Tue

是非シェアして下さい

ワクチンの騙しには参りました。二重構造になっており、悪者が時間稼ぎ出来る仕組みです。彼らは逃げ切れると思っているのでしょう。

ワクチン死

小島先生のアゴラの記事に、何と若者のワクチン死はコロナ死の2倍もある事が分かりました。もちろんこの統計は、真実を表すものではありません。

コロナ死の条件はPCR陽性であれば、癌やその他の病死、交通事故、多分自殺?も全て含まれます。なぜそんな水増しを医者がやるのかと言えば、コロナ死と計上すればお金が沢山もらえるからです。

死んだ後にPCRやって「陽性でありますように」なんて願ってる医者の姿が目に浮かびます。水でもコーラでも、動物の体液でも、何でもPCRは陽性になったりします。だから、僕の勝手な印象では、コロナ死の実際の数字は1%未満かと思います。

反対にワクチン死の数字は、100倍ではないかと思います。大袈裟かも知れませんが、それくらいワクチンは悪いものだという印象です。なぜなら、心筋炎により突然死するケースが多いからです。しかも心筋炎は、本人に自覚のない軽症もあると思われます。

以下は、小島先生の記事からの引用です。ワクチン死が下の条件を満たすもので無ければならないとすれば、当然100倍あってもおかしくないと思うのです。

ワクチン接種と死亡との因果関係を立証するにあたっては、以下の3つの条件を満たすことが必要である。

  1. ワクチン接種と死亡とが、時間的、空間的に密接している。
  2. 他に原因となるものが考えられない。
  3. 死亡の発生メカニズムが。科学的に実証性や妥当性がある。

また、「ワクチン接種後の死亡報告は漏れなく報告されているか」についても考慮しなければならない。

驚いたことに、2021年では、ワクチン接種後の死亡者数は、コロナによる死亡者数の2倍に達した。(図1)

https://agora-web.jp/archives/230827082047.html

マッカロー師の話によれば、心筋炎が突然死の原因だという事になります。いきなりぶっ倒れるアスリート達やテレビアナウンサー達の症状です。日本でもそれが起きていないはずがありません。朝になったら死んでいたというケースもそれでは?

悪魔のする事

悪魔の本質は偽りです。恐怖で陥れるイメージがありますが、それも詐欺です。悪魔の事を恐ろしい存在と思わせていれば、騙しやすくなるからです。光の天使のような格好をして、あなたに囁くでしょう。「あなたもアセンションします」と。これが悪魔のやり方です。徹頭徹尾、一貫してますので、一度見抜けば簡単です。それは神様の哀れみによって、我々のためにそのようにして下さったのかも知れません。

しかし、その他の事については狡猾であり、見抜くのが難しいです。今回、それを痛感しました。

mRNAのmはメッセンジャーのmとして、説明されて来ました。最近になって、実はmodify(改変、改造)のmだった事が暴露され、パニックとなっています。結局のところ、最初から我々が言って来た事が真実でした。

しかし大半の知ったかぶりの馬鹿野郎どもは、「何言ってんだよ、メッセンジャーRNAに決まってるだろ」としか答えないでしょう。つまり、悪魔は二重の洗脳を施したのだと思います。

遺伝子組み換えがバレないよう、第一の洗脳を施したのだと思います。全然別のmRNA理論を刷り込んだわけです。それは完全な嘘でした。世界中の医者、専門家はその嘘の理論を研究し、良く理解し、庶民に説明しました。

だから真実が暴かれたとしても、医者、専門家、どの腐った連中どもも、深く洗脳されており、modify のmだと言っても信じられず「はーい、これ陰謀論ですよー」とまた愚民を洗脳してしまうわけです。

「このワクチンを打てば、遺伝子組み換え人間になってしまう」と叫び続けて来たわけですが、やれ陰謀論だの、バカにされ、何年もキチガイ扱いを受けました。正義の医師達の多くですら、それ以外のダメージばかり言及していました。血栓だの、心筋炎だの、酸化グラフェンだの…彼らはもっと根本的なDNAの書き換えについて、言い広めるべきでした。

長い間この遺伝子組み換え人間について何も言われなくなり、「やっぱ陰謀論じゃね?」みたいな印象になりつつありました。それが今になり、結局一番ど真ん中ストライクでした。こういう事がたまにあるのです。だから僕はある事が陰謀論扱いされてしまっても、ニュートラルに捉えています。

それほど奴らの考えている事は、悪魔的です。常人にはおよそ思いもつかない、「いや、まさかそんな事はいくら何でもやらないでしょ」という事をいとも真剣にやってのけるのです。

今回の悪魔の用意周到な詐欺に驚き、呆れました。これは時間稼ぎとなります。結局、ダラダラ時間稼ぎしながら、別のパンデミックやら山火事やら、戦争やら市場崩壊などで、忘れさせるつもりでしょう。そして奴らは逃げ切るつもりです。

素晴らしい個人

蜂を住宅から救助する女性。素手で触る事が出来るのはなぜ?ミツバチの減少が叫ばれ久しいです。ワクチンで生態系が破壊されている中、彼女のように自然を回復する人がいる事は嬉しいニュースです。

この女性は世界にとって1万人のキム・カーダシアンよりも重要だ。彼女は蜂を駆除するのではなく救出して住宅地から蜂を取り除くだけでなく、養蜂服を着ずに素手で蜂をすくうこともできます…

土地の買い占め

アメリカが内側から崩壊して行くのを食い止めようと、愛国者達が戦っています。あらゆる方面から攻撃がなされており、勝つのは困難に思われます。でもバイデン政権には、国を滅ぼすだけの権限は与えられていないのでは?

これだけの犯罪が暴露されており、なぜ逮捕に至らないのか不思議です。敢えてやらせて、膿を出し切らせているのでは?と思うほどです。どうなんでしょう?

“価値がある事には豊かさが歩み寄って来る”という事をBRICSは人類に再度証明しようとしているのです。 またラブさんは拡大するBRICSがG20の代替になりつつあるのか?という質問にG20におけるBRICSの地位は強化される。と答えている。 世界は、地政学敵政治を越えたこのトピックを無視できない。 すなわち、我々を無視できない。

土砂崩れ

脱線事故、山火事、そして今度は土砂崩れです。新しいテロですか…悪者の足掻きでしょうか?みんなの怒りは頂点に達する勢いです。

地球温暖化詐欺

昨日に続き、Shellenbergerの記事を紹介します。

政治家、科学者、メディアは気候変動が森林火災を引き起こしていると主張しますが、そうではありません。放火、森林管理の欠如、火災対応の悪さなどが挙げられます。彼らが気候変動のせいにする理由は、彼らが権力に狂い、貪欲で、反人間的な宗教に囚われているからである。

気候変動と火災に関する偽情報の背後にある疑似科学、貪欲、そしてニヒリズム なぜ米国政府、企業報道機関、ハリウッドは気候学者マイケル・マンが火災や地球温暖化に関する誤った情報を広めるのを支援しているのでしょうか?
by @shellenberger

政府高官、影響力のある科学者、世界最大の新聞は、気候変動が世界中で壊滅的な火災を引き起こしていると述べている。ギリシャの国民保護大臣は、気候変動がギリシャ、ハワイ、カナダの火災の原因だと述べた。気候変動により平均気温が上昇し、木材が乾燥し、火災の天候が生じています。

気候科学者のマイケル・マン氏は、「こうした現象がより頻繁に、より激しくなるのを防ぐ唯一の方法は、地球の温暖化の進行を防ぐことだ」と述べた。 しかし、火災によって毎年焼かれる面積は、過去四半世紀にわたって減少しています。

NASAによると、焼失面積は2003年から2019年の間に驚くべきことに25%減少した。ウォール・ストリート・ジャーナルのビョルン・ロンボルグ氏は、それ以来その傾向が続いていると指摘した。昨年、火災の面積は記録的に低かった。

山火事からの排出量も 2003 年以降世界的に減少しているため、この傾向にほとんど疑問の余地はありません。 さらに、最高の科学は火災の原因を気候変動とは考えていません。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、気候変動と災害の専門家であるロジャー・ピルケ・ジュニアは、「火災の発生や焼失が人為的気候変動によるものであることを発見したり、その原因を特定したりしていない」と指摘している。

IPCCによれば、火災の最も重要な要因は天候ではなく、土地管理と人間による火災の発生の両方である「人間の活動」であるという。 私たちパブリックを含め、気候変動が何らかの影響を及ぼしていると疑っている指導者、専門家、ジャーナリストはほとんどいません。

他のすべてが同じであれば、暖かい気候は木材燃料をより乾燥させます。問題は、ギリシャ、カリフォルニア、ハワイの火災がすべて示しているように、他のすべてが決して平等ではなく、他の要素の方がはるかに重要であるということです。

最近の文献の包括的な科学的レビューの中で、8人の科学者はギリシャで焼かれた面積が増加したと結論付けた。

しかし、科学者たちは「社会的、経済的、土地管理の変化による火災原因の変化や、田園地帯の放棄による燃料の蓄積などのさまざまな要因を挙げ、科学者たちは気候変動に直接的な因果関係を帰すことはできない」と強調した。

ギリシャにおける制御不能な森林火災を防ぐ方法に関する最も包括的な科学的研究において、科学者たちは、木質燃料の負荷を減らすために選択伐採と規定の焼却という形で森林管理を改善する必要性を強調しています。

世界中から集まった6人の科学者は、「燃料負荷と継続性の増加が、ギリシャで最近発生した壊滅的な風による火災の主な要因であるため、我々の研究結果は、原野と都市の境界面や保護地域への延焼を減らすことができる」と結論付けた。

また、火災が広がる前に消火することで、制御不能な森林火災を防ぐこともできます。このため、ギリシャ、カナダ、ハワイの政府はいずれも、火災を防ぐだけでなく、火災が発生した場合に適切に対応することもできなかった。

このことはすべて、カナダ、ハワイ、ヨーロッパの火災を気候変動のせいだと誤って夏中過ごしてきた政府関係者、気候学者、ジャーナリストにとって明らかなはずだ。

Google Scholar でギリシャの火災に関する最も入手しやすく無料で読める科学論文を見つけて読むのに 30 分もかかりませんでした。

ピエルケ氏が IPCC を要約するのは簡単な仕事だった。そして、ロンボルグにとって NASA のデータを更新するのは難しいことではありませんでした。 では、なぜ政府、科学者、ジャーナリストは森林火災について常に間違った見方をするのでしょうか?

全て廃棄

本当は健康なのに、検査で病気を発見し、そのまま死んでしまう…そういう人がいます。あるいはワクチンを接種してしまう…政府は我々に色んな事を刷り込みます。

しかしメキシコ国民のように、LGBTの書籍や教科書などを捨て去り、燃やしてしまいましょう。

皆さんに観て頂きたい動画

シンプルライフを目指す僕にとって、この大先輩の動画は「思った通り」と確信を与えてくれました。読者さんの多くも、共感して頂けると思います。

もちろん、ブログで紹介しているような、今地球規模で起きている事を無視は出来ません。傍観者となってもいけません。

それとは別に、身近な不安を漠然と抱え込んでいる人も多いと思います。その一つが老後2000万円問題です。それをメディアが騒ぐのは、その世代の恐れを煽り、投資だのに引き込もうとする商法と考えた方が良さそうです。

むしろカネはますます使わなくなると言います。ま、健康であればの話ですが…

独り言

時短テクもいいですが、より人間的な生活を追求すべきです。効率化だけを追い求めるのは、あまり賛成できません。便利に依存すると、かえって害があるように思いますし。

仕事の時短テク

  • リストを作る
  • 大仕事から取り掛かる
  • 妨げとなる広告、資料、メールなどを置かない
  • 座ってミーティングしない
  • 隙間時間に出来る仕事を持ち歩く
  • 自動化できる家事は自動化
  • 記憶力を良くする

自分の生活を知るというタイプの時短テク

  • 15分毎に記録する
  • 誰と過ごしているか
  • 過ごしている空間の効率
  • スマホを遠ざける
  • ラッシュ、渋滞をさける
  • タイマーを使う
  • 午前中に重要な仕事をする
  • 良く眠る
  • 人に任せる

全部効果がありそうです。僕が取り組んでいるものもありますし、これらを否定する気もありません。でも、取り組む気になれないものもあります。

無駄を捨てて、最重要事項にコミットした方がもっといいと知っているからです。

「時短テクで詰め込んだら、もっと忙しくなるだけじゃないか?」と思うわけです。

しかし、それだけではありません。長期的視野でとらえる必要もあります。いずれツケを払わさせられる、と思えてしまうのです。

特に家事の自動化(例えば、ルンバ、乾燥機付き洗濯機)は時短が売りですが、果たして?時短しか考えられない人は、便利さ、効率だけ考えます。

天災が多すぎる日本で、ハイテク依存は正しい選択でしょうか?トラブルでも機能するローテクライフスタイルも取り込むべきではないでしょうか。ハイテクだけの生活はむしろハイリスクです。

そんな究極的な話でなく、個人の人生においても、長期的に考えるべきだと思います。

「家事は無意味」と言う人は多いですが、そうでしょうか?身体は色んな動きをした方が、健康にいいのです。1日中デスクワークして、その後ジムでのハードな筋トレは体に最悪だといいます。

理想なのは、一日中何かしら動いている状態だそうです。体にはあらゆる筋肉があり、筋トレの単純な動きだけではカバーしきれません。

また家事は色んなアイデアが湧くゴールデンタイムです。家事のルーティンに没頭している時、瞑想のようにリラックスしているからです。つまり脳を休ませる時間でもあります。

知識労働は脳を酷使します。休ませる時間がなくては、疲労がたまり、効率が落ちます。家事はその意味でも役立ちます。

これまでは「面倒臭い」が先に立って、出来る限り「便利なもの」を活用しようとしてきました。ある程度まではそれで良かったのです。しかし、便利過ぎる世の中になって、多くの良い部分を失った事に気づくのです。

「面倒臭い」の行き着く先は、良い結果を生みませんでした。長い目で見ると、コストの方が高くつくのです。「ほんの少しの便利」と「心身の機能」「思考力」を引き換えにしてよいでしょうか?

家事はルーティンであり、かつクリエイティブな作業でもあります。脳にとって「休息」であり、「最高の仕事時間」なのです。また体にとっても、色んな動きをするための「運動時間」です。

良い時短テクもありますが、結果的に、将来の膨大な時間を失うようなテクニックには、注意が必要です。エネルギーの取引のように思えます。生活全般や人生全体を考えないと、無駄な努力、無駄な労苦をしているのかも知れません。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
是非シェアして下さい