Fri

是非シェアして下さい

ボヘミアン・グローヴは1982年のABCニュースで報道されてました。陰謀論でもありません。昔から有名人の秘密の会合として知られていました。

どうしたゲイツ

気候変動詐欺から身を引くかも知れません。何がどうしたのか?ニューヨークタイムズの記事で語っていたようですが、有料なので読む事ができませんでした。下はThe Exposeの記事の自動翻訳です。

ビル・ゲイツが突然、気候破滅論を放棄

ビル・ゲイツが突然態度を変え、「気候の破滅」という物語を放棄したようだ。気候変動という建前を見破り、自分たちの生活がいかにグローバリズムに搾取されているかを理解する人々が増えているのと同じように。

“気候災害を回避する方法 “の著者であるゲイツは、過去10年間、世界は人口過剰であり、気候の破滅が差し迫っていると聴衆に警告してきた。ビル・ゲイツは、地球を救うためには「2050年までに正味の炭素排出量ゼロ」を達成しなければならないと言う。

その一方で、ゲイツは自家用ジェット機で世界中を飛び回り、平均的な人が一生の間に排出する二酸化炭素の量を1年で上回っている」と、以下の記事を執筆した

NewsTargetのランス・D・ジョンソンは言う。

ビル・ゲイツが突然、気候の破滅説を捨てた。

より多くの人々が気候変動を見破り、自分たちの生活がいかにグローバリズムに搾取されているかを理解するにつれて、ビル・ゲイツは突然、気候変動の破滅の物語に対する態度を変えようとしている。ニューヨークのタイムズ・センターで行われたライブ・スピーチの中で、ゲイツは突然、気候変動の破滅についてUターンした。温帯の国が住めなくなることはない。

ゲイツの最新の発言は、気候破滅に関する著書が初めて出版されたわずか2年前の公的コメントとは対照的だ。2021年のFox News Sundayのクリス・ウォレスとのインタビューで、ビル・ゲイツはこう言った。”シリアの内戦で見られた移住は、天候に多少左右されるものだったが、赤道直下の地域が住めなくなるため、我々はその10倍の移住をすることになるだろう”。

今、彼は突然、逆のことを信じている。

恐怖に駆られ、世界の終わりを告げる気候変動の破滅的な物語は、もはや大衆には通用しない。ゲイツは、人々が操作と搾取を見抜いていることを知っているので、自分のメッセージを適応させているのだ。

気候変動を力ずくで推進しようとすれば、”気候変動は好きだが、そのコストを負担して生活水準を下げたくない “と言う人が出てくる。言い換えれば、ゲイツは自分の気候変動への投資が、世界中の何百万もの人々の生活水準を破壊する一助となっていることを知っているのだ。

ビル・ゲイツの気候変動政策によって、貧困層と労働者階級が略奪されている。
貧困層と労働者階級は、グローバリストのネットゼロ気候変動政策と、世界中で行われているグリーン・ニューディール・エネルギー配給とマネーロンダリングによって最も影響を受けている人々だ。

国連による農業とエネルギー生産の中央計画は、その両方を阻害し、食料とエネルギーのコストを押し上げ、多くの人々の生活水準を低下させている。

今、人々は社会主義やグリーン・ニューディール、そして世界中の企業や政府に浸透している「ESG」(環境・社会・ガバナンス)スキームに反発している。これらの政策は経済成長を遅らせ、エネルギーコストを上昇させ、何十億ドルもの税金を浪費している。

化石燃料は依然として米国のエネルギー生産と消費の約80%を占めている。パイプラインや掘削を停止させようとするバイデン政権の試みは、手頃なエネルギー価格に頼って生活している貧困層や労働者階級を苦しめるだけだ。

米国では、バイデンのグリーン・ニューディールによって創設された270億ドルの「国家気候銀行」は、無駄、不正、乱用、そして明白な社会主義をもたらしただけだった。ジョン・ケリー気候変動担当相のような)政府の中央計画者は、経済の勝者と敗者を選ぶ権利があり、市場のイノベーションを阻害し、数え切れないほどの雇用と生活を根底から覆す。

その一方で、アメリカのエネルギーと技術革新を自滅させることで、アメリカはロシアのような外国に対してより脆弱になっている。国連の気候変動ヒステリーや人口抑制に屈しないロシアは、その強固で多様なエネルギー生産と輸送システムによって、アメリカやヨーロッパに対する影響力を増している。

こうした理由だけでも、ビル・ゲイツとグリーン・ニューディールを推し進めるグローバリストたちは現実からかけ離れている。彼らの妄信的な政策は、一般庶民の食事や通勤、冷暖房を難しくしているだけでなく、各国の主権を崩壊させ、国民をより脆弱にし、世界の安全性を低下させている。

ソースはNewtargetのランス・D・ジョンソン。

5年で人類の支配は終わる

AIを推し進め、人間ではない者達が人類を治めるとハラリはいいます。これは昔の焼き回しに過ぎません。ノアの洪水も基本的に同じ話です。悪魔がやって来て、人間と交わり、ネフィリムというハイブリッドを作ったのです。それにより、神様は世界を滅ぼされました。

下はThe Exposeの自動翻訳です。

5年後にはAIは「人類が支配する歴史の終わり」を意味するほど進化しているかもしれない、とユヴァル・ノア・ハラリは言う。

グーグル・ディープマインドの共同設立者であるムスタファ・スレイマンとユヴァル・ノア・ハラリは、5年後にAIがどれほど進化しているかについて議論した。 スレイマンの予測を聞いた後、ハラリは言った:「これは人類の歴史の終わりです。 歴史の終わりではなく、人間が支配する歴史の終わりです”。 言い換えれば、人類はもはや、有史以来そうであったように、地球上で支配的な生命力ではなくなるということだ」

ユヴァル・ノア・ハラリはイスラエルの作家、知識人、歴史家、エルサレム・ヘブライ大学歴史学部教授。 2020年と2018年のダボス会議では、世界経済フォーラム(以下、WEF)のメインステージで人類の未来について基調講演を行った。定期的に各国首脳とグローバルな問題について議論している。

著書に『Sapiens: A Brief History of Humankind』、『Homo Deus:A Brief History of Tomorrow」、「21 Lessons for the 21st Century」などがある。グローバルな責任を提唱する社会的影響力のある企業」であるサピエンスシップの共同設立者でもある。
ムスタファ・スレイマンはイギリスの人工知能研究者・起業家で、グーグル・ディープマインドの共同設立者であり、応用AIの元責任者。現在は、AIスタジオでありPiの開発元でもあるInflection AIの共同設立者兼CEO。Inflectionのチームには、かつてDeepMind、Google、Meta、Microsoft、OpenAIで活躍した業界トップクラスのAI専門家が名を連ねている。

スレイマンはまた、エコノミスト誌の取締役であり、6月に発足したWEFのAIガバナンス・アライアンスの運営委員会のメンバーでもある。 WEFの運営委員会の他のメンバーは以下の通り:

ニック・クレッグ – メタ・プラットフォームズ社グローバル・アフェアーズ社長
ゲイリー・コーン – IBM副会長
ブラッド・スミス – マイクロソフト副会長兼社長
ケント・ウォーカー – グーグル、グローバル・アフェアーズ社長

スレイマンの著書『The Coming Wave:テクノロジー、パワー、そして21世紀最大のジレンマ』は2023年9月に出版された。ビル・ゲイツはこの本をこう評した:「前例のない時代を乗り切るための優れたガイドブックだ。
エコノミスト』誌は、ハラリとスレイマンが、人工知能(AI)が私たちの未来に与える影響、テクノロジーの制御方法、そしてAIが主体性を持ちうるかどうかについて議論した。

「エージェンシー」という言葉を使ったのは私たちではない。 エコノミスト誌とそのゲストの選択である。 私たちは、なぜ彼らがこの言葉を使い、このような言葉でコンピュータ・プログラムについて論じることを選んだのか、批判的に問わねばならない。

エージェンシーとは、人々が自分の人生をコントロールできていると感じる感覚を表す言葉である。自分の考えや行動に影響を及ぼし、さまざまな仕事や状況に対処する自分の能力を信じる能力のことである。

なぜ『エコノミスト』誌とそのゲストは、無生物のコンピューター・プログラムに主体性があるとまで言うのか、合理的な理解を超えている。 また、このような人々こそが、世界を想像上の技術主義的ディストピアへと駆り立てようとしているのだから。

5年後、人間の生活はどうなっているかという質問に、スレイマンはこう答えた:「最先端のAIモデルをトレーニングしている私たちは、現在の1000倍以上のモデルをトレーニングすることになるでしょう。 物事を言うだけでなく、物事を実行することができるAIだ」

彼は、例えば、AIが “他の人間 “に電話をかけて交渉したり、他のAIに電話をかけてサプライチェーンの正しい順序を確立したりするようなディストピア的な世界を描いた。 AIは、システム間のデータ転送を処理するソフトウェアであるアプリケーション・プログラミング・インターフェース(「API」)を使用できるようになり、ウェブサイト、知識ベース、情報ストアと通信できるようになる。

スマートフォンをめったに使わないというハラリは言う:「スレイマンの言葉を)聞くと……私にとって、今聞いたことは人類の歴史の終わりです。 歴史が終わるのではなく、人間が支配する歴史が終わるのだ。 歴史は他の誰かが支配することで続いていくのだ」

“他の誰かが支配する”-“何か “ではなく、”誰か “を使ったのは、人間と機械の融合というイデオロギーを推し進めるためだろうか。同様に、スレイマンは以前、”有能なAI “が “他の人間 “に電話をかけることに言及している。

2014年、WEFのリーダーであるクラウス・シュワブは、第4次産業革命と “グローバリゼーション4.0 “について、”最後には……(中略)我々の物理的、デジタル的、生物学的アイデンティティの融合につながるだろう “と述べている。

ハラリとスレイマンが失言した可能性もあるが、人々を洗脳して自分たちのイデオロギーを受け入れさせるために使われる言葉や心理学に気をつけよう。 ハラリが次に言ったことも、その一例である。

気づいてからでは遅過ぎる

接種後の死亡者が311万人いる、との事です。他の死因など含めた数でしょうが、まあそれに近い人数が亡くなっていてもおかしくありません。

アメリカのノースカロライナ州のチャペルヒル大学で、機能獲得研究がなされ、開発された生物兵器である事が、RFKJr以外の人も大声でいうようになって来ました。

もしそうだとしたら、攻撃を受けたのですから、接種者は全員検査すべきです。気づいてからでは遅すぎるのです。

他のワクチンも、結局はただの毒でした。金輪際、ワクチンは打ってはいけません。

それでもなお、宣伝し続ける「偽医者たち」がいる事に驚きます。

「私が報告した最年少の症例はモデルナのコロナワクチンを1回接種した12歳の少年だった、彼は4ヶ月後にステージ4の脳腫瘍になり、その半年後に死亡した」 「私がこれまで、おそらく20,000人のがん患者を診断してきた中で初めてのことだった、こんな癌は見たことがない、非常に急速に成長し… 『末期になってから発症する』

「末期になってから発症するのは、おそらく急速に成長するから、腫瘍が急速に大きくなって、ステージ3、ステージ4になってから発症する」 「腫瘍医は、このような癌をどうしたらいいのか困惑している」 「手術をしたとしても、術後に転移していることがわかる、それほど急速に成長している」 「若者は癌になったとしても気付かず医師の診断を受けない、それが問題なのです」 「私たちもこんな癌はまだ見慣れていないのです」

https://twitter.com/kiraibaikokuabe/status/1707523447545618506
ロバート•F•ケネディ•Jrや、タッカー•カールソンさんも、コロナウイルスがNSAで開発されたとは話してますが武漢研究所の具体的な話や証拠は示してません。 武漢で作られた人工ウイルスのデータをアメリカでダウンロードしたんです。 2016年にはゲームの準備は整っていました。
WHOは、今や中国やダボス会議、ダボス億万長者クラブ、製薬業界、そして巨大農業業界の手先と化しているのだ。

WHOが進めるジフテリア、破傷風、百日咳ワクチンの接種計画により、接種を受けた女子児童の死亡リスクが、未接種者と比べて今後6ヶ月で10倍に増大する。

これらのワクチンを受けると、自然免疫システムが壊れ、軽度の感染症への反応すらできなくなるのだ。
「私たちはあなたの医師です。私たちを信頼してください。私たちを信頼してください。私たちを信頼してください。私たちを信頼してください。あなたの人生を私たちに託してください。あなたは、あなたの愛する人々を私たちに託しています。だから、私たちが “ワクチン接種を受けましょう “と言うとき、私たちを信頼してください」

犯罪的製薬会社の広告に見せかけた、さらなる心理戦プロパガンダ。
こんなものを見て、ゾッとしない人がいるだろうか?ロボットのような医師たちが「私たちを信頼してください、私たちを信頼してください、予防接種を受けてください」と同じセリフを繰り返し、そしてワクチンを受けに行くのを誰が見るというのか?
これが、私が「賢い者の生き残り」と言った意味だ。騙されやすい人、極端にナイーブな人を狙って、遺伝子プールから排除しているようなものだ

不思議

まずトッポさんのツイートは、JFKJrの事を指していると思われるのですが…ちょっと不思議。

最近のトランプの発言で「五ヶ月以内に国を取り戻す」とか「私の二期目は…」と、不思議な場面がありました。にわかに騒めいてます。

僕はメイスさんの「バイデンは反逆罪」と言ったのが印象的でした。こういう発言がこれから増えて行き、大多数の声となると思われます。かつて反逆罪は死刑でした。

ヒラリーとマイケル(ミッシェル)どちらの方がまし?なのかな? マイケルの方が優しそう。 オバマはバイらしいですよ。 男でも女でもいけるくち。 好き嫌いなくていいね。 日本食もケニヤ食も好き嫌いなし…葉っぱの好みにはゼレンスキー同様こだわりがあるようですけどね
このニュースが報じられると、マスクは「ああ、選挙の完全性を損なってたElection Integrityチームのことか。彼らはいなくなったよ」と発言した

2020年の大統領選挙でツイッターが行った干渉の中には、ジョー・バイデンに関するネガティブな情報や、彼の息子(ハンター)のビジネス取引への関与の抑制も含まれていた

選挙後に行われた世論調査では、こうした懸念があることを知っていれば、あの大激戦の選挙でバイデンに投票しなかっただろうと有権者は答えたという
選挙は州単位で今回は不正をされるから正当に戦っても勝てない。 遂に軍がでてくるのかな? 最低の経済にして国民を目覚めさせた事は確実
メイス: 「大統領がブリズマ社から賄賂を受け取ったことはすでに知っています。『あなたの国を裏切るのは国家反逆罪だ』とも付け加えたいと思います」

アメリカのやり方

昨日の記事で、ブレイジンスキーの戦略を紹介しました。アメリカの覇権を保つ…いや、民主主義を守るためという大義の元に、テロ組織を造り代理戦争を仕掛けて来ました。

一般庶民はテレビで「テロの脅威との戦い」と煽りまくりましたが、CIAが作ったものです。

ウイグルでテロを起こし、それを鎮圧する中国がウイグル人を迫害しているかのように報道しました。僕もつい最近まで、その報道を信じていました。

それで僕は、無印やユニクロの不買運動をしていたのですが、CIAだったと知り、不買運動をやめました。無印はコオロギを売ってるので、未だ不買中ですが。

2000年代初頭、中国の新疆ウイグル自治区で突然、致命的なテロ攻撃が相次ぎ、数百人が死亡した。

中国を不安定化させる試みとして、これらの攻撃の扇動に米国が関与していたことを示す証拠は数多くある。

新疆を独立した原理主義イスラム国家に変えることを目的とした中国と隣国のアフガニスタンの過激派宗教団体、特にETIMのような団体に資金を提供することによって。

この程度のイスラム原理主義者は中国の歴史上前例がない。

この数年間、これらの過激化グループの一部は中国を離れ、ISISとシリア政府打倒のために米国が資金提供した「穏健反政府勢力」側としてシリアで戦うことになった。

2015 年以降、これらのグループは中国に戻り始め、新たな攻撃の波につながりました。

中国はこれらのテロネットワークに侵入し、攻撃の調整に関与した人物を逮捕することで対応した。

問題の緊急性と深刻さから、中国は広範囲に網を張り、宗教原理主義や反中感情を助長する人々も逮捕した。

その他の人々にとっては、大量逮捕も、イスラム教徒を悪者にする運動も、アフガニスタンへの爆弾投下もなかった。

その代わりに、中国は貧困緩和、職業訓練、教育を通じて問題の根源を攻撃した。

この人道的アプローチの結果、新疆ではテロ攻撃に苦しむことがなくなり、生活水準は急速に向上しています。文化的実践は保護され、称賛されており、新疆だけでも米国全体の 9 倍のモスクが存在します。

不安定化というお気に入りの戦略を無力化して以来、米国は二番目に好きな手段である制裁に軸足を移した。

これらの制裁は綿花やトマトなど新疆に繁栄をもたらした産業を対象としている。

西側諸国によるこのような大げさな態度の真っ只中に、多くの外交官がこの地域を訪問し、中国を称賛しながら帰ってきた。

当然のことながら、西側の外交官は軒並み訪問を拒否している。

そして、潮流の変化の兆しとして、昨年、国連加盟国は、中国のウイグル族の扱いに関する議論を強制する西側の取り組みを拒否し、西側諸国とその体制変革ロビイストグループのエコシステムを激怒させた。

実際のところ、ほとんどの西洋人の目には、中国が大量虐殺の物語を反駁するための証拠は存在しない。彼らは、終わりのない暴きのサイクルを必要とする新しい空想的な主張に絶えず後退している創造論者や地球平面論者に似ている。

非常に簡単に言うと、ウイグル族の物語全体が、西側の視聴者に残虐行為のプロパガンダを提供するためにひっくり返されており、彼らが自分たちの遺産から背負っているかもしれない潜在的な罪悪感を和らげる一方で、中国からの潜在的な教訓を無視することを彼らに許可しているのです。

共産主義諸国の多くの成功は、西洋人がそこから学び、自国の状況に適応できる無数の教訓を提供してくれるのに、これは本当に残念なことだ。

しかし、絶え間ない残虐行為とプロパガンダの猛攻が精神的な短絡を助長し、学習を事実上不可能にしている。

ウイグル人の90%以上がウイグル語を話す一方、カナダの先住民の13%(と減少中)は彼らの言語を話すことができる。

なんとボヘミアン・グローヴ

1982年のABCニュースで、ボヘミアン・グローヴが報道されてました。エリートの秘密の会合の一つとして有名です。キャンプファイヤーなのか、それともモロクの生贄儀式なのか…恐らく後者だと思われます。

40年前に既に知られており、有名人がリストされていた事は特筆すべきです。アレックス・ジョーンズが騒いでも、陰謀論と言われてしまいますが、ABCが報道していたのですから。

信じられないかもしれませんが、メディアは真実の報道を行っていました。世界で最も裕福で最も権力のある人々がボヘミアン グローブに集まります。ボヘミアングローブ悪魔崇拝カルトには政府高官も出席

「キャスパー・ワインバーガー国防長官は、レバノン危機がさらに激化する可能性を理由に、今週末カリフォルニアのボヘミアン・グローブに行く計画をキャンセルした。しかし、国防長官がいなくても、電力不足を理由にボヘミアン・グローブが閉鎖されることはない」

「ボヘミアン グローブとは何ですか?まあ、これは権力者のためのサマーキャンプのようなもので、極秘に男性だけが集まるものです」

「ジョージ・シュルツ、ヘンリー・キッシンジャー、西ドイツのシュミット首相が車で到着。 ゼネラルモーターズとUSスチールの会長はプライベートジェットでやって来た」

「 5 年間のゲストリストを見てみると、アメリカで重要な人物でそのリストに欠けている人はいないと思います。閣僚や産業界の責任者らは、サンフランシスコから北へ2時間のセコイアの森の人里離れた男性だけの保養所、ボヘミアン・グローブでのサマーキャンプに行く予定だ。部外者は招待されません」

「少しのボーイスカウトキャンプと、たくさんの友愛活動が隠れて行われてます。儀式、焚き火、エピピの焚き火などが行われます。メンバーはウルフやケイブマンといった名前のロッジに住んでいます」

「ジェラルド・フォード、ヘンリー・キッシンジャー、ウィリアム・フレンチ・スミス、ジョージ・シュルツはマンダレーキャンプの同伴者である。レーガン大統領の陣営であるアウルズ・ネストは、エッグベネディクトとラモスジンフィズの朝食で有名です」

「しかし、ほとんどの場合、これらのセコイアで何が起こっているのかについての話を入手するのは困難です。 キャンプ場の彫像は、ボヘミアンたちにグローブについて口を閉ざすよう思い出させます」

「そこではたくさんの良い音楽を聴いてきました。たくさんの興味深い人たちに出会ったので、また音楽を聴くのを楽しみにしています。しかし、学校外で話をする従業員もいます」

「ほら、つまり、この人たちの半分は、私が知る限りでは、彼らがそこにいる間ずっと、荷物を積み続けるか、爆撃を受け続けるかです。つまり、彼らはよろよろと朝食を食べ、よろよろと夕食から出てきます」

「しかし同時に、彼らはビジネスの話をしているのです。そして時には、そうした商談が木立をはるかに越えて波紋を広げることもあります」

「社会学のウィリアム・ドムホフ教授。レーガンとニクソンは1967年、共和党の予備選でどちらが先に進むかを決めるためにグローブでじっくり話し合った。政策決定者らが友情を強める一方で、門外の抗議活動参加者たちは警戒を続けている」

「彼らにとって、ボヘミアン・グローブは、全員白人、全員男性の非民主的な政府の政策立案部門である。彼らはボヘミアンたちに家に帰ってほしいと思っている。 しかし、サマーキャンプは来週まで終わりません」

デニス・マーフィーNBCニュース、カリフォルニア州モンテレオ

独り言

色んな事に挑戦して、継続すれば、習慣となり、スーパーマンになれる…という訳でもありません。習慣として出来たとしても、それをこなす数には限界があります。人生を楽しむという意味では限界にチャレンジするのも良いアイデアかも知れませんが。

僕は色んな事にチャレンジした時期があり、その反省があります。挑戦は悪い事ではありません。しかし、優先順位があまり高くない挑戦を増やし続けたのは致命的でした。

何でも習慣化すれば、モノに出来る…それは正しいのですが、毎日継続するのが大変でした。

毎日継続する事の大切さと手順は学べました。ハードルを思い切り低く設定し、すぐに始め、毎日継続し、少しずつハードルを上げて行く…そうすれば、ある程度の事は出来ると分かりました。

しかし、習慣の数を増やして行くと、エナジーレベルが分散される事に気づきました。それは、すでに分かっていた事で、ポッドキャストでも話しましたし、ブログでも書きました。かつて、「One thing」ゲイリーケラー著を読んで、たった一つにフォーカスする事の大切さを学んでいたのです。

それにも拘わらず、僕は習慣として昇華できれば、何でも出来ると活動を増やしました。個別に見ると、将来への自己投資、人助け、など有益なもので、かつ自分の才能を活かしたものです。才能を使うべきだと思って始めましたが、そのエキスパートとなる覚悟はありませんでした。

楽しみながらやってましたし、継続できるだけで十分とも言えます。しかし、それですら制限しなければならないと気付きました。

ハードルを低くして始め、慣れたら上げて行く方法だからです。常に挑戦者でいるのは健全ですが、それがいくつもの活動となってしまうと、さすがに厳しいです。習慣化して、ある程度継続したからこそ分かった事です。

長期的視野で、それらがいつか役に立つと思い、始めたものの、メインの活動の方にエナジーを注ぐべき時に、力が残っていない事に気づきました。余裕がなかったのです。いざという時のために余白を残しておかなければ、崩壊します。

余白、それは時間であり、エナジーであり、資金です。僕はちょっと欲張りというか、遊び心というか、やりたい事をすぐやってしまう性格なので、少し反省しました。

何事も習慣づければ何とかなる、と分かったのは良かったです。いつかまた別のタイミングで必要な時に、問題なく始められる、と分かった事も良かったです。

自分の好きな事を沢山やるのはいい事ですが、全てやるのは不可能です。「敢てやらない」という選択肢を持つべきです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
是非シェアして下さい