Mon

是非シェアして下さい

プーチン大統領が再選しました、おめでとうロシア。日本がアメリカの属国から独立するためにも、その事実を良く理解し、寛容であり、しかも強力なリーダーであるプーチン大統領が必要だと思います。

Clandestine

プーチン大統領は戦時中に選挙を実施し、得票率88%を獲得した…西側諸国はこれを「独裁」と呼んでいる。

ゼレンスキーは選挙を中止し、戦争の責任を負う…西側諸国はそれを「民主主義」と呼んでいる。 面白いですね。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

Mario Nawfal

プーチン大統領、歴史的勝利で再選

伝えられるところによると、プーチン大統領は得票率87%で記念碑的な勝利を収め、スターリン以降ロシアで最も長く大統領を務めた人物となった。

準州選挙管理委員会によると、遠隔電子投票の投票率は世界記録となる94%を記録した。 出典:タス通信

フランスの抗議活動

「マクロン君、私たちはあなたの戦争を望んでいません」

「マクロン君、私たちは戦争をしません」

昨日、フランス全土でデモ参加者が集まり、ロシア/ウクライナ紛争にフランスを直接関与させようとするマクロン大統領の計画に抗議した。

一般の人々はもはやディープステートが画策したアジェンダを支持していません。

女性の喫煙を浸透させた洗脳の手法から学ぶ

HK 納税者を増やすために、ロックフェラーが女性解放運動を支持した話は良く知られています。夫だけが納税者であっては、人口の半分を損していると考えました。だから「女性解放」を応援したわけです。

女性の喫煙もこれと同じ考え方でした。その洗脳方法が語られています。それは今日のLGBTだの、環境保護、戦争などの洗脳と同じです。

下に湾岸戦争のきっかけとなった、ナイラの証言の動画は有名です。問題はこれが明らかになったとしても、メディアは誤情報の流布に対する責任を取らない事です。この番組を観なければ知らない人がほとんどでしょう。

このようにメディアは嘘をなん度も刷り込み、人々に浸透した後、「実は違ってた」と軽く報道します。ロシア疑惑、ウクライナ疑惑、その他トランプに関する報道の全てが同じパターンでした。

つまりメディアは最初から「良心のかけら」を持っておらず、我々を洗脳するために株主の言いなりとなって動いているだけです。ジャーナリズムは存在しません。

ワクチン接種者の血液を輸血する事は重大な懸念事項であり、事前の対策と包括的な戦略が必要

HK タイの医療サイトで、日本での研究が報道されてます。輸血に関する重要な内容です。日本で大きく報道されなくてはなりません。

旭川医科大学、東京医科大学病院、MCL株式会社、岡村記念病院、東京理科大学による研究

ワクチン接種者からの輸血に伴う血液異常、免疫機能不全などが認められ、以下の提案がなされました。

接種者からの血液製剤の収 集、処理、保管、輸血を管理する明確な規制ガイドラインが必要。

ワクチン、輸血、免疫関連疾患のリスクと利点についての国民の認識と教育の強化が必要。これには、情報に基づいた意思決定と医療行為を促進するために、医療従事者、患者、一般の人々に正確な情報を提供することが含れる。

輸血用血液の全てに、ワクチン接種者からのものか、非接種者かを表示するように法律と規制を改正する必要がある。また、輸血を受ける側は、不快な血液を拒否する権利を有するべき。

Thailand Medical Newsからの引用

mRNAコロナワクチンを受けた個人の輸血に伴う潜在的なリスクについて懸念が生じている。

この新型コロナウイルス感染症ニュースレポートでは、遺伝子ワクチンの複雑さ、輸血においてククチンが引き起こす可能性のあるリスクを詳しく掘り下げ、これらの懸念に対処するための詳細な対策を提案している。

遺伝子ワクチンと作用機序について理解する。ファイザー・バイオエヌテックやモデルナなどの大手製薬会社が開発したmRNAワクチンを含む遺伝子ワクチンは、スパイクなどのウイルス抗原をコードする遺伝物質を導入することによって機能します。

SARS-CoV-2のタンパク質が宿主細胞に侵入します これにより、ウイルスにさらされたときに体がウイルスを認識して戦うよう準備する免疫反応が引き起こされます。

これらのワクチンは新型コロナウイルス感染症の予防に有効であることが証明されていますが、新たな証拠では、特にワクチン接種後の血栓性イベント、心血管合併症、全身臓器関連障害に関して、その使用に関連する潜在的なリスクを示唆しています。

遺伝子ワクチン接種者からの輸血に関連するリスク

旭川医科大学 東京医科大学病院 MCL株式会社 岡村記念病院 東京理科大学 によって行われた最近の研究では、遺伝子ワクチン接種者からの輸血に伴うリスクが明らかになりました。

mRNAコロナワクチンを接種した個人を対象とした輸血 これらのリスクには、以下を含む、これらに限定されない、さまざまな潜在的な 合併症が含まれます。

血液異常

研究では、遺伝子ワクチン接種者における血小板減少症、血栓性疾患、および異常な赤血球形態の症例が報告されています。

mRNAワクチン接種を受けた個人の血液サンプルを顕微鏡で検査したところ、異常な所見が明らかになり、スパイクタンパク質とワクチン成分の潜在的な毒性についての懸念が高まっています。

免疫機能不全

遺伝子ワクチンは、免疫インプリンティング、抗体依存性増強、免疫グロブリンクラススイッチの変化などの免疫関連合併症を引き起こす可能性があります。

これらの現象はその後の感染に対する免疫系の反応に影響を与える可能性があり、特定の病原体や自己免疫反応に対する感受性を高める可能性があります。

神経合併症 遺伝子ワクチンによって生成されるスパイクタンパク質には神経毒性があり、血液脳関門を通過する可能性があることを示唆する証拠が増えています。

これは、ワクチン接種者の神経系合併症に関する懸念を引き起こし、徹底的なモニタ リングと評価の必要性を強調しています。

提案された対策と推奨事項

これらの特定されたリスクに対応して、潜在的な危害を軽減し、遺伝子ワクチン接種者が関与する輸血の安全性を確保するために、以下の対策と推奨事項が提案されています。

遺伝子ワクチン接種者由来の血液製剤

これには、副作用を特定するためのスパイクタンパク質、ワクチン成分、免疫マーカー、および潜在的な神経毒性指標のスクリーニングが含まれます。

規制ガイドライン

遺伝子ククチン接種者からの血液製剤の収 集、処理、保管、輸血を管理する明確な規制ガイドラインを確立します。

これらのガイドラインでは、安全性と説明責任を強化するために、ドナーのスクリーニング、製品のラベル表示、有害事象の報告に関する厳格なプロトコルを概説する必要があります。

長期モニタリングと監視

遺伝子ワクチン接種者からの輸血に関連する健康上の転帰と潜在的な合併症を追跡するために、長期監視と監視研究を実施します。

これには、血栓性イベント、免疫関連疾患、神経症状、その他の副作用のモニタリ ングが含まれます。

国民の認識と教育

遺伝子ワクチン、輸血、免疫関連疾患のリスクと利点についての国民の認識と教育を強化します。

これには、情報に基づいた意思決定と医療行為を促進するために、医療従事者、患者、一般の人々に正確な情報を提供することが含まれます。

法律

輸血用血液のすべての供給源に、ワクチン接種された血液源からのものか、ワクチン接種を受けていない血液供給源からのものかを表示するように法律と規制を改正する必要があります。また、輸血を受ける側は、不快な血液型を拒否する権利を有するべきです。

結論

mRNAコロナワクチン接種を受けた個人からの輸血に伴うリスクは重大な懸念事項であり、事前の対策と包括的な戦略が必要です。

堅牢な検査プロトコル、規制ガイドライン、長期的なモニタリング、および一般教育の取り組みを実施することで、潜在的な危害を軽減し、遺伝子ワクチン接種者から血液製剤の投与を受ける個人の安全と健康を確保することができます。

論文 https://preprints.org/manuscript/202403.0881/v1

カネの動きを追う

HK RFK Jrが選んだ副大統領候補は弁護士だそうですが、カネの動きを追うと疑問な部分もあります。彼はワクチンに対して猛反対していて応援しますが、イスラエルとの事も含め、周りの人たちは目を光らせています。

NYポスト

RFKジュニア、裕福な弁護士ニコール・シャナハンを予備選挙の副大統領候補に指名:報道https://trib.al/4qftovm

Whitney Webb

シャナハン財団の理事長は同時に、RFKジュニアが定期的に批判してきたパンデミックシミュレーションであるイベント201に資金提供したオープン・フィランソロピーの一員でもあり、主にフェイスブックの共同創設者ダスティン・モスコヴィッツが資金提供している。

トランプの詠んだ蛇の詩

善意に悪で報いる連中…騙されないよう、知恵深く行動すべきです。「人道」を盾に何でも許せという連中に注意が必要です。

LGBT、移民、人種差別など…これらの被害者をアピールし、無理やり異常な政策を受け入れさせられ、我々の生活が破壊されています。

トランプが詠んだ「蛇の詩」の「蛇」が誰なのか、わかりますか?

—— ある朝の出勤途中、湖畔の小道を下っていく心優しい女性が、半分凍った哀れなヘビを見かけた 彼のきれいな色の皮膚は、露ですっかり凍ってしまっていた

「まあ!私が引き取って面倒を見てあげるわ」と彼女は叫んだ

「優しい女性よ、私を連れて行って、お願いだから、私を連れて行ってくれ、優しい女性よ」

蛇は安堵のため息をついた 彼女は彼を絹で包んだ そして焚き火のそばに寝かせ、蜂蜜とミルクを添えた

その夜、彼女は仕事から急いで家に帰った 彼女は引き取った蛇が生き返っているのを見た

「優しい女性よ、私を連れて行って、お願いだから、私を連れて行ってくれ、優しい女性よ」蛇は安堵のため息をついた

「あなたはなんて美しいのかしら」と彼女は叫んだ

「でも、もし私が連れて来なかったら、あなたは死んでいたかもしれない」 彼女は彼の肌を撫で、キスをし、強く抱きしめた しかし、その蛇はお礼を言う代わりに、彼女に凶暴な牙を向けた

「優しい女性よ、私を連れて行って、お願いだから、私を連れて行ってくれ、優しい女性よ」蛇はため息をついた

「助けてあげたのに」と彼女は叫んだ 「噛まれると毒があるのを知ってるくせに、なぜ私を噛んだの?わたしはこれから死ぬわ」

「黙れ、愚かな女」と爬虫類はニヤリと笑い、こう言った 「お前は、私が蛇であることをよく知っていただろう」

「優しい女性よ、私を連れて行って、お願いだから、私を連れて行ってくれ、優しい女性よ」蛇はため息をついた

ConcernedCitizen ジョー・バイデンは2020年に死亡し、アーリントン国立墓地に埋葬されましたか? トランプ大統領は定期的にこのことを不可解にほのめかしている。 真実は小説より奇なり。

両建て

HK 「日本人に謝りたい」 ーあるユダヤ人の懺悔という本があります。この本は正直言って、如何に自称ユダヤ人が狡猾な悪魔の使いであるかがよく分かります。

繰り返し「両建て」という言葉で、我々をハメた事を自慢しつつ、「日本国民の崇高さ」を褒めて、「あんな事すべきでなかった」という内容の本です。

事実を書いてくれたのは良いですが、彼らは自分たちの流浪の民としての悲劇を盾に、「両建て」を編み出した事を自慢しています。

ユダヤ人を憎まず、ああいう事をやり続けて来た連中を暴く事が大切です。


私はいつも毛沢東とその共産党が中国の正統派キリスト教教区​​をすべて破壊した理由についてずっと興味を持っていた。

20年間、そこでは典礼が一度も行われていなかったことをご存知ですか?共産主義者は冷酷だった。 誰が黒幕だったんだろう…

フィラデルフィア・インディペンデント映画祭でドキュメンタリー『革命』を見るまで、私は革命期の中国はユダヤ人の抱擁を感じていない国だと誤解していました。

実際、共産主義政権の乗っ取り時に中国人を助けた外国人の85~90%はユダヤ人だった。

その中には証券会社ゴールドマン・サックスの創設者の娘も含まれており、彼女は中国人を支援するためにパークアベニューの快適な自宅を離れた。

「革命家」は、中国共産党への入党を認められた唯一のアメリカ人である南部生まれのシドニー・リッテンバーグの物語を描いています。

北京語を話すリッテンバーグ氏は、第二次世界大戦末期の日本の降伏時に米軍によって中国に派遣され、毛沢東と中華人民共和国の周初代首相の影響力のある顧問となった。恩来。

共産主義中国の視点をアメリカに説明するという放送局での重要な役割により、毛沢東主席よりも高い給与を得た。

ウクライナ

EU議会ではっきりと、ウクライナは小児性愛用の人身売買、臓器売買の世界最大の供給者であると言ってます。

オランダの役人はEU議会で、ウクライナの腐敗した政治家、児童の人身売買、小児性愛を暴露した。

聖書

独り言

スマホによって、完全に人は変わりました。

嫉妬と鬱に、地球は埋もれてしまいました。嫉妬は罪です。世界中をより罪深く、ネガティブにしました。

嫉妬は比較から始まります。スマホを持っていても、自分らしく生きている人は、比較しないでしょう。つまり他人が気にならないくらい、仕事に、家庭に、趣味に打ち込めている人です。

でも普通の人は、気になってしまいます。

スマホを持ちながらも、見ない、知ろうとしない、やらない、乗せられない、捨てる、という力が求められます。それ無しには、これからを生きるのが難しいです。
依存し、鬱になり、バカになります。

​でなければ、自分の才能や生き甲斐を見つけ、他人が気にならないくらいの毎日を過ごすか…実はスマホはそのためにも、役に立ちます。それが最初にジョブズが意図したスマホだったと信じたいです。

スマホのおかげで、情報収集が楽になりました。いつでもどこでも、必要な情報が得られるからです。

ところが、情報は必要以上に押し寄せて来ます。

そして我々の人生で最も大切な資産の一つである「時間」を奪っていきます。気がつかないうちに時間が過ぎます。時間泥棒なのです。

もしすべき事を知っていながら、スマホに時間を奪われているなら…大きな損失を被っている事になります。通信料だけではないのです。

ちょっとした便利と暇つぶしのために、莫大なコストを支払ってます。人生で打ち込むべき事を、犠牲にしているというコストです。時間を作らなくてはならないのに、それを奪われているのです。

また自分という大切な資源を、衰退させるコストもあります。記憶力、集中力、視力、睡眠時間、その他の健康への害など。

大切な人とのコミュニケーションを奪う事になります。外国に住む友人をSNSで大切にするあまり、一番身近な家族との会話を犠牲にするのです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい