Wed

是非シェアして下さい

コロナは武漢ラボ発生、中国が悪いと誰もが思っていました。しかし今ではアメリカ政府と軍が悪いという事が、はっきりして来ました。

車も怪しい

車もハイテクになり、便利になったと喜んでいる場合ではありません。車中での全てが記録されてます。「倫理が問われる」の一言に尽きますが、政府に要求されれば譲渡するらしいです。第三次オバマ政権ですから、一切綺麗事は信用できません。

車内でのセックスに魅力を感じますか?プライバシー保護に関心があるのなら、それは控えるべきでしょう。

デジタルID

「未来はデジタルにある」とEU委員長は言います。デジタルは奴隷化のために良いのであり、我々のためにはなりません。彼らのために良いものです。以下はメモ・独り言のblogさんからの引用。

「ウルスラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長は、20サミットの「一つの未来」と名づけられたセッションで、世界的な協力体制の強化と中央集権化を求める不吉な呼びかけとともに、人工知能とコロナウイルスワクチンのパスポートに似たデジタルIDシステムの国際的な規制機関の設立を呼び掛けました」

EU 委員長が、ワクチン・パスポートについて自慢し、よりグローバルなデジタル・コラボレーションを呼びかける – デジタルIDへの道を開く

CIA

「コロナ起源の調査員7人は、実はCIAが選び、多額の賄賂を提供した」という内部告発がありました。下院委員会はCIAに、9月26日までに調査員との全ての記録を提出するよう請求しています。以下はSlaynewsからの引用です。

下院委員会の指導者たちは、ウィリアム・バーンズCIA長官と情報機関に対し、この疑惑に関する回答を求めている。

内部告発者の疑惑は、下院コロナウイルス小委員会のブラッド・ウェンストラップ委員長(共和党)と下院情報委員会のマイク・ターナー委員長(共和党)からの書簡で明らかにされた。

コロナウイルスのパンデミックに関する特別小委員会(特別小委員会)と下院情報特別委員会(HPSCI)(合わせて『委員会』)は、COVID-19の起源に関するCIAの調査に関して、新たな内部告発者の証言を得た。

「COVID-19の起源に関するCIAの分析について、数十年にわたる上級レベルの現役局員が、委員会に情報を提供するために名乗り出た。

この内部告発者はCIAの高官であり、それによれば、CIAはコロナウイルスの起源を調査するために、7人の職員をコビド発見チームに配属したという。

身元は明らかにされていないが、内部告発者によれば、CIAはCOVID-19調査チームの職員に「多額の金銭的インセンティブ」を提供したという。

ウェンストラップ氏とターナー氏は、CIAがすべての関連記録を提出する期限を2023年9月26日に設定し、徹底的な調査を求めている:

COVID発見チームのすべての反復の設立に関するすべての文書およびコミュニケーション

COVID-19の起源に関する、COVIDディスカバリー・チームのすべての反復のメンバー間またはメンバー間のすべての文書およびコミュニケーション;

COVID-19の起源に関する、COVID証拠開示チームのすべての反復のメンバーおよび省庁のその他の従業員または請負業者の間またはメンバー間のすべての文書およびコミュニケーション;

COVID-19の起源に関して、COVID発見チームの全反復期間のメンバーと他の連邦政府機関の職員または請負業者(米国国務省、連邦捜査局、米国保健社会福祉省(国立衛生研究所および国立アレルギー・感染症研究所を含む)、および米国エネルギー省を含むがこれらに限定されない)との間で交わされた、または交わされたすべての文書およびコミュニケーション。

COVID発見チームの全メンバーに対するあらゆる種類の金銭的または業績に基づくインセンティブ/金銭的ボーナスの支給を含む、給与履歴に関するすべての文書およびコミュニケーション。

マクリディス元CIA COOには別の書簡が送られた。

内部告発者によると、マクリディスはチームの結成と最終的な終結において極めて重要な役割を果たしたという。

下院調査官はこの疑惑に対し、2023年9月26日にマクリディスに「自発的なテープ起こしインタビュー」に参加するよう求めている。

コロナウイルスの流行に関する特別小委員会(特別小委員会)と下院情報特別委員会(HPSCI)(両委員会を合わせて『委員会』)は、COVID-19の起源に関する中央情報局(CIA)の調査に関して、内部告発者の新たな証言を得た」とマクリディスに送られた書簡には書かれている。

具体的には、内部告発者は委員会に対し、CIAが主導したCOVID発見チーム(複数可)の結成と、CIAがCOVID-19の起源を “特定できなかった “という最終的な結論において、あなたが中心的な役割を果たしたことを指摘した。

この新事実は、エコヘルス・アライアンスの元最高幹部で内部告発者のアンドリュー・ハフによる申し立てを裏付けるものである。

USAIDの資金援助

ウィキペディア:アメリカ合衆国国際開発庁: United States Agency for International Development, USAID)は、1961年に設置されたアメリカ合衆国のあらゆる全ての非軍事の海外援助(但し、USAIDとアメリカ軍は密接な協力関係にあり、援助に軍事力を利用しないという意味ではない)を行う政府組織である。

この組織は「世界のウイルス狩り」というプロジェクトをしており、非難が高まってきた事から、ひっそりとプロジェクトを打ち切ろうとしているそうです。そこで、「武漢研究所へは資金援助してたのか?」と質問がされました。それに対し、国務省のマット・ミラー報道官は、否定できず、答える事も出来ませんでした。

そのやりとりはTwitterで観る事が出来ます

当然CIAだけではなく、多くの組織が絡んでます。以下はGatewaypunditからの引用です。

国務省のマット・ミラー報道官は、記者会見でサム・フセイニ記者に、コロナウイルスの機能獲得研究のために米国国際開発庁(USAID)が中国に提供した資金について質問され、窮地に立たされた。

フセイニ記者はミラーに、武漢ウイルス研究所とその共同研究者であるノースカロライナ大学のラルフ・バリックにUSAIDがどれだけの資金を提供したかを明らかにするよう求めた。

「武漢のウイルス研究所とノースカロライナ大学の共同研究者であるラルフ・バリックに、兵器化された、より致死性の高いコロナウイルスを作り、収集し、製造するために、USAIDからどれだけの資金が提供されたのか」とフセイニは尋ねた。

とフセイニが質問した。ミラーは答えに窮し、「まず第一に、この質問にある暗黙の非難を拒否します。私の手元には詳細はありません」。

フセイニは、ミラーが武漢研究所にUSAIDの資金が流れていないことを確認できるかどうか、しつこく尋ねた。ミラーは、フセイニの質問に直接答えるのではなく、別の記者を呼ぶことにした。

「武漢ウイルス研究所にUSAIDの資金が流れたことはないと断言するのか?

「聴衆の皆さんからの質問を喜んでお受けします。喜んでお答えします。私を含め、この会場にいるすべての人を丁重に扱ってくれることに感謝している。今、他の人に声をかけているところです」と、ミラーは質問に答えるのを避けながら言った。

「あなたは何を否定しているのですか?何を否定しているのですか?否定しない否定です」とフセイニ。

フセイニとミラーのやりとりは、『BMJ』誌が最近、このようなウイルス収集作業への資金提供がUSAIDによって打ち切られたと発表したことを受けてのものだ。

BMJ誌より

人間のパンデミックを防ぐために野生動物のウイルスを狩る5年間のフラッグシップ・プロジェクトを立ち上げてから2年後、米国国際開発庁はこの事業を打ち切ろうとしている。デイビッド・ウィルマンが報告する。

東南アジア、アフリカ、ラテンアメリカの野生動物の間でウイルスを狩猟し、ヒトへの感染やパンデミックを防ぐという、物議を醸しかねないプロジェクトの旗振り役が、米国国際開発庁(USAID)により、そのような研究の安全性をめぐる私的かつ超党派の批判を受け、ひっそりと中止されようとしていることが、BMJ誌により明らかになった。

米国政府は10年以上にわたって、いつか人間に感染するかもしれない外来野生生物ウイルスを特定する国際プロジェクトに資金を提供してきた。批評家たちは、このようなウイルス狩りがもたらす潜在的な破滅的リスクについて懸念を表明しているが1、何億ドルもの資金提供は、この取り組みへのコミットメントを象徴している。

議会予算書や科学者、連邦政策立案者へのインタビューにあるように、このプロジェクトの中止は、米国政府が野生生物のウイルス狩りから突然撤退したことを意味する。

1億2500万ドル(9900万ポンド、1億1500万ユーロ)の「DEEP VZN」プログラムが、不注意にもパンデミック(世界的大流行)を引き起こしかねないという警告が、バイデンホワイトハウス関係者を含む懐疑論者から早くから出されていたからだ。SARS-CoV-2パンデミックは、この100年で世界で最も大きな死者を出したパンデミックであるが、その原因はいまだ解明されていない。

FDAが認可を下す

最近FDAが、新しいワクチンが FDAの承認を得ました。まさに狂気です。なぜこんな事が起こり得るのでしょうか?それを理解する鍵があります。

FDA 対策イニシアチブ担当執行役員クリストファー・コールを覚えているでしょうか?昨年、プロジェクト・ヴェリタスに暴露された人です。

彼は、EUAの承認プロセス、子供への使用、妊婦への検査、そしてFDAがどのようにしてお金の大半を稼いでいるのか…ヤバい話を赤裸々に語りました。医療界は腐敗し切ってます。

FDAはカネのために、国民を殺します。関係者は全員、終身刑となるべきです。親族の財産を没収し、被害者救済に充てるべきです。税金ではありません。

プロジェクトヴェリタスによるFDAの暴露

FDAがファイザーとモデルナの新しいワクチンを認可 – The People’s Voiceの引用

米国の医薬品規制当局は、生後6ヶ月以上の人に対する新しい「コビッド」予防接種を認可した。専門家の中には、ほとんどデータがないまま新しい予防接種を許可した当局を厳しく批判する者もいる。

フロリダ州のジョセフ・ラダポ外科部長は記者会見で、「基本的にデータがない」「それだけでなく、多くの赤信号がある」と言った。

ラダポ氏は、ワクチンの有効性が時間の経過とともにマイナスに転じるという研究結果を指摘した。

また、他の論文では、ワクチンが心臓の炎症などの心臓疾患を引き起こすという結果も出ていると指摘した。

「FDA、CDC、そしてその他の人々が、その意味するところがわからないのに、これを支持するのは、本当に無責任なことだ」

ゼロヘッジによると:米国食品医薬品局(FDA)は、モデナとファイザーの予防注射を認可した。副作用の方が、実際には感染を予防しないいわゆる “ワクチン “よりもはるかに危険であることを示唆する最近のニュースの流れを受けて、このワクチンを受ける人がいるかどうかは別の問題である。

FDAのトップであるピーター・マークス博士は声明の中で、「ワクチン接種は、公衆衛生と、入院や死亡を含むCOVID-19の深刻な結果からの継続的な保護にとって依然として重要である」と述べた。

「われわれは、予防接種を受ける資格のある人々に、予防接種を受けることを検討することを強く勧める」

FDAはモデナとファイザーのワクチンを12歳以上の人々に承認した。FDAは生後6ヶ月から11歳までの予防接種を緊急承認した。ノババックスについては言及がなかった。

このワクチンはオミクロンウイルスの亜種であるXBB.1.5を対象としている。米国疾病予防管理センター(CDC)によれば、この亜型はすでにEG.5を含む新型にほぼ駆逐されている。

臨床試験のデータが不足しているにもかかわらず、今回の承認となった。

エポック・タイムズの報道によれば、モデナによれば、その新しい注射はEG.5や他の新しい亜種に対する免疫反応を誘発したという。ファイザー社によれば、前臨床試験データでは、同社の新しいワクチンによって生成された抗体は、Erisとしても知られるEG.5を “効果的に中和 “するとのことである。

FDAによれば、この新しいワクチンは、中和抗体レベルに関する研究に基づいて認可されたもので、「予防のために開発された先行変異型に対応するワクチンの先行バージョンで観察された中和の程度と同程度」であったとのことである。「このことは、このワクチンが現在流行しているCOVID-19変異体に対する防御に適していることを示唆している。

CDCは火曜日にアドバイザーと会合を持ち、どの集団に新しいワクチンの接種を勧めるかを検討する予定である。もし委員会がワクチンを推奨すれば、連邦政府はその費用を負担しなければならない。

多くの国では、COVID-19の流行が沈静化したため、若く健康な人々にはワクチン接種をしないよう勧めている。

たとえばイギリスは8月、この秋のワクチン接種は、リスクがあると指定された人々を含む特定のグループにのみ推奨されると発表した。

今更遅い

ナノ粒子が毒である事、スパイクタンパク質が製造され続ける場合がある事は、常識となりました。「大丈夫、安心して接種して下さい」と言った人間は全て裁かれなくてはなりません。なぜそれを言ったのか?何の研究結果もないのに…

今になって、被害が拡大し、事の重大さに気づく人もいます。医学界でも発表されてこなかった、軍の生物兵器のジャンルですから当然でしょう。しかし、我々は知ってました。遺伝子組み換え人間になってしまう事を。陰謀論ですか?

終止コードというプログラミングがなされているかも知れない

バイデン弾劾調査

マッカーシー下院議長、ジョー・バイデンに対する弾劾調査を命じる。やっとここに至りました。遅すぎる感もありますが、これもタイミングを図っているのでしょうか。アメリカ国民の怒りは限界を超え、後戻り不可能となってます。それもこれも、暴政をやらせ、彼らのやりたい事は何かを国民が経験したからでしょう。

以下はThe Gateway Punditクリスティン・テイラーからの引用です。

TGPやその他の報道が火曜日未明に報じたように、ケビン・マッカーシー下院議長(カリフォルニア州選出)は、ジョー・バイデン氏に対する弾劾調査を開始するよう下院委員会に指示すると発表した。このマッカーシーの動きは、マット・ゲッツ下院議員(フロリダ州選出)による退席動議の可能性に直面している中でのものだ。

最近の1ヶ月半に及ぶ夏季休会中、マッカーシーは弾劾調査を下院全員による投票にかけたいと述べていた。しかし、過半数割れが濃厚となり、ケン・バック下院議員(共和党)を含む一部の共和党議員から疑問の声が上がっているため、マッカーシーは、まず弾劾調査、次に投票という「ペロシの前例」を選択した。

マッカーシーは火曜日深夜、議事堂での演説で弾劾調査を発表した。

「私は、ジョー・バイデン大統領に対する正式な弾劾調査を開始するよう、下院の委員会に指示する。過去数ヶ月間にわたり、下院共和党はバイデン大統領の行為-腐敗文化-について、深刻かつ信頼できる疑惑を明らかにしてきた」

「私は下院委員会に対し、ジョー・バイデン大統領に対する正式な弾劾調査を開始するよう指示する。過去数ヶ月間にわたり、下院共和党はバイデン大統領の行為-腐敗の文化-に関する深刻かつ信頼できる申し立てを発見した」

「私たちが不在だった数カ月、数週間の間に、下院共和党はバイデン大統領の行動に関する深刻かつ信頼できる疑惑を明らかにした。これらの疑惑を総合すると、腐敗文化の絵が描かれる」

「これまでのところ、わかっていることは以下の通りだ:私たちの調査を通じて、バイデン大統領は、自身の家族の海外ビジネス取引に関する自身の知識について、アメリカ国民に嘘をついていたことがわかった」

「目撃者の証言によれば、大統領は何度も電話をかけ、何度も会食をし、その結果、車や何百万ドルもの金を息子や息子のビジネス・パートナーに渡したという。銀行の記録では、2000万ドル近くの支払いが、さまざまなペーパーカンパニーを通じてバイデン一家のメンバーや関係者に向けられていたことがわかっている」

「財務省だけでも、バイデン一家やその他のビジネス・アソシエイトが関与した150件以上の取引が、米国の銀行によって疑わしい動きとして指摘されている。信頼できるFBIの情報提供者でさえ、バイデン一家への賄賂を疑っている」

「バイデンは、ウクライナのエネルギー会社「ブリズマ」におけるハンターの役割について、バイデンのビジネスパートナーと調整するために公職を利用した。最後に、このような深刻な疑惑にもかかわらず、バイデン大統領一家はバイデン自身の政権から特別待遇を提供されているようだ」

「権力の乱用、妨害、汚職の疑惑がある。そして、それらは下院によるさらなる調査を正当化するものである。そのため、本日、私は下院委員会に対し、ジョー・バイデン大統領に対する正式な弾劾調査を開始するよう指示する」

「この論理的な次のステップにより、私たちの委員会は、米国民のためにすべての事実と回答を収集する全権を得ることになります。私たちが知りたいのはまさにその答えです。大統領も同様に、これらの質問と疑惑に答えたいと考えていると思う」

「この努力は、司法委員会のジム・ジョーダン委員長、賃金委員会のジェイソン・スミス委員長と協力して、監視委員会のジェームズ・コマー委員長が主導する」

「私はこの決定を軽々しく下すつもりはない。党派や誰に投票したかに関係なく、これらの事実はすべてのアメリカ国民が関心を持つべきものだ。アメリカ国民は、公職が売り物ではないことを知る資格がある」

「そして連邦政府は、政治的に関係のある一族の行動を隠蔽するために利用されてはいないのだ。今、私は大統領とそのチームが、透明性のためにこの調査に全面的に協力することを勧めたい。我々は米国民のために答えを得ることに全力を尽くす。証拠があれば、どこへでも行くつもりだ。ありがとうございました」

プーチン大統領のど正論

「トランプの起訴は政治的動機に基づく迫害である。しかし、それは我々にとって良いことでもある、アメリカは政治システムが崩壊しており、他者に民主主義について教える資格がないことと、我々の敵が何なのかを世界に示してくれている」

プーチン大統領の正論 東方経済フォーラム

独り言

友人が父親を最近亡くしました。あまりに突然の事で、完全に混乱していました。いつも困った時は、父親に何でも相談していたそうです。

そしていつも最後の答えは、父親からもらっていたそうです。色んな事情があり、一筋縄では解決しない状況なので、またいつものように相談したいけれど…その人生最大のピンチに、頼みの父親が、もういない…

その混乱のどん底で、彼は本当に困ったそうです。神様を思い出し、そしてこう祈ったそうです。

「主よ、今、どうしたらいいか分からなくて困っています。僕は河合さんのように、あなたと親しく話して来なかったので、あなたの示しがよく分かりません。どうか、僕でも分かるようにハッキリと道を示して下さい。イエス様の名前で祈ります、アーメン」

といい、そのままゆっくりと横たわった瞬間、手元にあった電話が鳴りました。

「大丈夫?」

昔働いていた会社の部下が、10数年ぶりに突然電話して来ました。彼女はSNSで彼の事を知り、神様の事を色々と話してくれました。それから1時間ほど話したそうです。

おかげで彼の心は平安になったそうです。

これで全て解決したという訳ではありませんが…しかし、自分の祈りにすぐに答えてくれた神様に、彼はかつての出来事を思い出しました。

それは、8年ほど前に彼が頸椎の手術をした時の事です。難しい手術でしたが、無事に終わり、まだ麻酔が残っていて朦朧としていました。その時、大きな誰かが来て、彼を毛布のようにハグして包んでくれたそうです。

それは何とも言えない、温かくて、気持ちよい体験でした。最初彼は、きっと牧師さんが訪ねて来てくれたのだと、思いました。でも、後で牧師さんが来て、彼ではないと分かりました。

さらには、彼は巨漢なので彼を包み込めるほどの人は、まず存在しません。「天使に違いない」と彼は言います。僕もその時の事はよく覚えています。

まだ4歳だった娘を連れて、お見舞いに行った時にその話を聞きました。こんな不思議な体験によって、2度も不安のどん底で彼は平安を得ました。

彼はピンチの時に神様に頼りました。それで良いのです。そしてピンチにならなくても、神様と生きるのは、良い事です。

神様は本当のお父さんなので、いつでもあなたと話したいのです。困った時には、是非、主イエスの名前によって、彼のように祈ってみて下さい。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
是非シェアして下さい