笛なのか、それとも単なるスリラーなのか?

その答えは、映画製作者の意図がどうであれ、この映画はその両方として機能しているということだ。

このような物語は、被害者をほとんど救わない。

しかし、保守的な陰謀論者と主流派を結びつける感情、嫌悪感、正義の怒りの連合体を作り出すことはできる。

だからトランプはそれを選別しているのだ。

だからこそ、この映画の人気は不吉なのだ。

ンゴのツイートは、ベルラツキーによる2017年の実際のツイートとリンクしている:「小児性愛者は本質的に汚名を着せられたグループだ。

“特定の人々は変質者として指定され、人々は彼らを憎む”

発掘されたこのツイートは、「MAP」擁護派のアプローチを的確に要約している。この柔らかい用語は、自分が子どもに性的な魅力を感じていることは認めるが、性的倒錯的な欲望を行動に移していない人たちの汚名を脱ぐものだと強調する–まだ。

しかし、WNDが指摘するように、子供と性的接触を持ちたいという気持ちの悪い願望を抱きやすい大人に適用される用語を水増しし、これらの大人を差別や社会的「憎悪」の犠牲者として描くことは、彼らに同情を抱かせ、小児性愛を正常化する危険な第一歩であると批判する。

「BUSTED」と題された記事の中でブルームバーグのライターが『サウンド・オブ・フリーダム』を「QAnonの映画としてペド・グループと関係があると酷評している」と題する記事で、Twitchyのライター、サム・Pは次のように書いている。

「君たち、ギャル、君たちが何を名乗ろうとも、児童性的売買は悲しいことに現実に起きていることであり、決して党派的であってはならない問題なのだ」

「もしあなたが、短所(保守派)を所有するために児童性的人身売買を擁護していることに気づいたら、あなたはひどい人間です」

そして、ベルラツキーに関するンゴのツイートを示した後、こう書いている。ノア・ベルラツキー”

Twitchyのライターは、「『サウンド・オブ・フリーダム』のような映画に異を唱える人がいるのは本当に奇妙なことだ……」と述べている。

「もちろん、異議を唱える人々が小児性愛団体と不気味なつながりを持ち、小児性愛者を本当の被害者のように思わせようとしているのであれば話は別だが……」と述べている。

彼女はまた、ベルラツキーが彼の関連性が知られた後、彼のツイッターアカウントを非公開にしたと報告している:”注意、ベルラツキーもロックされているので、(ツイッターで)ブロックされていなくても、すでに彼をフォローしていない限り、彼のツイートを見ることはできません。

「彼は家を一掃しようとしているのだろうか?

生徒の子供が “性転換 “していることを親に知らせないという公式方針を維持している全国1000校以上の学校を含む、プロ・トランスジェンダーの青少年向けプログラムが爆発的に増加する中、LGBT過激派の批評家たちは、子供たちの無邪気さ、健康、安全への脅威として、親の権利の浸食を警告している。

そして今、多くの人々が左翼主導の性的探求と「寛容」の「最後のフロンティア」と見なしている、小児性愛の主流化の可能性が出てきた。

結局のところ、もし子どもがアイデンティティとして異性の「性別」を選択し、その目標に向かって身体的・ホルモン的変化を起こすプロセスを、両親の知識や意見なしに開始できるのであれば、「進歩主義者」たちが、子どもは大人を含む誰とでも性的関係を追求する「権利」を持っていると主張するのは、いつになるのだろうか、と批判者たちは言う。

悪名高いNAMBLA(North American Man/Boy Love Association)は、性愛を推進する団体であるが、長い間、子どもたちの性的自律を支持してきた。

NAMBLAは初期の “ゲイ・プライド “パレードに参加したが、小児性愛者と結びつくことが “ゲイ解放 “の大義を傷つけると理解した同性愛活動家によって追放された。

近年、小児性愛者とは対照的に「MAP」を擁護する最初のグループは、”B4U-ACT “と呼ばれている。

その使命は、”子供に性的魅力を感じる個人(成人および青年)が直面する問題について、一般の人々を教育すること “である。

バーラスキーがスポークスマンを務めていたプロスタジア財団は、B4U-ACTのアプローチに賛同している。

両団体は、実際の児童性的虐待を抑制する一方で、子どもに対する大人の性的 “魅力 “を単なる “性的嗜好 “として切り離すことを目的としていると主張している。

彼らが主張するのは、大人が子どもをレイプしたいという願望は、一見先天的で変えようがないように見えるが、それゆえに社会に受け入れられなければならないということである。

プロスタジアのサイトにリンクされている学術論文にはこうある:「小児性愛が変えられるという証拠はない。介入は、子どもへの性的反応を減らすか、自己管理能力を高めることを目的としている。

プロスタジアのブログに掲載された1月9日付の記事「タブーな妄想、真の被害削減」は、タブー視される性的欲求を持つ人々に、「最も汚名を着せられた魅力的な感情でさえも」妄想するよう勧めている。「MAP」(良識ある人々には小児性愛者として知られている)の場合は、大人が子どもに関わる性的妄想をすることだろう。

作家のエイラ・デュヴァルは言う:「フィクションの空間では、魅力、ロマンス、興奮といった最も汚名を着せられた感情でさえも、自由に探求し、表現することができる。

「自分自身や他人を危険にさらすかもしれないという不安なしに。

「ジェットコースターのように、危険と隣り合わせのスリルを味わえる。

しかし、”MAP “への同情を生み、小児性愛者がその倒錯した欲望を空想することを承認することは、『サウンド・オブ・フリーダム』の人気からして、性犯罪者から子供たちを守る現実的な必要性にもっと関心を寄せている、日常のアメリカ人の心からはきっと遠い。

バーラストキーのような冷笑的な左翼イデオローグは、『サウンド・オブ・フリーダム』的な「物語は被害者をほとんど救わない」と主張するが、それこそが『SOF』の主演俳優カヴィーゼルがこの映画で望んでいることなのだ。

映画のエンディング後に上映された、劇場に足を運んだ観客への特別メッセージの中で、彼はこう述べている:サウンド・オブ・フリーダム』は、この世界を正当に変えることができる映画のひとつであり、観客の心に火をつけ、私たちの助けを必要としている何百万人もの子どもたちの暗い現実に目を向けさせたいのです。

「この映画を歴史的な出来事にし、子どもの人身売買をなくすきっかけにしよう……」

今日チケットを予約すれば、”神の子どもたちはもはや売り物ではない “というメッセージを送ることができます。

ドリーム

ベン・ポーリング監督兼俳優は、8月に夢を見ました。少女がイベント中に誘拐されてしまったという内容なのですが、「何かせねば」と神様に示されたそうです。そして彼はそのまま映画化しました。

この映画はアメリカ国内で起きている人身売買にフォーカスされているそうです。今、製作中ですが、少し動画で見る事ができます。

サウンド・オブ・フリーダムで終わらず、どんどん作品を発表してもらいたいです。これこそ情報開示では?自然な形で広まって行くので、庶民のショックは最小限だと思います。

子どもの人身売買がメインストリームで注目されるなか、『ドリーム』というタイトルの新作映画が製作中だ。One Americaのダーナ・アレクサが、この映画の監督兼俳優であるベン・ポーリングに話を聞いた。

良いニュース

昨日の動画の続きです。悪魔の働きに対抗する、善人の働きも知るべきです。上のベン・ポーリングも、ティム・バラード、ジム・カヴィーゼルも、これまで紹介して来た人達は全員クリスチャンです。

読者の皆さんも、彼らの働きの素晴らしい協力者です。彼らに注がれる守りと、力と、祝福が、読者の皆さんの上にも注がれますように。

トランスという抜け道

性自認というものが、犯罪の隠れ蓑になります。犯罪者がトランスを名乗り「性同一障害者」として釈放されました。こんな事が許されてはなりません。

現在はクレア・フォックスと名乗っているクライヴ・バンディ(61歳)は、9年間にわたって8歳の娘に性的虐待を加え、他の小児性愛者たちに彼女の露骨な写真をネット上で共有させたとして、2016年に判決を受けた。

60年間男性として生き、8人の子どもをもうけたバンディは、2021年に収監されている間にトランスジェンダーであると主張した。彼の決断は批判と疑惑を呼び、多くの人が、彼が法制度を操作するための皮肉な策略としてトランスジェンダーになったのだと指摘している。

現在24歳のセリ・リー・ガルヴィンは、バンディの恐ろしい犯罪の被害者だった。匿名の権利を放棄した彼女は、父親の釈放を糾弾し、性犯罪者が新しい性自認を採用することで過去を隠すことができる法律の抜け穴に注意を喚起するために名乗り出た。

「父は女性ではありませんし、そのように認識することを拒否します。「刑務所で生きやすくするために性別を変えたのです。でも今は出所して、会う人会う人を騙すといういつもの手口を使っています」

「私は子供の頃、今は女性だと自認している男性に虐待されましたが、彼が私に話すことを許したので知っているだけです。彼のプライバシーの権利が、被害者である私のどんな権利よりも優先されるようで、呆れるばかりです」

とGWPは報じている:トランスジェンダーであるという主張にもかかわらず、バンディは自分の犯罪を反省しておらず、子供たちに魅力を感じていることを公然と認めている。

彼女は、地元の学校や当局に彼の存在についての情報が伝わっていないことに懸念を表明した。

「私が知る限り、地元の学校に彼の存在を伝えるための会合は開かれていません。彼はこのコミュニティに入れられ、食べ物、家具、家、ノートパソコンなど、望むものすべてを与えられているのです」。

私は決してトランスフォビアではありませんし、純粋に移行する必要がある人々をとても気の毒に思っています。このようなケースのせいで、彼らはスティグマ(烙印)を押され、さらに悪い状況に直面します。でも、子どもに対する性犯罪で有罪判決を受けた人たちが、突然、女性になりたいと言い出すことは、決してあってはならないことなのです」。

彼女はさらに、バンディが性同一性障害だと主張するようになったのは、2021年末に開かれた刑務所に移される予定だったが、仲間の囚人と暴力的な口論をしたときだと明かした。

“これは2021年末に彼が開かれた刑務所に移される予定であったが、仲間の囚人と喧嘩をし、移されるのを止めるほどの深刻な事態になった時に生じた。彼が性転換に踏み切ったのは、60歳近くになってからで、ずっとマッチョな男で、8人の子供をもうけ、性同一性障害についてこれまで一度も口にしたことがなかった。

セリ・リーは父親が甘やかされていると感じている。20代で準軍隊に短期間所属していたにもかかわらず、刑務所が化粧品や婦人服を提供し、軍隊のための慈善団体が生活必需品を支給している。

「彼は彼らを騙している。彼は兵士ではなかった。全てがとんでもないことです」とセリ・リーは言った。

「今のところ、動揺と傷と失望しか感じない。今はただ、動揺と傷つきと失望しか感じない。彼は女性ではなく、私の子供時代を奪った人を操る虐待者です」とセリ・リーは自身のツイッターに書いた。

セリ・リーは、トランスジェンダーであることを利用すれば、性犯罪者が司法から逃れることができる可能性があると主張した。名前と性別を変更する能力は、事実上、新しいアイデンティティと明確な警察記録をもたらし、事実上、DBSチェックを逃れることになるかもしれない。

子供を守る法律

性転換手術から子供を守る法案が提出されました。マージョリー・テイラー議員も出してます。上述の犯罪者のトランス問題だけでなく、子供の性転換手術の問題も大きいです。病院は巨大な利益のため、左派の意見を封じようとしません。それどころか、じゃんじゃん手術し、じゃんじゃん設けています。

これらの問題を日本は、これから自ら進んで作ろうとしているのです。そんな事をしようとしている連中は、「首に石臼を結え付けられて、海の底に投げ込まれる方がまだマシだ」とイエス様は言いました。

J.D.バンス上院議員は、未成年者の性転換を禁止する「子どもの無垢を守る法律」を上院に提出した。

マージョリー・テイラー・グリーン議員はもともと下院でこの法案を提出していた。
この法案は、未成年の子どもに対する性器切除や化学的去勢を犯罪化することを目的としており、未成年に思春期阻害剤、ホルモン剤、外科的性転換手術を施すことをC級重罪とするものである。

この法律に違反した場合、10年から25年の懲役または最高25万ドルの罰金が科せられる可能性がある。

さらに、この法案では、高等教育機関がいわゆる「ジェンダーを肯定するケア」に関する指導を行うことを禁止し、未成年者にトランスジェンダー治療を行った外国籍の者は、ビザを取得したり米国に入国する資格がないとみなす。

法案では、「性別を肯定する医療」とは、去勢手術、睾丸摘出術、陰嚢形成術、パイプカット術、子宮摘出術、卵巣摘出術、卵巣摘出術、メトイド形成術、陰茎摘出術、膣形成術、膣切除術、外陰形成術、甲状軟骨形成術、軟骨形成術、乳房切除術など、十数種類の手術や治療を指すと説明している。

これらの治療法の多くは、患者を不可逆的に不妊化し、あるいは醜くする。
新しい研究についてのマッカロー博士は、”COVID-19ワクチンキャンペーンは新しい患者の潮流を生み出した”
また、未成年者に対しては、”生物学的性別と異なる性別に対応するように身体を変化させる目的 “で、”顔の特徴を女性化または男性化する整形手術”、”女性的な乳房を作るための豊胸手術”、”臀部への脂肪や人工的なインプラントの挿入 “を禁止している。

「いかなる場合においても、医師が未成年の子どもに対して、このようなぞっとするような、取り返しのつかない手術を行うことは許されるべきではありません。この法律によって、数え切れないほどの若いアメリカ人を、生涯の苦しみと後悔から救うことができるのです。この問題をリードしてくれたマージョリー・テイラー・グリーン下院議員に感謝するとともに、このような人生を左右する手術から子どもたちを守るため、上院の同僚と協力することを楽しみにしています」と、バンスは法案提出前にDaily Caller紙に語っている。

グリーン議員は、共和党議員全員にこの法案を支持するよう呼びかけている。
「子どもたちを性的に扱い、最も罪のない子どもたち、社会の中で最も弱い立場にある子どもたちに、このようなことを押し付けるイデオロギーがあります。「私たちは子どもたちを守りたい。共和党は子供たちを守る政党です」

世界的飢餓の創出

少し大袈裟な記事に感じますが、WEFの目的をそのまま表しており、正しい記事だと思います。元ネタの記事は、もう少し控え目な表現がされています。露骨に「世界的飢餓で人口削減」などと書く訳には行きませんから。以下は、the people’s voiceからの引用です。

WEFに入り込んだ13カ国が「地球を救う」ために世界的飢饉を起こすことに合意

メタン排出量」を削減するという名目で、13カ国が農業生産を廃止し、すべての農場を閉鎖することで世界的飢饉を引き起こすという誓約書に署名した。

アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、ブルキナファソ、チリ、チェコ共和国、エクアドル、ドイツ、パナマ、ペルー、スペイン、アメリカ、ウルグアイ。

グローバリスト・エリートたちの目標は、食肉をなくし、地球の人口を減らして、残された人間をよりよくコントロールすることだ。彼らは偽りの「気候変動危機」を口実に、こうした過疎化政策を実施するだろう。

スペインのルイス・プラナス農業・漁業・食糧大臣が最近述べたように、「気候に関するパリ協定で署名した目標を達成する手段として、農業からのメタン排出を緩和するという国際社会の共通のコミットメントを目の当たりにして嬉しく思う」。

“食品システムはメタン排出の60%を担っている “と、グローバル・メタン・ハブのマルセロ・メナCEOは警告する。彼女は農業が地球を破壊していると言っているのだ。それゆえ、彼らは農場を閉鎖するよう要求している。農場がなければ食料もない。そして食料がなければ、週末にカマラ・ハリスが要求していたことが実現する:「人口削減」だ

そして彼らの論理はこうだ:食料=地球温暖化。だから、彼らは食料を攻撃し、それを遮断しているのだ。

カリカリの偽肉パテやクリケット・マックナゲットを楽しもう。政府が農場や牧場を閉鎖するため、肉は手に入らなくなる。ジャーナリストのレオ・ホーマンはこう説明する:

この言葉から推測できるのは、肉牛や乳牛、豚肉、鶏肉など、国民がタンパク源としている資源の大部分を、昆虫の幼虫やミールワーム、コオロギなどに置き換えることが検討されているということだ。

国連、世界経済フォーラム、その他のNGOは何年も前から肉を食べない食生活と昆虫タンパク質の摂取を推進しており、億万長者たちはイリノイ州、カナダ、オランダに建設される大規模な昆虫工場に投資している。そこではミールワーム、コオロギ、その他の昆虫が添加物として加工され、多くの場合、人々が何を食べているのかを正確に知らせる明確なラベルなしに、食品供給源に挿入される。

ホーマンはまた、2025年までにアメリカの人口が70%近く減少するというディーゲル社の予測にも言及し、次のように述べている:

戦争、飢饉、疫病ほど効率的な過疎化の方法はない。戦争、飢餓、疫病ほど効率的な過疎化の方法はない。この3つの伝統的な殺人方法が、今まさに実行に移されているのは興味深いことではないか?

国連によれば、世界人口の30%近くが食料を常時入手できず、約9億人が「深刻な食料不安」に直面しているという。以上、引用終わり。

以下は元ネタなのですが、転載禁止と書かれているので紹介できません。

独り言

ハイパーインフレ…ブラジルで過ごした最初の4ヶ月は、経済長期低迷期最後の4ヶ月でした。当時、僕はお金をかけないで生活していました。ハイパーインフレでは、お金をおろしても、すぐにお金の価値が下がります。

それにまとまった現金を持っているのも、ブラジルでは危険です。
よってお金を使わない生活を余儀なくされましたが、ラッキーな事に助けがありました。

ブラジルのハイパーインフレ
Wikipediaによると、1986年から1994年までの8年間に、2兆7500億分の1のハイパーインフレーションが生じたとあります。1993年、通貨がレアルに変わる前年のインフレ率が2489%でした。

​検討もつかない数字ですね。色んな統計がありまして、ある統計では1993年は2477.15%です。

1000円のTシャツが、1年後には2万4771円に値上がるようなものです。80年から94年にかけての、年間インフレ率の平均は728.55%です。レアルに変わってからの平均は7.33%にまで落ちました。

数字的にはこんな感じです。実際にはどんな生活だったかというと…

給料日に買い込むという感じです。給料日が最もお金の価値が高いので、すぐモノに変えておかねばなりません。ショッピングセンターでは、みんなカートに目一杯詰め込んでいました。

明日になったら、同じお金でも買えなかったりする訳です。ブラジルに行く前は、日本に出稼ぎ労働している彼らに驚いたものです。すごい衝動買いするよなあ、と。

日本に来て、モノが溢れて、何でも買えるという誘惑だけでなく、ハイパーインフレによる脅迫感が染み付いていたのかもしれません。ハイパーインフレでは、経済弱者が上にのし上がる事は不可能です。だから家族、親族、友人、近所仲間で助け合うに限ります。

今はどうか知りませんが、当時のブラジルの学校では勉強は半日だけでした。午前、午後に分かれていて、半日は働いて家計を助けます。子供が普通に車の修理の手伝いなどして、働いていました。女の子は大抵家政婦です。

ですので、料理、洗濯(洗濯板で洗います)、掃除(モップがけ)がしっかりできたりします。当時の最低賃金が、7000円/月だったのを覚えています。僕の住んでいたキリスト教宣教団体の寮にも、家政婦がいて、僕の部屋を掃除してもらってました。

​10代の年頃の女の子に、僕のトイレなどを掃除して貰い、心苦しかったのを覚えています。

移動手段はバスでした。バスに乗るのも驚きでした。バス賃が確か、毎週か隔週で値上がりして行きました。

​「この値上げが永遠に続くのか…」

そんな驚きと恐怖を覚えています。

​1994年の6月、ハイパーインフレ最後の月のインフレ率は何と47.63%でした。毎月40%を超えるインフレ率、何となく想像できるでしょうか?バス代がいくらか覚えていないので、分かりやすくいうと…

例えば、100円のコンビニコーヒーの場合

1月に100円だったとすると、2月には140円、3月には196円、4月には274円、5月には384円、6月には537円という具合だったのです。まさに雪だるま式に値上がりして行くのです。時間と共に現金は紙切れ同然となるのです。

ブラジルは危ないので、父がクレジットカードを持たせてくれました。しかし、当時ブラジルの田舎でカード払いできる店はありません。現金を持つのは危険ですし、すぐにその価値も目減りします。

そもそもキャッシングできる銀行もありません。1時間バスに揺られてセントロ(中心街)まで行き、必要なだけおろして帰るという生活でした。当然、お金を使わない生活を強いられます。どうやって暮らしていたのかというと…

そもそもお金を稼げない身分でした。何も知らなかった僕は、観光ビザでブラジルに行きました。その身分では働いて給料をもらうことはできません。しかしアメリカ人宣教師の家族がやっていたバンドが、僕を招いてくれました。

給料ではなく、部屋と食事などを支給して貰う事となり、結果その方が助かりました。お金を持つよりシンプルです。物々交換というか、サービスと物の交換です。

こういう生き方もあるんですね。

​インフレに慣れていない僕にはありがたかったです。インフレが終わってからの半年は、バンドのメンバー(ブラジル人)とアパートを借りて住みました。ハイパーインフレというと、カオスな状態を想像するかもしれません。

でも意外にみんな楽しそうに暮らしていました。彼らは人生を楽しむプロです。

もちろん給料もインフレで上がるのですが、もらった給料はどんどん目減りします。車や家などを買う事は難しいです。貧乏から決して抜け出られない状況でした。

それでも明るく陽気なアミーゴでした、そんな彼らを愛さずにいられません。​


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
是非シェアして下さい