Tue

是非シェアして下さい

「愛は愛」はペドのスローガンです。愛があれば、子供とセックスしても構わないだろうというのです。それは愛ではなく狂った性癖です。

人口減は地球に良い

西側諸国の人口減少をWEFは喜んでいます。富んだ国は貧しい国の29倍も炭素排出すると言われており、結果的に地球のためになるという考えです。

しかし人口減少しても、移民の数と移民の出生数が増加の一途をたどり、移民の数も減らさなければ無意味だと思います。移民たちは、先進国の豊かな生活を楽しみたいわけですから。以下、People’s Voiceの記事をまとめました。

WEFのアドバイザー、オックスフォード大学のサラ・ハーパー教授は、エリート・グローバリスト界では非常に重要な人物です。テレグラフの記事には、彼女がWEFの高齢化社会に関するグローバル・アジェンダ委員会の委員を務めていることは書かれてません
彼女はテレグラフ紙に「世界の高所得、高消費の国々が子供の数を減らしているのは良いことだと思います。私はそのことを非常に肯定的に考えています」豊かな国々での少子化は、地球に悪影響を与える「現在の一般的な過剰消費」に対処するのに役立つだろうとも言いました。
「最も重要なことは、出生数の減少が裕福な国々からのCO2排出量の削減をもたらすこと」と指摘します。「裕福な国は貧しい国よりも二酸化炭素排出量が多い傾向がある」世界銀行の数字によれば、2020年の高所得国の炭素排出量は、一人当たりで低所得国の29倍でした。

イギリス国内の出生数が減少している一方で、移民の出生数は過去最高を記録しています。昨年生まれた子供のほぼ3人に1人が移民の母親による出産でした。前年比3600人増で、全出生数の30.3%を占めます。前回のピークは2020年の29.3%でした。父親を含めると、昨年生まれた子供の3人に1人以上が移民の親を持つことになります。ロンドンでは3分の2を占めました。

ドイツがビル・ゲイツの財団に何十億ドルもの税金を流し、「人口抑制」プログラムやその他の反人類的計画に資金を提供していたことが、議会の公式調査で明らかになった。
ドイツ政府は、議会グループ「DIE LINKE」の政治家たちから記録の提出を迫られ、資金提供の事実を明らかにせざるを得なくなった。
調査への回答により、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がドイツ政府から約38億ユーロ(41億5000万ドル)の資金提供を受けていることが明らかになった。

文書によれば、ドイツの納税者は、人口抑制プログラムや国連のアジェンダ2030を含む計画に数十億ドルを渡している。
ビル&メリンダ・ゲイツ財団のほかにも、グローバリストのロックフェラー財団や、ゲイツとつながりのあるワクチン推進団体のウェルカム・トラストにも多額の資金が流れている。

グローバリストのもうひとつの議題は、現金をデジタル通貨に置き換えることだ。
ドイツ政府もこの目標を支持しているようで、BMFGが資金提供する国連プロジェクト “Better Than Cash Alliance “を財政的に支援している。”Better Than Cash Alliance “は、「持続可能な開発目標を推進するために、現金から責任あるデジタル決済への移行を加速させる」ことを目指している。

この文書ではさらに、ドイツ政府の代表がゲイツ財団、ゲオルク・ソロス率いるオープン・ソサエティ財団、ウェルカム・トラスト、その他の国際財団の代表と定期的に会っていることが示されている。

ゲイツ財団がドイツの機関やメディアに惜しみなく寄付をする一方で、ドイツ政府から数十億ドルもの資金を受け取っているのだ。

たとえば、ゲイツ財団はドイツ最大の報道機関のひとつである『シュピーゲル』誌に数百万ドルを投資している。この例は、ディープ・ステートがこのような国際的な “慈善 “財団を通じて、地元の政治家やメディアに影響を与えながら活動していることを示している。

ドイツ政府が資金提供している数多くのプログラムの中には、人工妊娠中絶、破壊的な “ネット・ゼロ “や気候変動政策、アフリカでの人口抑制、医療安全保障国家の推進などがある。

ドイツ政府はさらに、マラウイとウガンダの子どもたちやティーンエイジャーに中絶や避妊について「教育」するプロジェクトにも資金を提供している。
この計画は、アフリカの人々が “多すぎる “子供を持つのを防ごうとするもので、疑惑の “人口過剰 “と闘うための努力である。

Gaviはドイツの納税者から6億ユーロを受け取っている。
政府はまた、将来のパンデミックに備えることを目的とした「パンデミック基金」にも1億1900万ユーロを融資した。

パイロットの死

ラテンアメリカの航空会社LATAMのパイロットが先週、マイアミからチリへ向かうボーイング787ドリームライナーに数百人の乗客を乗せたまま、飛行中に急死…彼は最近ワクチン接種したばかりでした。他の2人の副操縦士が機体を操縦し緊急着陸し、事故には至りませんでしたが。

この手のニュースはあまりに多く、飛行機の旅行はハイリスクとなりました。

モディファイドだった

先日、mRNAのmとはメッセンジャーではなく、モディファイドであろうと書きました。やはりそのようです。悪い事に、家畜、野菜などのDNAも改変し、それを食べると、我々も影響を受けてしまいます。下にPeople’s voiceの記事をまとめました。

ファイザーは嘘をつき、今、多くの人が死んでいる。新たに発表されたファイザー社の書類によると、mNRAの「m」は、私たちが言われたように「メッセンジャー」の略ではなく、実際には「モディファイド」の略である。トム・レンツ弁護士はツイッターで自身の研究を公開し、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンとして広く宣伝されているCOVID-19ワクチンが、実際にはmodRNAとして知られる実験室で作られたハイブリッドであることを暴露した。

mRNAはDNAにメッセージを送るためではなく、DNAを改変するために設計されているのだ。トム・レンツは、食品医薬品局(FDA)、疾病予防管理センター(CDC)、ファイザー社などが、COVID-19ワクチンの本質について世間を欺き、実験的製品についての真実を認めるのをワクチンキャンペーンが終わるまで待っていたと非難している。

レンツは声明の中で、広く認識されたmRNA技術とは「異なる」と主張している。

modRNA(修飾メッセンジャーRNA)とは、合成されたmRNAの特定の部位を変化させたものである。

レンツが説明するように、modRNAはより長く持続し、遺伝子に永続的な変化をもたらす可能性がある。彼はまた、人類を構成する3千3百億行の遺伝コードにおいて、「意図しない大規模な結果」をもたらす可能性を警告している。

多くの国々が、畜産業におけるmRNA技術と遺伝子治療の利用拡大を推進しており、mRNAワクチンの残留物を含む食肉がスーパーマーケットの棚に並ぶ日が近づいてくる。いくつかの新しい研究によると、mRNAワクチンの接種は注射だけでなく、食べ物を通じて体内に吸収されることもできるそうだ。

ビッグマイク

民主党、2024年の予備選ではミシェル・オバマを選ぶとの世論調査の結果が出ました。しかし民主党の情報は一切、信用出来ません。Slay Newsの記事をまとめました。

民主党の有権者は、2024年の予備選挙でバイデンよりミシェル・オバマを選ぶと答えたことが、新しい世論調査で明らかになった。
The Center Squareの調査結果によると、ミシェルがバイデンに大差をつけて明らかに勝利する。

仮定の対決では、民主党議員の48%がミシェル・オバマ氏を選ぶだろうとしている。
バイデンを選ぶと答えたのはわずか36%だった。残りの16%は「どちらともいえない」と答えた。

世論調査によると、ミシェルは女性、子供のいない有権者、55歳以下の有権者から強い支持を得ている。

現在の候補者の中で、バイデンは同党の予備選勝利の最有力候補である。民主党議員の68%がロバート・F・ケネディ・ジュニア(16%)よりもバイデンを選び、残りの16%は未定である。カマラ・ハリス、ギャビン・ニューサム・カリフォルニア州知事、ピート・バティギグ運輸長官、そしてヒラリー・クリントンも、すべてバイデンに負けている。

やりたい放題のニューサム

カリフォルニア州知事ニューサムは、中国の顔認証システムを導入します。自由の象徴だったカリフォルニアは、共産主義の土地となりました。マウイでは多くの子供が行方不明となっており、死亡したか、誘拐されたか…とても心配です。

以下はSlay Newsの記事をまとめました。

カリフォルニア州は、住民の顔をスキャンし、機密書類をスマートフォンのアプリにアップロードすることを要求する新しいデジタルIDシステムを展開した。

この新システムは、まずデジタル運転免許証から導入される。

この制度に登録されたカリフォルニア州民は、物理的な書類を持ち歩く必要がなくなり、代わりに運転免許証の機密情報がアプリに保存されることになる。

このモバイル運転免許証は、空港のセキュリティやアルコール購入時の年齢確認などの場面でデジタルIDとして使用できる。

試運転ではすでに150万人が参加しており、今後さらに拡大される予定である。

しかし、この制度にはすでに多くの問題がある。

このデジタルIDを取得するには、ユーザーは「CA DMV Wallet」アプリをダウンロードしなければならない。致命的なことに、このアプリはネイティブまたは分散型のウォレットシステムとは相互運用できない。

このようなデータ保持の寿命と安全性には疑問を持たざるを得ない。デジタル版は一部の場所でしか利用できない。

ニューメキシコ州にあるエプスタインの牧場 – そこで多数の女性を妊娠させ、人類に自分のDNAを「種付け」することを計画し、遺伝子実験に携わる科学者たちとも話し合い、ストーカー粒子を特定する取り組みに資金を提供していると伝えた。

彼は1990年代初頭にアルバカーキ近郊の7,588エーカーの「ゾロ牧場」を取得し、そこに33,000平方フィートの邸宅を建てた。

この牧場は2021年に2,750万ドルで最初に売りに出され、その後2021年に2,750万ドルで売りに出された。しかし、地元の不動産業者が価格に懐疑的な姿勢を示したため、この価格は1年後に2,150万ドルに値下げされた。

クリントン夫妻はこの牧場に足繁く通っていた。

MAP

イギリスの幼稚園で変態画像が貼ってあり、それを見た親が抗議すると「子供には性的だとは分からない」と幼稚園は答えました。その返答に絶望した親は子供を、転園させました。当然の事です。以下、People’s Voiceの記事をまとめました。

先週、『Grandad’s Pride』という本の画像がSNSで拡散され、その内容が子どもたちに適切かどうかが懸念された。
この本のあるイラストでは、ボンデージをテーマにしたような服を着た2人の男性が、プライド・パレードの最中に公衆の面前でキスを交わしている。

『ミラー』紙によると当初、母親はその画像に気づかなかったが、他の保護者がその内容を指摘したため、夫婦は保育園の職員に問題を持ちかけることにした。しかし、スタッフの対応に満足できなかった夫婦は、4歳の娘を保育園から退園させることにした。

さらに悪いことがある。Grandad’s Pride のイラストには、他にどんなものが紛れ込んでいるのか見てみよう。「愛とは愛である」という標識と並んだ2つのMAP。コードを知っている人は知っているだろうが、知らない人は知らないだろう:MAPとは「Minor Attracted Persons(未成年者に惹かれる人」のことで、「Love is Love」は小児性愛者たちの秘密のマントラなのだ。

「マイナー・アトラクテッド・パーソン」という言葉は、有罪判決を受けた児童強姦犯マイケル・メルスハイマーが2003年に設立したB4U-ACTという小児性愛ロビー団体によって最初に作られた。

B4U-ACTは、有罪判決を受けた児童強姦犯マイケル・メルスハイマーによって2003年に設立された。メルスハイマーは、この団体の目的は、全米男児愛協会が失敗したと感じた小児性愛を正常化することだと明言している。

「MAP」は、小児性愛者がインターネット上で自分自身を特定するための一般的な方法となっている。社会正義活動家もまた、「非犯罪的な」小児性愛者にこの言葉を使うようになり、疎外された性的マイノリティを代表していると主張する者もいる。

『Grandad’s Pride』に対する反発は、子供向けの「プライド」本に対して親や児童保護擁護者たちが繰り広げてきた戦いの最新のものに過ぎない。

MAP(小児性愛者)が「愛とは愛だ」と唱えている。つまり何でもアリという事。

BRICs

トランプもアメリカのハイパーインフレを示しています。やはり来るのでしょう。既に民主党の州はカオスですが、ここからが本当のカオスになるのかも。BRICsの脅威はアメリカ人にも伝わって来ています。正直、これからどうなるのか、さっぱり分かりません。

ゴールドマン・サックスはそれを理解しており、2050年までにBRICS諸国が世界経済を支配すると考えている。

火曜日、そう、明日、BRICSサミットが南アフリカで正式に開幕する。COVIDが始まって以来、初めて顔を合わせるBRICSサミットであり、私たちは世界秩序のリバランスを目撃しようとしている。

新しい通貨、貿易、軍事協力、AI、マイクロチップ、石油。インフラ、鉄道、海運。これは大きな、問題だ。アメリカは招待を受けなかった。イギリスは招待されなかった。ドイツは歓迎されていない。

欧米の覇権はゲームオーバーか? BRICS諸国には32億人以上の人々が住んでおり、これは世界人口の約40%にあたる。このブロックのメンバーには、先進7カ国(G7)に入っている国はない。

その影響力を高めるため、BRICSは新たなメンバーの加入を検討している。BRICS諸国間の貿易を見ればわかる。巨額の金融黒字がある。BRICS諸国は貿易黒字を計上している。ブラジルは記録的な貿易黒字を達成したばかりだ。

それなのに、なぜドル建てで決済したがるのか。何の意味もない。 一方、ヨーロッパの貿易赤字は新記録を更新し、5000億ドル近い赤字となっている。あなたはどちらを選ぶだろうか?もちろん、これは一夜にして実現するものではないし、BRICS通貨には大きな障害がある。

現在の最大の問題は、ロシアが中国以外の国から物を輸入したい場合、米ドルで決済しなければならない可能性が高いということだ。しかし、BRICSに加盟して米ドルを捨てたいと考える国が増えたらどうだろう?そうなれば、数の安全がある。

輸入を行っている相手の数は、BRICS財閥の一部なのだ。実際、他の国もそれに気づき、参加し始めている。 今回のサミットでは、ロシアと中国がBRICSへの新規加盟申請を承認する見込みだ: アルジェリア、バーレーン、エジプト、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦などだ。アルジェリア、バーレーン、エジプト、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦などである。

これらはすべてBRICSへの加盟申請を提出しており、トルコ政府もBRICSへの加盟に関心を示している。これらはほんの一例に過ぎないが、この他にも40カ国以上がBRICSへの加盟を競っている。

独り言

最近スマホをなるべく持ち歩かないようにしています。例えば、車で妻を駅まで送迎する時も、免許証だけポケットに入れて行きます。散歩する時は、カギだけ持って出かけます。

これまでは、家事の最中は必ずポッドキャストでした。でもそれもしていません。という事で、インプットを相当削減してます。

おかげでスマホ依存から浄められた感じがします。昨日書いたように、スマホのありがたみを痛感できるくらいに、使わない方が良いのです。使い方を制限するほど良いのです。

そして「自分がかつてやりたかった事を、スマホを使ってできる」事にフォーカスします。無敵のツールとして、愛を持って付き合います。だからやたらと使わない、メリハリを付けます。

ポッドキャストはこれからも良い情報源ですし、youtubeも厳選しながら観ます。ブログも好きなブロガーを厳選してチェックします。時間も制限します。

自分という最大の資産価値を高めるためのツールとしなければ、逆に資産価値を落とすツールとなってしまうのです。それが注意すべき点です。依存するべくプログラムされているからです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
是非シェアして下さい