Thu

是非シェアして下さい

戦況は一進一退というより混沌としています。一方で勝利を収めているように見え、他方では負けているという感じです。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

HK 義務教育によって唯物論がデフォルトとなった人類は、「便利」「快適」「快楽」を追求する事が人生だと信じています。

テレパシーでゲームする

Elon Musk

「テレパシー」をデモンストレーションするニューロリンクのライブストリーム

考えるだけでコンピューターを制御し、ビデオ ゲームをプレイする

WHO

HK 何が起きているか、なるべく簡単な言葉で、分かりやすく説明する必要があります。大衆(僕も含め)はスマホ脳になっており、忍耐がなく、複雑な言葉を好みません。

負債によって成り立つ経済の問題

HK 旧約聖書には「ヨベルの年」が、7年ごとにあります。これは7年ごとに負債を帳消しにする恩赦で、誰でも人生のやり直し、立て直しが出来るシステムとなっています。貧富の差が広がらないようにするためです。


「西洋文明には盲点があるのだ。文明が古代近東でどのように始まり、どのように拡散していったかをわかっていないだけでなく、西洋経済を二極化させ、ローマ帝国が暗黒の時代に終わったように、今日も西洋経済を二極化させる基本的なダイナミズムとは何なのかを理解していないのだ」

「有利子負債を帳消しにする定期的な必要性は、文明の始まりに織り込まれていた。…経済秩序を回復するという考えは、自動的な自己修正経済の仕組みは存在しないという理解に基づいていた。これは、経済を不安定化させようとするオリガルヒによって広められた現代の神話である」

「そして、一度そのことに気づけば、今日それを実感することになる。中国が先行しているのはなぜか?マネーの創造、負債の創造、銀行・信用を、公共事業として中央政府が行っているからだ。シュメール、バビロニア、アッシリアなど、古代社会のあらゆる場所で行われていたことだ」

白人の特権の批判に対する批判

HK ユダヤ人を批判すると「反ユダヤ」と叩かれます。しかし白人を叩く事は差別に相当しません。

下に挙げられた本の表紙はいずれもユダヤ人によって書かれた「白人差別」です。なぜユダヤ人は差別を煽るのでしょう。

Jake Shiled

このツイートがどれほど反ユダヤ主義的であるか信じられない ある白人は、白人をバッシングするほとんどすべての本の執筆がユダヤ人であることに気づいた Barns and Noblesには白人をバッシングするユダヤ人による本が数十冊あるが、白人によるユダヤ人バッシングの本はゼロだ なぜ?

MIA

ユダヤ人は白人全体を中傷する本を丸々書くことができますが、もし白人がそれを指摘するだけなら、私たちが憎しみを抱いていることになります。 彼らが「白人の脆弱性」という言葉を使い回すのも驚くべきことですが、私たちを批判から守り守るためにヘイトスピーチ法や検閲を必要としているのは私たちではありません。

白人の特権も私をイライラさせるもう一つの理由だ。なぜなら、白人は人生をすべて破壊されなければ、ユダヤ人についてのこうした本を書くことは決してできないからだ。

国家反逆罪にあたるバイデン一族の汚職

Grand Old Patriots

資金は中国からハンター・バイデンの銀行口座、ジェームス・バイデンの銀行口座に流れ、サラ・バイデンが引き出し、ジョー・バイデンに渡した。 バイロン・ドナルドは、最終的にジョー・バイデンの手に渡った中国共産党からの直接の資金の流れを概説します。

Clandestine

なんてことだ…

バイロン・ドナルド下院議員は、最終的にジョー・バイデン自身にたどり着いた、中国共産党の支配下にある組織からの資金の流れを概説する。

資金はCCPからハンター・バイデンの銀行口座、ジェームス・バイデンの銀行口座へと流れ、最終的にはサラ・バイデンによって引き出しられ、その後ジョー・バイデンに渡された。

このようにして、腐敗した米国の官僚/寡頭政治が政策決定や国家機密と引き換えに資金洗浄を行っている。

私たちは、現職の大統領が中国から資金を受け取っていることを裏付ける紙の証拠を持っている…米国は侵害されている。

Alex Jones

バイデンの反逆罪が議会で生放送で暴露される。中国はバイデン犯罪一家を所有している。これはアメリカに対する公然のスパイ活動だ.

ハンター・バイデンの元ビジネスパートナー、ボブリンスキーの証言

ジム・ジョーダン:「ミスター・ボブリンスキー、大物とは誰ですか?」

ボブリンスキー: 「ジョー・バイデンです」

ジム・ジョーダン:「本当にそうですか?」

ボブリンクスキー: 「私は 1000% 確信しています。それを裏付けるテキスト メッセージが他にもあります」

DSとは誰か

HK ロン・ポールによるDSの定義は霊的な視点が大部分を占めます。要するに悪魔崇拝者であり、悪魔の使徒という事です。

僕は彼の説明の順番が違うと思います。悪魔に仕えるからこそ、彼らは金持ちなのです。


タッカー・カールソンが問う:「ディープ・ステートとは誰か?」

ロン・ポールが答える。

ディープ・ステートには3つの特徴がある:

1.) 「とてつもない権力を持ち、自由を憎んでいる人々」

2.) 「虚無主義者であり、彼らは真実を信じない」

3.) 「彼らは崇高な霊に対する信仰を持たない。 彼らは[神の]代用品を持っていて、彼らはその代理人となっている。 そして彼らは(自分たちが)皆にとって何が最善かを知っていると考える」

ロン・ポール、政府当局に対する爆弾発言を投下 「あなたも私も隣人から盗むことはできないし、車を奪うこともできないし、人を傷つけることもできないのなら、なぜ政府にそれをさせているのでしょうか?」

「政府は常に私たちから物を取り上げています。そしてその収奪の大部分は、一生懸命働き、中産階級で、貧しく、インフレの影響に苦しんでいる人々からのものです」

想定外の事件を起こして社会を麻痺させる手法

MJTruthUltra

ロン・ポールとフリン将軍はある種のブラック・スワン現象を予測している – “銃と貯蔵食料は効かない”

ロン・ポール
彼はまず、ニクソンと金本位制について語り、そして、「ある突発的なことが起こる」ところまで来ていると言う。 それは突発的なものであり、制御できるものではありません。

「銃と貯蔵食料…うまくいくはずがない。 何が起きているのかを理解しなければならない。 それが来ることを知らなければならない。 とても危険なことだ

フライン将軍
彼は「ブラック・スワン」のような出来事について話している。

ブラック・スワンとは…

三井住友DSアセットマネージメントからの引用 全く予想外の出来事が発生すると、確率論や経験、常識が通用しないため、社会や市場に極めて大きな衝撃を与えるとする理論。オーストラリアで黒い白鳥(ブラックスワン)が発見され、それまでの「白鳥は白いものしかいない」という常識を打ち破った出来事が由来となっています。デリバティブ・トレーダーの経験がある米国の認識論研究者、ナシーム・ニコラス・タレブ氏が提唱しました。

NATOによる1月の情報

Champagne Joshi

ロブ・バウアー提督は昨日、軍は戦闘の準備ができているが、民間人はライフスタイルの完全な見直しを必要とする戦争に備えなければならないと述べた。

ブリュッセルでのNATO国防指導者会議後、バウアー氏は記者団に対し、多数の民間人の動員を監督する手続きが必要になるだろうと語った。

Mario Nawfal

NATO 電池、懐中電灯、ラジオ、水を買いだめせよ。

「最初の36時間を確実に生き延びるためには、水、懐中電灯、電池の入ったラジオが必要だ。

明日からうまくいかなくなるとは言わないが、平和であることが当たり前ではないことを認識しなければならない。

我々はいかなる紛争も求めていない。 しかし、もし攻撃されたら、備えなければならない」

アイルランドも実験台に

HK カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどに続き、アイルランドも圧政の実験台となっています。時々情報をシェアしてますが、日々深刻な状態になりつつあります。

Concerned Citizen

「警察はあなたの家に入り、あなたの携帯電話やコンピューターを捜索し、あなたがオンラインで読んだり、見たり、投稿したりしたものを逮捕する可能性があります」

「拒否すれば懲役12ヶ月の刑が言い渡される可能性がある」

「アイルランドは世界的な弾圧の次の段階の実験台だ」

Shellenbergerがアイルランドの新しいヘイトスピーチ/犯罪法が全世界にとって非常に重要である理由を説明するのを聞いてください。 人類とその自由はまさに攻撃にさらされています。

辞任に追い込まれた?

Khalissee

アイルランド首相が辞任。 昨日、彼はバイデンに対し、「私たちはパレスチナ人の目から見た私たちの歴史、避難、剥奪、国民性の否定、強制移住、差別、そして現在の飢餓の物語である」と語った。 今日、彼は辞任した。

洗礼の決心をしたラッセル・ブランド

彼は川で洗礼を受けたいと希望しています。今後どの宗派に属すれば良いか、尋ねています。その事について、良いコメントを見つけたので紹介します。

Jamie Bambrick

頑張れラッセル。この点に関して、実際に考慮すべき点がいくつかあります。

1 – 信仰と実践のための唯一の究極の権威として聖書を実際に信じ、教えている場所を探します。当時のイデオロギーをオウム返しに聞き返したり、誰かの意見を聞いたり、歴史から得た人類の優れた知恵を聞くためだけに教会に行きたいとは思わないでしょう。あなたは神の言葉が欲しいのです。

2 – 自分の信仰の旅に真剣に取り組んでくれる場所を見つけ、自分の現状について適切な質問をしながら、不快に感じるかもしれない方法で自分に挑戦してくれる場所を見つけてください。

あなたが真に助けになると私が思う一つの挑戦は、あなたが「普遍的」であると述べているものを教会が取り上げ、それらがもっぱら聖書の三位一体の神から来ていると主張することであり、その神はイエスという形で受肉したのです。文字通り歴史の中で死んで復活したキリスト。

それが、真のキリスト教と、単にキリスト教信仰の中に見出される道徳的真理を理解することとの間の境界線です。

3 – 洗礼。この言葉は文字通り入水を意味するので、水を振りかけるだけの人たち対しては大きな敬意を表しますが、私はそのように強く思います。私なら、良い教会にしばらく通い、その教会の指導者とある程度会話した後、そうします。

これは、少なくとも大人として行う場合には、ポイント 2 で概説した真実を確信した後に、その信念の確認として受け取るべきものです。それはキリストの死と復活を同一視する行為なので、それらが真実であると信じたら行うべきです。 キリスト教信仰へのあなたの継続的な旅を祈ります。

聖書

独り言

僕は昔、コカコーラが好きでした。その味は、日本、アメリカ、ブラジル、オーストラリアと微妙に違う気がします。特にブラジルの味が濃厚で好きでした。

もしかすると、味はどこも同じかも知れません。でも瓶、缶、ペットボトルによって味は確実に違います。一番美味しいのは瓶です。

次に缶、ペットボトルは不味いです。世の中、ほとんどペットボトルになったせいか、コーラを見ても誘惑されなくなりました。しかし、夏に缶のコーラを見ると、飲みたくなります。

瓶はもう見かけません。残念です。健康のためには、見かけない方が良いのですが。

子供の頃に飲んだ、瓶コーラの味は最高でした。しかし、一番心に残っているのは、ブラジルのコーラの味です。

滞在していた、ミッションベタニアの寮を思い出します。周りは住宅地ですが、バーもありました。寝ようと思っても、音楽が聴こえて来ます。

サンバだか、パゴーヂのようなリズムが、夜中3時くらいまで止まりません。ブラジルの夜は熱いです。寝付けないと、食堂まで降りて行き、コーラを取って来たのを覚えてます。

赤くて細い瓶でした。凍る寸前まで冷えてます。栓を抜くと、何故か、飲み口付近の細い部分が、若干凍ります。

半分凍ったコーラが、ゆっくりと喉を下って…その後を追って、濃く甘いコーラが過ぎて行く。ブラジルのコーラは濃口です。

コーラは覚醒作用があるはずですが、安眠に導かれました。たとえ外が騒いでいても、心が落ち着きました。

コーラには依存性もあります。安眠導入剤にもなったので、依存しました。寝酒ならぬ寝コーラです。

若い頃はそういう事をしてましたが、今はもうしません。今ではレモン水と、緑茶とコーヒーしか飲みません。

でもたまに、年に数えるほどですが、飲む事もあります。昔の気分に浸りたくなった時と、体にワルい事をしたくなった時に飲みます。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい