Tue

是非シェアして下さい

只今、大混乱といった状態ですが、更にエスカレートしそうです。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

数十カ国の政府が、国連やビル・ゲイツとともに、5年以内に「デジタル公共インフラ」を導入する「50 in 5」と呼ばれる世界的なイニシアチブに協力

このインフラには、中央銀行のデジタル通貨、デジタル身分証明書、包括的なデータシステムなどが含まれ、すべてが国境を越えて機能することを目的としている。 これにより、あらゆる取引が追跡・管理され、人々の完全な監視と管理が可能になる。

このプログラムは、国連と、ビル・ゲイツやロックフェラーをはじめとするさまざまなエリートたちによって指導され、アメリカやヨーロッパの納税者が資金を提供している。

数十カ国の政府が、国連や億万長者で人口抑制マニアのビル・ゲイツとともに、5年以内に国民に「デジタル公共インフラ」(「DPI」)を課す世界的なプログラムに参加している。 この「DPI」には、中央銀行のデジタル通貨(「CBDC」)、デジタルID(「デジタルID」)、包括的なデータシステムなどが含まれ、これらはすべて国境を越えて機能する。

昨年末に発表され、急速に進められているこの新しい計画は、50の政府が5年以内にオーウェル的な専制政治の「デジタル・インフラ」を導入する予定であることから、「50 in 5」として知られている。数多くの腐敗した独裁国家や社会主義政権を含むほぼ12カ国の政府が、これまでに自国民を「先発国」に志願させている。

しかし、国連の想定は、すべての政府が最終的には地球上のすべての人々にこれを押し付けるというものだ。 このことは、発表のいたるところで明確に表明されている。 「所得水準や地理的条件、デジタル・トランスフォーメーションの進捗状況にかかわらず、すべての国が50-in-5に参加することで恩恵を受けることができます」と、このスキームの背後にある国連機関は宣言している。 「このキャンペーンに参加することで、各国がDPIの導入に単独で取り組んだり、ゼロから始める必要がなくなります。

国連開発計画(「UNDP」)が主導する新しい「デジタル・インフラ」は、2015年に国連の主要指導者たちが「人類のマスタープラン」と呼んだ、大きな議論を呼んでいる国連の2030アジェンダ「持続可能な開発目標」(「SDGs」)の押し付けを加速させるためのツールとして組み立てられている。SDGsは、世界的な富の再分配と、あらゆるレベルの人々の生活に対する政府の大幅な権限強化を求めている。 中国を支配する大量殺人政権は、この計画の策定において「重要な役割」を果たしたと自負している。   

有罪判決を受けた児童性的人身売買者、ジェフリー・エプスタインと厄介な関係にあったゲイツは、国連SDGsを人類に課す上で、これらのテクノロジーが果たす役割を称えた。 “G20は、持続可能な開発目標にとって重要なデジタル公共インフラの役割について、画期的なコンセンサスに達した “とツイッターで述べた。 “より安全で、より健康的で、より公正な世界をサポートするDPIの可能性について、私は楽観視している。”   

このプログラム全体は、国連と、ゲイツをはじめとするロックフェラー家などのエリートたちによって指導されている。ロックフェラー家は、グローバリズム、優生学、人口抑制計画の長年の資金提供者である。 このような “支配君主 “が率いる複数のフロントグループが、この目的のために作られた。 しかし、アメリカやヨーロッパの納税者は、国連機関や国際的な「開発」銀行を通じて、そのツケの多くを払わされている。  

もしこれを止めなければ、「デジタル公共財」と「インフラストラクチャー」の新たな組み合わせは、あらゆる場所ですべての人々を完全に監視・管理することを可能にする技術的パノプティコンを生み出すことになると批判する。 確かに、2030アジェンダが明確にしているように、”誰一人取り残されることはない”。 本格的に始動すれば、文字通りあらゆる取引が追跡、監視、管理されることになる。

国連の官僚たちは、このプログラムに嬉しそうな顔をしている。 「UNDPにとって、人間中心のガバナンスを組み合わせたDPIのアプローチは、この新しいインフラが(2030アジェンダの)SDGsを確実に加速させるために不可欠です」とUNDPのデジタルプログラム責任者であるキーゾム・ンゴドゥプ・マサリーは主張する。 「この国主導の50-in-5キャンペーンは、UNDPが有意義なグローバルデジタル協力を支援し続け、権利に基づくDPIを設計・実施する地域のエコシステムを強化する方法の中核をなすものです」。  

スイスの国際決済銀行(Bank for International Settlements)は、このような通貨の世界的な展開の指導と調整を支援している。 現金が使われなくなり、やがて消えていく中で、CBDCはすべての取引の永久的な記録を作成する。

おそらくもっと厄介なのは、デジタル通貨はプログラム可能であるということだ。 そうなれば、政府は経済や消費者の個々の意思決定をかつてないほどコントロールできるようになる。 実際、バイデンホワイトハウスは、CBDCが “人種平等 “と “環境優先 “を推進するよう求めています。 一流の著名人たちは、個人のカーボンフットプリントも追跡するよう求めている。  

CBDCとともに、世界中の政府がデジタルIDを導入しようとしている。 オーストラリアの上院は先週、このようなシステムの承認を決議したばかりだ。 アメリカの複数の州政府は、共和党がすべて支配している州も含めて、同様の計画を進めている。 そして、ゲイツやロックフェラー王朝、国連に関連するさまざまな組織が、ID2020のようなグループを通じて、何年もこのようなIDを推進してきた。

最終的には、デジタルIDとCBDCは切っても切れない関係になるだろう。 フィナンシャル・タイムズ紙は、「CBDCがIDベースになりそうな理由」という見出しの2021年の記事で、デジタル・インフラ・システムにおけるすべての異なるシステムの関係について論じている。 これは、CBDCとデジタルIDが、最終的に人々をコントロールするためにどのように併用されるのか(されるのか)を明らかにしている。  

「CBDCの研究と実験が示しているのは、包括的な国家デジタルID管理システム以外では、このような通貨を発行することは不可能に近いということだ。 “意味 CBDCはおそらく、個人データ、信用履歴、その他の関連情報を含む個人アカウントと結びつけられるだろう」

中国共産党が支援する世界保健機関(WHO)のボス(元民族マルクス主義のテロリスト指導者)であるテドロス・ゲブレイエソスが説明したように、最終的には、医療はこれらすべてと絡み合うようになるだろう。 「コビッド19のパンデミックは、医療サービスへのアクセスを容易にするデジタル・ヘルス・ソリューションの価値を浮き彫りにした。 WHOは現在、EUのシステムを利用して、全人類のための同様の制度を設計している。

グローバリストのトップは、これがどこに向かっているのかをほのめかしている。 「コツは、相互運用可能で、誰にでも開かれ、信頼される公共のデジタル・インフラを構築することです。 9月のG20サミットで、EU “大統領 “のウルスラ・フォン・デア・ライエンは、「今日の現実の一例を挙げましょう。 「covid-19デジタル証明書をご存知の方も多いと思います。 EUは自分たちのために開発した。 このモデルは非常に機能的で信頼できるため、4大陸の51カ国が無料で採用した。

各人がテクノクラートの要求に従うか否かに応じてランク付けされる社会的信用スコアは、この体制下でも本質的に避けられないものだ、と批評家たちは言う。 「擁護者たちは、DPIは市場や社会への参加に不可欠であると断固として主張しています。ちょうどワクチンパスポートで見られたように、より広い範囲での話です」と、最初に警鐘を鳴らした一人であるThe Sociableの編集者ティム・ヒンチリフは説明する。

コントロールの可能性は無限にあると彼は続けた。 「成功すれば、DPIは政府や企業に社会的信用システムを導入する権限を与えることになり、どこでどのように旅行できるか、何を消費できるか、プログラム可能なお金でどのように取引できるかを決めることができる」とヒンチリフ氏は付け加えた。

もちろん、このようなシステムは共産中国にすでに存在しており、『ニュー・アメリカン』紙が10年近く前から警告してきたことだ。 世界経済フォーラム(以下、WEF)のボスであり、グレート・リセットのフロントマンであるクラウス・シュワブやその他無数のグローバリストによれば、中国共産党(以下、CCP)は「ロールモデル」としての役割を果たしている。 そして、このような体制が大規模な反対なしに西側諸国でいずれお披露目されるのは時間の問題である。

WEFによれば、子どもたちの追跡は優先事項の最上位にあり、収集されたデータは人々の意思決定に使用される。 「基本的に、デジタル公共インフラとは、データを部門やシステム間でシームレスに行き来できるようにすることであり、それによってデータ主導の意思決定や政策を可能にするものだ」と、グローバリスト団体はDPIを使った子どもの追跡について述べている。

デジタル公共インフラ」はまた、15分都市が出現する中で、移動を含む日常生活への制限を強めるだろう。 グレート・リセットは、「公衆衛生」上の緊急事態とされるものから、人為的な「気候変動」とされるものまで、さまざまな口実のもとに「封鎖」政策を含む、あらゆる種類の命令を課すために使われるだろうと、反対派はこれらのシステムの売り手による声明を引用して警告している。    

しかし、さらに奇妙なことがある。 シュワブが “第4次産業革命 “と呼ぶものの終わりには、”デジタル、物理的、生物学的アイデンティティの融合 “が起こると、ドイツの技術者は何度も語っている。 このビジョンの完全な意味合いはまだ解明されていないが、シュワブ自身はトランスヒューマニズム的な計画の中でも、人間の脳にマイクロチップを埋め込むことを頻繁に推進している。    

DPIの「50 in 5」キャンペーンは、昨年末にニューヨークで正式に始まった。 このシステムは、身分証明書から通貨まで、あらゆるものをデジタル化するのにかかる時間を「根本的に短縮」することを目的としている。 2028年までに少なくとも50カ国で相互運用可能なシステムを構築するため、国連と各国政府が技術を共有し、協力することで実現する。 全世界がこれに追随すると予想されている。  

UNDP(国連開発計画)、ゲイツ財団、すでに署名している各国政府に加え、さまざまなアストロターフ・グループや国連機関も関与している。 その中には、ユニセフ、米州開発銀行、デジタル公共インフラセンター、デジタル公共財アライアンスなどが含まれる。

最初にこの流れに乗ったのは、バングラデシュ、エチオピア、グアテマラ、モルドバ、セネガル、シエラレオネ、スリランカ、トーゴなどである。 ノルウェーやシンガポールなど、裕福な政府も署名している。

「これらの国々は、自国のデジタル基盤を構築し、自国の経済と人々の幸福を向上させるための、進歩の道しるべであり、インスピレーションとなる」とUNDPはプレスリリースで主張している。

国連は、50カ国の政府をこのプログラムに参加させることで、各政府が「DPI」計画の1つの分野や要素に集中できることを期待している。 そして、各政府が学んだことを他の政府と共有することで、デジタル監視・管理アーキテクチャをより早く、国境を越えた形で導入することができる。

シエラレオネのサリマ・モノルマ通信・技術・革新大臣は、すべての政府に署名を呼びかけた。 「今後5年間は、安全で包括的なDPIの実施をともに加速させ、世界の人々にとってプラスとなる成果を加速させる好機である。  

全体主義的なテクノクラートたちがこのようなテクノロジーを推進する一方で、反対運動も高まっている。 たとえばフロリダ州では、新しい法律がCBDCを正式に禁止した。 他の数多くの国家も同様の対策を進めている。 コビットの「パンデミック」を支えた壊滅的な嘘と専制政治が暴露された後、世界中の何十億という人々が、組織に対する信頼を回復することはないだろう。  

死者激増は、ワクチン接種者が大量に死亡したことで起きた

非接種者が大量に死亡したのではない。

エール大学の研究者たちが症状を詳述する中、ロングワクチンの時代が静かに到来した

「ロングコビッド=コロナ後遺症」は何年も前からメディアを賑わせてきたが、ワクチンによって引き起こされるさまざまな症状を表す「ロングヴァクス」という言葉も、ようやく正当な評価を得られるようになってきた。

コロナ後遺症は存在しないと主張する人は多い。  その真偽がどうであれ、ジョセフ・マーコラ博士によるこの記事は有益である。

ピエール・コーリー博士とポール・マリック博士は、ワクチン後遺症が実在するだけでなく、注射を受ける前は健康だった多くのアメリカ人に障害を与えていると伝えている。

コーリー博士のコロナ後遺症クリニックでは、患者の70%がワクチン後遺症に罹患しており、その症状は注射を受けてから「数分後、数時間後、数日後、数週間後」に始まったと報告している。

ワクチン後遺症はコロナ後遺症の症状とほぼ同じであるが、ワクチンの方がより重症になる傾向があり、小繊維神経障害や自律神経失調症がより頻繁に見られることである。

エール大学の科学者による研究では、241人のコロナ後遺症について詳述している。

報告されている主な症状は、運動不耐性、過度の疲労、しびれ、脳霧、神経障害などである。

「コロナ後遺症」がついに辞書に載る

ジョセフ・マーコラ博士

この用語は、コロナに感染してから3ヶ月以上続く複雑な障害を表すのに使われる。

1 コロナ後遺症はメディアで広く取り上げられているが、それ以上に何百万人もの人々がワクチン後遺症で、しかも多くの場合さらに深刻な症状-に苦しんでいる。

ニューヨークの呼吸器専門医ピエール・コリー博士と、元イーストバージニアのセンタラ・ノーフォーク総合病院の重症治療医ポール・マリック博士は、Front Line Covid-19 Critical Care Working Group(「FLCCC」)の一員である。 

ワクチン後遺症は実在するだけでなく、注射を受ける前は健康絶頂だった多くのアメリカ人に障害を与えている、ということを世間に広めようとしている2。

コーリー博士は、コロナ後遺症を含むコロナの治療を専門とする遠隔医療診療所を開設した。 コーリー博士は次のように述べている3。

コロナ後遺症は新しい病名だが、新しい病気ではない。 この病気は、筋痛性脳炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)と呼ばれる数十年来の疾患の診断基準を満たしている。

診断につながる3つの症状「柱」は、疲労、労作後倦怠感(PEM)、「ブレインフォグ」(すなわち、単語を見つけることの困難さ、短期記憶喪失、集中力/理解力の欠如、さらにまれには錯乱や見当識障害に至る認知障害)である。

この三徴候は私が診察するほぼすべての患者に見られますが(稀に脳霧が欠落することがあります)、患者はまた、感覚神経障害、自律神経失調症/体位性頻脈症候群、運動神経障害、腹部の問題、筋骨格系の訴え、頭蓋症状(耳鳴り、めまい、頭痛、視力、聴力低下、嗅覚低下、味覚低下)を含む問題を呈します。

私の患者の多くは、パンデミック以前は健康状態も機能も絶好調であったにもかかわらず、衰弱し、身体障害の基準を満たしています。

しかし、コリー博士らは、患者のほとんどがコロナ注射を受けた後、「数分、数時間、数日、数週間後」4から症状が始まったと報告していることにすぐに気づいた。 多くの人がコロナにも罹患していたが、ウイルス感染と自分の症状を結びつけて考える人は少数であった。

研究チームは当初、この病態をワクチン後損傷症候群と呼んでいたが、症状がワクチンと非常に近いことから、診断を「ロングヴァクス=ワクチン後遺症」に変更した。ロングヴァクス患者はより重症化する傾向があり、小繊維神経障害や自律神経失調症がより頻繁にみられるという違いがある、とコーリー博士は述べた5。

妊娠中のワクチン接種が流産の可能性が高いことを証明するファイザー社の手先による研究が行われたが、保健当局はこれを却下するよう買収されていた

ファイザー社が最近行った研究は、妊娠中のmRNA COVID-19ワクチン接種と自然流産との間に関連性がある可能性が高いことを示唆し、論争を巻き起こしている。

この研究は、米国と英国の医薬品規制当局が妊婦へのmRNA COVIDワクチン投与の安全性を支持するために用いているものであるが、35歳から49歳の女性の自然流産の割合が妊娠継続中(22.3%)よりも高い(38.7%)ことが判明した。

この研究では、105,446例の妊娠のうち、13,160例が自然流産であったこと、92,286例が妊娠継続中であったが、研究のためにモニターを終了したため、最終的な結果は不明であったことが判明した。

こうした調査結果にもかかわらず、保健当局は妊娠中のワクチン接種は安全だと主張し続けている。 明らかにそうではないのに。

この記事の目的は、研究の詳細とその潜在的な意味を探ることである。 

American Journal of Obstetrics and Gynecology誌に発表されたこの研究は、2020年12月14日から2021年2月28日の間にmRNA COVID-19ワクチン(ファイザー・バイオンテックまたはモデナ)を少なくとも1回接種した妊婦827人を対象とした。 研究者らは、参加者の自然流産、死産、妊娠継続の発生率を分析した。 

結果

この研究では、35歳から49歳の女性の自然流産の割合は、妊娠継続中(22.3%)よりも高い(38.7%)ことがわかった。

しかし、これによって研究者らは、妊娠中のmRNA COVID-19ワクチン接種が自然流産を引き起こす可能性が高いという結論には至らなかった。 そしてこれは、この研究の著者の利益相反によるものである可能性が高い。

利益相反

この研究で気になる点は、著者の利益相反である。

Lipkind博士は、COVID-19ワクチンのファイザー社独立外部データモニタリング委員会の委員を務めていることを報告した。

一方、Naleway博士とVesco博士は、”無関係な “研究のためにファイザー社から資金援助を受けていることを報告した。

意味するもの

この研究結果や利益相反の可能性にもかかわらず、米国と英国の保健当局はmRNA COVID-19ワクチンは妊婦にとって安全であると主張し続けている。

このため、研究の完全性、および著者とファイザー社とのつながりによって結果が左右された可能性について疑問が投げかけられている。 

結論

mRNA COVID-19ワクチン接種と自然流産に関するファイザー社の研究は、論争を巻き起こし、妊婦にこれらのワクチンを投与することの安全性についての懸念を提起した。

この研究の著者に利益相反の可能性があり、ワクチン接種を受けた女性の自然流産の割合が高いことから、保健当局は妊娠中のmRNA COVID-19ワクチンの安全性に関する姿勢を再評価することが極めて重要である。

さらなる研究と透明性によってのみ、母親と生まれてくる子供の双方にとって最良の結果を保証することができるのだ。

しかし、米国と英国の当局は、英国内のすべての妊婦が実験的なCOVID-19「ワクチン」を接種することを完全に容認すると発表した。 これはとんでもないことだ。

なぜなら彼らは嘘をついているからだ。

スイス、大量移民の「壊滅的な結果」を問う国民投票を実施、人口を1000万人に制限する可能性

スイスは、2050年までに「国内人口を1000万人に制限する大量移民問題」を問う国民投票を実施する予定

スイスでは、国民が18カ月以内に10万人の署名を集めれば、国民投票を実施することができる。

その結果、保守派のスイス人民党(SVP)は今週、首都ベルンにある連邦首相官邸に11万4600人分の署名を提出したため、国民投票が実施されることになる。

同党は声明で、「大量の移民は、この小さな国に壊滅的な結果をもたらしながら……狂奔的な道を歩み続けています。このイニシアチブを採用することは、私たちのユニークな景観、生活の質の高さ、平均以上の繁栄、そして私たちと子どもたちの安全で自由な未来を守るために急務です」と発表した。

正確な質問は不明ですが、この提案は、「2050年までにスイスの永住人口が1,000万人を超えてはならない」という提案にスイス人が賛成票を投じる機会を与えるもの。現在の人口は900万人弱だ。

人口が950万人を超えた場合、政府は「特に庇護と家族の再統合に関して、遵守を確保するための措置を講じなければならない」この措置が講じられない場合、同国は加盟していない欧州連合(EU)との協定から離脱し、同大陸全域での自由な移動を認めることになる。

同党のマルセル・デットリング党首は、移民を規制することが前進する道であることを明白に主張した。

「今日、あまりにも多くの外国人が入国していますが、それは適切な人たちではありません。私たちの国と国民に利益をもたらすような、管理された移民が必要なのです」と彼は署名を提出した後に言った。

スイスは世界で最も豊かな国の一つとして広く知られている。その強い経済力、政治的安定性、高い生活水準で知られており、幸福度ランキングでも上位にランクされている。

トランプ大統領 「2024年の選挙を操作するために新たなパンデミックが始まる 」

ドナルド・トランプ大統領は、迫り来る11月の大統領選挙について重大な警告を発した。

トランプはビデオメッセージを発表し、その中で、民主党はアメリカ全土にパンデミック規制を復活させるため、新たなコビド変種を放つつもりだと警告している。

動画の中でトランプは、民主党は “2020年の選挙を不正に操作し、今度は2024年の選挙を盗もうとしている “と述べている。

トランプによれば、民主党は、ジョー・バイデン大統領を重要な選挙に “勝たせる “ために、パンデミック時代の規制を復活させようと計画しているという。

このような動きにより、戸締まり、学校閉鎖、マスク、ワクチン接種の義務化、そしてもちろん郵便投票が復活することになる。

しかしトランプ大統領は、もし11月の大統領選挙で当選したら、アメリカ国民に “マスク義務やワクチン義務 “を課す者を追及するために、”あらゆる手段を使う “と宣言した。

「左翼の狂信者たちは、突然やってくる新しい亜種について恐怖を煽り、コビッドの封鎖と強制を復活させようと懸命になっている」とトランプは主張する。

「ジー・ウィズ、これから何が起こるかわかるか? 選挙か。

“彼らはコビッド・ヒステリーを再開させたいのだ。そうすれば、さらなる戸締まり、検閲、違法投函、郵便投票、そして2024年の選挙に向けた政治同盟への何兆ドルもの報酬を正当化することができる。

「聞き覚えがあるだろうか?」「私たちが相手にしているのは、悪い病人たちです」とトランプ氏は指摘する。

「私たちの自由を奪おうとする暴君たちよ、この言葉を聞け!」

「第45代大統領は警告する、私たちは学校を閉鎖しない。我々はお前たちの監禁を受け入れない。私たちはあなた方のマスク義務には従わない。我々はワクチン強制を許さない」

「彼らは2024年の選挙を盗もうとしている」

「コビドを復活させようとしても……私たちがそれを許さないので、彼らは失敗するだろう」

トランプ大統領の警告は、鳥インフルエンザに関する企業メディアの最近のヒステリーの中でなされた。

製薬業界の科学者たちは、11月の選挙前に鳥インフルエンザが発生し、「コビドより100倍悪い」と警告を発し始めた。

今回の警告は、テキサス州で稀なヒト感染例が発見された後のことである。

H5N1型鳥インフルエンザは、2020年に新型が検出されて以来急速に拡大しており、各州の野鳥だけでなく、商業用家禽や裏庭の群れにも影響を及ぼしている。

しかし、鳥インフルエンザは哺乳類でも検出されており、4つの州で牛の群れが感染している。

月曜日、バイデン政権の保健当局はテキサス州の酪農労働者が鳥インフルエンザに感染したと発表した。

デイリー・メール紙によれば、「このウイルスは何年も、おそらく何十年もパンデミック(世界的大流行)リストのトップに挙げられてきました」と、ピッツバーグの大手製薬会社から資金提供を受けている鳥インフルエンザ研究者、スレッシュ・クチプディ博士は、この問題を議論する最近のパネルで語った。

「そして今、我々はこのウイルスがパンデミックを引き起こす可能性に危険なほど近づいている。

同氏は、H5N1ウイルスはすでに世界中の種で検出されており、”ヒトを含む様々な哺乳類の宿主に感染する能力を示している “と指摘した。

「従って、私の見解では、このウイルスはパンデミック(世界的大流行)の危険性が最も高いウイルスであり、世界的に蔓延していると思います」とクチプディは言う。

世界保健機関(WHO)によれば、2003年以来H5N1に感染した人間の約52%が死亡している。

鳥インフルエンザの症状は、咳、体の痛み、発熱など、他のインフルエンザの症状と似ている。

人によっては目立った症状が出ないこともあるが、生命を脅かす重篤な肺炎を発症することもある。

テキサス州で感染した酪農労働者は、唯一の症状として “目の充血(結膜炎と一致)”を訴えている、と疾病管理予防センター(CDC)は指摘している。

「患者は隔離され、インフルエンザの抗ウイルス剤で治療を受けている」CDCのマンディ・コーエン局長はワシントン・ポスト紙に語っている。

ミシガン州の集会で「アメリカに死を」「イスラエルに死を」と唱えるデモ隊

ミシガン州ディアボーンの反イスラエル・デモ隊は、国際アルクッズ・デーの集会で「アメリカに死を」「イスラエルに死を」と唱え、ラマダン明けを締めくくった。

https://www.breitbart.com/politics/2024/04/07/michigan-anti-israel-protesters-chant-death-america-death-israel-international-al-quds-day

この抗議活動の動画は日曜日にソーシャルメディアで拡散し、活動家たちがイスラエルとアメリカの両方を最も厳しい言葉で非難する様子が映し出された。 ハディ研究所の活動家タレク・バッツィは、「アメリカに死を」「イスラエルに死を」という唱和は論理的であると述べた。

「なぜアルクッズ国際デーに抗議するのか、なぜ反米なのか?アメリカのことをあまり語らず、もっとイスラエルに焦点を当てればいいじゃないか。 ガザは、こうした抗議行動がなぜ反米なのかを全世界に示した。 なぜなら、今聞いたような残虐行為に資金を提供しているのはアメリカ政府だからだ」

「国際アルクッズ・デーを宣言したホメイニ師は、だからこそ、あなた方のすべての唱和と叫びをアメリカの頭に浴びせようと言ったのです」と彼は付け加えた。

続いてバジーは、米国は “この地球上に存在する最も腐った国のひとつ “だと語ったマルコムXの言葉を引用した。

バジーはジョー・バイデン大統領を “ジェノサイド・ジョー “と呼び、アメリカのシステム全体の排除を訴えた。

「去るべきはジェノサイド・ジョーだけではない」「このような残虐行為を許すような体制は存在しない。 このような残虐行為や悪魔的行為を許し、それを支持するようなシステム、そのようなシステムは神の地球に存在するに値しない」

イスラエルには存在する権利があると言うかもしれない人々について、バジは群衆に「イスラエルに死を」と常に応えるように語り、「今日世界中で叫ばれている最も論理的な聖歌」だと言及した。

ミシガン州ディアボーンでのアルクッズ・デー国際集会で、デモ参加者が「アメリカに死を!」と唱和: アメリカは地球上で「最も腐った国」の一つであり、イスラエルはISISであり、ナチスであり、癌である pic.twitter.com/B6hMlaKfi5

– MEMRI (@MEMRIReports) 2024年4月7日

中東メディア研究所(MEMRI)のスティーブン・スタリンスキー所長は、ディアボーンの集会は20年以上も続いており、”憎しみの温床 “となっているとFox Newsに語った。

「ハマス、ヒズボラ、イランを支持する集会や説教を見ることができる」

「ディアボーンにいる全員がテロリストだと言っているわけではないが、そこにはジハード・グループに対する多くの支持がある」と彼は付け加えた。

ブライトバート・ニュースが報じたように、バイデン大統領のイスラエルに対する姿勢により、ミシガン州での支持率は着実に低下している。

2024年2月1日、ミシガン州ウォーレンのUAWナショナル・トレーニング・センターで、ジョー・バイデン大統領が全米自動車労組(UAW)の組合員に向けてスピーチしている会場の外で、パレスチナ人を支援する人々が集まっている。 (ジェフ・コワルスキー/AFP=時事)

「ジョー・バイデン大統領の支持がミシガン州で崩れていることが、金曜日に発表されたCNNの調査で明らかになった。

“CNNの調査によると、ドナルド・トランプ前大統領は、重要なスウィング州でバイデン氏を8ポイントリードしており、支持率は50%に対しバイデン氏は42%。 第3党の候補者を含めると、トランプ氏は依然としてリードを保っており、バイデン氏の34%に対して40%を獲得している。

デンゼル・ワシントン

デンゼル・ワシントンがバーナード牧師とともにインスタグラムでライブを行い、キリストへの献身と「神の計画」を表明した。

ワシントンはまた、ハリウッドの現状について語り、私たちは『自分たちよりも上位の力』への対処を強いられていると語った。

イーロンマスク, ブラジルの検閲に反発

イーロン・マスクは土曜の夕方、同プラットフォーム上で、連邦最高裁判所の命令により対象となったブラジルのアカウントに対するすべての制限を解除することを決定したと述べた。

 “儲けより、Xの(言論自由等の)原則の方が大事”

ブラジルの裁判所はXに 、ブラジルで人気のある特定のアカウントをブロックするよう強制した。

直後、イーロンはXが裁判所命令に従わないことを伝え、すべての制限を解除させた。

イーロン: 「おそらくブラジルでの収益をすべて失い、事務所を閉鎖せざるを得なくなるだろう。 しかし、原則は利益(儲け)よりも重要だ」

https://www.zerohedge.com/political/elon-musk-says-x-will-defy-order-brazils-supreme-court-after-twitter-files

無い所から巻き上げる政府

同盟国と認識されてない

聖書

HK 英語の動画です。キム・クレメンテの最後の預言を紹介します。彼は既に亡くなってますが、トランプに関する預言をいくつか残しています。

ブログでも何度も紹介して来ましたが、今回初めて知る内容があるので紹介します。これから困難な事態が続きますが、2027年にはアメリカが再復興し、繁栄するそうです。

独り言

パラグアイの移民局に着き、長い列に並びました。カウンターが近づいた時、ジュニオが会話を聞き取ろうとしてました。失望した顔つきでカウンターを離れる人たちを、何人か見ました。僕と同じ要望で来た人たちが、断られていたようです。

ジュニオが帰りがけの人たちに尋ねると、やはりダメだったので…そこは諦めて、別の所へ行く事にしました。首都アスンシオンにあるのですが、さらに5時間バスに揺られなければいけません。情報がないと、こんな感じです。

何をすればいいのか、何が必要なのかも分からないまま、人に訊きながら、それだけを頼りに動いてました。政府のどの機関に訊けばいいのか、そんな情報すらなく、頭にもよぎりませんでした。グーグルがあれば一発なんですけどね。

5時間バスに揺られ、ジュニオと一緒にアスンシオンの移民局を探しました。地図を買って、歩き、訊ね、また歩き、また訊ねる…そして、なんとかたどり着きました。
さすがに国境のカオスとは違い、首都らしく落ち着いた雰囲気でした。

それで期待したのですが、全く予期しない言葉を聞きました。

「このパスポートは失効期限6ヶ月未満だから、パスポートを作り直さなければできない」

僕はそんな事も知らなかったんです。

「パスポートはどこで作ればいいのですか?」

「日本大使館だ」

と言う事で、日本大使館を探し、またバスに乗りました…首都なので大使館もあるだろうと、地図を見ながら、また人に訊きながら、歩きました。​さほど遠くなく、そこは広々とした地区で、大きな建物が並んでいた記憶があります。各国の大使館があり、確か日本大使館は白かったような…

尋ねて見ると、大使館の人たちは優しく応対してくれました。これには驚き、嬉しかったです。ブラジルのクリチバにある日本領事館で受けたのと、全く正反対の応対でした。

「パスポートを作りたいのですが、お願いできますか」

初めて普通の日本語でやり取りでき、感動を覚えました。でも感動したのもつかの間、すぐに失望に変わりました。

「はい、できますよ。必要なのが、運転免許証、写真…」

他にも何かあったかも知れませんが、覚えているのはそれくらいです。僕はブラジルでは運転しないので、携帯してませんでした。色んな知らない事が重なって、色々周りましたが、結局何もできずじまい。​ただ分かったのは、免許証を持ってくればいいと言う事だけ。

それで問題は、27時間バスに揺られ、そしてまた27時間かけてここに来るか?でした。さすがにジュニオにまた付いてきてもらうのは気の毒だし…ここまで奔走してくれたジュニオも、疲れた様子でした。

「どうしよう…」

一人で来れるだろうか?など色々考えると、困りました。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい