Wed

是非シェアして下さい

ボルソナロ大統領からルーラに変わり、その後あまり情報が入って来ませんでした。しかしイーロン・マスクが取り上げた事で、世界中にその恐怖政治が明らかとなりました。

(ブログ記事が素早く表示されるために、埋め込み記事を減らし、一部画像にしています。画像には記事のリンクが埋め込まれていますので、画像をタップして頂ければ、記事に飛びます)

ワクチン

この人口動態統計上のワクチン死に関しては、

・わざわざ計算しないと、分からないようになっている(まるで隠しているかのよう)
・厚労省ワクチンコールセンターでは、頑なにこれに触れないようにしている。(これを話題に出すとオぺーレーターの態度が豹変する)
・この数字を私がYouTubeで言うと動画が消されてしまう(大臣がおっしゃったのであれば大丈夫?) おかしなことばかりです。

ブラジルの危機

DogeDesigner

「我々はアレサンドレ判事から、現職国会議員や主要ジャーナリストのアカウントを停止するよう要求され続けた。これはアレサンドレ判事の命令によるものだと彼らに言うことはできず、我々の規則によるものだと偽るしかなかった」

イーロン・マスク

Mario Nawfal

𝕏ブラジルで従業員が逮捕の危機に ブラジルの下院議員ニコラス・フェレイラ氏は、ルラ氏の選挙に関する詳しい情報をイーロンに求めた。

「ブラジルの従業員を安全な場所に移動させるか、責任ある立場から外してから、完全なデータダンプを実行する必要がある」 彼らは逮捕されるだろうと告げられた」

ブラジル政府は何を隠しているのか?

Marcel Van Hattem

長年にわたり最高裁判所の権力濫用を暴露し、それと闘ってきたブラジル議会議員として、私はイーロン・マスクに深い感謝の意を表したいと思います。 イーロン、あなたは現在、ブラジルの下院議員や上院議員の多くよりもブラジルを支援しています。

あなたは、最高裁判事の調査や弾劾を依然として拒否する選出された代表者よりも、検閲や圧政に反対する何百万人ものブラジル人をはるかによく代表しています。 私は、この状況が今や変わると確信しています。

Shalleberger、David AgapeおよびEli VieiraJrと協力してブラジルのツイッター ファイルを調査し報道し、ブラジルの独裁者アレサンドレ・デ・モラエスの正体を世界に暴露したのです。

ちなみに、私は最高裁による違法監視の容疑で告発された無数のブラジル人の一人です。私も正当な手続きなしに検閲され、最高裁が認めない投稿をした場合は1日当たり高額の罰金を科せられると脅されましたが、決して黙っていませんでした。

ツイッターの場合、違法な訴追や迫害の脅威にさらされても、正当な理由なくモラエスにユーザー情報を提供することを拒否した元顧問弁護士ラファエル・バティスタの行動は英雄的でした。

イーロンのその姿勢を称賛し、さらに違法に検閲されたブラジル人のアカウントに対するすべての制限を解除するというあなたの決意は、信念を貫く人であることを示しており、私たち全員に、暴君たちと戦うためのインスピレーションと新たな動機を与えてくれます。

現在、モラエス氏によって迫害を受けているブラジル人は数千人いる。一般市民は検閲され、資産は違法に凍結されている。ジャーナリストや裁判官は国外追放され、パスポートはモラエス氏によって正当な理由もなく押収されている。

弁護士は依頼人の事件への立ち入りを拒否されている。有罪判決どころか、適正な手続きも踏まれずに投獄されたままの人も数百人いる。 クレサオンという男性は、デ・モラエスの命令により、劣悪な健康状態でほぼ1年間投獄された後、昨年11月に獄死した。

連邦検察官は死の2か月以上前に彼の釈放を要求していたが、モラエスはそれを無視した。クレサオンの妻ジェーンと二人の娘アナ・ルイザ(22)とクレジア(19)は、アレサンドレ・デ・モラエスの暴政により、父親と過ごす時間がなくなる。

私たちは、これ以上、このようなことは望んでいません。だからこそ、私は検閲を含む最高裁判所の不正行為を調査する議会委員会の設置を提案したのです。 この要請は必要な 171 人の代表者の支持を集め、現在は下院議長のアーサー・リラが活動を開始するのを待っている。

ブラジルの Twitter ファイルは、この取り組みに新たな勢いを与えた。私たちは、ほとんどの旧来のメディアや体制に頼ることはできない。 しかし、私たちはあなた方のような信念を持った個人に頼ることができます。

あなた方はブラジル人ではないかもしれませんが、私たちの国の自由のために戦っています。その姿は、私の祖国の何百万人もの人々に声を上げ、この悲惨な状況を克服するためにさらに懸命に戦うよう鼓舞しています。 そして私たちはそれを乗り越えます。ありがとう!

Kanekoa The Great

グレン・グリーンウォルド、ニューヨーク・タイムズを引用し、ブラジルのアレサンドレ・デ・モラエスの独裁的な検閲体制について激しく非難。

「ブラジルの左翼は彼を憎んでいたが、彼が検閲官長の役割を引き受け、ブラジルの左翼が敵とみなすほぼ全員を検閲し始めたようだ」

「特にボルソナーロ支持者。国会議員の逮捕を命じ、ジャーナリストの自宅を捜索・押収するなど、今や彼はブラジル左派の英雄だ」

「この判事に疑問を呈すれば、ファシズムの擁護者と呼ばれることになるだろう。この判事は、ニューヨーク・タイムズにとっても度を越した極端な検閲体制で最もよく知られているのに」

「モラエスは、ソーシャルメディアにブラジルの機関を攻撃する投稿をしたとして、裁判もせずに5人を投獄した。検閲を命じたのではなく、裁判もせずに投獄するよう命じたのだ」

「ジャーナリストとしての私のキャリアの中で、政治家に対して本当に疑問を呈したり、異議を唱えたり、批判したりすべきなのかと疑問に思ったのは、この人物だけだ。彼は、自分を批判した人々を裁判もせずに投獄するよう命じるほど」

「アレサンドレ・デ・モラエスを批判すると、出入り禁止になったり、場合によっては投獄されたりする。だから私はこの番組が始まるまでずっと弁護士と電話で話していたんだ」

「アレサンドレ・デ・モライスは人々の批判の標的であり、彼の見方では、彼は人々の違法な発言の被害者です。そして、彼はこれらの人々を逮捕または検閲するために独自の法的手続きを開始し、そして彼自身が開始した事件の裁判官を務めます。彼は自分自身を被害者と見なしている事件です。そして、彼はこれらの人々を有罪とし、逮捕またはインターネットから締め出すよう命じます」

「ニューヨーク・タイムズがこのような記事を書くには、検閲体制がどれほど抑圧的でなければならないかご存じですか?ボルソナーロがどれほど権威主義的または抑圧的だと思うかに関係なく、彼に対抗する機関、特にこの最高裁判所は、より抑圧的になっています」

アメリカもESGスコア

HK ESGスコアとは企業向けのものでした。投資家のための指標として、儲かる企業だけでなく、グレートリセットに都合の良い企業に投資を促すためのものです。

しかし、それはもはや企業だけでなく、個人にも向けられているという話です。当然日本も水面下で進められているはずです。

ESGは、「環境(Environment)」「社会(Social)」「企業統治(Governance)」の頭文字をとった用語です。2006年、当時の国連事務総長であったコフィー・アナン氏が、機関投資家に対し、投資プロセスの中にESGを組み込む「責任投資原則(PRI)」を提唱したことで広まりました。

しかし、ESGについて明確な定義は存在しません。そのため、評価するための算出方法や指標は、評価機関によってばらつきがあります。

クラウドERP実践ポータル

EPOCH TVは、ほとんどの人が気づいていない出来事を暴露する

Wall Street Apes

「今、米国にはひっそりと導入された社会信用システムがある」 民間企業と銀行が米国民に「個人ESGスコア」を提供している。

「個人の ESG スコアは、環境、社会、ガバナンスの 3 つの主な要素に基づいて計算されます。これには、たとえば購入履歴が含まれます。

どのような製品を購入することを選択していますか? どうやら、すでに銃の購入、アルコールやその他の品物の購入が個人の ESG スコアに影響を与える可能性があるようです。

あなたの販売履歴、信用報告書を含む公的記録。これらすべてが、環境と社会に対するあなたの影響を測る際に考慮されます。

しかし、人々はこれらのものを望んでいないので、人々にこれらのものを望むように強制しなければならないことに気づいたのです」

「中国共産党の統治体制に対する外見基準を使用するのではなく、ESGまたは環境および社会ガバナンスの社会的正義基準に基づいています。ESG基準はビジネス、持続可能性、倫理を評価するため、大企業のスコアと同様に、個人のESGスコアは持続可能な慣行に対する個人の取り組みに関する洞察を提供します。どうやら、好むと好まざるとにかかわらず、私たちは皆これに取り組んでいるようです」

そして今、企業や銀行が令状なしでアメリカ人のプロファイルを作成する監視が行われることになる。

コメント MakeAmericaSaneAgain

数か月前にこれに遭遇しました。ESG について聞き始めましたが、反発を受け静かになりました。

病院の建設作業員はほぼ全員がラテン系であることに気付きました。そこで、彼らのベストに書かれた会社名をインターネットで検索したところ、その会社のページの一番前、真ん中にESGスコアが書かれていました。

本当に恐怖を感じました。それから少し時間が経ち、議会がこれに反発したせいで、話題が DEI やトランスジェンダー関連のものに移ったようで、彼らが何らか反発を受けそれを止めたのだと思いました。 もっとよく探っておくべきだった

最後は正直が勝つ

Sputnik日本

マスク氏はXの音声配信機能であるスペースで行われたインタビューで、「偽アカウント」に関連したロシアの活動疑惑に関する質問に対し、このように答えた。

スプートニクを傘下に持つ露メディアグループ「ロシア・セゴードニャ」のシモニャン編集長は3月、「西側諸国はこれが兵器であること、自国の隅々までこれを浸透させねばならないと直ちに理解した」と述べ、西側諸国はプロパガンダを流布させるためにインターネットなどの最新技術を積極的に活用していると指摘した。

ナチスの行き着く狂気

子供はさらに酒を飲むために出て行き、戻ってくると母親の死体を洗ってレイプした。 現在、この少年は勾留されており、すでに捜査当局にすべての自白をしている。

気候変動詐欺

詐欺で浪費、環境汚染

日本の危機

若い女性たちのために

Rosita Diaz

ある女性が、体のラインがよくわかる服を着て店にやってきた。 賢明な年配の店主は、彼女をよく見て、座るように促し、彼女の目をまっすぐに見つめて、一生忘れられない言葉を言った。

「お嬢さん、神様がこの世で価値あるものにしてくださったものは、すべて覆い隠されていて、見えにくいし、見つけにくいのです」

例えば

ダイヤモンドはどこにありますか?

    土の中、覆われて守られている

    真珠はどこにありますか?

      美しい貝殻に覆われ、保護された海の奥深く。

      金はどこで採れますか?

        地中で、何層もの岩に覆われていて、そこに行くには一生懸命に深く掘らなければならない。

        彼は再び彼女を見つめ、こう言った。「あなたの体は神にとって神聖で唯一無二のものです」

        「あなたは金、ダイヤモンド、真珠よりもはるかに貴重な存在です。金、ダイヤモンド、真珠のような貴重な鉱物を深く覆っておくと、必要な機械を備えた “評判の良い採掘組織 “が、何年もかけてそれらの貴重品を採掘してくれる」

        「まず、政府(家族)に連絡する、

        第二に、専門的な契約(結婚)にサインする、

        第三に、彼らは専門的にそれらの品物を取り出し、それらの貴重な品物を優しく精製する。 (結婚生活)

        しかし、もしあなたの鉱物を地表に露出させれば、多くの違法な採掘者たちがやってきて、違法に搾取し、自由にそれらの富を奪い、神があなたに与えた貴重な品々を手放すことになるでしょう」

        女性の皆さん、あなたは貴重な存在です ❤

        覚えておきなさい-品格はゴミより望ましい。
        著者:ダイアン・ウォールズ

        聖書

        独り言

        アスンシオンの日本大使館を出て、また5時間バスに揺られて、国境付近の小さな町に向かいました。ジュニオの友達が住んでいたからです。ヴァギネル(名前)の小さなログハウスに、一泊させてもらいした。

        国境付近は赤土です。道路も舗装されておらず、到着した時はすでに夜でした。赤土はパウダー状で、砂埃が酷かったです。

        赤く血に染まったような月を初めて見ました。風が吹いている訳でもなく、穏やかであっても常に砂埃が舞っているからです。そう分かっていても、不気味でした。

        「なんと不吉な、これ以上の災難はよしてくれよ」

        ​と呟きながらヴァギネルの家にお邪魔しました。好奇心旺盛なジュニオは、ちょっと辺りを散歩してくる、と出て行きました。ヴァギネルはとても優しく、

        「心配しなくていいよ、来週また国境に来たら俺がガイドしてあげるから」

        ​彼の助けで、またパラグアイに来る事にしました。実は帰りのバスは翌日の朝6時半発で、5時半にはタクシーでバス停に向かわないといけません。ヴァギネルと、4時に起きるくらいで丁度いい、と話し合ってました。

        とにかく疲れてました。早く寝たい。でも、ジュニオが中々帰って来ない…実は田舎の小さな町は、住所すらありません。郵便物は最寄りの店に預けられるそうです。街灯もほぼ無く、家の灯りを頼りに歩くみたいな感じです。

        そんな中、好奇心旺盛過ぎるジュニオは、道に迷ってしまいました。

        「ジュニオよ…いつも考えが甘過ぎなんだよ」

        「そんな事言っちゃいかん。こんなに手伝ってもらっといて…」

        「大丈夫かな?変な奴らに捕まってないかな…」

        などと疲れと眠気と心配で頭が混乱してました。

        12時過ぎになってようやく、彼は家に帰って来ました。憔悴し、いつものお調子者ジュニオではなく、反省気味だったので、敢えて責めませんでした。腹が減ったと、それから何か食べて、シャワーを浴びて、さあ寝るぞという時に…

        目覚まし時計は誰が持つか?という話になり、晩飯を食べていつものお調子者に戻ったジュニオが、俺に任せろと、時計を奪いました。僕は不安でした。結局寝たのは2時過ぎになっており…案の定、ジュニオは6時半に目を覚まし、僕とヴァギネルを起こしました。

        バスは6時半に出発するのに…彼を信用した自分が悪かった。昨日からの悪夢はまだ終わってない事に気づきました。それから急いで支度し、ヴァギネルに礼を言い、そしてまた来週宜しく頼む、と言って別れました。

        タクシーを探して赤土の道を走りました。でも、そもそも田舎なのでタクシーなんて見当たらず…疲れと、睡眠不足と寝起きのままで、赤土の砂埃をまき散らしながら、走り、探しました。やっと見つけたポンコツのメルセデスに乗り、バス乗り場に向かいました。すでに7時半を過ぎてます。

        もう走らなくていい、という安堵もつかの間、もうアカンという思いに狩られました。タクシーの中で、あれこれ考えました。さすがにもうバスは出発してしまっただろう、しかしその他にも…

        「どうしよう、またチケット買わないといけないのか?」

        「買えたとしても、出発は数日後だろうな」

        など色んな思いが交錯しました。バス停に近づいて、道路をふと見たら…なんと、奇跡的にそのバスがタクシーとすれ違ったではありませんか。

        「うそ!まだいたの?」

        と、急いでタクシーから降りて、ジュニオが追いかけて行きました。僕はお金をドライバーに払ってから、後を追いました。やっとの事で、赤信号で止まったバスを引き止め、乗り込み…

        「お前らのことずっと待ってて、今出たとこだった。ラッキーだな」

        と言われてしまいました。2時間も遅れて出発するなんて、さすがラテンだなと。そういう事もあろうかと、ジュニオは諦めなかったのか?さすが僕にはそこまでは思い付きません。

        そんな時日本人なら、いくらなんでも待ってる訳ない、諦めようと思います。こんな具合で、やっとの事で帰途に着く事が出来ました。一体僕は何をしてるんだろう?何も事が進まず、悪い事ばかり続いた旅の前半でした。


        愛用品

        アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

        ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

        電子書籍を出版しました

        過去の投稿

        2024年4月
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930  

        コメントを残す

        メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

        是非シェアして下さい