Mon

是非シェアして下さい

インドもWHOに反対する表明をしました。この調子で世界が変われば、最後に日本もそれに追随するでしょう…情けないですけど。

朗報、インドも

インド政府、WHOから脱退するよう指示

「WHOが業界からの資金や既得権益からの資金を得ている限り、独立したとみなされるべきではなく、インド政府はその勧告を無視すべきである」

「それらの営利団体はあなたの健康には興味がありません、彼らはだまして金を儲けます」

「医薬品を評価することになっているFDAなどの医薬品規制当局は、資金の65%を大手製薬会社から受け取っている。英国の規制当局は製薬会社から86%の資金を得ている。したがって、これは重大な利益相反だ」

「患者と医師は、これらの組織が独自にデータを評価していると考えているが、実際はそうではない。こうした商業的利益相反を医療政策や意思決定から排除しない限り、我々は進歩しないだろう」とマルホトラ氏は語った。

驚異的な死亡率

この統計学者で内部告発者のバリー・ヤング氏(56歳)は、このデータを暴露したとしてニュージーランド当局に逮捕された。

ヤング氏は、特定の新型コロナウイルス感染症ワクチンのバッチと死亡率との関係を調べた。彼が発見したのは驚くべきことでした。

バッチ ID 1: ワクチン接種総数 711 人、死亡者数 152 人、死亡率 21.38%

バッチ ID 8: ワクチン接種総数 221 人、死亡者数 38 人、死亡者数 17.19%

バッチ ID 3: ワクチン接種総数 310 人、死亡者数 48 人、死亡率 15.48%

バッチ ID 4: ワクチン接種総数 364 人、死亡者数 37 人、死亡者数 10.16%

バッチ ID 6: ワクチン接種総数 1006 人、死亡者数 101 人、死亡者数 10.04%

バッチ ID 2: ワクチン接種総数 1018 人、死亡者数 98 人、死亡率 9.63%

バッチ ID 7: ワクチン接種総数 38 人、死亡者数 3 人、死亡率 7.89%

バッチ ID 72: ワクチン接種総数 5882 人、死亡者数 278 人、死亡者数 4.73%

バッチ ID 62: ワクチン接種総数 18173、死亡者数 831、死亡者数 4.57%

バッチ ID 71: ワクチン接種総数 11019、死亡者数 498、死亡率 4.52%

ニュージーランドの基礎的な死亡率はわずか0.75%であるはずだとヤング氏は述べた。

これらの死が偶然に起こる確率は約 1000 億対 1 です。

「つまり統計的に、このワクチンが殺人者ではない可能性はないということです」とヤング氏は断言した。

スティーブ・カーシュは今日こう言いました。 「データは合法です。だから彼らはバリーを逮捕しているのです。彼は真実を暴露した英雄です」

世界中の政府は、全死因死亡率と超過死亡数の爆増という形の、ワクチン危機に取り組んでいますか?

ニュージーランドの内部告発者は、ワクチンと世界的な原因不明の超過死亡との相関関係を示唆する機密報告書を暴露した可能性がある。

ニュージーランドでは、警察がワクチン接種データのプライバシー侵害に関連して56歳の男を逮捕した。

この男はテ・ワトゥ・オラのスタッフとみられ、不正な目的でコンピューター・システムにアクセスした罪で起訴された。

同氏がワクチンの政府データを利用して誤った情報を広めた疑惑を受けてのことだ。

同氏はワクチン普及のためのデータベースを開発したと主張し、インタビューを受け、その研究内容を引用した。

同省は、この人物には臨床的背景もワクチンの専門知識もなかったと指摘した。

テ・ワトゥ・オラの最高経営責任者マージー・アパ氏は、ワクチン接種が「ニュージーランドの超過死亡」の原因であるという証拠はないと述べた。

海外のサイトで公開されていたデータは匿名化されていたとみられ、今のところ個人を特定できる情報は見つかっていない。

海外のウェブサイトから情報を削除するよう差し止め命令が出され、情報を別の場所に見つける努力が続けられている。

この人物は医療システムで数年間働いており、仕事の一環としてデータにアクセスする権限を与えられていた。

不正使用が発見されるとすぐに、彼はシステムから締め出された。

アパ氏は、テ・ワトゥ・オラはデータセキュリティを非常に真剣に受け止めており、徹底的な調査を行っていると強調した。

彼女はワクチン接種は安全で効果的であり、ニュージーランドの超過死亡とワクチン接種を結びつける証拠はないと国民に保証した。

ニュージーランド政府は、これらの調査結果に警戒し、国民のパニックを恐れているようで、情報を隠蔽しようとしている。

しかし、ワクチン接種データにアクセスできる医療従事者が、道徳的義務感に駆られてこの情報を一般に漏らし、逮捕に至ったという事実は、誰にとっても驚くべきことではない。

政府に透明性と説明責任を求める人が増えるにつれ、ワクチン普及の背後にある動機や世界保健機関の誠実さを疑問視する人々が隠蔽を告発するケースが増えている。

この物語が展開するにつれ、真実を明らかにするのは時間との闘いとなり、公衆衛生システムと国際協力に対する信頼の基盤そのものに挑戦することになる。

権力闘争、真実の追求、そして正義の探求がひとつに収束します。 それでは、超過死亡の大規模な爆発の原因は何なのか、政府に尋ねてみましょう。ああ、待ってください。 彼らは「当惑している」と言います。

私は、「成人突然死症候群」の本当の原因について@MarkSteynOnlineと話したために、2022 年 6 月にアカウントからロックアウトされました。

@elonmuskのおかげで、mRNA ショットの危険性やその他の「禁じられた主題」について自由に話せるようになったということを少し感謝しましょう。 言論の自由に対するイーロンの尽きることのない取り組みのおかげで、このプラットフォームで命が救われています。

空気からの攻撃

さまざまな政府や軍が脳卒中を誘発する噴霧ナノ粒子生物兵器をどのように研究し、動物実験で大成功を収めているかを説明するジェームズ・ジョルダーノ博士。

このクリップを見て、パンデミックを捏造するために密かにこれを利用しているのではないかと疑問に思う人はいるだろうか?

彼らはすでに汚染された生物兵器ワクチンを何十億人もの人々に強制的に注射している。彼らが反人類の目的を推し進めても驚かない。

彼の講義は、最も恐ろしい講義の一つだ。極悪非道な存在がこれを行う可能性をただ楽しんでいるだけで、私は統合失調症のような気分になる。

現在白肺の症例で見られているような新たな症状の蔓延があるたびに、これらの講義が頭をよぎり、疑問に思います。

LINEをやめる時が来た

Youtubeも認めた

ポンペイオ

トランプ政権時代の、マイク・ポンペイオ元国務長官は大活躍のイメージがありました。また時折聖句をツイートするなど、クリスチャンであるアピールも盛んでした。しかし、任期が終わると、色んな顔が見えて来ました。

元CIA長官だった事から、そんな役をしていた人が、どうしてクリスチャンでいられるのか?と不思議に思ってました。この度、アサンジを毒殺しようとしていた事が明かされ、驚きました。

聖句をシェアするなどしていたのは、大統領を狙っていたからでしょうか。クリスチャンの票を得るために、演じていたのでしょうか。

トランプ大統領にも、彼にCIAや国家の運営を任せるべきでなかったと言ってきた。 マイク・ポンペオは彼を殺害させようとした。これは犯罪行為だ。

アメリカでは罪に問われることすらない。 まったくだなんてことだ彼はジュリアン・アサンジを 殺害しようとしたんだ。

ロンドンのエクアドル大使館で毒殺。これは事実だ立証されてる。 なぜマイク・ポンペオは 刑務所にいないんだ?裁判外で人を殺すことは許されない。

マイク・ポンペオは 共和党の献金イベントにも顔を出す。 彼は犯罪者だ。 彼は刑務所に入るべきだ。

ジュリアン・アサンジを刑務所に入れた人たちは刑務所に入るべきだ。 ちなみに彼はイギリスのベルマーシュ刑務所で4年半を過ごしたが 彼は罪に問われていない。

彼はアメリカ政府の要請で拘留されている。 合計13年間も投獄されていた彼はもちろん死につつある。 だから私はトランプに彼を恩赦してほしかったが失望した。

そしてトランプに対する非常に公平な批判として平凡な人々で自分自身を取り囲む傾向があると思います。 私はマイク・ポンペオを間近で見た。彼は嘘つきでお世辞がうまい。

白人警官が刺される

ジョージ・フロイドの首を膝で押し付け、窒息死させたという冤罪で40年の投獄となったデレク・ショーヴィン氏。彼が刑務所内で22回刺されるという事件が起きました。

デレク・ショービンを刑務所で刺した男は、以前FBIの情報提供者として働いていた52歳のジョン・タースサックだった。

なんて皮肉だな。 ショーヴァンはタースサックが作ったナイフで22回刺された。

ここが興味深いところです。タースサックは恐喝とギャングのライバル殺害の共謀の罪で有罪判決を受け、刑務所に収監されていた。

それ以前は、FBI の情報提供者としてメキシコのマフィア組織に対して働いていました。 2001年に判決を受けたとき、彼はFBIへの情報提供者として潜入捜査中に犯罪を犯したことを認めた。

「私はその犯罪をやりたくて犯したわけではありません。生きていたければそうしなければならなかったので犯したのです。

そのことを[FBI]捜査官に話しましたが、彼らはただ『やるべきことだけをしなさい 』とだけ言いました。」 (LAタイムズ) 野生。

地球温暖化

フリーマン・ダイソン プリンストン高等研究所名誉教授 (2009) 地球温暖化など存在しない、あるのは地域的な温暖化だけです (そしてそれは良いことです )

「現在起こっている変化は、北極に非常に集中しています。3つの点で(地球規模ではありませんが)重要だと思います。第一に、それは主に北極で起こります。第二に、それは主に冬に起こります。第三に、それは日中ではなく夜間に発生します」

この 3 つの点の温暖化は暑いところではなく、寒いところで起こっています。

グリーンランドの人たちはそれが大好きです。彼らは、そのおかげで生活がずっと楽になったと言いました。彼らはそれが続くことを望んでいます。

私は、何も起こっていないと言っているのではありません。私はそれらが有害かどうかを疑問に思っているだけです。

熱波で亡くなった人々から多くのものが生まれました。熱波が発生し、人々が死亡することは疑いの余地がありません。

しかし実際には、夏の暑さで亡くなる人々の5倍の人が、冬の寒さで亡くなるということです。

そして、温暖化は夏よりも冬に多く起こることも事実です。

したがって、どちらかといえば良い事です。確かに、夏よりも冬の方が多くの命を救えます。 しかしそのような議論は決して行われません。

報道には偏りが見られます。悪そうに見えるものはすべて報告され、良さそうに見えるものは報告されません。

これらの多くは人間の活動とは何の関係もありません。氷河の縮小を考えてみましょう。これは確かに 300 年間続いており、十分に文書化されています。したがって、ほとんどの場合、それは人間の活動によるものではありませんでした。

実際、17 世紀に最も激しかった小氷河期以来、非常に強い温暖化が続いています。それは決して人間の活動によるものではありません。 そして問題の中で最も深刻なのは海面上昇です。

しかし、やはり、これが気候変動によるものであるという証拠はありません。多くの証拠がそうではないことを示しています。

つまり、それが1万2000年も続いていることはわかっていますが、過去50年間に何が起こったのか、そして人間の活動(かどうか)については非常に疑わしい議論があります。

加速しているかどうかは不明。しかし確かに人間の活動によるものではありません。

ですから、私たちが地球温暖化を阻止するために多大な努力を払っているのに、海面が上昇し続けるとしたら、それは残念なことです。それは悲劇でしょう。

海面水位は現実的な問題だが、私たちはそれを直接攻撃すべきであり、間違った問題を攻撃すべきではない」

見捨てられたゼレンスキー

3) オランダ: 党首候補のヘルト・ウィルダース氏は、ウクライナへの支出を停止し、すべてのライバルを簡単に破ると述べた。

4) 米国議会: ジョー・バイデン大統領が提案した、ウクライナおよび米国が関与するその他の戦争(台湾に対する計画戦争を含む)に対する614億ドルの新たな支出は、共和党によって阻止されている。

5) 米国国民: 10 月の調査回答者のうち、ウクライナへの武器供給の継続を望んでいたのはわずか 41% でした。

6) 欧州連合: ウクライナに500億ユーロを支出しようとする欧州連合の試みは、国防総省の方針に従わないハンガリーによって阻止されている。 EUは急遽100万発の砲弾を供給すると約束したが、実現できなかった。

7) 英国: リシ・スナック首相は年間23億ポンドの援助の更新を延期した。 彼の政府の最新予算にはそのような支払いは含まれていない。

8) ドイツ: オラフ・ショルツ党首はウクライナに80億ユーロを約束したが、その後同政権は深刻な財政紛争に陥り、支出が滞っている。

9) 世界貿易機関: WTOは、ウクライナとポーランド、ウクライナとスロバキア、ウクライナとハンガリーの間の紛争に関する通知を受け取ったと述べた。

10) ウクライナ: ウラジミール・ゼレンスキーは軍司令部と戦っており、彼に対する国民の信頼のレベルは急速に低下している。 この国の悪名高い戦前のレベルの汚職が、敵対行為の勃発後も続いていたことが現在明らかになっている。

11) 2年間ゼレンスキーを拝んでたウクライナの著名人達は急遽、ロシア語擁護、ロシア正教会擁護、反ゼレンスキー政権に衣替えした

シェレンバーガー氏 

DHS 職員がアメリカ国民に対して、心理作戦や偽情報戦術を自発的に行なっているのを発見しました。

彼らは、2016年の大統領選挙でトランプ氏が勝利したのは、ソーシャルメディアのせいだと主張した。

そこで彼らは、アメリカ軍が海外で開発した戦術を利用し、アメリカ国民に敵対した。

「彼らはオンラインでの会話を変え、大規模に検閲するためにこれらの戦術を使用しました。これは私たちがツイッターファイルやフェイスブックファイルで見たものであり、もちろん、現在のミズーリ州対バイデン事件の一部でもあります」

Twitter社で同じ役職にあったFBIの元法務顧問ジェームズ・ベイカー氏は、ハンター・バイデンのラップトップに関するニューヨーク・ポストの記事を検閲するという同社の勧告を無視した。

「我々が目にしたのは、ハンター・バイデンのラップトップに関する偽情報を広め、それがロシアによるハッキング・漏洩作戦であると米国民に公言しようとする現職のFBI捜査官と元FBI職員らの取り組みだった。 そしてもちろん、バイデンは討論会でもこれを繰り返した。」

ドル決済の停止

石油取引における現地通貨への移行を含むこの転換は、世界の石油市場における長年のドル支配からの大きな脱却を意味する

BRICSの影響力とUAEの戦略転換。ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカで構成されるBRICSは最近、サウジアラビア、エジプト、エチオピア、イラン、アルゼンチンに加え、UAEも加盟国に加えた この拡大は、国際貿易における米ドルの伝統的な覇権に挑戦する動きである。

UAEが新たな石油取引において米ドルよりも自国通貨を優先するという決定を下したのは、こうした感情を明確に反映したもの。この動きは単なる政策転換ではなく、世界経済という複雑なチェスゲームにおける戦略的な作戦なのだ。

BRICS諸国と連携することで、UAEは経済パートナーシップを多様化させるだけでなく、世界の石油大国としての地位を強化しようとしているのだ。

この変化は、国際石油取引のカードを入れ替える可能性があり、ドルの牙城に影響を与え、石油取引における通貨力学の新時代を導入する。

世界石油貿易の新時代 UAEが新たな石油貿易パートナーを積極的に探していることは、進化する経済情勢を乗り切るための機敏さと先見性の証である。この動きの重要性はいくら強調してもしすぎることはない。

単に通貨を切り替えるという問題ではなく、国際石油貿易の構造そのものを変えるということなのだ。米ドルへの潜在的な波及効果は大きく、世界経済のパワーバランスに変化をもたらす可能性がある。

報道によれば、UAEは中国、ロシア、エジプトといったBRICS同盟のメンバーであり、脱ドルの提唱者でもある大国を含む、最大15カ国との石油・ガス取引の可能性を視野に入れているという。

これは単なる貿易の多様化ではなく、グローバルな舞台での主張なのだ。UAEは単にトレンドに追随しているのではなく、トレンドを作り出そうとしているのだ。

アラブ首長国連邦(UAE)が石油取引に地域通貨を採用する動きは、孤立した出来事ではない 各国が現状に疑問を抱き、より自国の経済的利益に資する選択肢を模索するようになっているという、より大きな物語の一部なのだ。

特に石油のような重要な分野での脱ドル化の流れは、世界経済における新たな章の到来を告げるものであり、貿易における通貨使用の多様性が例外ではなく、むしろ規範となるようなものである。

結論として、UAEが石油取引において米ドルから自国通貨への移行を決定したことは、世界経済のダイナミクスの変化を反映した大胆かつ戦略的な行動である。

BRICS同盟の広範な野心に後押しされたこのシフトは、国際貿易における米ドルの優位性に広範囲な影響を与える可能性がある。

UAEが新たなパートナーシップを築き、この進化する地形を乗り切ることで、UAEは石油市場における重要なプレーヤーとしてだけでなく、より多様でダイナミックな世界経済への動きにおける先駆者としても位置づけられる。

反シオニズムの勢力

ウィリアムズバーグの反シオニストユダヤ人コミュニティ。

世界にはシオニズムとイスラエルに反対するユダヤ人が何千人もいますが、主流メディアはこのことに触れません。

イスラエルはユダヤ人の国家ではありません。 シオニズムはユダヤ教ではありません。

アメリカには何千人ものトーラーユダヤ人がいますが、彼らは誰もシオニストではなく、イスラエルをユダヤ国家として受け入れることは決してなく、シオニズムが出現したその日からシオニズムと戦ってきました。

格差拡大の時代

ではこの傾向はいつまで続きますか?

端的に言えば、物価高が落ち着けば改善する見込みがあります。しかし今の物価高の最大の要因は、円安による輸入品の高騰です。

故に円安が落ち着かない限り、物価高は収まらず、実質賃金のマイナスは続く可能性が高いと言えます。

この点で「内外の金利差が円安の要因だ」と主張する人もいます。しかし既に金利差は縮小傾向にあるにもかかわらず、円安は止まるどころか拍車がかかっています。

これは今の円安の要因が金利差だけではなく、円そのもの力が弱くなっている事の証左と言えます。

それで「今後も一定水準の円安は続き、物価高も継続し、実質賃金のマイナスは続く」と考えた方が良いでしょう。

ただ円安がプラスに働く人達もいます。それは主に大企業の正社員です。例えば製造業では、大企業は海外の売上比率が大きくなるので、円安はプラスに働きます。

一方で中小企業の主な商流においては、原料や資材を輸入して部品を作り、それを国内企業に納めるため、円安は負の影響を及ぼします。

そして日本の企業数の99%、就業者数の約7割は中小企業の為、円安がプラスに働く人の数は相対的にかなり少ないと言えるでしょう。

それで大企業の正社員でボーナスが上がっている様な人は、今が最高の時運です。是非会社にしがみついて稼ぎ続けて下さい。

逆に大企業でも非正規の人は賃上げもたかが知れていますし、中小企業では物価上昇率以上の賃上げは困難です。

こうして一部の人と大多数の人の格差が拡大していく、これが今のインフレです。

エキサイティングな時代の到来です。ではその中で大多数の一般庶民は、どの様な生存戦略が取れますか?

グランドキャニオンにエジプト?

すべては 1909 年に始まり、スミソニアン博物館の探検家とされる GE キンケイドが、スミソニアン人類学者 SA ジョーダンの指揮する探検中に奇妙な洞窟を発見しました。

中央の洞窟には、車輪のスポークのように、彫像、銅の武器、さらには種子が詰まった穀倉などの工芸品がいっぱいでした。

その大きさは、5万人が快適に居住できることを示していました。 しかしさらに驚くべきことに、これらの遺物は既知の記録にあるものと一致しませんでした。

ご想像のとおり、それらの物体はアメリカ先住民起源であるようには見えず、明らかにエジプトまたはチベットのデザインを持っていました。

実際にエジプト人の文明全体がそこに住んでいた可能性はあるでしょうか?もしそうなら、彼らはどうやってそこにたどり着いたのでしょうか?

マイク・ジョンソン

主流メディアは、マイク・ジョンソン下院議長がピザゲートを暴露した本の序文を書いたことにパニックを起こしている。

モッキンバード・メディアは、ピザゲートを検証したり、ピザゲートにスポットライトを当てたりする巨大な影響力を持つ大きな権力の地位にある人々がいるということを、集団で見失っている。

彼らはもうこの虫の入った缶を閉めたままにしておくことができません。ピザゲートを隠蔽しようとするあらゆる努力にもかかわらず、真実は広まっています。

是非見て下さい

第一編はまだ悪魔との対決の話ではありません。しかし、神様が実際におられ、イエス・キリストを通して働いておられる事が分かる体験談だと思います。

悪魔崇拝者の家系に生まれた女子が、自分の血を飲んでいた話などはアドレノクロム以外にも、何か秘密があると思わせます。

独り言

自分で考えて、自分を知ろうとし、管理するのは楽しいです。それはクリエイティブな作業と言えます。創造性を活かし、自分の夢に関わる時、人間として好ましい状態だと思うのです。

創造性は全ての人に備えられた機能です。使わずに生きるのは、人間らしさから遠のいている事になります。本来人間は、ワクワク楽しい感じを追い求めながら、生きるべきだと思います。

それはコトの大小とは関係ありません。人生のどんな状況であっても、創造性を活かして、与えられた状況の中で、楽しく過ごす事が出来ます。それは矛盾するようですが、目の前の仕事に淡々と取り組んで、日々を過ごす事なのです。

その中で、カールトンのソロのように、ハイライトとも言える仕事が、時々生み出されるのです。作品が評価されれば嬉しいし、されなくても自分が満足できていれば、それで幸せなはずです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
是非シェアして下さい