Wed

是非シェアして下さい

WEFはハイテク兵器を用いて、大衆心理をコントロールできると言いました。彼らが中共と協力する時、底なしに邪悪な計画が推し進められます。

グレートリセット

彼らは彼らのアジェンダを進めるしか、道は残されてません。やめれば逮捕されます。あたかも世界の覇者であるかのように振る舞い、非道を繰り返すのみ。その間、多くの人の目は開かれていきます。

宗教を利用

マクスウェルはユダヤ教に回心したそうです。旧約聖書の創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記、いわゆる「モーセ五書」の律法から、その恩恵を主張。安息日やパンとワインなど、信教の自由を盾に恩恵を受けているそうです。

これは完全な思い違いであり、トーラーによれば彼女のしてきた事は、何度も死刑に値するという、大前提をすっ飛ばしています。

サン紙によると「安息日を守るため、金曜日の日没から25時間仕事が免除」「ユダヤ教の祝日には刑務所の仕事を休むことができる」「儀式に関連するワインやブドウジュース、そしてパンを裂くことができる」

この詳細は、刑務所の状況を調査しているジャーナリストのシルヤ・J.A.タルヴィによって明らかにされた。

タルヴィは、ニューヨークを拠点とするリーチング・アウトと呼ばれる公民権囚人組織から、マックスウェルが刑務所で連絡を受けたと『ザ・サンオンサンデー』紙に語った。

この団体は特にユダヤ人受刑者を支援しており、他の受刑者を通じてギスレインに連絡を取った。

マクスウェルのプレス男爵の父ロバートは、チェコスロバキアの正統派ユダヤ人の家庭に生まれた。

彼は、第二次世界大戦前に宗教をやめたが、今でも自分はユダヤ人だと考えていると述べた。

インフォウォーズによると:[リーチング・アウトのスポークスマンは言う:「マクスウェルは私たちの組織と連絡を取っています。

「マクスウェルは私たちの組織と連絡を取り合っています。リーチング・アウトのウェブサイトによると、彼らはチャバド・ルバヴィッチの一部であり、投獄は「ユダヤ人の刑罰の正当な形」ではない(つまり、ユダヤ人は刑務所を免除されるべきである)と考えている」

「リーチング・アウトは、”ユダヤ人の囚人に関する律法の見解 “と題するページでこう述べている。

“ルバビッチャー・レベは、単純明快に、トーラーには刑罰としての牢獄の出典はないと教えている。”

これが、チャバド=ルバビッチがトランプ/クシュナーの “刑事司法改革 “の原動力となり、チャバドとつながりのある詐欺師たちを恩赦するようトランプ大統領に働きかけた理由なのだろうか?

さらに、ユダヤ人権団体と連絡をとっているそうで、トーラー(モーセ五書)には投獄に関する記述がないとの事で、彼女の服役を取り消そうとしています。

脳に指令

中国で発展した技術をWEFが入手。マイクロ波により、脳をコントロールする兵器だそうです。それはパンデミック時にオーストラリアで使われました。オーストラリアは今やWEFの試運転場となっています。

それはCBDCにおいても然り。デジタルマネー移行は、着々と進んでいます。

ワシントン・タイムズ紙
「多くの人には知られていないが、中国共産党(CCP)とその人民解放軍(PLA)は、ニューロストライク兵器の開発において世界のリーダーとしての地位を確立している」
ワシントン・タイムズ紙はこの研究書のコピーを入手し、神経攻撃兵器は “マイクロ波や他の指向性エネルギー兵器を携帯銃や電磁ビームを発射する大型兵器に使用し、脳を直接攻撃または制御する “と述べている。

「ニューロストライクとは軍事用語で、非運動学的技術を使って軍人や民間人の脳を攻撃することである。その目的は、思考を損ない、状況認識を低下させ、長期的な神経学的ダメージを与え、正常な認知機能を曇らせることである」

選挙で選ばれた議員が有権者の利益のために戦うのではなく、グローバリストの売国奴ばかりが議会を占め、アメリカ人に危害を加えるような決定を積極的に下し、明らかに怪しげな未知の行為者から命令を受けているのは、このためかもしれない。

例えば、RINOの売国奴であるミッチ・マコーネルは、今週の記者会見で凍りつき、具合が悪そうだった。彼の右側にいる緑のパンツスーツを着た女性に注目してほしい。

議会は、外部からコントロールされている無能な脳筋グローバリストで占められている。カリフォルニアのダイアン・ファインスタインは、自分がまだ自分の心を持っているふりをしてさえいない。

ジョン・フェターマン上院議員は、完全に挙動不審だ。

グローバリストの政治家たちは、自分たちが何を言っているのか、何を支持しているのか、まったくわかっていない。

バイデンを操っているのが誰であれ、周波数を少し上げすぎたのかもしれない。

自分の心をコントロールできないのは、選挙で選ばれた有名な議員だけではない。
バイデン政権は、米国の外交官、諜報員、軍隊が被った謎の脳損傷が増えているようなので、その調査を迫っている。

The People’s Voice』が2019年に報じたように、キューバのアメリカ大使館で働いていたCIA諜報員を含む少なくとも25人のアメリカ人が、視力障害や記憶喪失などの持続的な症状に苦しんでいた。

また、中国にいる少なくとも15人のアメリカ人職員が原因不明の脳外傷に苦しんでいることもわかった。

WEFのマインドコントロール兵器を人類に配備しているのは中国だけではない。

オーストラリアはグローバリストのエリートに完全に浸透し、極左政府は地球上のどの国よりも残忍な共産主義規制を敷いた。

ビル・ゲイツは自分の命令に忠実に従ったオーストラリアを賞賛し、主流メディアはその犯罪を隠蔽しようとした。しかし、国会議事堂での監禁抗議行動中に政府が自国民に対して「音波兵器」を使用したという事実を完全に押さえ込むことはできなかった。

オーストラリア国営放送は、政府が国民に音波兵器を使用したことを認めている。

しかし、心配することはない。これらのマインドコントロール兵器は、自分たちの利益のために人々の頭の中にメッセージを流すために使われただけなのだから。

主流メディアが、グローバルエリートによって開発された神経攻撃兵器だけでなく、生物兵器や薬理兵器もあるという事実に目覚めるまで待ってほしい。頭は爆発するだろう。しかし、それはまた別の話だ。

グローバリストのエリートたちは、自分たちのしていることを隠したことはない。サインやシンボルを使おうが、公然と自慢話をしようが、エリートたちは自分たちの顔に泥を塗るのが好きなのだ。これは、人類を屈服させ続けるための、彼らの壮大な屈辱戦略の一部なのだ。

エリートたちと彼らの新世界秩序の計画を暴露し続けるためには、私たちが協力することが不可欠なのだ。

CBDCの世界的な展開は、「キャッシュレス社会」という形で、技術的権威主義の到来を告げるものだ。そこでは取引におけるプライバシーがすべて失われ、銀行や政府があなたのお金へのアクセスをすべて管理することになる。

過去1年間、オーストラリア政府と中央銀行は、現金のない世界のベータテストに参加してきた。国際決済銀行とのパートナーシップ・プロジェクトやマスターカードなどの企業との試運転は、この秋に終了しようとしている。

それが完了すれば、オーストラリアの官僚たちは急速にキャッシュレス・システムを導入する予定だ。

「オーストラリア国民はすでにキャッシュレス社会に移行している」とCBDCを擁護する。

オーストラリア人の32%が現金を使っていたのが、3年間でわずか16%になったという事実を挙げている。

しかし、彼らが言及していないのは、2020年以降、オーストラリアが積極的かつ強硬なコビッドの締め出しと義務化を行ったことで、国民がデジタルやオンラインショッピングにより依存するようになったということだ。

キャッシュレス社会への移行に備え、オーストラリアの上位4行はほとんどの支店で店頭での現金引き出しを廃止している。

現金を含むより複雑なバンキング・ニーズに対応するため、”特別センター “が設置される予定だ。しかし、全体的な傾向として、紙幣はゼロになり、国民は完全なデジタル化を余儀なくされる。

政府や選挙で選ばれたわけでもない官僚組織がお金の流れをコントロールするためにCBDCを使うことは、ソーシャル・エンジニアリング・プログラムと直接結びついている。

スレイニュースが報じたように、世界経済フォーラム(WEF)のメンバーはCBDCの「利点」について公然とほくそ笑んでいる。

WEFが最近開催した共産主義中国における新チャンピオン年次総会で、コーネル大学のエスワル・プラサド・トラーニ上級教授(通商政策)は、キャッシュレス社会を推進する根拠について、冷ややかな洞察を示した。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)とエリートが、社会の支出を管理することによって、いかに国民をコントロールできるようになるかについて語った。

経済学のトップ・エキスパートであり、元国際通貨基金(IMF)職員でもあるプラサドによれば、来るべきCBDCのみのキャッシュレス社会は、人々が “望ましい “とされることに従うように規制される。

プラサド氏は、「夏のダボス会議」で講演し、「デジタルマネーの利点」には市民の「プログラム可能性」が含まれると露骨に述べた。

例えば、政府は市民がデジタル通貨で購入できる商品をコントロールすることができる。

彼は、国民が “弾薬 “のような “あまり好ましくない “商品を購入することができなくなるとほくそ笑んだ。

プラサド氏は、「政府は、中央銀行の資金を使って、あるものは購入できるが、弾薬や麻薬、ポルノなど、政府があまり好ましくないと考えるものは購入できないと決定する」と述べた。

しかし、マイクロマネジメントはこれだけにとどまらない。

共産主義の中国で確立され、欧米の機関に忍び寄りつつある社会的信用採点の問題もある。

オーストラリアが西側諸国の中で最初にキャッシュレス構造を採用するのは理にかなっている。

政府は国民の抵抗を最小限に抑えながら、極端なコビド・ロックダウンを実施することに成功した。

政府はオーストラリア国民をキャッシュレス規制の最初の一撃の格好の標的と見ているのだろう。

ロシアが最後の砦

BRICsの力が拡大しているとはいえ、ロシアだけがまともな国です。エリートはロシアどうしても潰したいのです。

ダグラス・マクレガー大佐は、なぜグローバリストがロシアを破壊し、プーチンを置き換えることに熱心に取り組んでいるのかを次のように説明している。

「彼らの目的はロシアを破壊することだ。なぜだろう?彼らがプーチン大統領の後任を望んでいるのは、プーチン大統領が国家アイデンティティ、国語、正統派キリスト教の基盤に基づく国民文化を持つヨーロッパ最後の大国を統括しているからである。
それが理由だ。

「ロシアはグローバリストの敵だ。グローバリストは我々に何をしたのか?彼らは我々を希薄化し、我々の国家的アイデンティティを破壊し、我々の文化を排除するという特定の目的を持って我々の国に非ヨーロッパ人を押し寄せた。キリスト教が国内で文化的に行使​​できる残存権力を一掃することだ」

「西側諸国はロシアにそれをしたいのです 彼らはロシアにそれをしたいのです。ロシアには鉱物資源、農業資源、石油、ガス、レアメタルなどの膨大な資源があるからです。プーチン大統領を排除できれば、その資源を剥奪して私腹を肥やすことができます。だからこそロシアは消されなければならないのだが、ロシアは持ちこたえている」
「ロシアの強力な潜水艦戦力だ。原子力潜水艦を保有する国は世界で2国しかない。ロシアとアメリカだ。そしてロシアは、アメリカに核ミサイルを発射できる無人潜水艦を配備したことで、おそらくアメリカの能力を凌駕するレベルに達している。アメリカにはそれを防ぐ術も、その脅威に対抗する術もない」

日本も中共の餌食に

アメリカと同じ道を辿っています。時間をかけて浸潤して来ました。今アメリカで起きている問題は、そのまま日本の問題です。

ファイザー 「資料が手元にないので答えられません」 「あるから配るわ」
「コロナワクチンで心筋炎が起きる理由は?」 ファイザー幹部がワクチン提供後の実績に話をすり替え 「あぁ、理解できてないんだね、それで安全だってよく言えたね、それが理解できていないのであれば、『他の臓器も傷付けていない』ことをどうやって保証するの?」

ファイザー幹部が『非常に稀』だと言っている心筋炎・心膜炎は、日本の厚労省のたった一回の薬害審議結果でこれだけ出てきます

独り言

「デジタルミニマリズム-カルニューポート著」には、今起きている問題の起源について、はっきりと示しています。スマホが人をコントロールするように作られているので、抗うのは難しい。「ハマる人が悪いのでは無い」という事。

スティーブジョブズが発表した初代iPhoneは、純粋に「音楽が聴ける携帯」でした。Appストアはなく、彼自身の口からも「他人が作ったアプリでiPhoneに不調が起きたら大変だ」と否定的という発言があったそうです。つまり今の世の中で起きている事を狙った訳ではありませんでした。

トリスタン ハリスというグーグルのエンジニアが、内部告発しました。「シリコンバレーはアプリをプログラムしているのか?それとも人間か?」の問いに対して、「人間だ」と答えました。

企業は、ユーザーが依存症になる事で、金を儲けています。だから強烈な中毒性を、あらかじめ仕組んでいるのです。そのために何百億という金をつぎ込んで開発しているのです。

「テクでより良い世界を築こうとがんばっている」なんてのは大嘘。「脳幹の最深部を目指して突き進み、人間を思いのままに動かす」が本音です。シリコンバレーは悪意に満ちた企業が多いです。

ユーザーの魂を乗っ取ろうとしています。

心理学でいうと依存症とは、スマホも指すのです。普通は、脳内化学物質に直接作用する精神活性化合物を含む、アルコール、ドラッグ類だけと考えます。しかし、ギャンブル依存、セックス依存、スマホなどの「行為依存」も同じく依存だと言います。

今のデジタルライフは、あらかじめ一握りの投資家に莫大な利益をもたらすために、研究開発されました。我々が好き好んで望んだ現実ではなかった。仕組まれたのです。

それが真実である事を知らねばなりません。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
是非シェアして下さい