Mon

是非シェアして下さい

イラクとシリアへの爆撃は挑発でしょうか。国内に流れ込んだ不法移民テロリストへの刺激でしょうか。アメリカは初めて自国が攻められる事になり、国民が銃を持って立ち上がるのでしょう。

全面戦争か

マクレガー元大佐  爆撃は外交ではない。爆撃は戦略でもなければ、美徳を伝えるための単純な訓練でもありません。 爆撃は戦争行為です。爆撃には紛争は含まれないし、爆撃によって相手の今後の行動を阻止することもできない。

むしろ、爆撃は緊張を高め、全面戦争につながります。大国が自ら作り上げた地獄への転落は決して急速ではない。 CSルイスが教えたように、その衰退は徐々に、ゆっくりと進み、米国のような大国が突然、相手を著しく過小評価していたことに気づくまで測定さえされます。

いじめ、賄賂、爆撃、そして敵対者への制裁はうまく機能しませんでした。 アフガニスタン、リビア、イラク、ウクライナにおける一連の戦略的軍事的失敗のおかげで、ワシントンは世界の他の国々との関係において急速に地獄に陥っている。


イラクとシリアにいるわが軍は標的になりやすい。我々は、軍隊も空軍も防空もない相手と対峙している。それが終わろうとしている。

イラン、トルコ、ヒズボラ……これらは本当の能力を持った本当の勢力だ。


アメリカ人の3分の1は、恐怖や戦争を感じません。 なぜなら他人の土地で起こっているから。もし我々がイランを攻撃すれば、状況は変わるだろう。


悪者は南の国境からこの国に侵入している。

中東を空爆した後で、メキシコ国境に第二の戦線が出現し、わが国にも第三の戦線が出現する可能性があることを見過ごすべきではない。


トランプの意見 

トランプは100%アメリカ本土へのテロ攻撃があると信じている

彼は、一人3万5千ドルから5万ドルを払ってアメリカに来ている中国の軍人の若者たちは、中国共産党によって送り込まれていると信じている。


ネタニヤフについて

「ネタニヤフ首相は信用できない。」トランプ大統領、イスラエルがイランのソレイマニ暗殺に協力するはずだったが、直前に撤回したと暴露。彼がこのことについて言及するのはこれが2度目である。


ソレイモニ殺害後のイランの反撃について

トランプ大統領は、イラン政府関係者から、特定の場所に向けてミサイルを発射する計画があるが、その標的を意図的に外すつもりであるとの連絡があったことを明らかにした。

「彼らは我々に知らせてきた。動くなと。彼らは16発か18発のミサイルを送ってきたが、砦の中には命中しないとわかっていた。それが彼らの我々に対する敬意だった。

プーチン大統領

左の動画では、プーチン大統領が握手を要求するネタニヤフ首相を拒否し無視した。

右の動画では、ネタニヤフ首相率いるイスラエル政府がカセム・ソレイマニ殺害をどのように拒否したかをドナルド・トランプが語っている。

トランプ大統領がこのことに言及するのはこれで2度目となる。彼はこれを裏切りか卑劣な行為だと考えている。

なぜイスラエル政府は、多くの米兵の死に責任を負ったイラン将校の殺害を拒否するのか、自問してみてください。

カールソンがロシアに

HK 以前、彼はプーチン大統領にインタビューを試みて、失敗しました。NSAに妨害されたからです。しかしこの度は既にロシア入りしており、インタビューは成立しそうです。楽しみです。

2018年、ウラジーミル・プーチン大統領は、イエスの洗礼を記念する正教会の祝日であるエピファニーを祝うため、初めて公の場で氷の張った湖の水に浸かった。

プーチンは以前にもエピファニーに同様の沐浴を行ったことがあり、2021年にも正教会の祝日を祝うために氷水を浴びた。

この男に神のご加護を。

不法移民の裏に国連

人権を隠れ蓑に、何でも押し通す悪党達。人権を主張する連中こそ、人権を踏み躙っており、精神を悪魔に蝕まれた変態どもです。

変態の巣窟国連

国連職員では多くの小児性愛強姦魔が逮捕されています。国連は腐った組織であり、悪魔のワンネーションです。まさに悪魔と直結しています。何か崇高な印象を持つ人がほとんどですが、そういう人が進んで666を受ける事になります。騙されないようにしましょう。

ヨーロッパの移民も国連アジェンダだそうです。

フリン将軍

ターゲット: アメリカ どのように: 国連アジェンダ 2030 内容: 「持続可能性の目標」としての大量移住 「その結果、ヨーロッパの大部分は現在破壊され、認識できなくなりました。

ほとんどの家系が消去され、置き換えられているため、以前のようには決してならないでしょう…ヨーロッパは単なるテスト段階であり、大成功を収めました。アメリカこそが真の標的だ」 以下を読んで聞いてください。

The Patriot Voice

米国の不法移民国境侵入… どうしてそんなことが許されたのですか? なぜ継続が許されるのか? なぜ誰も止めないのですか? 本当にこの責任は誰にあるのでしょうか? それはワシントンDCの「政治家」でもなければ、ジョー・バイデンでもありません。彼らは皆、脅迫されて言われたことをやっている単なる操り人形です。 これは国連からの直接の指令です。

@UNは 2000 年に遡ります。これとほぼ同時期に、第三世界およびサハラ以南諸国からの「代替移民」も欧州連合全体で実施されました。

その結果、ヨーロッパの大部分は現在破壊され、認識できなくなりました。ほとんどの家系が消去され、置き換えられているため、以前のようになることは決してありません。

ヨーロッパは単なるテスト段階でしたが、大成功を収めました。アメリカが真の標的だ。 「大量移住」が国連アジェンダ 2030 の「持続可能性目標」の一部であるのはなぜだと思いますか?

アメリカが崩壊すると、世界も崩壊し、NWO ワンワールド政府が発足する可能性があります。

本当の戦いが永遠に目の前にあるのに、彼らはあなたが「政治」に集中することを望んでいます。 Google Earth に「666 国連プラザ」と入力します。 国連 。

@UN 、反人間および反人道NWOアジェンダ2030、および米国国境侵攻を含む世界中で起こっている際限のない強制大量移民を担当している同じ組織であり、サタンへの忠誠を公然と示している同じ組織です。

黙示録に描かれているように。 偶然ではありません。 これらのグローバリストがいかに聖書の象徴主義のみを使用しているかに注目してください。彼らもまた、真実は一つしかないことを理解しています。

地球をめぐる戦いは、私たちの目には見えない領域で繰り広げられています。

「なぜなら、私たちは血肉に対して戦うのではなく、支配者に対して、権威に対して、この現在の暗闇を支配する宇宙の力に対して、天上の悪の霊的な力に対して戦うのです。」 – エペソ人への手紙 6:12 (ESV)

小児性犯罪企業ディズニー

アルビン・ゴンザレスです。彼が米国国民ではないにもかかわらず、ディズニーは彼を雇用した。 彼は、SDカードに2人の子供が性行為をしている8分以上のビデオを保存していたことが国土安全保障調査特別委員会によって捕らえられた。

ビデオに映った少年は8歳から10歳、少女は12歳から14歳だったと伝えられている。民主党員の大多数はアルビン・ゴンザレス氏は国外追放されるべきではないと考えている。彼の仕事は子供たちに関わることでした。

悪魔の人脈

Clanestine ポデスタ夫妻が電子メールを送っていた「スピリット調理」悪魔崇拝の魔女=マリーナ・アブラモビッチもゼレンスキーと親しい友人である。

彼は最近、彼女をウクライナの学校再建を支援する大使に任命した。

壁に血/糞/精液/母乳で不気味なメッセージを書き、「芸術」で子供に対する暴力を賛美する女…ゼレンスキーは彼女をウクライナの児童施設の責任者に任命することを決めた…

悪名高い児童人身売買業者や小児性愛者、ジョン・ポデスタとトニー・ポデスタとつるんでいる同じ女。

ジェイコブ・ロスチャイルドと付き合い、有名な絵画「軍団を召喚する悪魔」の前でポーズをとっているのと同じ女です。

真実は想像以上にひどいものです。

ワクチン

テレビ局はスポンサーの意向に沿わなくてはビジネスにならない。日本ではジャニーズが干され、スポンサーと番組の力関係が国民に明らかとなりました。

同じ事がワクチンも言えます。テレビはワクチンの害を一切言う事が出来ません。

ローカルのテレビ局に頑張って欲しいところ。

聖書

独り言

「誰でもクリエイティブだ」とセス ゴディンは言います。では、普通の人と区別するものは何なのか?世に出すか、出さないか?それだけだそうです。

知識労働は定着し、今や感情労働、心に汗をかく事が、価値があるといいます。インターネットから情報は得られるので、知識はもう既に有ります。しかし一般的な情報でなく、詳細で深いもの、違った考え方となると、まだ余地があります。

マスメディアは力を失い、詳細化したグループが力を持つようになりました。そこから更に細分化したり、または合体したりして、複合体と変化して行きます。色んなレベルの、色んな人に向けて、情報は求められ、また発信出来るようになりました。

オタクな人に価値がある時代となりました。でも実は誰でもオタクな部分があります。何かしらこだわり、もしくは人に言いづらい部分を持って生きています。

世の中は共感したい人でいっぱいです。グーグルを見れば一目瞭然です。グーグルで検索するとは、自分と同じこだわりを持つ人と繋がりたいという事です。

純粋にそのこだわりを提供すればいいのです。恥ずかしい弱みであっても、それを出す事で同じ人たちと繋がる事ができます。お互いに癒し、励ましになったりするものです。

それで商業的に成功するかもしれません。成功しなくても、みんなに平等に機会が与えられてます。ビジネスを始める、著者になる、アーティスト、シンガーソングライター、ミュージシャン、コメディアンになる…やりたい事をやるのに、もう誰の許可も要りません。

夢だった事をやればいいのです。でも、殆どの人がやりません。誰かに選んで貰うのを待っているからです。

そして本当は怖いんです。やった結果、バカにされるかもしれないと。実は自分こそが、夢の門に立ちはだかって、許可を与えない唯一の存在なのです。

最初から完璧な人は、歴史に残る天才だけです。それ以外の人は、やりながら精度を上げていけばいいのです。確かに今までは仲介屋がいて、狭き門でした。

でも、その門前払いしていた、イヤな商売人は、もう存在しません。

アイデアなら誰でも持ってます。形にするまでが苦労です。コツコツ作業に打ち込むのに慣れていなければ、大方挫折します。

それは「上手くいかなかったら?」という不安と戦いながらの作業です。そして作業が終わり近づくに従い「まだダメだ」と思います。「十分じゃない、もっと完成度を高めなきゃ」と。

しかし完成させると「これが上手く行くかな?」と疑います。

酷いレビューばかりで、詐欺師呼ばわりされたら…?そんな空想に悩まされます。プレッシャーと上手く付き合わないと出来ません。

色んな思いを押し切って、出さなければいけません。始めて、出す。そのプロセスと結果から学び、また始める。

その都度、その「メンタルな戦い」に勝たなければいけません。

だから出す人は限られます。心の汗をかきたくないからです。失敗の恐れが、成功を打ち負かすのです。

そうならないためには、どうすれば良いのでしょう?

小さな事から始めればいいのです。このブログはスタートしてから6年が経ちますが、読者はいまだに少ないです。価値を認めて下さる方は、更に絞られます。

それでいいんです。僕は今も少人数のために書いています。

少人数のために始めるなら、誰でも出来ます。そこから口コミで広まればラッキー。つまりグランドオープンは不要なのです。

小さく、少しずつ、長くやればいいです。グランドフィナーレだけ目指せばいいんです。インスタントな成功を求めない事です。

「ミスなど恐れるな、そんなものは…ない」マイルス・デイビス


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

https://amzn.to/3Sfkxk7

過去の投稿

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい