Fri

是非シェアして下さい

ターボ癌が急増してます。しかし、そもそも「いわゆる癌」とは違うとマッカロー博士は言います。通常の癌は発症までに5年かかるからです。

ホラー以上のホラー

ワクチン接種により、寿命が24年短くなるという研究結果があるそうです。これによれば、毎年接種すれば7%ずつ死亡リスクが高まるとの事。それは複利式に増幅されて行くそうで、2031年には310%、2041年には700%、2051年には1050%になる計算です。

免疫系が破壊される事を考えるだけでも、あり得る話だと思います。それ以外にも、昨日紹介した通り、未知の物体が血中に含まれるわけですから…

COVIDワクチン接種で男性の平均余命が24年短くなることを研究が確認

接種者の半数が生産し続ける

「スパイクタンパクは、数日しか作られない」などと専門家が言ってました。それは嘘でした。実際には、DNAが逆転写で改変されるケースがあり、ずっと製造し続ける可能性もあります。

Igor Chdovのサブスタック記事を要約しました。

ワクチンは腕にとどまるのか?「無害なスパイク蛋白は数日間しか作られない」と言っていたのを覚えてますか?証拠となるデータもないのに、彼らは確信があると言いました。

残念な事にデータによって、彼らの主張が間違っていることが証明されました。

発表されたばかりのブローニャらによる研究は、ワクチン接種6ヵ月後にスパイクタンパクが検出され、実験データとコロナの自然感染との相互汚染の可能性が排除されました。

(中略)

私はこの記事を否定的な内容で終わらせたくありません。私が指摘したいのは、この研究ではワクチン接種を受けた人の半分だけが、血中にワクチンスパイクタンパクが持続的に存在することに苦しんでいるということです。残りの半分は、幸いなことに問題ありません。

したがって、予防接種を受けたすべての人々が、この継続的なスパイク産生に苦しんでいる人々ではないという希望を持っています。ワクチン接種を受けたすべての人や 愛する人が罹患している人には希望があります。

奇妙なことに、ワクチン接種を受けた人の半数だけがワクチン接種後6ヵ月間スパイク陽性反応を示し続けるように、ワクチン接種を受けた人の約半数だけが免疫寛容を獲得していきます。どちらか一方の過程が、もう一方の過程と一緒に進むのかもしれません。

ターボ癌

僕の知人関係でも、その状況を聞くとターボ癌と言わざるを得ないケースが、複数ありました。20代前半や、50代などです。Slaynewsの記事を下にまとめました。

ターボ癌が急増しているそうです。若者がターボ癌になるという事は、癌の種類によっては通常では考えられないそうです。「白血病やリンパ腫では2、3年。肺癌は5年、膀胱癌では20年、結腸癌では30年、35年」という長期的な事象です。

通常では発症までに10年、20年、30年とかかるような癌が急増しているのは、異常事態です。ハーヴィー・リッシュ博士(イェール大学の疫学名誉教授)はワクチンが免疫システムを狂わせる原因になったと断言します。

癌の中には、最初の発見から数週間後には、医者の予想を劇的に超えて成長するものがあるそうです。

癌と呼ぶつもりはない

「通常、癌が発症するには5年かかる、だから今これを癌と呼ぶつもりはない」ターボ癌と呼ぶしかない状況で、マッカロー博士はそう言いました。

きっと生物兵器の被害による新しい病なのでしょう。

新型コロナワクチン接種はがんの発症率を上昇させる Peter A. McCullough博士: 通常、がんの発症には約5年の時間が必要だが、新型コロナワクチンの多回接種は免疫システムを大幅に弱め、がんの発症を促進する環境を生んでいるのだ。

韓国は日本より優れている

ワクチン被害者救済に関して、韓国は日本より優れています。日本は恥ずかしい限りです。いまだに、この殺人兵器を推し進めています。しかも、それが殺人兵器だと最初から知りながら。以下は、People’s Voiceからの引用です。

韓国政府は、COVID-19ワクチンの被害者に対し、問答無用で数百万ドルの補償金を支払い始めることに合意した。

9月以降、家族の誰かがmRNAジャブ接種後90日以内に死亡した場合、検視で原因が特定できなくても、家族は最高3000万ウォンの補償金を受け取ることができる。2022年7月からは、42日以内に死亡した場合は1000万ウォンが支給される。

セントビンセント・タイムズ紙が報じている:これとは別に、予防接種後3日以内に死亡し、政府からの援助を受けられなかった人の遺族は、最低1000万ウォン、副作用によっては最高3000万ウォンを受け取ることができるようになった。

韓国疾病予防管理庁によると、これらの措置は過去にさかのぼって適用される。

朴大哲(パク・デチョル)人民武力党議員は、国会で開かれた党と政権との会談で、「韓国は他の国よりも接種率が高かったが、それは人々が国を信頼して予防接種を受けたからだ」と述べた。

「この点で、国は予防接種政策によって被害を受けた人々を救済する上での盲点に対処しなければならない」

この動きは、政府が責任を認めない弔慰金や、政府が責任を認めた後の賠償金の対象者を拡大するよう求める声が高まるなかでのことだ。

KDCAは8月25日の国会公聴会で、予防接種による被害について国の責任を認めた判決を不服として控訴したことを批判された。

7月、ソウル行政裁判所はKDCAに対し、2021年10月にワクチン接種6日後に死亡した34歳男性の遺族への賠償を命じた。

判決では、COVID-19の予防接種は完全認可ではなく緊急使用認可であったため、予防接種と死亡との間に疫学的関連性が否定できないとされた。

KDCAのジー・ヨンミー所長は、判決は専門家委員会の勧告を無視したものであったため、控訴すると述べた。この発言は、政府に対する国民の信頼を損ないかねないとする国会議員からの非難を浴びた。

韓国はアナフィラキシー、心筋炎、心膜炎など11のCOVIDワクチンの副作用を認めており、死亡または重傷を負った個人は4800億ウォンの補償金と埋葬料を受け取る資格があった。重傷でない場合は55%が補償される。

韓国では、不規則子宮出血、横断性脊髄炎、ベル麻痺など15種類のジャブ後症状について言及している。15種類のどれかにかかった人には補償はなかった。その代わり、最高1億ウォンの死亡弔慰金が支給された。

2022年7月、韓国は尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領の選挙公約に従い、ワクチン接種後に原因不明で死亡した人への見舞金の支給を開始した。

政府は8月現在、9万6000件のワクチン接種による副作用の申し立てのうち、約30%を受け入れている。政府が義務付けたワクチン接種後に死亡した83人の遺族もその中に含まれている。83人のうち18人が死亡補償の対象となり、65人が弔慰金を受け取った。

ワクチン接種の義務化は2021年2月に始まり、4500万人の韓国人に接種された。

韓国は2023年に予防接種の副作用補償と財政支援を625億ウォンに増額した。

CIA

知れば知るほどCIAは悪魔の組織であると確信します。それもそのはず、ナチスの残党がスカウトされ「悪魔崇拝者」の巣窟となったのですから。しかし、中にはその事を知らずにエージェントとなり、民主主義を守るためにと悪に手を染めた人達もいるようです。

そういう人たちは死の床で良心の責めにあうのでしょう。自分の最後の言葉に、陰謀論を選ぶ人がいるでしょうか?

CIAエージェントが死の床で告白:「2024年に数十億人が死ぬ」

https://x.com/Patri0tContr0l/status/1702339156767343044?s=20

疑惑だらけの動画

People’s Voiceからの引用です。今になって飛行機が突っ込む映像が話題になってます。しかし、それが怪し過ぎる…

9.11同時多発テロを撮影した新たな映像がYouTubeで公開され、ワールドトレードセンターのサウスタワーに2機目の飛行機が激突する、これまで未公開だったアングルが明らかになった。この動画のアップロード者は、この衝撃的な動画は20年近くYouTubeに「誤って非公開のまま放置されていた」と主張している。

映像の出現はそれ自体注目に値するが、20年間も公開されていなかった経緯には重大な疑問があると批評家は主張する。

本当のところはどうなのか?

インターネット上のコメントを見ると、この映像が突然現れたことについて、多くの疑念があることがわかる。一部の視聴者は、ウェストリーの言い分を信じがたいと感じている。

ある視聴者は、「ユーチューブは2005年に設立され、その年の終わりまで本格的に普及しなかった。少なくとも4年間は、”うっかり非公開にしてしまった “という説明は成り立たない。2001年当時、私たちのほとんどはダイアルアップインターネットでビデオを見るのがやっとで、ましてやアップロードすることなどできなかった。私たちは皆、アナログのNTSCブラウン管テレビに釘付けになり、この映像に大金を払ったであろうニュースネットワークを見ていた。本当のところはどうなんだ?

別の視聴者は、「ビデオは1年前に投稿されたものだ。本当に何年も前に投稿したのなら、非公開から公開に設定を変えるだけで、アップロードの日付は変わらないはずだ。だから、彼の話は意味がない。”

GWPの調査によると、彼のYouTubeアカウントによると、ウェストリーのアカウントは2006年12月31日に作成されていた。「このビデオを投稿したのは2000年代です」とウェストリーはキャプションに書いている。

この “2000年代 “とは、具体的には2000年という暦年を指している。2000年代という言葉は、2000年1月1日から2009年12月31日までの10年間全体を指す。

西側諸国へ向けて、オーストラリアのジャーナリストが、ドネツク在住の女子大生にインタヴュー。9歳の頃に戦争が始まり、天涯孤独となった…

https://x.com/Tamama0306/status/1702310437440901172?s=20

国連の情報戦争宣言

国連、新型コロナウイルスと気候変動の「誤った情報」に対して「戦争」を宣言 「私たちは情報戦の中にいます…対応を大幅に強化する必要があります」

国連のグローバルコミュニケーション担当事務次長メリッサ・フレミングスは、ノーベル賞サミットで危険な誤情報と「ヘイトスピーチ」が拡散したのはTwitter/Xだと非難した。

「そしてもちろん、Twitterでの解雇により、虐待や暴力の扇動さえも含むコンテンツに警告を発する人がいなくなりました。今や、青ダニを払えば、ほぼ誰でも偽情報を広めることができることがわかりました」

「私たちはプラットフォームと協力して、新型コロナウイルスと気候に関する信頼できる情報を高め、信頼できるメッセンジャーを増やしてきました。コンテンツを取り上げてフォロワー内で宣伝したいと考えているかなりの数の彼らがいます。また、ユーザーにその方法を教育することもできます」

「偽情報の拡散を遅らせるためだ」 「オンラインのときに皆さんに聞いてもらいたい新しいスローガンは、『共有する前に一時停止してください』です」 「しかし、私たちは情報戦争に陥っていると感じており、対応を大幅に強化する必要があると感じています」

「そのため、私たちは監視する必須の能力を備えており、また、誤報や偽情報、ヘイトスピーチが従業員や事業だけでなく、私たちが取り組んでいる問題や原因も脅かしている場合に迅速に対応する能力も備えています」

「しかしまた、私たちは気候変動に関する実証済みの取り組みを強化し、デジタルプラットフォーム上の情報の完全性に関するこの国連行動規範を策定し、私たち全員が支持できる世界基準を設定し、より多くのことを共同して取り組むことができるようにしたいと考えています」

人道的なインターネット。 国連は、「問題と原因」を脅かすあらゆる「誤った情報」をインターネット上で取り締まる世界的な取り組みを発表した。憂慮すべきことだ。

https://x.com/kylenabecker/status/1702389798751568062?s=20

WEFのスピリチュアル

偽のスピリチュアルな教祖であり、世界経済フォーラムの「議題寄稿者」でもあるサドゥグルは、公然と地球の人口削減を主張し、人々は子供の代わりに犬を飼うべきだと主張し続けている。

「私は会議に参加していて、『地球上の人類の足跡を減らさない限り、何の解決策もありません』と言いました。すると彼らは素晴らしい質問をしました。『どうやって人類の足跡を減らすのですか?』と。私はこう言いました」

「足の数を減らさなければなりません。それが唯一の方法です」

出典: https://web.archive.org/web/20200521085531/https://www.youtube.com/watch?v=GkWFCy3xWFw&feature=youtu.be… https://youtube.com/watch?v=6RMHJM-Qr5A…

https://x.com/wideawake_media/status/1702290560755593703?s=20

WHOに宣戦布告

「礼儀正しく振る舞っている段階はもう過ぎた」とデヴィッド・マーティンがWHOの起源から、これまでの悪事を暴露します。

https://x.com/ShortShort_News/status/1702231149517619459?s=20

独り言

我が家には食事時の「3つのルール」があります。3人揃って食べる事、僕が神様に感謝の祈りをしてから頂く事(夕食は皆で「主の祈り」を唱えます)、そしてテレビを消す事です。

もう長年の習慣です。今朝ふと、シドニー時代を思い出しました。お店をしていた忙しい頃、そういえば今日のようなスローライフを夢見ていたなと。

それなのに僕はあまり感謝していない事に気づきました。どうしてかというと…

娘は食べるのが遅く、友達との待ち合わせ時間にいつも遅れてしまいます。それなのに、いつも余裕でゆっくり食べている娘にイラついたりします。神様はそんな僕に教えてくれたかのようでした。

「毎朝ゆったり家族で食事がとれる、こんな感謝な事はない」と気づかされました。
そういえば、シドニー時代のような多忙な毎日は、もう本当に嫌だった事も気づかされました。そして、こんなゆったりと娘と一緒に朝食を味わえる日々も、いつまでも続かない事も気づかされました。

人は今の自分しか見えないものです。今足りないもの、今欲しいもの、今頑張っている事、今成し遂げたいゴール…でも時々振り返って見るのも、いいものです。

確かに僕は演奏の仕事に未練がありました。シドニー時代はとても恵まれていた、と感謝と未練が混ざった、複雑な気持ちがありました。でも実は、「今しか出来ない事を、僕は十分楽しませてもらっている」と気づかされました。

どのみちこの先50年はギターを弾き続けるつもりです。100年の健康寿命の中で、子育ては長くてもたった20数年です。そのうちの、幼い可愛い時代はほんの数年です。

結局、子育てのためにギターを犠牲にしたのではないという事です。ギターなど子育ての喜びには敵いません。正しい選択をして良かったと思いました。

毎朝、毎晩一緒に食卓を囲んでいられる、その幸せを感謝します。3人揃って食べる事、食前の感謝の祈りを捧げる事、テレビを消す事、これを習慣にして良かったです。

「人生は習慣で出来ている」そして、幸せになる習慣がこの3つのルールだと思います。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
是非シェアして下さい