Mon

是非シェアして下さい

コロナもワクチンも、悪者どもの茶番でした。それは我々が初めから主張していた事です。その真実の拡散が遅れた事により、多くの被害者が出てしまいました。

ワクチン

「ワクチンを打った人は何度もコロナに感染し、インフルエンザにも感染する。ガンに対する抵抗も弱くなる…」ワクチンには予防効果も、重症化を防ぐ効果もありませんでした。

「科学を信じて」という人は一番信用できません。科学は今日、宗教と化しました。テレビの裏で政治が絡んでいました。科学とメディアと政治家がグルになれば、何でもでっち上げられる事がよく分かりました。

不幸なのは、それに騙された善良な市民たちです。

国民の声

民主党支持者の中には、より多くのワクチン支持者がいるようです。彼らは主流メディアを信じており、深い洗脳の中にいます。RFK Jrに質問した女性の生の声を、是非聴いてみて下さい。

こういう人が存在すると理解してましたが、実際に聞くと唖然とします。あまりの洗脳の深さに、僕だったら何を説明すれば良いのか脳がフリーズしてしまうでしょう。しかしRFK Jrは真摯に具体的なデータと共に説明しました。女性は納得したのでしょうか。

他方、未だワクチンについて自慢するトランプ大統領に、ある医師がワクチンに関する本をプレゼントしました。考えを改めてもらいたいものです。

そう、これが起きたんだ!何度も祈り、思い描いた、まさに神が導いてくれた瞬間だった。
金曜の夜、私はBHで開催されたトランプのプライベート・イベントに出席していた。
私は手を挙げて、彼にプレゼントがあると言った。

彼は私をステージに呼び、私の本を渡した。彼はそれに目を通し、”これはあなたが書いた本ですか?”と尋ねた。と訊かれたので、”はい、ワクチン未接種でも大丈夫です!”と答えました。

すると彼は、”Oh that is OK!持っていてもいいですか?と言うので、私は「はい、あなたのためです」と答えた。そして彼は私に感謝した。

表紙の内側には、私が何年も前からトランプ大統領に伝えたかった個人的なメッセージが書かれていた。私は彼のすべてのハードワークに感謝した。そして、すべての子供たちが学校に行けるように、すべての州で宗教的なワクチンの免除を義務付ける大統領令が必要だと述べた!また、もし彼がワクチン安全委員会を再検討することがあれば、ぜひその一員になりたいと書いた。

トランプ大統領が、ワクチンによる傷害がどのようなものか、そしてワクチンを接種しないことを選択する主な理由を詳しく説明した本を持っていることを知り、とても嬉しく思っています。彼はまた、私の本の巻末に掲載されている最も重要なワクチン情報源のいくつかを持っている。そして、私の個人的なメッセージも掲載されている。

これは重大なミッション達成の瞬間だった

オーストラリアの新聞

コロナの隠蔽について、オーストラリアの新聞で特集されました。流石にここまで来ると、オージーも大覚醒となる希望が持てそうです。

この土曜の新聞は、とても分厚くて、普段新聞を買わない人も買ってました。まあ、僕がいたのはネット以前の時代でしたが…賃貸アパートや中古車売買など、この土曜日の新聞が貴重な情報源でした。だから僕もたまに買いました。

だからその土曜日の新聞に、これだけデカデカと載るとなると、期待せざるを得ません。

ワクチンは何の効果もない…それどころか毒だった。それが皆の常識となるのはいつでしょうか。勢いがついて来ました。

そんな中、WHOのテドロスは「もっとカネくれ」とアピール。それは火に油を注ぐ行為だと思うのですが…

重大な報告COVIDワクチンは死亡率増加の原因 – 1700万人の死亡につながる!
インフルエンサー

ジェイミー・ホワイトによるゲスト投稿

実験的なCOVIDワクチンは命を救うどころか、17カ国で全死因死亡率を激増させ、最終的には1700万人の死亡につながったとする衝撃的な科学報告書が発表された。

この報告書は9月17日にCorrelation Research in the Public Interest(公益相関研究)によって発表されたもので、まだ査読は受けていないが、全年齢におけるワクチン投与による死亡率(vDFR)を数値化したものである。

研究者らは、全年齢における注射による致死毒性(vDFR)の平均は、全年齢・全国で800回の注射につき1人であることを明らかにした。

言い換えれば、2023年9月2日現在、132億5000万回の注射のうち、1700万人がワクチン関連死で死亡していることになる。

「17カ国の全年齢のvDFRは(0.126±0.004)%であり、2023年9月2日までに135.0億回接種されたCOVID-19ワクチンによる死亡者は全世界で170万人±0.5百万人である。

これは、世界人口の(0.213±0.006)%を死亡させた大量異所性事象に相当し(3年未満で、生存者470人あたり1人が死亡)、いかなる死亡も測定可能なほど防ぐことはできなかった」と研究者たちは書いている。

研究者らは、アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、エクアドル、マレーシア、ニュージーランド、パラグアイ、ペルー、フィリピン、シンガポール、南アフリカ、スリナム、タイ、ウルグアイを含む赤道直下および南半球の17カ国のWorld Mortality Datasetを分析した。

エポック・タイムズ紙より

これらの国々は世界人口の9.1%、世界のCOVID-19注射の10.3%を占めており、全年齢の一人当たりの接種率は1.91回で、4大陸にまたがるほぼすべてのCOVID-19ワクチン製品と製造業者が含まれている。

180ページに及ぶ報告書の主な内容は以下の通りである:

分析対象となったすべての国で、COVID-19ワクチンが導入されると全死因死亡率が増加した。

17カ国中9カ国では、2020年3月11日の世界保健機関(WHO)によるパンデミック宣言後、COVID-19ワクチン接種キャンペーン開始まで、検出可能な過剰死亡はなかった。

2022年1月と2月、南半球諸国の夏季に全死因死亡率の前例のないピークが観察されたが、これは調査対象17ヵ国中15ヵ国においてブースターの展開と同時期またはそれに続くものであった。

2021年1月からのワクチン接種期間中の全死因死亡率の超過は、調査対象17ヵ国で174万人、すなわち800回の接種につき1人が死亡した。

vDFRは年齢とともに指数関数的に増加し、4回目のワクチン接種を受けた90歳以上ではほぼ5%に達した。

研究者たちはまた、もしワクチンが大手製薬会社や世界政府が宣伝したとおりに効いたのであれば、全死因死亡率は実際に減少しているはずだとも指摘している。

「もしワクチンが感染、感染症、重篤な疾病を予防するのであれば、ワクチン接種後の死亡率は減少するはずであり、急速なブースター接種を受けた高齢者グループのように増加するはずはない。

また、3大陸9カ国で今回証明したように、ワクチン接種前に死亡率が過剰になることはなく、ワクチン接種時のみ死亡率が増加することはないでしょう」と研究者らは結論づけた。

さらに不愉快なことに、『公益相関研究』の共同ディレクター、デニス・ランコート氏は『エポック・タイムズ』紙に、彼らの報告書にはワクチンが実際に命を救ったという証拠はまったくなかったと語った。

「COVID-19ワクチン接種による有益な効果を示す全死因死亡率のデータはありません。救われた命はありません」

それどころか、その証拠は有毒物質を投与されたという点で理解できる。注射1本あたりの死亡リスクは、年齢とともに指数関数的に増加する。高齢者に優先的に注射を打つという政策は、即刻やめなければならない。”

著者らは、インド、オーストラリア、カナダ、イスラエル、アメリカなどの国々のデータでも、ブースターが展開されたときに全死因死亡率が急上昇するという同様の現象が見られると付け加えた。
相当演技力、脚本考えないとここまで世界を騙し続けられなかった。 その点は凄いけど、役者は飽きられる。 彼はどのようにして映画を終わらせるのか悩んでいると思います。

アイオワ州

トランプの人気は凄まじいです。ちょうど収穫の時期であり、それもまた意味深です。トランプはトラクターにサインしたり、女性サポーターが「トランプと会えて人生最高の日だった」と涙を流したり…これほど人を惹きつける政治家がいるでしょうか?

戦争は私達を戦争に巻き込むものだ。我々は共産主義マルクス主義ファシストへの石油キャッシュを追い出し国内の様々な政治家を追い払う。

フェイクニュースメディアを根絶やしにする。 私たちはジョー・バイデンをホワイトハウスから追い出し、私達が始めた仕事を終わらせる。 私達は二度とこのような事態に陥ることを許さない。

そのような国にはさせない。 偉大なるサイレントマジョリティーがかつてないほど台頭している。

そして私たちのリーダーシップの下で忘れ去られた男女は、もはや忘れ去られることはないだろう。 あなたの愛と一票の力で私たちはアメリカを第一に考え、アメリカを再び偉大な国にします。

ありがとうございました。 神のご加護をアイオワ。 ありがとうございました。

内部告発

退役空軍兵士が告発。ケムトレイルについて調べ始めた途端、悪者扱いされたそうです。移動させられたり、メンタルがイカれたように扱われたり…

元軍用空軍がケムトレイルの内部告発。我々は毒されている

「大量のアルミニウム、バリウム、ストロンチウムを酸化物や硫酸塩の形で発見した」
「アメリカ空軍での私の仕事は生物環境工学だった。空軍における生物環境工学とは、OSHAやEPAに相当するものです。つまり、軍が何をしていて、それが環境にどのような影響を与えているのか、その責任を負うためです」

「ある日、私はそのコンピューター・システムを調べていた。調べたいなら、空軍のフォーム3952と呼ばれるものだ。危険物の承認書だ。大量のアルミニウム、バリウム、ストロンチウムを酸化物や硫酸塩の形で発見した。そこで私は質問を始め、その時点から私の悪者扱いが始まった」

「私は昇級し、階級を上げた。勲章ももらった。四半期最優秀下士官にもなった。たくさんの賞を受賞した。誰も私を悪者にしようとする理由はなかった」

「それで、別の航空兵站センターに異動になった。そこはジョージア州ワーナー・ロビンズにある。このようなことが私に起きた」

「それで思ったんだ。この仕事を見直すべきか?その価値はあるのか?何かにぶつかったのだろうか?知る必要があるのかもしれない。私はロビンス空軍基地でも同じものを見つけ始めた。私はさらに調査を進めていった。その一環として、大容量のエアサンプラーを使い、フットボール場1面分の空気を10分ほどで採取した。また、土壌サンプリングも行った」

「そこで空気サンプリングと土壌サンプリングを行ったところ、高濃度の汚染物質が検出された。新しい指揮官のもとで再び質問を始めたとき、誰かが私の顔を見て、私はあなたに質問しているのだと言うだろうとは、思ってもみなかった」

「質問されました。何か問題があるのか?最近、本当に落ち込んでいるように見えるとか。最長で120日間、精神鑑定を受けさせることができますよ…とか。誰が娘さんの面倒を見るんですか?など。当時、私は離婚していましたから」

「それを聞いてすぐにわかった。今まで思っていたことがすべて証明された。人の健康を守ろうと9年間も過ごしてきたのに、法律違反に次ぐ法律違反。ここに座っているだけで、国民を守るどころか、国民を毒しているんだ」

「だから私は、あらゆるものの中で、あらゆる自由の中で、私たちが失いつつあるものこそが、私たちが直面している第一の問題なのだということを、みなさんに知ってほしいし、理解してほしいのです」

「銃もお金も、何でも手に入れることができる。食料も水もなく、呼吸器系や神経系の病気で死んでいくのであれば、それらはどうでも良いものだ」

「ワクチンについて聞いたことがあるだろうし、スマートメーターについて聞いたこともあるだろう。これらはすべて全身への影響です。私たちは毒素に過剰にさらされているのです」

「水中のフッ素について人々はこう言うだろう。食べ物のいたるところに含まれているのですから。飲み水も、あらゆるものが、失礼ですが、その水で洗われています。ワクチンにも含まれている」

「これらの毒素が代謝されないのは、全身的な影響です。だから、私の話に時間を割いてくれたことに感謝したい。そして、私は屋上から叫び続けます。どれだけの仕事を失っても構わない。何人の友人や家族を失っても構わない。私は誓ったのだから。そして9年間、私はその誓いを守ることができなかった。しかし、今日の私はそうだ」

霊の戦い

カールソンが「これは霊の戦い」と言いました。敵は嘘つきで、嘘つきは弱いです。やましい事があり、隠さなければならないからです。真実が強いのは、何も隠す必要がないからです。

タッカー・カールソンは、トランプとワシントンのエリート層の間の戦いを「精神的な戦い」と呼び、ワシントンをこれまで見た中で最も反人間的な集団と呼んだ。 タッカーは国宝です。

「これは霊的な戦いだと思います。それについては政治的な説明はまったくありません」

「[ワシントンエリートは]私がこれまで関わった中で最も不誠実で、最も冷酷で、最も反人間的な集団です。そして私は35年間ワシントンに住んでいました。私はこれらの人々と彼らが何をしているのかさえ知りません。本当にそうではありません。とても暗いです」

なぜ彼らが彼をフォックスから外したのか不思議ではない。

祈る

1991年にソ連の崩壊と共に、ローマクラブは地球温暖化を計画してました。終末へ向けて、悪者は悪魔の指導のもとに計画を進めました。

隠されて来た事が、今や毎日のように、暴露されています。

共産主義崩壊直後の1991年、「ローマクラブ」と呼ばれるグローバリストシンクタンクは「第一次世界革命」と題した文書を発表し、その中で「地球温暖化」が人類に対する戦争を行う新たな口実であると宣言した。

「地球を救う」という名目で、「No Farmers, No Food: Will You Eat The Bugs?」という必見の新しいドキュメンタリーで詳しく説明されています。
戦争は不公平であり、思想の闘争である。 アメリカは善対悪魔の霊の戦いの中にあります。

耳を傾け、熟考し、理解し、祈り、そして探し求めてください。そして、探求する中で、あなたが立ち上がることを可能にする光をあなたの存在の中に見つけてください。

アメリカ、もういつものような政治ではない。むしろ、危険にさらされているのは私たちの自由だけではなく、私たち自身、お互い、国、そして私たち自身に対する信仰の構造であることを認識する時が来ています。 信仰を持ち続けてください。

しかし、もう傍観者ではありません。 専制政治の台頭に対して声を上げる時が来ました。 悪は存在し、倒さなければなりません 地元の行動 = 国家への影響 そして祈る

オバマ

この情報は信憑性のほどは分かりませんが、こんな噂が立ってます。ミシェルの友達関係も、最悪のメンツなのが興味深いです。

更に、殺された元シェフの噂もすごいです。もし本当なら、その原稿は誰かがきっと保管している事でしょう。

ま、ただの噂かも知れません。

オバマは、ロサンゼルスのビバリーヒルズにあるレストラン「ファンケ」から出てくる際、妻のミシェルが大統領に立候補しているかどうか尋ねられたとき、沈黙を保った。

一方、ミシェル・オバマ氏(59歳)はトム・ハンクス氏、妻のリタ・ウィルソン氏、スピルバーグ氏の配偶者ケイト・キャプショー氏とともにイタリアン・リヴィエラのポルトフィーノ近くでスティーブン・スピルバーグ氏のヨットで休暇を過ごしている。

ミシェルとバラクは、ラリー・シンクレア大統領のゲイセックス疑惑以来、一緒にいるところを目撃されていない。
速報:バラク・オバマの故シェフ、タファリ・キャンベルの家族からの内部告発者が名乗り出て、オバマ夫妻のマーサズ・ヴィニヤード邸宅で謎の溺死があった当時、キャンベルがオバマ夫妻の悪行を暴露する暴露本の執筆に取り組んでいたと明らかにしたと伝えられている。

同氏は元大統領と数年に渡る性的関係を持っていたとも言われている。この事件は、1999年に同性愛者のラリー・シンクレア氏がクラックを吸ってオバマ氏と関係を持ったと主張した直後の出来事である。

また、オバマ氏の教会の会員であるドナルド・ヤングという名のあまり知られていない男性の事件にも同様のパターンに合致する。彼とは何年にもわたる親密な関係を持っていたと言われています。

2008年の選挙活動の真っ最中、ヤング氏がオバマ大統領を暴露するためにアメリカ国民の前に名乗り出ようとしている前夜、彼はシカゴで謎の銃撃を受け、後に「住居侵入」とみなされる冷血な殺害を受けた。

彼の殺人罪で起訴された容疑者は一人もいなかった。これは重大な啓示であり、バラク・オバマに関する真実がついにアメリカ国民の主流になりつつあるようだ。ここで疑問が生じます。オバマ大統領のシェフであったタファリ・キャンベルとドナルド・ヤングに実際に何が起こったのでしょうか?彼らには正義が与えられるべきだ。

オハイオ州司法長官事務所の行方不明児童のウェブサイトで、この驚くべき数字を確認できる この不可解な急増は地域社会を動揺させ、この問題に完全に対処するための十分な資源を持たない法執行機関が直面する莫大な課題を浮き彫りにした。

今年は、特に12歳から17歳の未成年者の間で、行方不明児童が増加している 勤続33年のベテラン警官であるニューバーグハイツ警察のジョン・マジョイ署長は、Fox Newsにこう語った

誤解の根は早く潰す

ほとんどのLGBTの当事者は、その背後にある悪しき計画を知らないと思います。彼らがそれを誇り、それを主流化しようとする事の意味を知ったなら、こんなパレードはしないでしょう。

それを潰す側は、ある程度、西側諸国で起きている狂気を知っていると思われます。

WEFの狙いは水

彼らの目には、ワクチンは失敗だったようです。最後は水を奪い、毒を混ぜ、不妊化するのでしょうか。オーストラリアでは、かつて白人がアボリジニに対してそれをしました。

「気候変動(詐欺)は抽象的すぎて、理解できる人とできない人がいる」 「でも、水は誰もが重要だと理解している」 「ですから市民を巻き込んだ取り組みが必要です、共通善(政治社会全体にとっての公共的な善)の概念の実験をするのだ」 「これまで惨めに失敗してきたが、今回は実現できるのか?願わくば、このまま失敗しないようにしたい」

独り言

鈍感になってしまうと、感動できなくなります。楽しめなくなります。より強烈な刺激を欲するようになります。その結果、依存症となり、選択の自由を失います。

食べ物や娯楽などは、大衆を繋ぐために、中毒性を帯びています。アメリカのスナック会社(日本もそうでしょうが)は科学者を雇って、中毒になるように作っているそうです。酒やタバコやドラッグの害は明白ですが、食べ物や、情報についても、依存性が指摘されるようになりました。

企業の餌になる…その始まりはまず鈍感になる事ではないでしょうか?きっかけは疲労と退屈です。人は退屈と戦うのが嫌なので、暇つぶしになるものを探します。

その暇つぶしに安易に手を伸ばすと、中毒にさせられます。

​むしろ逆行すべきだと思います。感受性を鋭くするべきです。敏感であれば、少しの刺激でも楽しめるからです。

自分が満足さえすれば、あとはいらないのです。選択の自由を維持できます。

しかし疲れ切っている時は、感受性を強くするための行動を選択するのは極めて困難です。

​「自分の命にダメージを与えるために、働き、お金を稼いでタバコを買うのは狂気だ」とタバコを辞めた人が、よく言います。

タバコの奴隷と考えるのは、まだ救いがあるように響くかもしれません。でも本当の事を言えば、タバコ会社の奴隷です。自分の命を削って周りに迷惑をかけて、本当に喜んでいるのは、タバコ会社と株主です。

そんな大きな代価を払っていいでしょうか?

かくいう僕も、菓子パンやスイーツを見ると手が伸びます。夏にコカコーラを一度飲むと、毎日飲みたい衝動に狩られます。美味しいけれど、将来病気になるために投資していると考えると恐ろしいです。

一生懸命働いて金を稼ぐのは、将来医者に貢ぐためでしょうか?寿命が伸びても、病気で苦しんで過ごしたくありません。

自分が選択できる状態である事、それが自由だと思います。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
是非シェアして下さい