Tue

是非シェアして下さい

小林製薬は何とマスクやワクチンに一切関わりの無い、健全な企業でした。しかも納豆キナーゼ特許、ヨウ素でコロナ撃退など、超優良な研究をしていました。

史上最悪の薬害に関わりの無い小林製薬

HK 最近話題の小林製薬は、何と納豆キナーゼの特許やヨウ素によるコロナ退治などを開発した会社でした。

フェイクメディアが紅麹で潰そうとします。トヨタといい、悪者どもは逆らう者を容赦しません。しかし大衆は気づいています。

本発明は、ナットウキナーゼを含み、保存安定性を向上させた経口組成物に関する。

血栓症は、血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞する病態であり、脳梗塞、心筋梗塞、肺梗塞等の重篤な疾患を発症させる要因になっていることが知られている。

従来、血栓症の予防又は治療には、抗血小板剤、抗血液凝固剤、血栓溶解剤等の薬剤の投与によって、血栓の形成を妨げたり、血栓を溶解させたりする方法が用いられている。

しかしながら、このような薬剤は、副作用を伴ったり、医師の管理下での服用が必要であったりするため、簡易且つ日常的に摂取できるものではない。

一方、日本の伝統食品の1つである納豆は、血栓溶解活性を有するナットウキナーゼが含まれていることが報告されて以来、納豆の健康食品としての価値が見直されている。

しかしながら、納豆は、独特の臭いや粘りがあり、納豆を食さない人も多く存在しているのが実情である。

そこで、従来、ナットウキナーゼを容易に摂取できるようにするために、ナットウキナーゼをカプセル剤や錠剤等の食品に製剤化したものが開発されている。

このようなナットウキナーゼを含む食品は、医師の管理下での服用を必要とせず、簡易且つ日常的に摂取できるので、セルフメディケーションの上でも有益である。

マイクロカプセル

HK マイクロカプセル+大気汚染で検索すると、以下の情報が得られました。洗剤や柔軟剤だけでしょうか。ケムトレイルの方が酷いと思うのですが。

洗剤や柔軟剤などで香りを持続させるために、マイクロカプセルというプラスチックが使用されていると言われています。 そうした洗剤や柔軟剤で洗濯した衣類を干したり着たりすることで飛散し、大気中マイクロプラスチックの発生源となる可能性があるのです。



地球・環境資源理工学専攻 修士2年 藤川 真智子

「今日は空に白い線が目立つなあ」と強風でもしぶとく残っていましたが、翌日、喉が痛くなりました。娘は花粉症の症状が酷く、寝込んでしまいました。

毎年娘は稲の花粉で5月から症状が始まります。黄砂やPM2.5も考えられますが、メディアがケムトレイルを言及しないので疑ってしまいます。

ウクライナ・ナチスの蛮行

HK ナチス・ドイツは兵士を大量に失った結果、人口を維持し、将来の兵士を創出するために、健康な女性を選び、将校たちの子供を産ませていました。

同じ事を今、ウクライナもやっています。誘拐し、強制的に産ませているそうなので、もっと酷いです。

ナチス親衛隊の創設者であり、ホロコーストの主要な立役者であるハインリヒ・ヒムラーは、ドイツの「人種的に純粋な人口」を創出するために女性を搾取することで、母性を再定義しようとした。

何百万人ものドイツ兵が戦死するなか、ナチス幹部はレーベンスボルン(「生命の泉」)計画を企てた 「人種的に純粋」とみなされた未婚の女性たちが、ナチス将校の子供を産むよう命じられる管理繁殖システムである。

最初のレーベンスボルン施設は1936年にバイエルン州シュタインヘリングに開設され、その後すぐにドイツ全土と占領下のオーストリアに10ヵ所が開設された。

第二次世界大戦が始まると、ノルウェー、ポーランド、ベルギー、ルクセンブルク、フランスなど、征服された地域にさらにいくつもの施設ができた。

最終的には、第三帝国全土に少なくとも16のレーベンスボルン・ハウスが存在した ナチスの厳格な人種基準を満たす女性だけが応募できた。

参加者は妊娠中と妊娠後の医療と経済的支援を受けた。しかし、彼女たちのレーベンスボルンの子供たちは、ナチスのイデオロギーに従って育てられ、将来の「アーリア人」指導者になる準備をするために連行された。

新生児は、母親がナチズムへの忠誠を誓うときに、SSの短剣を突きつけられる儀式を受けた。障害のある赤ん坊は殺されるか、強制収容所に送られた。

ドイツの敗戦後、公式には廃止されたが、推定では8,000~12,000人の女性が恐ろしいレーベンスボルン計画によって9,000~12,000人の子供を産んだとされている。

ナチスの人種イデオロギーがいかに非良心的な人権残虐行為につながったかを示す最も暗い例のひとつと見なされて当然である。

衝撃的なことに、ゼレンスキーのウクライナ政権は、かつてナチスの科学者や政府高官によって開発された歪んだやり方を取り入れ、女性を強制的に妊娠させる独自の大規模なプログラムを開始することで、この悲惨な歴史の章の重要な側面を復活させたように見える。

マルコムXがシオニストに殺された可能性

HK 恥ずかしながら、マルコムXについてあまり知りません。イスラム教徒の黒人リーダーで暗殺されたくらい…

シオニストの手口について書いた直後に暗殺されたそうです。しかもそれについては、公式の自伝などにも記されておらず、それもまたシオニストに操作されているのでしょう。

マルコムXは1965年2月21日、ニューヨークで暗殺された。 殺害される直前、彼はジュネーブ・イスラム・センターの事務局長から、自分の人生、信仰、未来への希望に関する一連の9つの質問を送られていた。 マルコムは「鋭く率直な書面による回答」で応え、出された最後の質問に対する彼の回答は、亡くなる数時間前の1965年2月21日の朝にタイプされた。

「私の知る限りでは、マルコムXが最後に書いた文書である。」と、ウェスタン・シドニー大学の博士課程に在籍するアリ・ハムード講師は書いている。アリ講師によれば、マルコムXは1964年にガザを訪れており、この旅がシオニズムに関する彼の著作にインスピレーションを与え、シオニズムがパレスチナだけでなく、より広い第三世界にとっての脅威であるという彼の見解を示すことになった。

マルコムXの公式ウェブサイトによると、彼は1925年5月19日、ネブラスカ州オマハでマルコム・リトルとして生まれた。 1931年に父親が殺害され、母親の精神状態が悪化したため、マルコムと兄弟は里親のもとに預けられた。 彼は最終的に強盗容疑で逮捕され有罪判決を受け、10年の実刑判決を受けたが、7年後に仮釈放された。 (出典)。

宗教団体「ネーション・オブ・イスラム(NOI)」の指導者イライジャ・ムハンマドから、白人社会がアフリカ系アメリカ人が自分たちの力を高め、政治的、経済的、社会的成功を収めるのを阻むために積極的に働いていることを教えられた。

1952年に仮釈放されたとき、マルコムは奴隷の名前であることを考慮して「リトル」というサブネームを捨て、代わりに失われた部族の名前を意味する「X」という新しい姓を使うことにした。その知性により、明晰なマルコムXはNOIの牧師兼全国的なスポークスマンに任命され、新聞コラム、ラジオ、テレビを活用してNOIのメッセージを全米に伝えた。 出典

人種間の緊張がますます高まっていた当時、マルコムXはメディアを魅了する存在となり、1959年には『The Hate That Hate Produced(憎しみが生んだ憎しみ)』という1週間のテレビ特番にも出演した。 その後、FBI捜査官が組織に潜入し(1人はマルコムのボディーガードを務めた)、盗聴器、盗聴器、カメラ、その他の監視装置を密かに設置してグループの活動を監視した。

サウジアラビアのメッカを巡礼したマルコムは、初めて自分の考えや信念を異文化と分かち合い、その反応が圧倒的に肯定的であったことから、彼の人生が変わることを証明した。 帰国後、彼は “兄弟と呼べる金髪で青い目の男たち “に出会ったと語った。 彼は統合に対する新たな展望と未来への新たな希望を抱いてアメリカに戻った。 このときマルコムは、アフリカ系アメリカ人だけに説教するのではなく、すべての人種に向けたメッセージを語った。

彼の伝記によると、ある潜入捜査官はマルコムの車に爆弾を仕掛けるのを手伝うよう命じられたことさえあった。 何度も命を狙われたため、彼はボディーガードなしでどこかに出かけることはほとんどなかった。

1965年2月14日、ニューヨークのイースト・エルムハーストにあるマルコムと妻のベティ、そして4人の娘たちが住んでいた家が爆破された。 幸運にも家族は身体的な負傷を免れたが、そのわずか1週間後、1965年2月21日にマンハッタンのオーデュボン・ボールルームで行われた婚約パーティで、敵の企てが功を奏し、3人の武装集団が舞台上のマルコムに突進、至近距離から15発の銃弾を浴びせた。

ニューヨークのコロンビア長老病院で死亡が確認された。 わずか39歳で暗殺された

アリ・ハムードによれば、マルコムXの自伝も、彼について書かれた尊敬すべき伝記も、彼が最後に書いた言葉がシオニズムに関するものであったことには触れていない。 アリ・ハムードによれば、彼の最後の言葉はシオニズムに関するものだったという。

マルコムXが最後に書いた言葉はシオニズムに関するものだった。 以下は彼の言葉である。

マルコムXにとって、シオニズムはより広範なヨーロッパの植民地主義と切っても切れない関係にあった。 暗殺される直前に書かれたあまり知られていない一節で、彼はシオニズムをパレスチナだけでなく、第三世界全体に対する脅威と見なしていたことを明らかにしている。

ガザで進行中の大量虐殺は、マルコムXの最近の殉教記念日と相まって、この高名な活動家がパレスチナについて何を考え、何を書いたかについて関心を呼んでいる。 マルコムXの1964年のガザ訪問や、”シオニストの論理 “と題された痛烈な論文については、まったく触れられていない。

マルコムXの伝記として高く評価されているレス・ペインの『The Dead Are Arising』やマニング・マラブルの『A Life of Reinvention』でさえ、マルコムのパレスチナ訪問や著作の詳細については無視するか、軽く流している。 マレイブルは、マルコムのパレスチナに対する視点は単なる政治的日和見主義であり、エジプト大統領ジャマール・アブドゥル・ナセルの支持を得るための演出であったとまで主張している。 マルコムの人生におけるこの重要な部分を無視し、軽視することは、彼の急成長する国際主義的視点と、パレスチナのみならず第三世界全体に対するシオニズムの脅威の両方を鈍らせる。

1964年9月5日、マルコムXは当時エジプトの支配下にあったガザを訪れ、2日間を過ごした。 彼はカーン・ユーニス難民キャンプと地元の病院を訪れ、地元の人々や著名人と交流した。 ガザでのこのような交流の中で、おそらく最も影響力があったのは、著名なパレスチナの詩人ハルン・ハシム・ラシッドとの予定外の出会いであった。 マルコムは、その10年近く前に起きたスエズ危機(イスラエル国防軍によって数百人のパレスチナ人が殺害された)の後者の恐ろしい体験と回顧に、目に見えて心を動かされた。 さらに、マルコムの日記のメモには、ラシードの詩に対する彼の賞賛が記されている。”We Must Return “と題された彼の詩のひとつを、彼は急いで走り書きしている。

私たちは戻らなければならない
いかなる境界線も存在すべきではない
どんな障害も私たちを止めることはできない
難民の叫び: “我々は帰らなければならない”
ムツゴロウに告ぐ: “我々は戻る”
路地に告ぐ “我々は帰る”
我々は青春時代に戻る

パレスチナは我々に武装を求めている
そして我々は武装し、戦いに行く

我々は戻らなければならない

ラシッドとの会談の後、マルコムは宗教指導者たちと会い、夜の礼拝に祈りを捧げた。 彼は日記に、ガザでは「アッラーの精神が強かった」と記している。

ガザ訪問は、マルコムのシオニズムに関する最も有名な著作にインスピレーションを与えた。 1964年9月17日付の『The Egyptian Gazette』に掲載された「シオニストの論理」は、シオニズムを痛烈に批判し、それがパレスチナだけでなく、より広い第三世界にとっての脅威であるというマルコムの見解を示した。 そのエッセイの中で、彼はこう書いている:

「イスラエルのシオニストは、自分たちの新しい植民地主義をうまくカモフラージュできたと確信している。 彼らの植民地主義は、より “博愛的 “であり、より “博愛的 “であり、潜在的な犠牲者に経済的な “援助 “の友好的な申し出を受け入れさせ、その他の魅力的な贈り物を、経済的に大きな困難を経験している独立したばかりのアフリカ諸国の前にぶら下げるだけで支配するシステムであるように見える…。こうして、新たに “独立 “したアフリカ諸国の多くにおけるシオニスト・イスラエルの権力と影響力は、18世紀のヨーロッパの植民地主義者のそれよりもさらに揺るぎないものとなった」

マルコムはここで、ヨーロッパの植民地主義と、その植民地主義が何世紀にもわたって第三世界にもたらした破壊との類似性を示している。 マルコムにとってシオニズムは、より広範なヨーロッパの植民地主義と表裏一体のものであり、第三世界を征服するために考案された最新の反復である。 このより広範な植民地主義に立ち向かうため、マルコムは第三世界の指導者と人々に、団結して植民地大国の偽りの誘いを拒絶するよう懇願する。

上記で書いたことはある程度報道されているが、『死者は蘇る』の付録の中に、まだ注目されていない重要な文書がある。 ジュネーブ・イスラム・センターの事務局長がマルコムXに、彼の人生、信仰、未来への希望について9つの質問を送り、マルコムはそれに対する率直で鋭い回答を書いた。 最後の質問に対する答えは、1965年2月21日の朝にタイプされたものである。 それは、私の知る限り、マルコムXが書いた最後の文書であり、彼の急成長する国際主義の視点と、パレスチナだけでなく第三世界全体に対するシオニズムの脅威を証言している。 それを以下に転載する:

質問です: アフリカがあなたの関心と熱心な関心を最も集めているようですね。 なぜですか? そして今、あなたはイスラムのほぼ全域を訪れたが、イスラムの実際の立ち位置はどこにあると思うか? そして、あなたの考えでは、イスラムの大義の擁護者とされる多くの、いやむしろほとんどの人々の無脳と、イスラムに対するシオニズム、無神論、宗教的狂信者の悪意ある、機知に富んだ同盟の両方から救うために何ができるでしょうか?

答えは? 私はアフリカを祖国とみなしている。 私は、アフリカを支配し搾取してきた外部の政治的・経済的影響から完全に解放されることを第一に考えている。 アフリカは、その戦略的位置ゆえに、真の危機に直面している。 植民地のハゲタカは、戦わずにアフリカを手放すつもりはない。 彼らの最大の武器は依然として「分割統治」である。 東アフリカでは、アフリカ人の間に強い反アジア感情が育まれている。 西アフリカには強い反アラブ感情がある。 アラブ人やアジア人がいるところでは、強い反イスラム感情がある。 このような敵対行為は、上記の関係者が始めたものではない。 今のところ、アフリカ人同士が争っても何の得にもならない。 最も利益を得ているのはかつての植民地支配者たちであり、彼らは今や憎むべき植民地主義や帝国主義をシオニズムに取って代わった。 シオニストは、母なる大陸をめぐる現在の闘争において、他のすべての利益団体を凌駕している。 彼らは慈悲深く、博愛主義的なアプローチをとるので、犠牲者が彼らの企みを見抜くのはかなり難しい。 シオニズムは共産主義よりもさらに危険である。

アラブのイメージはイスラームのイメージとほとんど不可分であるため、アラブ世界には果たさなければならない重責がある。 イスラム教は同胞団結の宗教であるため、この宗教を率先して説く者は、同胞団結の最高の模範を示す義務がある。 カイロやメッカ(イスラム問題最高評議会とイスラム世界連盟)が宗教的な「首脳」会議を開き、イスラム世界の現在の窮状により大きな関心と責任を示すことが不可欠である。 アッラーにはそれが簡単にできる。

この返事をタイプした数時間後、マルコムXはニューヨークのオードボン・ボールルームで暗殺された。 彼は39歳だった。

マルコムXによるエッセイ『シオニストの論理』は以下から読むことができる。

現在パレスチナを占領しているシオニストの軍隊は、古代のユダヤ人の預言者たちが、「この世の終わりの日」に自分たちの神が彼らを約束の地に導く「メシア」をよみがえらせ、この新しく獲得した土地に自分たちの「神聖な」政府を樹立し、この「神聖な」政府によって「鉄の棒で他のすべての国々を支配する」ことができると予言したと主張している。

イスラエル・シオニストたちが、現在のアラブ・パレスチナの占領がユダヤ人の預言者たちによる予言の成就であると信じているのなら、彼らはまた、イスラエルが他のすべての国々を鉄の棒で支配するという「神の」使命を果たさなければならないと宗教的に信じている。

このようなイスラエルのシオニストは、時代遅れのヨーロッパの植民地主義を新しい形の植民地主義に置き換えるために、ユダヤの神が自分たちを選んだと宗教的に信じている。

カモフラージュ

イスラエルのシオニストたちは、自分たちの新しい植民地主義のカモフラージュに成功したと確信している。 彼らの植民地主義は、より「慈悲深く」、より「博愛主義的」であるように見える。経済的に大きな困難を経験している、独立したばかりのアフリカ諸国の前にぶら下げられた、経済「援助」やその他の魅力的な贈り物の友好的な申し出を、潜在的な犠牲者に受け入れさせるだけで支配するシステムである。 19世紀、ここアフリカの大衆がほとんど読み書きができなかった時代には、ヨーロッパの帝国主義者たちが「力と恐怖」で彼らを支配することは容易だった。しかし、啓蒙の時代である現在、アフリカの大衆は目覚めつつあり、19世紀の時代遅れの方法で彼らを抑え込むことは不可能である。

それゆえ、帝国主義者たちは新たな方法を考案せざるを得なくなった。 もはや大衆を強制したり脅したりして服従させることはできないので、アフリカの大衆をうまく操って進んで服従させることができるような近代的な方法を考案しなければならない。

20世紀の新帝国主義の武器は「ドル主義」である。 シオニストはドル主義の科学をマスターした。友人や恩人を装って、贈り物やその他あらゆる形の経済援助、技術援助の申し出を携えてやってくる能力である。 こうして、新たに「独立」したアフリカ諸国の多くにおけるシオニスト・イスラエルの権力と影響力は、18世紀のヨーロッパの植民地主義者のそれよりもさらに揺るぎないものとなった。

19世紀末、目覚めつつあったアフリカの大衆が、武力と恐怖による旧来の支配方法に従うことはないだろうと、ヨーロッパの帝国主義者たちが賢明にも予見したとき、常に策謀をめぐらす帝国主義者たちは、「新しい武器」を作り出し、その武器のための「新しい基地」を見つけなければならなかった。

ドル主義

20世紀帝国主義の第一の武器はシオニスト・ドル主義であり、この武器の主要な拠点のひとつがシオニスト・イスラエルである。 常に狡猾なヨーロッパ帝国主義者たちは、イスラエルをアラブ世界を地理的に分断できる場所に賢く配置し、アフリカの指導者たちに浸透して不和の種をまき、アフリカ人とアジア人を分断させた。

シオニスト・イスラエルによるアラブ・パレスチナの占領は、アラブ世界に何十億ドルもの貴重な軍備費を浪費させ、新たに独立したアラブ諸国が自国の経済強化や国民の生活水準の向上に集中することを不可能にした。

そして、アラブ世界の低い生活水準が続いていることは、シオニストのプロパガンダによって巧みに利用され、アラブの指導者たちは国民の生活水準を引き上げるだけの知性も技術も持ち合わせていないとアフリカ人に思わせている……こうして、間接的にアフリカ人をアラブから遠ざけ、教師や技術援助をイスラエルに求めるよう誘導しているのである。

「鳥の翼を不自由にし、自分たちのように速く飛べないと非難する。

帝国主義者たちは、常に自分たちをよく見せようとしているが、それは、シオニストと資本主義者の陰謀によって経済が機能不全に陥っている新興独立国と競争しているからにほかならない。 公正な競争に立ち向かえない彼らは、ガマル・アブドゥル・ナセルが呼びかけた社会主義の下でのアフリカ・アラブ統一を恐れている。

救世主?

もしシオニストたちの「宗教的」主張が本当なら、彼らは救世主によって約束の地に導かれるはずであり、イスラエルの現在のアラブ・パレスチナ占領はその預言の成就である。 シオニストたちが占領下のパレスチナを手に入れるよう “交渉 “したのは、[国連の調停者]ラルフ・バンチだった! ラルフ・バンチはシオニズムの救世主なのか? ラルフ・ブンチェが彼らの救世主ではなく、彼らの救世主もまだ来ていないのだとしたら、彼らは救世主を差し置いてパレスチナで何をしているのだろうか?

シオニストたちに、アラブ・パレスチナを侵略し、アラブ市民を家から根こそぎ奪い、自分たちのためにアラブ人の財産をすべて差し押さえる法的・道徳的権利があったのだろうか。彼らの祖先が何千年も前にそこに住んでいたという「宗教的」主張だけに基づいて? わずか1000年前、ムーア人はスペインに住んでいた。 これによって、今日のムーア人がイベリア半島を侵略し、スペイン国民を追い出し、ヨーロッパのシオニストがパレスチナのアラブ人兄弟姉妹に行ったように、スペインのあった場所にモロッコの新国家を建国する法的・道徳的権利が与えられるのだろうか?

要するに、イスラエルによるアラブ・パレスチナの現在の占領を正当化するシオニストの主張には、歴史上、知的根拠も法的根拠もない。 彼らの救世主はどこにいるのか?


-エジプト紙、1964年9月17日(出典)

不法移民、プロの窃盗団

警察、移民強盗団に備えるようアメリカ国民に警告

「彼らはバックパックを持ったチームでやって来ます。各バックパックには異なるツールセットが付いています。 非常に素早く洗練されたアクション。 アラームがある場合はそれを使用し、デバイスを有線接続するようにしてください」

良いニュース

HK 5Gを禁止。一つの州が成功すると、その判例に他州も認めるケースが出てきます。ケムトレイルも5Gも、もはや陰謀論ではありません。

最後の砦

Clandestine

左翼によるキリスト教への攻撃は偶然ではない。 彼らは新しい文化を確立しようとしているため、私たちから文化を剥奪しようとしています。

強い信念を持つ強い人々は、壊れて方向性を失った人々よりも奴隷にするのがはるかに困難です。

彼らは自分たちが「神」となる未来のビジョンを持っており、そのためにはキリスト教を取り除く必要があります。

彼らは私たちの魂を打ち砕こうとしているのは、私たちが希望を失い、貧しく、病気で、教育を受けず、したがって党に依存することを望んでいるからです。

彼らが望む世界を実現するには、現存の世界を削除する必要があります。 誤解しないでください、私たちは霊的な戦争の中にあり、負けるという選択肢はありません。

Liz Crokin

マイク・スミスは、2020年に公開したハリウッドとディープ・ステートの真実を暴露するドキュメンタリー『アウト・オブ・シャドウズ』を制作するために、自分のキャリア、美しい家、非常に良い収入など、すべてを捨てた。

陰謀団による検閲にも関わらず、数カ月以内に 1 億回以上の再生回数を記録し、バイラルに拡散した彼は、ペーパークリップ作戦、モッキンバード作戦、MKULTRA、ピザゲートなどを暴露した。

彼の続編である Into the Light では、AI、5G 戦争、心理操作など、これらのトピックのいくつかをさらに掘り下げている。

先日、マイクはトランプ大統領とともにマー・ア・ラーゴのステージに立つ光栄を得て、トランプ大統領から彼の働きに感謝の意を表された。

実際に本物である人が、真実のための犠牲を一度だけ認められるのを見るのはとてもうれしかったです。 おめでとうございます

@Crux41507251 — それは当然です!私はあなたを愛しています、そしてあなたをとても誇りに思っています。

聖書

独り言

「ひとしさんは何がしたいんですか?」

シドニーにいた頃、僕の店で働いていた子に尋ねられました。ヒュンチョル君という韓国人の大学院生で、脳神経外科(確か)の勉強をしていました。僕は返答に困りました。

「ひとしさんと一度カウンセリングしたいです」と切り出され、忙しい僕には少し有難迷惑でしたが…折角、専門家がアドバイスしてくれるならと、車の中で色々話しました。

「ひとしさんは、色んな事をしてますね。ビジネス、ギター、教会の事、英語もポルトガル語も話せますし…何が一番やりたいんですか?」

「うーむ、難しいなぁ…でもギターかな」

「じゃあどうしてギターに絞らないんですか?」

「だってビジネスの責任を負ってるし、ギターだけでやっていくのは大変だと思うし」

「本当にそうですか?」

クリスチャンでもある彼は僕の真意を探ろうと、こう尋ねました。

「死に対する問題が解決されてるなら、究極的な意味で勝利者ですよ。だから自分のやりたい事を選んで下さい」

僕は当時、疲れ果て、無感情になってました。​毎日、タスクを問題なく終える事だけが目標でした。無事に過ぎてくれと願うだけの日々…

効率だけを追い求めた結果、何も感じなくなったのです。だから真意を探ろうとしても、僕の心には沢山の層が覆い被り、硬く閉じていました。

最近になって思い出したのは、母の言葉でした。音楽では食べていけない、まともな仕事につけと言ってました。音楽好きは母譲りですし、コードトーンでアドリブソロをする事を教えてくれたのも、母でした。

色々学んでいると、最も近い人の言葉が邪魔する事がよくあるそうです。僕も、無意識的に影響を受けてたのかなあと思います。でも亡くなった母を責めるつもりもありませんし、自分の思考を変えるだけです。

今は時代が変わりました。​仕事に関する考え方が変わりました。色んな事が可能になりました。

自分の最も貢献できる事を知る、規模が小さくてもいい。​そこから始める。人と違う事を選ぶ、同じ事をしない。

リスクをとる。そういう事が大切だと知りました。シドニーにいた頃は、忙しすぎて自分の真意が見えませんでした。

その後、どんどん削ぎ落として、人生がシンプルになり、残ったものが本心だと分かりました。​幸い、寿命が伸び、生き方や、これまでの常識そのものを疑うべき事も分かりました。これまでのやり方では、これからではやっていけないとも。

ヒュンチョル君に感謝です。彼の言葉はずっと耳に残ってました。誰でも面と向かって訊かれたら、ギョッとするでしょう。

​「あなたは何が一番したいんですか?」


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい