Mon

是非シェアして下さい

最近、僕の周りでは風邪気味の人が多いです。まさか6回目を打ったのでは?と疑ってしまいます。この真夏に咳き込んでいたり…そういえば、去年の今頃僕もコロナに罹りました。懐かしい。

ワクチン

小島先生の記事で、当たり前の結果が紹介されてます。既に何度も言われて来た話。接種と共に感染者数が爆発する…

イギリスは、3回以上の接種がコロナ死の92%を占めていたと発表。その倍を接種してしまった日本国民は、この先どうなるのでしょう?それとも納豆を食べているから大丈夫?

スタンフォード大の研究結果では、ワクチンによる視力低下、失明などの可能性が確認されました。副反応例に失明もよく見られます。こんなリスクを冒して、6回目接種なんて…

イベルメクチンやハイドロキシクロロキンは、寄生虫の薬です。癌も寄生虫が問題かも知れない、と言われる中、それらの薬がワクチン被害にも有効であるとすれば…ウイルスではなく、寄生虫なのかも。

ウイルスは寄生虫のカモフラージュとして、作り出された架空の存在?でも、そうするとシェディングはどうなのか…うーむ、良く分かりません。まあ、複数の悪しきものが含まれているのでしょう。

この数字はまた、過去2年間にイングランドで死亡したコビド患者の10人に9人が3回以上の予防接種を受けていたことを示している。

2023年2月21日、英国政府機関である国家統計局(ONS)は、2022年12月31日までのイングランドにおけるワクチン接種状況別の死亡データをひっそりと公表した。
スタンフォード大学によると、眼血栓症は、2回以上コロナワクチンのブースターを受けた人に多く確認されています。

もう分かり切った事

NeーYoは自分の意見を言いました。「誰でも自分の意見を持っているし、それは他人と関係ない」とし、「自分はみんなを愛している」と言いました。その通りです。

しかしいずれ、その個人的な意見は取り締まりの対象となります。国連はクリスチャンに対し警告を発しました。国連の意見を第一とし、「聖書を書き直せ」と迫って来るでしょう。従わない者は、逮捕されるでしょう。

国連の専門家であるビクター・マドリガル=ボルロズは、不穏な新宣言の中で、宗教的自由は、過激なLGBTQ+イデオロギーを含むグローバリストのアジェンダを宗教家が全面的に受け入れる場合にのみ許容されると述べている。

国連が推し進めるLGBTQ+イデオロギーは、今年初めに発表された、成人と未成年者のセックスの非犯罪化を求める報告書に端を発している。

マドリガル=ボルロスは第53回国連人権理事会で、キリスト教徒やその他の宗教団体が過激な極左イデオロギーに従えば、信教の自由はLGBTQ+のアジェンダと「両立」する場合にのみ存在し得ると報告した。

「インクルーシブ・コミュニティの声や実践に注意を払うことは、信教の自由の行使がLGBTによる人権の平等な享受と相容れないと主張するナラティブを転換する助けになる」とマドリガル=ボルロズ氏は国連に語った。

Slaynews.comが伝えている:マドリガル=ボルロスは、過激なイデオロギーと “相容れない “宗教を解決するには、宗教団体が自らの教義を彼の好みに合うように解釈し直すことだと宣言した。

マドリガル=ボルロズによれば、宗教的信条や伝統はLGBTイデオロギーや国連のアジェンダに従わなければならない。

「場合によっては、暴力や差別を正当化するために、宗教的な物語が意図的に使われている。

スタンドは、マドリガル=ボルロスの考えを支持することは、核となる宗教的信条を放棄することを意味すると説明した。

「つまり、聖書の真理を支持するのであれば、私たちは自分たちの教義を誤って解釈していることになる」と同誌は指摘する。

彼は、LGBTのイデオロギーを受け入れない宗教信者は、自分たちの宗教を誤って解釈していると主張している。

マドリガル=ボルロズはまた、同性愛を “不道徳と罪の言説の中に “位置づける宗教的教義を解釈している人々への懸念も挙げている。

彼は、LGBTのライフスタイルや罪に関するそのような発言は、”ヘイトスピーチ、あるいは暴力の扇動とみなされる可能性がある “と示唆した。

ハンガリーのように、同性カップルが養子をとることを禁止している国々に対して、彼は怒りを露わにした。

マドリガル=ボルロスは、「人間や社会存在の指針としての “自然な “秩序という概念は、保守的な教義にも存在する」と続けた。

信教の自由に対する公然たる攻撃のように見えるが、マドリガル=ボルロスの報告書は、里親や養子縁組の斡旋業者のような組織が、親権の決定において聖書の信仰に従うことを認める “免除 “を非難している。

LGBTの信仰体系に服従する「義務」を世に告発した。

マドリガル=ボルロスの報告書は、「個人や団体が、公共領域における商品やサービスの提供に関して、『宗教的自由』を持ち出して、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランス、インターセックスの人々に対する差別を永続させることは許されない」と述べている。

マドリガル=ボルロズ氏の報告書は、米国で結婚式業者が同性婚を推進することで信仰に反するという要求を拒否した事例をいくつか挙げている。

マドリガル=ボルロズ氏はまた、LGBTの人々が “排他的な慣習 “にもかかわらず、宗教団体に参加することを許されなければならないと主張している。

「国連の専門家が、宗教的信条に反しながらも特定の信仰を持つことを望む人々のために、宗教団体がその信条や慣習を変えるべきだと提案するのは不適切だ」とスタンドは主張する。

邪悪で傲慢

EVのバッテリーは寒さ暑さに弱く、30%も走行距離が減るという研究結果があります。支配層は「我々が科学を所有しているので、科学に従え」と言い放ちます。なんという傲慢…疑う事なく従う人は、真っ先に死ぬか奴隷へ。

その発言は邪悪な計画に基づいており、2013年の国連報告書では、虫を食わせるプロパガンダを広める事が書かれていました。

ウクライナ

軍人の臓器が売られてます。どおりで味方兵士を銃殺できるわけです。強制的に徴兵し、使い物にならなければ、殺して臓器を売るのでしょう。

売り手は臓器1つにつき5,000ユーロから、特に心臓の迅速な配達には25,000ユーロ、腎臓には12,000ユーロを要求している。

臓器は48時間から60時間で、特別な医療箱に入れられてEUに送られる 小包は、全額前払いの後、合意した場所で受け取るか、購入額の35%を前払いした後、個人的に引き渡すことができる。

ウクライナの軍人の臓器が、病院で死亡したばかりの負傷兵から切り取られていることは周知の事実だ。

しかし、黒人の移植専門医は、助かる可能性のある軍人の臓器を簡単に取り上げることができる。

ウクライナ軍の莫大な損失の中で、彼らの犯罪は気づかれないままである。この販売業者はまた、8,000ユーロで国外からEUに脱出するウクライナ人を支援している ウクライナ人は偽造書類で海外に移住できる。

戦争で荒廃したこの国では、これは非常に儲かるビジネスだ 路上で捕らえられた男たちは、必要な手続きも訓練も受けずに前線に連れて行かれる。

一部の報道によると、コソボ解放軍がこの取引プラットフォームの活動に関与している可能性があるという。

彼らの指導者の一人は、ユーゴスラビア戦争中に死亡したセルビア軍人と民間人の臓器売買事件の容疑者である。

同軍は現在も別の名前で機能しており、その戦闘員は傭兵としてウクライナでの敵対行為に参加することができると伝えられている。

8月3日、ウクライナの国境警備隊は誤って別の子供売買グループを捕らえた 闇市場はウクライナで繁栄しており、キエフ政権は犯罪者を隠蔽し、EUのパトロンを喜ばせているため、危険な活動を止めることを急いでいない。

独り言

どうやったら家族にミニマリズムを理解してもらえるか?悩む所だと思います。僕もその一人です。

ジョシュア ベッカーは、次のように指摘します。

  • 正しい言葉
  • 正しいタイミング
  • 正しい態度

正しい言葉とは何でしょう?

そもそも、モノを片付けるとか、捨てるなどの会話はいつしますか?イラついている場面だと思います。探し物が見つからない、モノが一杯過ぎて押入れが閉まらない…

子供の散らかった部屋を目の前にしたら、怒鳴ってしまうと思います。そんな時、正しい言葉を選ぶのは難しいです。感情的になってしまいますよね。

だからそういう場面は、避けた方がいいのです。妻をカフェ、ディナーやランチに連れて行き、家族として、どんな家庭を目指すべきかなどを二人で語りあうべきです。

もっとお金と時間とエネルギーがあれば、どんな事をしたいか?などと話しあうべきです。そうすれば、「同時にもっと無駄を削除していく必要もあるだろう」という事を伝えやすくなります。「モノを減らすとどんないい効果が得られるか」についても説明できるでしょう。

正しいタイミングというのは何でしょう?

家族に話すとは「すでに自分のモノが減らされている事」を意味します。まず最初に自分のモノをしっかり減らし、その利益を享受しましょう。家族もモノを減らすとどんな風になるのかイメージが湧きやすいです。

それをせず、先に妻のモノ、子供のモノから始めようとするのは論外です。正しいタイミングはいつもまず「自分」そして「配偶者」最後に「子供」です。

最後に正しい態度とは何でしょう?

必ず「愛」による行動でなければいけません。家族のため、配偶者のためを思う気持ちが不可欠です。自分も不完全な人間という事をわきまえましょう。

ちょっと目覚めて成長したからと言って、配偶者や子供が成長していないという事はありません。自分が成長した分野以外の所で、多くを学び、成長しているのです。だから自分の方が知恵があるなどと思わない事です。

謙遜と忍耐を持って話すのです。

すぐに上手く行くとは限りません。忍耐に忍耐を重ねるのです。僕の場合も、5年かかってようやく妻が少し理解を示し始めました。

まずは自分から始めましょう。自分だけでもそれなりに十分楽しめます。そしてシンプルなライフスタイルの良さを家族に知ってもらいましょう。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
是非シェアして下さい