Fri

是非シェアして下さい

ファウチに関する犯罪が、どんどん明るみになっています。なるほど、彼がその中心にいるわけですから、全てが芋蔓式となります。いずれエイズにまで遡ってもらいたいですが、それは何年後の事になるやら…

ワクチン死

今年突然亡くなった俳優はマシュー・ペリーだけではない。さらに少なくとも 33人います。

2023年10月31日 – 「総合病院」や「デイズ・オブ・アワ・ライブス」のスター、エヴァ・ロンゴリアの元夫、タイラー・クリストファー(50)がサンディエゴの自宅アパートで心臓発作により突然死した。

2023年10月29日 – フィリピン人俳優ジョーイ・パラスさん(45歳)が、未公表の病気との闘病の末に死去した。

2023年10月17日 – 英国ロンドン – マリオ・バロテッリの元恋人でモデル兼女優の38歳のタビー・ブラウンが心停止により突然死した。彼女は18か月間ソーシャルメディアから遠ざかっていた。彼女はキヤノンとヴァージン アトランティック航空の広告に出演しました。

2023年10月5日 – 『ジャンゴ 繋がれざる者』や『ヘイトフル・エイト』に出演し、ジェイミー・フォックスの親友でもあった53歳のキース・ジェファーソンが、2023年10月5日に癌と診断され急死した。

2023年8月。診断から死亡まで:約1か月。 2023年9月30日 – 35歳のエジプト人俳優、監督アハメド・サミー・エル=アドルが2023年9月30日、肺塞栓症による心停止により突然死した。

2023年8月29日 – 50歳のアーモ・キャスリーン・ハイト、アメリカのフィットネスモデル、水着モデル、女優。 2023年8月29日に「地面に落ちて頭を打った」後、突然死した。彼女は転落ではなく血栓で亡くなった。

2023年8月3日 – 47歳の俳優クリフトン・オリバーが2023年8月3日に死去した。彼は「病気」と闘い、最後の6週間を病院で過ごし、その後ホスピスで過ごしていた。彼の病気は明らかにされていない。おそらく癌でしょう。

2023年7月28日 – 56歳の俳優マーク・ギルピンが2023年7月28日に死去した。彼は2022年5月5日に脳に手術不能な腫瘍が2つある膠芽腫と診断された。

2023年7月21日 – テネシー州ナッシュビル – 新作映画『エルヴィス』に出演した女優、44歳のションカ・デュクレさんが2023年7月21日に死去した。彼女は午前9時30分に子供の一人が死亡しているのを発見し、近所に走った。誰が 911 に通報した。解剖:アテローム性動脈硬化性心血管疾患による死亡。

2023年7月20日 – 南アフリカ、ロードポート – 36歳の俳優ブラッドリー・オリヴィエが、入院から数日後の2023年7月20日、心臓発作のため突然死した。 William Makis 博士 (@MakisMD ) が編集した完全なリストは、以下のコメントを参照してください。

追い詰められるファウチ

木曜夜のハニティで、ケンタッキー州選出のランド・ポール上院議員は、COVID-19ウイルスの起源に関する情報の取り扱いについて、アンソニー・ファウチ博士に一連の申し立てを行った。ポールによれば、ファウチ博士は2020年1月の早い段階で、COVID-19が武漢ウイルス研究所での機能獲得研究に由来する可能性が高いことを知っていたという。

ポール議員は、ファウチ博士がこれらの主張を陰謀論として公には否定したが、内心では武漢でのウイルス操作と機能獲得研究について懸念を表明していたと主張した。さらにポール議員は、ファウチ博士が議会で、武漢での機能獲得研究への資金提供への関与を否定しながら、内心ではその可能性を認めるという矛盾した発言をしていると主張した。「これはおそらく、わが国史上最大の隠蔽工作であり、100万人のアメリカ人が死にました。

ポール議員は、ファウチ博士の行為は偽証罪に当たり、最高5年の懲役に処せられる重罪であると主張し、政治的所属に基づいて個人の責任を追及することになると、二重基準が存在することを示唆した。「トランプ政権で働けば刑務所に入れられる。もしあなたがバイデン政権で働いていたなら、彼らは別の見方をする傾向がある」と彼は言った。

アンソニー・ファウチは刑務所に入るべきだと思いますか?

「ポール上院議員はこう答えた。「この本は、この男が祖国に対する裏切り者であったことを全米の人々に納得させるのに大いに役立つと思います」

https://vigilantnews.com/post/sen-rand-targets-fauci-on-primetime-tv-says-he-belongs-in-jail-without-question

ウイルスをばら撒いていた

2018年、パンデミックの一年前、ファウチは武漢に使者を遣わし、コロナウイルスをアメリカに持って来させ、試行錯誤していました。メリーランド州の動物園のコウモリにウイルスを感染させ、それをモンタナ州まで連れて行き、解き放っていたそうです。

ファウチは2017年に「トランプ政権はパンデミックに遭遇する事になる」と豪語しましたが、彼はそのために自ら仕込んでいた事も明らかとなりました。その資金はゲイツなどからもありますが、税金も注ぎ込まれてます。

どんどん出て来るファウチの狂気の沙汰。多分、エイズにまで遡るでしょう。これまで黙っていた人達が口を開く時が来ました。


パンデミック前のファウチ氏のコウモリコロナウイルス研究に関するジェシー・ワッターズのコーナー! 米国がSARS-CoV-2の原因であることを示す証拠は圧倒的である。つまり、私たちの政府は世界中で何百万人もの罪のない民間人の死に責任があるということです。

ケネディ

“パンデミックについて奇妙な事は、CIA、情報機関、軍が常に関与していた事です。ワープ・スピード作戦がFDAのVRBPACと呼ばれる委員会にプレゼンテーションを行った時の事である。

ワープ・スピード作戦がVRBPACと呼ばれるFDAの委員会でプレゼンテーションを行ったとき、当時機密扱いだった組織図が提出され、HHS、CDC、NIH、FDA、あるいは公衆衛生機関ではなかったので、誰もが衝撃を受けた。

なぜなら、HHS、CDC、NIH、FDA、公衆衛生機関ではなかったからである。 ワクチンを開発したのはモデナでもファイザーでもない。開発したのはNIHであり、彼らの特許はNIHが50%所有している。

ファイザーやモデナが製造したものでもない。基本的にファイザーとモデルナは、あたかも製薬業界のものであるかのようにワクチンにスタンプを押すことで報酬を得ていたのだ。これは最初から軍事プロジェクトだったのだ。

私の本の中で明らかになったことのひとつに、コロナウイルスとパンデミックに関する20種類のシミュレーションがある。それは2001年に始まった。最初のものは炭疽菌テロの直前で、CIAがすべてスポンサーだった。

最後のものは2019年10月のイベント201だった。そして参加者の一人は、元CIA副長官で、生涯にわたって隠蔽工作を管理してきたアヴリル・ヘインズだった。彼女はグアンタナモ湾などを担当した。彼女は現在、国家情報長官であり、パンデミックを管理したNSAの最高幹部”

もっと使られるべき情報

私たちは何十億もの人々に大量の DNA を注入しています。 この DNA の一部は生殖系列にヒットする可能性があります。 (卵子と精子を考えてください)。 これらのショットには 500 ~ 1,000 億の LNP が含まれています。

1% が卵巣に到達すると、そのうち 4,000 ~ 4 億個が 30 万個の卵母細胞に到達することになります。 これは生物医学倫理の根本的な崩壊です。 なぜ私たちは、責任保護が義務付けられている、特徴が不十分なツールのこの実験的な使用を容認するのでしょうか。

4人に1人が、mRNA新型コロナウイルスワクチンで死亡した人を知っていると報告しているが、ワクチンが最初に配布されたときにこれがソーシャルメディア上で山火事のように広がり、ワクチンに対する大規模な暴動につながらなかったのは検閲のためだ。

怪我や死亡を投稿した人は直ちに禁止されたため、安全であるという誤った幻想が生まれ、より多くの人がワクチン接種を継続できるようになりました。

ワクチンによる傷害や死亡の検閲に責任のあるすべてのソーシャルメディア幹部と政府関係者は刑事責任を問われるべきである。そのまま刑務所へ。彼らの努力により、さらに多くの人々が傷つけられ、殺されました。 検閲は人を殺す。

トーラーを信じるユダヤ人

ラビ・エルハナン・ベック: 私たちはすべての聖地がパレスチナの人々に返還されることを望んでいます。 ユダヤ人はこれまでと同様、イスラム国家の傘下で近隣諸国と平和に調和して暮らすことができる。

ユダヤ教は宗教であり、国家主義運動ではありません。 シオニズムはユダヤ教ではありません。 ユダヤ人には土地も国家も必要ない。律法はユダヤ人が国家を樹立することを禁じている。 ユダヤ教では、世界中のどこにでもユダヤ国家を設立することは禁止されています。

イスラエルは自らをシオニスト国家またはヘルツルストン国家と呼ぶかもしれないが、ユダヤ人国家ではない。

私たちは長い間あなたのコメントを読んできましたが、私たちの目に留まる重要なメッセージがありました。これらのメッセージの共通の議論は、もしあなたがイスラエルに反対しているなら、なぜそこに住んでいるのですか?

では、この問題を明確にしてみましょう。 ユダヤ人はすでに何世紀にもわたって聖地に住んでいた。エルサレムに住む反シオニストおよび反イスラエルのユダヤ人コミュニティ メア・シェアリムは、イスラム国家時代にここに住んでいたパレスチナ系ユダヤ人です。

反シオニストのユダヤ人は、イスラエル建国前はイスラム教徒の隣人たちと平和に調和して暮らしていました。 実際、ここのユダヤ人とイスラム教徒はお互いの子供を世話し、お互いに子供を預けていました。

反シオニストの律法ユダヤ人は、シオニストのように誰かの土地を強奪したり、住居を没収したりしなかった。 実際、パレスチナ国家の大臣を務め、ユダヤ人を担当していたラビ・モーシェ・ヒルシュはパレスチナ政府に参加した。

反シオニストのトーラーユダヤ人はイスラエル政府からの援助を一切受け入れていないことをよく知っておいてください。

アメリカの反シオニストユダヤ人たちは、聖地にいるトーラーユダヤ人のための救済基金を設立し、数百万ドルの援助を集めた。

ここに住むユダヤ人は子供たちをイスラエル国家が運営する学校に通わせない。 イスラエルは絶えずユダヤ人居住区を襲撃し、ユダヤ人を弾圧している。

10月29日夜、ロシア・ダゲスタン共和国(イスラム教)で、イスラエルからユダヤ人難民が乗った飛行機が到着するというデマが流され、千二百人(推定)の現地ムスリムがユダヤ人を制裁しようと空港に殺到、危うく大惨事になるところだった(逮捕者続出)。

後に、このデマはダゲスタン向けSNSで暴動を焚きつけるために流布されたものであることが判明、ウクライナのテロリストが関与しているとリークされた。プーチン大統領は「西側諜報機関による工作」と公言している。(この工作員については興味深いエピソードがあるので別途後述)

ここで重要なのは、ロシア国内のムスリム共和国であるダゲスタンやチェチェンの指導部、そしてムスリムの長老らが「分断工作の挑発に乗るな!」と懸命に同胞に呼びかけたことである。

ここぞとばかりにパレスチナの復讐を煽ることはせず、逆に「民族や宗教を理由に人々を迫害することは犯罪である」と諭した。 また、ロシアは多民族、多宗教の国家であり、シオニズムとは縁のないユダヤ人も国内に多く居住する。

ロシアのラビ(ユダヤ教の指導者)は、正教、カトリック、プロテスタントなど全ての宗派に、危険分子がロシアの民族間の「友好の橋」を燃やしてしまわないよう団結を呼びかけた。 ロシアは本当の敵を知っている。

シオニスト

ウクライナの敗北


「我々はアヴディエフカ要塞地帯の戦いを目撃している。高い確率で、私たちは戦争の転換点を迎えている。2015年2月のデバルツェボの戦いと同じ転換点だ。アヴディフカの占領は、2015年のデバルツェボのように、敵対行為の終結と外交的解決の始まりとなる可能性がある。

9月末、ウクライナとNATO諸国の多大な努力によって準備された春夏の大攻勢が大失敗に終わったことが明らかになった。したがって、ロシアの反撃は時間の問題だった。しかし、秋にはぬかるみが始まるため、冬になって霜が降り、ぬかるんだ草原が覆い尽くされるまでは、そのようなことは起こらないだろうと思われていた。ロシア軍司令官ゲラシモフ将軍は、西側の計画者たちを再び驚かせた。ロシア軍は一つの地域で待機したり攻撃したりするつもりはなかったのだ。専門家が長い間観察していたように、多数の予備兵を分散させ、事実上、長い前線全体にほぼ均等に配置した。

2023年9月末、多くの地域でウクライナ側に危機的状況が迫り始めた。主導権は明らかにロシアの手に移り、これを否定できるのは素人だけだ。ロシア軍最高司令部は、秋の戦略的大勝負に打って出たが、その目的は根本的に不明である。米国とNATOのスパイ衛星による衛星偵察がいたるところで行われる中、戦略・作戦レベルで敵の意表を突くことはほとんど不可能である。 ゲラシモフは「スポットライトを浴びながら」作戦を行う方法を見つけなければならなかった。

ロシア軍はアヴデフカ近郊に大砲、戦車、歩兵の大軍を集結させ、双方向の迂回作戦を開始した。ウクライナの防衛は危機に瀕している。 ロシア軍は明らかに急いではいない。彼らは、バフムートの戦いをモデルにした火力とウクライナ軍への絶え間ない圧力に頼っている」 無意味なバフムト2.0 挽肉器を作りだす「タイム紙の表現で言えば、正気を失ったゼレンスキー」 国民が哀れ
彼がベニスやマイアミ、あるいは他のどこかにある別荘に飛び立つまで、どれほどの時間がかかるのか推測するしかない。

そしてもちろん窃盗、汚職、人身売買……ウクライナ社会のありとあらゆる悪癖は完全に制御不能になっている。

この軍事衝突が始まったときにも、多くの人がこの事を警告していた。 我々がウク軍に提供した武器の多くがハマスやおそらくヒズボラの手に渡ったことが判明した。

そして我々の武器を持っているのを見たくないと思っている人達の手に渡った可能性がある。 ウクライナは終わりだと思う。

しかし我々はウクライナが存続しているという虚構を維持する為に何十億ドルもの資金を送り込むつもりだ。

そして選挙が終われば、もう終わりだ。ウクライナが終わったら私たちは何をするつもりか? ベトナム戦争が終わったとき、私たちは何をしたか?

そして、ここでも話題はすでに変わりつつある。今はイスラエル、イスラエル、イスラエルだ。 そしてウクライナは遠い記憶となる。

カールソンがアサンジと会う

タッカー・カールソンは今朝、ジュリアン・アサンジに会いに行きました! 2016年にジュリアンがウィキリークス経由でポデスタ電子メールを公開しなかったら、私たちはピザゲートのことを知ることはなかったでしょう。 近づいてきました!

FRBに説明責任を

ランド・ポール上院議員、米上院にFRB監査を要請 – 2023年11月1日 「ミルトン・フリードマンが有名に説明したように、『インフレは法律のない課税である』…私の修正案では、1年以内にFRBの完全な監査が必要となる。

連邦準備制度が透明性があり、連邦準備制度に対して説明責任のある方法で運営されるべき時が来た」納税者の皆様、賛成票をお願いします」

マイク・ジョンソン – 財務省は追加で1.5兆ドルを借り入れていると発表 「借りる」と聞いて、何を意味すると思いますか?誰から借りますか?

彼らはあなた、あなたの将来、あなたの子供の将来からお金を借りています。 これはノートと債券から出てきます。 これは社会保障から来ています。 これは年金制度から出ています。 他にもたくさん…。

マイク・ジョンソンがやっていることは、出費を相殺するという点では素晴らしいと私は信じています…つまり、彼が約束を守っているのであれば。

イスラエルに140億ドル? わかりました、その 140 億ドルを IRS の予算から取ります。 ファム、注目してください…何か驚くべきことが起こっています。

独り言

通勤は自転車で、12キロくらいを1時間かけて走ります。孤独になりたいので、なるべく田んぼ道を選んでます。

​一人になるのが今の僕の愉しみです。広大な田園風景の中、静かに自転車をこぐと、いい気分になれます。神様への感謝が、湧き上がってきます。

静かに神様と会話をする時間を、大切にしています。都会の雑踏は嫌いです。海や、山、田んぼなど、静かで、広々とした所が好きです。

最近、孤独になる事の大切さが叫ばれています。一人になる時間を作らなければ、自分を見失うからです。ノイズ(ひまつぶし)で溢れており、自分の声がかき消されてしまうのです。

シドニーに住んでいた頃、自分の店のすぐ近くに住んだ方が便利だろうと、街の中にアパートを借りた事があります。しかし、すぐ疲れてしまいました。都会に住むのは不健康だと悟りました。

24時間コンシェルジェ、プール、ジム、サウナ、ジャクジー、図書館など完備されていて、豪華なアパートでしたが…窓を開けると、離れてはいても、向こう側のオフィスビルから丸見えですし、それにハーバーブリッジを走る車と、海風のノイズが酷かったです。窓を閉め切った生活は、ホテルみたいで嫌でした。

隣は天体観察所と公園で、眺めも良く、緑もありましたが…部屋の中で自然な風を感じたい、周りの目が気にならない空間が欲しい、などの理由で、わずか1年後にまた静かなエリアに戻りました。静かになれる、考える、祈る環境を多く持つ事が、自分の幸福度に大きく関わると知りました。

孤独になる空間をまず確保して、人と接するエナジーが確保できます。

今している仕事は、悩みや愚痴を打ち明けられたり、理不尽な問題の対処など、悲しい話が多いです。そのため、神様と向き合い、いつも自分が愛されているという感覚に戻り続けなければ、自分がすり減ってしまうのです。

孤独になる時間は、本当に重要なのです。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2023年11月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
是非シェアして下さい