Tue

是非シェアして下さい

Q

イスラエル

元諜報員で『Behold a Pale Horse』の著者であるウィリアム・クーパーは、1992 年に次のように語っています。

「イスラエルは、核兵器が使用され、人々がひざまずいて戦争をやめるよう懇願するような、非常に恐ろしい戦争を引き起こすための道具として作られたのだ」

「その答えは何でしょうか? 彼らには、これ以上の戦争を起こさないことを保証できる唯一の方法は、国家の主権を破壊し、人類がひとつになって世界政府を樹立することだと告げられるでしょう」

イスラエルがイランへの攻撃を開始し、緊張が高まれば、石油価格は急騰するだろう。 イランはホルムズ海峡を封鎖することで報復するだろう。

このような衝突はオイルダラーの終焉を意味する可能性があり、すでに実行中の計画が示唆しているように、中央銀行のデジタル通貨に取って代わられる可能性がある。

SWIFTは3月に発表した声明で、今後1~2年以内にプラットフォームを構築し、新興の中央銀行デジタル通貨と現在の金融システムとの連携を促進する意向を示した。 問題。反応。解決策。

「これは、将来、仮にイスラエルまたは米国がイランに対して行動を起こそうとする場合、イランはイスラエルだろうが、その外だろうが、地域のあらゆる標的に命中できること、これを止めようとしても誰も何もできないことをよく考慮して、その結果を秤にかけるべしということを意味する。

バイデン大統領がネタニヤフ首相との会談で報復するなと言った理由はここにある」

スコット・リッター: イランは昨夜、イスラエルと米国に強力なメッセージを送った

「現在、イスラエル軍当局は基地の被害を精査しており、次のことを理解している。イランはイスラエルに対して極めて致命的な行動を意図的に取らないことを選択した」

「イランが建物を攻撃したのは、イスラエル、そして米国に対して、ネバティムやラモナで行ったような行動は、イスラエルのどこでも、中東のどこでも実行できるというシグナルを送るためであり、米国やイスラエルはそれに対して何もできない」

FadiQuran

イランの攻撃について: スタンフォード大学では、軍や政府の最高レベルでの勤務を含む数十年の経験を持つ人物が指導する軍事戦略のマスタークラスに参加しました。 彼が私に教えてくれた教訓の中で、私がいつも覚えているものの一つはこれです。

彼は私たちに尋ねました: 「米国が、これまで使用したことのない、すべてのレーダーをすり抜ける新型ステルス戦闘機でイラクを攻撃することを決めたとしましょう。攻撃は成功しました。それは戦略的だったのでしょうか?」

クラスの生徒の多くが手を挙げて「はい、目的は達成されました」と言いました。しかし教授は「達成できなかったかもしれません」と言いました。 なぜ?

「なぜなら、敵は今やあなたの能力を知っており、彼らがそれを回避する方法を見つけるのは時間の問題だからです。この攻撃が通常兵器で実行できるのであれば、必要なときまで最高の兵器を温存しておく方がよいでしょう。それらを使用すると不利になります」

私の分析では、イランの攻撃の規模、攻撃対象となった場所の多様性、使用された兵器により、イスラエルは米国とその地域が保有するミサイル防衛技術の大部分を暴かざるを得なかった。 イランはイスラエルが保有していると知らなかった兵器は使用していない。ただ、大量に使用しただけだ。

しかし、イランはおそらく、イスラエルのミサイル防衛システムがどのようなものか、またヨルダンと湾岸のどこに米国が施設を置いているか、ほぼ完全な地図を持っている。また、準備にどのくらいの時間がかかるか、イスラエル社会がどう反応するかなども知っている。

これはイスラエルにとって大きな戦略的コストであるが、一方でアラブ諸国の政権、特にヨルダンの王室はガザ地区の人々を守るために何もせず、イスラエルを守るために全力を尽くしているとして、国民から非難されている。

重要なのは、イランは今回の攻撃で集めた情報をリバースエンジニアリングして、より恐ろしい攻撃を信憑性のあるものにできるということだ。一方、米国とイスラエルは、危険にさらされている現在のモデルから設計を変更しなければならない。

そのため、この計画的な攻撃を阻止することに成功するには、依然として大きな代償が伴う。 さらに、米国もアラブ諸国も望んでいない地域戦争の脅威が近づいているため、イスラエルに対する撤退圧力が強まり、停戦がより実現可能になる可能性が高い。

これを単なる芝居だと決めつける人は、軍隊が戦略と戦術をどのように評価するかという文脈を理解していない。芝居は重要な要素だが、「敵」の態勢に関する情報を集めることの方が、特に長期の消耗戦にあると信じる場合には、より価値がある。

ネタニヤフ首相とイスラエル政府は、アメリカを引き込むことができる迅速で緊迫した戦争を望んでいる。イランは、イスラエルの抑止力を失わせ、アラブ諸国とアメリカの同盟国にするにはコストがかかりすぎる、より長期の消耗戦を望んでいる。

最後に、もしあなたが戦争を嫌い、平和を望むなら、この地域で平和を実現するための最善かつ唯一の方法は、自由、正義、尊厳を求めるパレスチナ人の闘争を支援することです。 パレスチナ人がアパルトヘイトという抑圧的な制度の下で暮らす限り、持続可能な平和はあり得ない。

ご存知ない方のために言っておくと、第一次世界大戦、第二次世界大戦、そして第三次世界大戦(最近始まった)は、すでに 150 年以上も前に詳細に計画され、脚本が書かれていました。 アルバート・パイクは、1871 年に書いた手紙の中で、第一次世界大戦と第二次世界大戦の正確な原因とその結果について説明しました。狂気の沙汰です。

彼は第3次世界大戦について何と言ったでしょうか? 地球上の誰もがそれを見て、これらの人々が何をしようとしているのかを知る必要があります。

彼らは第3次世界大戦を計画しており、キリスト教を破壊し、「ルシファーの純粋な教義の普遍的な顕現」をもたらすという彼らの究極の目的を達成することができます。

以下は、パイクが 1871 年にこのすべてを説明するために書いた手紙からの抜粋です。この手紙は、1977 年に人々が手紙の内容に気づき始め、明らかな理由により撤去されるまで、大英博物館図書館に展示されていました (笑)。

アルバート・パイクは未来を予測するのが本当に得意だったのでしょうか、それとも…

みんな、目を覚ます時が来ました。起きて輝いてください。

この男の言う通りだ!! バイデンのクーデターで国境が3年間開かれた後、FBI長官は金曜日に議会に対し、アメリカ国内でのイスラムの攻撃に備えるよう指示した。

彼は、米国がイランとイスラエルの紛争に介入すれば何が起こるか分かっていると語る。

ワクチン

アメリカの腐った文化

日本

これを受け、ロシアはアメリカ日清の製品の輸入を停止した。
同庁の発表によると、米国で生産された牛肉入り日清カップヌードル(2021年10月4日製造、消費期限12カ月)から遺伝子組み換え大豆が検出され、「人々の健康に悪影響を与えないため当該製品の輸入を停止した」としている。
平和記念公園を訪れたオバマ大統領を涙と感謝の気持ちで迎え入れる広島市民。アメリカ発祥のスポーツである野球で、25年ぶりの広島東洋カープのリーグ優勝にわく広島市民。

基地問題が大きいとはいえ、今も怒号が飛び交う沖縄との対比でその市民感情を眺めると、何か疑問が湧かないだろうか?   なぜ“ヒロシマ”のアメリカへの怒りは収まってしまったのか? そこにはある日本人スパイの政治工作が存在している。

ポダムというコードネームのCIAのスパイが戦後日本で活動をしていた事実が2006年に明らかになった。米国国立公文書館でそれまで秘密だった外交機密文書が公開され、474ページにわたる膨大な秘密活動の様子が明らかになったのだ。

ポダムは戦後、A級戦犯として巣鴨拘置所に拘留され、その翌月には公職追放される。しかし裁判が行われることなく1947年に釈放される。利用価値が高かったからだ。 アメリカは、占領下の日本で反米感情が高まることを恐れていた。

同時に、伸ばしつつある共産勢力への極東の防波堤としての日本の重要性が増す中、メディアとスポーツによる洗脳を通じて、日本国民を親米に変えることが急務だった。 ポダムは戦後日本では「プロ野球の父」「テレビ放送の父」と呼ばれている。

焼け野原となった日本に新たなプロ野球リーグを設立したり、ロカビリーなどの音楽を電波にのせて、日本中にアメリカ文化を浸透させるのに、CIAに従順な権力者としてポダムは重用された。

中でもCIAの指令として重要だったのが広島にプロ野球球団を設立することだった。野球という娯楽を通じて、「アメリカ支配になって日本が良くなった」ことを広島市民に実感させることができるとふんだのだ。

潜在的に日本最大の反米感情を持つはずの都市を親米化する――。それが朝鮮戦争や、その後の安保成立にとって重要な伏線になるとCIAは踏んでいたのだろう。 ポダムの尽力で1950年に広島カープが設立され、集客力のある巨人軍と同じセリーグに編入される。

ところが設立初年度の6月には早くも資金切れとなり、給料の遅配がはじまり存続の危機に立たされる。 そこで翌シーズンに広島は大洋(現DeNA)への吸収合併が役員会で正式に決まるのだが、不思議なことにその翌日、その決定が白紙撤回される。

いや、当時は不思議なことだったのだが、今となってみるとCIAの戦略的意図で広島に設立させた球団を関東に移転させるというのはアメリカの意にそぐわない現場の浅知恵による決定だったということだろう。

この頃の球団後援会長として後の首相になる池田勇人、大平正芳らの名前があがっているところにも、アメリカの対広島工作の力の入れようを強く感じる。 その後、1968年には広島最大のメーカーである東洋工業(現マツダ)社長が筆頭株主となりオーナーに就任、広島東洋カープと改称し、経営が安定したかにみえたが、70年代にはそのマツダの経営が傾く。

すると即座にアメリカのフォード社の資本が入り、マツダは米国系企業となる。 このように、ただの地方都市だった広島に、野球文化を根付かせ、裏から資金供給を行うことで存続させ、結果として広島を親米都市として変えることができたのは、CIAのスパイの功績といえるだろう。 カープ優勝に沸く広島市。

その裏の立役者であるスパイ・ポダムの実名は正力松太郎(元読売新聞社社長であり日テレ初代社長)であることが、米国の資料から判明している。

聖書

独り言

最近カントリーミュージックをよく聴いています。初めて聴いたのが1984年で、80年代はロックと共によく聴いたものです。その後も好きでしたが、長い間ジャズに傾倒してました。今は80年代に好きだった人達を聴いてます。

Randy TravisGeorge StraitThe Judds などです。​ようやくヴォーカルの味わいを楽しめるようになって来ました。ジャズ、ブルース、それにカントリーもそうなんですが、歳をとるごとに渋めなものが好きになります。

​紅白歌合戦でも演歌の方が楽しかったりします。色んな含みがあると言うか、ただ上手いだけではない味があります。ギターしか聴かない時期もありましたが、長らくギターを聴く事の方が少ないです。ヴォーカル以外に、トランペットやサックスやピアノも聴いていて楽しいです。

凝り固まった自分が、時間をかけて、溶かされて来たようです。色んなものを聴いた結果、どちらかと言うとシンプルなものが好きなのだ、と気づきました。食べ物、服、住まい、考え方、人間関係など、全てに共通しているようです。僕はシンプルなものを好むのだと。

シンプルさの中にある、豊かな含みを求めている、または楽しんでいると。趣向や価値観が明確になるにつれ、ますます人生が楽しくなって来ました。最近は才能に関する本も読み、自分の強みも知りました。そして強みに力を注ぐべきだと教えられ、心が軽くなりました。

自分を知り、自分に徹する。簡単に言えばそうなんですが、長い年月がかかりました。方向が定まって良かったです。僕の人生は少し変わっていて、色んな経験をさせて頂けました。​それらを振り返りながら、ブログやポッドキャストで発信しています。

おかげで自分を発見するに至りました。誰でも同じように自分を発見できるはずです。自分の人生は普通だという人も、何か発信し続ける事をお勧めします。本当は誰の人生も特別なのですが、本人にとっては普通に思えてしまうのです。

自分を客観視するのは難しいです。だから日記やブログやポッドキャストが役立ちます。名前や顔も出さず、好きな事や思いを発信すればいいです。誰も読まず、聴いてくれなくても、自分に向けて発信すればいいんです


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

電子書籍を出版しました

過去の投稿

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい