Tue

是非シェアして下さい

国を滅ぼすには家庭を滅ぼす。そのために性的倒錯したリーダーを選ぶ。そのためにエリートの子供を虐待し、将来のために育てて来た…

Angelo Giuliano

キャンディス・オーウェンがブリジット・マクロンがトランスジェンダーであることに自分のキャリアを賭けている理由がわかりました。

すべて確認された場合

– それは、後に大統領となる14歳の少年を虐待する生物学的男性/性犯罪者/小児性愛の事件でした

– ブリジット/ジャン・ミッシェルはマクロンに会う前からすでに政治活動に参加しており、彼女はロスチャイルドとフランスのエリートとのつながりであり、彼女が俳優/コメディアンの頭脳であることを意味します

– 米国の秘密機関は情報を持っており、彼をコントロールしていた可能性があります/トランプは知っていました。彼はずっとフランスにとって責任を負っていたはずだ。

– ロシアと敵対するという扇動は気晴らしになる可能性がある。

– それは国家スキャンダルです – これを暴露することは、悪魔主義者のプロジェクトを世界に示すことであり、それはWEFの議題、グローバリストエリートがいかに私たちを軽蔑し、彼らが世界に押し付けようとしている西側社会の病だ

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

オバマがリシと会

オバマ大統領はロンドンで英国首相リシ・スナックと個人的な会談を行う。 ディープステートはパニック状態にあります。

プーチン大統領は選挙に勝ったばかりで、トランプ大統領も同様に勝利すると予想されている。 彼らは行動しなければなりません。オバマは陰謀を企てている。

フリンが次期国家安全保障担当補佐官としての職務の一環としてロシア大使と会談したため、バイデンはFBIにフリンを追求するよう圧力をかけた。

一方、民間人のオバマが他国の指導者と正式に会談することはまったく問題ない。

フリン将軍

ハンス、あれがどのように始まったかをみんなに思い出させてくれてありがとう。 2017年1月5日という運命の日、大統領執務室で「ローガン法」を持ち出したのはバイデンだった…それはクーデターが始まった日として歴史に残る日だ。 ボットを起動した皆さんには申し訳ありませんが、証拠は圧倒的です。

不法移民に職を

無職のアメリカ人が多く、あるいはインフレで食べて行けない人も多い中、不法移民に職を与える事に多くの人は怒りを覚えています。

以下の主要なアメリカ企業は犯罪外国人を雇用していますか?

「テント・パートナーシップ」は、「難民」の雇用に取り組むコカ・コーラ、アマゾン、イーベイ、グーグル、ヒルトン、リンクトイン、マクドナルド、マイクロソフト、スターバックスを含む大手企業400社の連合である。

バイデン政権は全世界に難民認定を認めさせ、その後彼らに仕事を見つけてもらう。 「置換理論は陰謀論だ」と彼らは言います。

国務省人口・難民・移民局(PRM)は、世界中の難民やその他の強制避難民の雇用機会と経済統合を支援するため、難民テント・パートナーシップ(Tent)との官民パートナーシップを発表した。

ブリンケン長官は本日、難民のためのテント・パートナーシップとの覚書に署名した。このパートナーシップは、米国および国際的な企業や企業を動員して、難民を就労の機会に結び付けることを目指しています。

これは、難民自身と難民を受け入れるコミュニティの両方の長期的な経済的および社会的回復力への重要な道です。 犯罪者エイリアンはすべてを手に入れます。アメリカ国民はその費用を支払うことになります。

投票するには登録してください。ドナルド・J・トランプに圧倒的な勝利をもたらします。

マスクがCNNドン・レモンに説教

Benny Johnson

イーロン・マスクがドン・レモンに教える

人種差別について

イーロン・マスク「歴史を広く学ぶと、誰もが奴隷でした。私たちは皆、奴隷の子孫です。私たちはどんな未来を望んでいますか?これは私たちが永遠に継続的な対話の一部にしたいことなのでしょうか、それとも、そのまま先に進み、すべての人を個人としてありのままに扱いましょうと言いたいのでしょうか。アメリカは他の誰よりもうまくやってると思う」

KanekoaTheGreat

不法移民、国勢調査、選挙人制度について

レモン: 「あなたは民主党とバイデンがより多くの票を獲得するために国境を開いていると主張していますが、不法移民は連邦選挙で投票できないのに、どうしてそんなことが可能なのですか?」

マスク: 「不法移民の有無での配分を見てみると、青色の州は下院で約 20 議席を純損失することになると思います。これは大統領選挙にも当てはまります。なぜなら、選挙人団の投票も影響するからです。下院の議席と同じように配分によって行われます」

レモン: 「しかし、選挙人団が設置されている理由は、そのようなことが起こらないようにバランスを取るためです。つまり、あなたがそれについて言っていることは、選挙人団が存在する理由と正反対です」

マスク:「私の理解では、国勢調査で不法移民が数えられなければ民主党は下院で約20議席を失うことになり、それは大統領の選挙人も20人減るということだ。したがって、不法移民は誰が下院を支配し、誰が大統領職を支配するかに間違いなく影響を与える 」

Vigilant Fox

マスク以前のTwitterについて

「昔のツイッターは基本的に極左のツールだった」

• 「昔ながらの Twitter は、右派と呼ばれるアカウントを、左派のアカウントの 10 倍も停止および抑制しました。そして、彼らが左派のアカウントを一時停止したときでさえ、それは左派の二人の間の口論のためでした」

ドン・レモンは証拠を求め、マスクはレシートについて言及。

• 「昔の Twitter の政治献金は 99% が民主党へのものでした。それはあなたには左翼のように聞こえますか、それとも右翼のように聞こえますか? … 私が言いたいのは、Twitter の従業員、Twitter の人々、彼らの政治献金の 99%、文字通り 99% が民主党へだったということです。それは明らかに極左寄りのグループだ」

Vigilant Fox

ドン・レモンのインタビューの最後の数分で感情的な声明を発表

「自分が正しいことをした、あるいは正しいことをするために最善を尽くしたと知りながら死んだのなら、たとえ歴史の本で私が間違ったことをしたと書かれていたとしても、私はそれについてまだ大丈夫だと感じるだろう。私が気にかけているのは、善の認識ではなく、現実です」

「私たちは、たとえば、多くの国で起きている人口動態の崩壊、つまり出生率の非常に低い事態が起こらないようにしたいのです。私たちは第三次世界大戦を避けたいと思っています。文明の危機につながるものはすべて避けたいのです。それが私が気にしていることです。文明のリスクです」

オバマはこれを目指している

ワクチン

「私たちは現在、世界中の何十億人もの人々を対象にワクチンの臨床試験を実質的に行っています」

バラク・オバマは、史上最大の人体実験において、あなた方全員がモルモットであったことを確認しました。

その実験では、すべてインフルエンザと同一の軽度の病原体に対して、新しい実験的なmRNA遺伝子治療技術を数回注入しました。 悪の権化。

少し古い情報ですが

Twitterで沢山シェアされていたので、紹介します。元京都大学の宮沢先生と大阪医科大の田中先生の研究についてです。

宮沢先生はシンプルに「人工的に作られた」と話してました。僕はちょっと覚えてないのですが、ここではオミクロンが2020年に既に存在したと書かれています。

つまり変異株だのと言って、パンデミックを長引かせていただけなのです。

2023年8月に初めて発表されたこの研究は、大阪医科大学と京都大学の日本人ウイルス学者、田中敦教授と宮澤孝之教授によって行われたもので、COVIDを存続させようとする動きは、我々の自由を奪い、人類を投獄しようとするグローバリストの陰謀の一部であることが確認された。

Thehighwire.comが伝えている: アメリカ・エネルギー省、CIA、FBIが、SARS-CoV-2が実験室で作られた可能性があると認識していることはよく知られている。 そして今、9月15日のジェフリー・ジャクセンとデル・ビッグツリーの超面白い討論で伝えられたように、すべてのCOVID-19亜種は意図的に製造されたものであるという田中と宮沢による気の遠くなるような科学的結論が発表され、この極めて専門的な科学的論争に巨大な要素が加わった。 そして、このトピックが厳しく検閲されていることも忘れてはならない。

SARS-CoV-2のオミクロン変異体の変異の順番を決定するのは、一言で言えば複雑なのだが、「SARS-CoV-2変異体の進化過程における非自然性と意図的自然選択の可能性」と題する25ページの論文の中で、田中氏と宮澤氏は、公開データベースに登録された世界中の「野生」で発見されたウイルス配列を研究することによって、この変異体の起源を追跡した。 研究チームは、「SARS-CoV-2オミクロン変異体の形成に至る進化過程を明らかにすることを目的とし、SARS-CoV-2分離株のうち、スパイクタンパク質に多くのアミノ酸変異を持つオミクロン変異体に注目した」と説明している。

研究が進むにつれ、彼らは自然発生ではありえない約100種類のオミクロン・サブバリアントを発見した。 これらの変異型の存在と、それらが出現する系統的な順序は、COVID-19ウイルスが実験室で大規模に作られ、放出されたことを示す決定的な証拠となった。 具体的には、SARS-CoV-2オミクロン変種の形成に至る変異の順序を明らかにするため、田中・宮澤両氏はオミクロンBA.1関連129株、BA.1.1関連141株、BA.2関連122株の塩基配列を比較し、形成に至る変異の順序や相同組換えの発生など、SARS-CoV-2オミクロン変種の進化過程を明らかにしようとした。 その結果、科学者たちは次のように述べた:

その結果、BA.1、BA.1.1、BA.2を分離したオミクロンの一部が形成されたのは、変異の蓄積や相同組換えといった、自然界で一般的に観察されるようなゲノム進化の産物ではないと結論した。 さらに、オミクロン変異体BA.1およびBA.2の35の組換え分離株の研究から、オミクロン変異体が2020年にすでに存在していたことが確認された。 解析の結果、オミクロン変種はこれまでの生物学では説明できない全く新しいメカニズムで形成されたことが示され、SARS-CoV-2変種がどのように形成されたかを知ることは、SARS-CoV-2パンデミックの再考を促すものである。

これらの結果は、BA.1-0.1とBA.1.1-0.1の分離株の確立が独立して起こったことを示唆している。 一方、もし復帰突然変異によって、これらの分離株が武漢型とは異なるアミノ酸を1つずつ持つようになったのであれば、天文学的な数の分離株を調べることによって、これらの分離株を検出することができるであろう。 しかし、これらのウイルス株は、配列決定された全ゲノムの数(限られた数)において検出されたのであって、天文学的な数を調べたわけではない。 これらの変異のほとんどが同義変異を伴わずに発生したことから、自然界における試行錯誤的なランダム変異の結果として生じたものはないことが示唆された。

この研究の影響は甚大であり、早急に注意を払う必要がある。 Substackの著者フィリップ・アルトマンが適切に表現しているように、SARS-CoV-2ほど完璧に計画され、実行されたビジネスモデルはない。 いったん発表されると、巨大な隠蔽工作が行われた。 実際、「世界中の医薬品規制機関は、研究不足で危険な遺伝子ベースのmRNA脂質ナノ粒子注射薬の発売を許可した。

そして、赤ちゃんや妊娠中の母親がジャブを受けるよう強要されたことで、アルトマンは、スキャンダラスで組織的な “世界が見たことのない金と権力の川 “の掌握が起こったと語った。 間違いなく、世界中の様々な医薬品有害事象報告システムで報告された「ワクチン」による傷害と死亡のレベルは、前例のないものであった(そして現在もそうである)。 そして、この計画の主にとってケーキの上のアイシングは、継続的な亜種の流れであり、予見可能な将来にわたってディープ・ステートの私腹を肥やすことになる。

では、選挙の季節が近づき、マスキングやCOVID追加注射の話が続く中、社会全体のために勇敢に立ち上がり、大胆に真実を語る日本の勇気ある研究者とは誰なのだろうか? 免疫学者の田中淳は、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの教授である。 彼は30本以上の学術論文を発表し、6000本近く引用されている。 同様に、京都大学の教授であるウイルス学者の宮澤隆行氏は、300近い学術論文を発表し、その研究は7000回以上引用されている。 二人ともそれぞれの分野で超一流の人物であり、彼らの仕事を頭ごなしに否定してはならない。 この目を見張るような発見を前面に押し出すことの重要性を強調する一方で、著者たちの研究の結論はこの記事の締めくくりにふさわしい。 さらなる “コロナ騒動 “の予言とともに、彼らはこう宣言する:

「それにもかかわらず、今回われわれが示した解析では、オミクロン変異体は、これまでの生物学では説明できない全く新しいメカニズムによって形成されたという結論に達した。 SARS-CoV-2の突然変異がどのようにして起こったかという過程は、SARS-CoV-2の流行について再考を促すものである。 もしSARS-CoV-2流行株が人為的に変異させたウイルスであり、コロナ災害(corona hoopla)がよく設計された人体接種の世界的実験であり、社会実験であったとすれば、この実験の設計と使用されたウイルスの性質から、この実験(corona hoopla)は予備実験である可能性が高い。

聖書

独り言

毎日書く。気が乗る時も、乗らない時も。習慣にして、沢山書いた後、良いものとそうでないものがあると分かる。

ただそれだけです。成長の途上だという事が分かります。​やっただけ上手になるものです、程度の差はありますが。

ドカベンという野球漫画があります。僕は小学校1年の頃からハマり、プロ野球の選手になる事が夢でした。幼稚園の頃はテレビ「巨人の星」「侍ジャイアンツ」、兄の漫画「アストロ球団」を楽しんでました。

しかしそれらは、いずれもリアリティからかけ離れたものでした。そんな時、庶民的なドカベンに出会いました。兄がピッチャーなので、僕はキャッチャーをやらされて、そう言う事情もあり、ドカベンは僕のモデルとなりました。

あれから45年…その後、中学の部活で野球が嫌になり、もうドカベンを読む気は失せました。それに、どれも似たようなキャラ、ストーリーの繰り返し…

「あー、またこれか」と。

まあドカベンに限らず、そう言うものです。でもそれでも水島新司は描き続ける。そしてその中に突出したいくつかのストーリーが残るのです。それも事実です。

描くのが仕事とはいえ、彼は40年以上も良くやりました。

僕の人生が変わり続けた間、海外で住んでいた時も、彼は描き続けていた。凄い事だなと…毎日ブログを続けながら、水島新司氏の労苦のかけらを垣間見れます。

書く事が似通ってしまい「何を書こうか…」と日々考えます。ドカベンに限らず、彼の漫画はどれも似たような野球漫画ばかりです。しかし、​どれも好きでした…

よくあんなに沢山の、似たような漫画が描けたと思います。しかし、それをやったからこそ、スタイルが確立されました。自然とそうなったのか、狙ったのか解りませんが。

しかも、多くの人に愛され続けました。

「個性に徹して出し続ける事が、スタイル構築の鍵」だと、Chase Jarvis(写真家)は言います。同じものを、ずっと出し続ける。それで人に覚えてもらえる。

同じフレーズを弾いてもいい。沢山弾けば、同じフレーズが出てきて当然です。そう考えると、僕はまだ始まってもいない…

プラットフォームは全てあるのに。ブログ、ポッドキャスト、ユーチューブ、何でもあります。それらは昔の雑誌、ラジオ、テレビです。

とにかく出せばいい。出し続ける。出した後、どうにも酷いのは削除してもいい。

やる前から自分にダメ出しするのではなく、沢山出した後に判断すればいい。出しながら、必ず成長できる。出さなくては、学べない事がある。

出し続けなくては、学べない事もある。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい