Fri

是非シェアして下さい

ついにインタヴューが公開されました。とても見応えのある内容です。是非週末に観て下さい。

ついに公開

前半はかなり長いロシアの歴史についての説教です。カールソンは堪らず時折ショートカットを試みますが、プーチンはそれを遮ります。

僕も最初は嫌がらせにも思えたのですが、時間稼ぎではなく、カールソンの質問にもきっちり答えて2時間の動画となりました。プーチンの言わんとする所は、歴史を理解してもらえなければ、何も理解できないだろうという事だと思います。

その事について、僕はプーチンはこう言いたかったのだと思いました。

「ロシアの歴史は9世紀に始まり、1000年以上の歴史がある。その間、人々はロシア正教という一つの信仰の元に文化を育んで来た。ソ連という社会主義国家は、その中のほんの短い例外的なものであった。アメリカは所詮250年ほどの歴史しかなく、文化の重みなどロシアに比べれば無きに等しい。だからこそメディアはその文化の重みを知らないアメリカ国民に対し、彼らにとって馴染みの深いソ連以降の歴史だけを刷り込むが、ソ連時代などほんの一時的な狂気だったに過ぎない。その狂気を経験した結果、それが如何に間違っているかを学んだ。そして今はそれを修正し伝統的な正教に回帰したのだ。その文化圏にはウクライナも当然含まれる。深い根の部分で繋がっているウクライナの人々とは、また関係を修復できると確信しており、その努力のための準備は出来ている」

スプートニクの要約

日本語版スプートニクのツイートを紹介します。

プーチン氏は「政治指導部はこれが何をもたらすか理解すべきだった」と話した。
プーチン氏は、ロシアはすでにこれを達成したとし、トルコ・イスタンブールで大規模な文書が作成され、これにはウクライナ代表団を務めたダヴィド・アラハミヤ氏の署名があり、文書からの抜粋にも同氏の署名があると付け加えた。
NATOはその気になれば、新たな領土に対するロシアの支配を認めることができる、とプーチン氏は語った。
「唯一の問題は、それがどのように起こるかということだ。痛みを伴いながら、急速に変わるのか、ソフトに段階的に変わるのか」プーチン氏はこう付け加えた。

「ロシアとウクライナは遅かれ早かれ合意に達する。ロシア人とウクライナ人の間の関係は、現在の状況ではこれは奇妙に響くだろうが、時間は長くかかっても、回復するだろう」

英語版スプートニク

HK 沢山のツイートがあるので自動翻訳したものを、羅列して行きます。下のスレッドからがほとんどですが、他にもあり、幾つか紹介します。

プーチンはカールソンとのインタビューで、ウクライナ情勢を交渉によって解決したいと述べた。

ロシアとウクライナは遅かれ早かれ合意に達するだろう、と大統領は指摘した。

西側諸国はロシアの戦略的敗北の不可能性を認識し始めた。

NATOは、ロシアが新たな領土を支配していることを立派に認めることができる。

ウクライナはワシントンの指示でロシアとの協議を断念した。

プーチンは、ノルド・ストリーム爆発へのNATOやCIAの関与について、次のように述べた:我々は、それを望み、実行した人物を探すべきだ。

ウクライナという名前はポーランド人によって考案されたもので、ポーランド・リトアニア国家の一部であったロシア南部の土地を郊外とみなしていた。

「ウクライナはどの民族にも属さない」と彼は言った。

NATO諸国は架空のロシアの脅威で国民を怯えさせようとしている。

ウクライナにおける米国のディープ・ステート(深層国家)の干渉により、ロシアはキリスト教徒の兄弟たちを守るために対応せざるを得なくなったと、ロシアのプーチン大統領は述べた。

「2008年、(西側諸国は)ウクライナがNATOに加盟するための扉を開いた。2014年、彼らはクーデターを起こした」とプーチンは言い、暴力的な抗議行動と過激派武装グループを秘密裏に支援することによって、アメリカがウクライナのヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領を転覆させたユーロマイダン「カラー革命」に言及した。

アメリカは、2014年にドンバスで戦争が起こる中、クーデターを受け入れない人々を脅し、クリミアの市民を危険にさらし、空爆やその他の軍事兵器を使って市民を殺害した。

「上空からドネツクを攻撃する航空機の映像がある」とプーチンは指摘した。「彼らは次々と大規模な軍事作戦を開始した。ひとつが失敗すれば、また別の作戦を準備し始めた。そして、これらすべては、この領土での軍備増強とNATOへの門戸開放の中で起こったのだ」

プーチンは、ドンバスとクリミアにいる “信仰の兄弟 “を守るために対応しなければ、それは “犯罪的不注意 “だと述べた。「アメリカの政治的指導者は、私たちを越えてはならない一線の瀬戸際まで連れてきた」プーチンは、キリスト教徒や同胞であるロシア人が戦争マシーンによって虐殺されることを許さなかった。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナにアメリカ軍を派遣することは第三次世界大戦の瀬戸際をもたらすと述べた。

アメリカはそれを望んでいるのか?なぜだ?と聞かれると「この紛争は、あなた方の国土から何千キロも離れた場所で起こっているのだ」

プーチンは、アメリカは国境問題、移民問題、そして33兆ドルという途方もない国家債務を抱えていると指摘し、アメリカには地球の裏側で致命的な戦争を引き起こすことよりも重要な優先事項があることを示唆した。

プーチンはバイデン大統領との最後の会話で、ウクライナを支持しロシアを遠ざけることは大きな間違いだと語った。

「ロシアは何百年もの間、中国と巨大な国境を共有してきたため、中国を深く理解している」と述べた。

ロシア大統領は、中国が容赦のない「植民地大国」の代表となり、BRICS経済圏を通じて影響力を行使するのではないかというジャーナリストのタッカー・カールソン氏の懸念に対して、このようにコメントした。

プーチンは、そのような懸念は “ただの脅し”だと主張した。プーチンは、中国との協力はヨーロッパやロシアにとって良いことであり、アメリカにとっても良いことだと述べた。プーチンは、アメリカは経済大国である中国との接触を制限しており、特に違法な強制的制裁措置によって自らを傷つけていると述べた。

またドルを対外政策の道具として使うことは、アメリカの政治指導部が犯した最大の戦略的過ちのひとつだと述べた。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、タッカー・カールソンとのインタビューで、プロパガンダ戦争でアメリカを打ち負かすのは難しいと語った。

「プロパガンダ戦争において、米国を打ち負かすのは非常に困難だ。ヨーロッパ最大のメディアの最終的な受益者はアメリカの金融機関である。それを知らないのか?だから、この仕事に関わることは可能だが、いわば法外な費用がかかる。情報源にスポットライトを当てるだけでは、成果は得られない」とプーチンは言った。

プーチンはロシア語で話しており、引用はカールソンの公式翻訳によるものである。

プーチン 大統領は、ロシアはミンスク合意の履行に従う意思があると述べた。

「現在のウクライナの指導部、外務大臣、その他すべての高官、そして大統領自身が、ミンスク合意について好きではないと言った」と語った。

「私たちは米国と欧州諸国の指導者たちに、こうした動きを直ちに止め、ミンスク合意を履行するよう申し入れた。しかし、率直に言って、どうすればいいのかわからなかった。それを実行に移す準備はできてはいたが」

「ロシアとウクライナの紛争は、2014年にCIAが支援したクーデターによって引き起こされた」とプーチンは語った。

いわゆるマイダン革命で市民や法執行官が殺害されるという「血なまぐさい展開」がなければ、ロシアは反応しなかっただろうとプーチンは述べた。

NATO加盟に関する質問に答え、ロシアは同盟に加盟する可能性もあったと述べた。

“あなたは誠実でしたか?NATOに参加したでしょうか?”とカールソンは尋ねた。

「いいですか、私は可能か不可能かと質問したのです。そして私が得た答えはノーだった。もし私が不誠実な態度で、指導的立場が何なのか知りたかったとしたら……」と大統領は言った。

「しかし、もし彼がイエスと言っていたら、あなたはNATOに加盟していましたか?」とカールソンは尋ねた。

「もし彼(クリントン?)がイエスと言っていたら、和解のプロセスは始まっていただろうし、最終的には、パートナー側の誠実な願いが見られれば、そうなっていたかもしれない」とプーチンは言った。

プーチンは「非ナチス化」という用語についての理解をカールソンに語った。

「イーロン・マスクは止まることはできない」

「ノルド・ストリーム・パイプラインを爆破したのが誰であるかを、ドイツが明らかに拒否しているのは驚くべきことである」と、カールソンに同意した。

「これも私を混乱させますが、今日のドイツの指導者たちは国益ではなく西側諸国全体の利益によって導かれています。そうでなければ、彼らの行動や不作為の論理を説明するのは困難です。結局のところ、それは爆破されたノルドストリーム1号とノルドストリーム2号が損傷したということだけではなく、1本のパイプは安全で健全であり、それを通じてガスをヨーロッパに供給することができます。しかしドイツはそれを開かない。私たちは準備ができています。お願いします。」

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、タッカー・カールソンとのインタビューで、ゲルシュコビッチ氏がロシアで収監されていることについて、「彼をロシアの刑務所に閉じ込めておくことは、何の意味もない」と述べ、しかし、ロシアとの関係を破壊したのは西側諸国であり、状況を回復させるのは西側諸国の責任だと強調した。

「あなたの言うゲルシュコビッチ氏が祖国に戻る可能性は否定しません。しかし、結局のところ、彼をロシアの刑務所に閉じ込めておくことには何の意味もない。われわれは、米国の特殊部隊が、われわれの特殊部隊が追求している目標の達成にどのように貢献できるかを考えてもらいたい。我々は話し合う用意がある。さらに、協議は進行中であり、このような協議が成功を収めた例は数多くある。おそらく今回も成功の栄冠に輝くだろう。しかし、我々は合意に達しなければならない」と大統領は強調した。

タッカーはプーチン大統領から「良い思い出に」と贈られた書類の入ったフォルダを見せた。

カールソンのインタヴュー後の発言

▪️ プーチンがウクライナ危機の平和的解決に向けた用意があると発言したことは意外だったが、そう思っていなければ口にしなかっただろう。

▪️ NATOはロシアを封じ込めることを任務としており、プーチンはこれに非常に憤慨している、と目を輝かせた。

▪️ タッカー・カールソンは、ウクライナ周辺危機の前提条件についてプーチンから極めて詳細な回答を得たと語った。

中国が厄介者だという神話を信じるな、欧米は彼らとのビジネスに満足している、とウラジーミル・プーチンはタッカー・カールソンとのインタビューで語った。


タッカー・カールソンのプーチンとの歴史的インタビュー:MSMの棺桶に最後の釘を刺す(前編)

ネットユーザーたちはカールソンを歓迎し、この2日間、彼を「プーチンの手先」、「裏切り者」、さらにはアメリカへの再入国を拒否するよう呼びかけ、このアメリカ人ジャーナリストを中傷した主流メディアや西側の政治家たちをあざ笑った。

▪️「シンクロしたメルトダウンを始めよう」とXユーザーのBad Hombreは書き、タッカーを “プーチンの便利な馬鹿 “と呼んだヒラリー・クリントン、米国のリベラルTV司会者レイチェル・メドウ、ヴォロディミル・ゼレンスキー、カールソンを “裏切り者 “とレッテルを貼ったアダム・キンジンガー元米下院議員など、泣いている政治家や識者のコラージュ写真を投稿した。

▪️「タッカー・カールソンは何日も中傷されている。レガシー・メディアと民主党のエスタブリッシュメントは、自分の仕事をしただけで彼に腹を立てている」と、ロバート・F・ケネディ米大統領候補はツイートした。「アメリカ人は示唆に富んだ会話に対応できる。MSMのシナリオにそぐわない危険な考えや反対意見にも対応できる。自分たちで判断しよう。

▪️「タッカー・カールソン、ウラジーミル・プーチンとの歴史的インタビューおめでとう」とユーザーのポール・A・シピュラ。「企業メディアの多くがタッカーがこのインタビューをすることに反対したという事実は、彼が正しいことをしたということだ。あなたはプーチンが嫌いかもしれないが、彼はアメリカの政治について、ほとんどのアメリカの政治家よりも正直だ。”

米国のソーシャルメディア戦略家、ジョーイ・マナリノ氏は「私はどの曜日でもプーチン氏をジョー・バイデン氏よりも優先する」と語った。 「プーチン大統領はロシア第一主義者であり、それが一国の指導者のあるべき姿だ。バイデンは自分が『率いる』国をリストの絶対的に最下位に置くことに決めた。」

「タッカー・カールソンとウラジーミル・プーチンのインタビューは今のところ興味深い。ジョー・バイデンがアメリカの歴史に対して同じような反応を示すはずがない」とXユーザーのマット・カウチは述べた。

「タッカー氏のプーチン大統領とのインタビューは、戦争推進派が最も恐れる会話だから、史上最もバイラルなインタビューになるだろう!勇気をありがとう」と米国ブロガーのジャクソン・ヒンクルは書いた。

「主流メディアの棺に最後の釘が打たれた」とユーザーは「覚醒の終焉」と結論づけた。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がタッカー・カールソン氏に行った2時間のインタビューは、現在進行中のウクライナ紛争とその原因を中心に展開している。プーチン大統領は、ロシアとウクライナの歴史、NATOの拡大、ノルド・ストリームの妨害攻撃、ヴォロディミル・ゼレンスキー、そして紛争の平和的解決の可能性について触れた。


プーチン大統領から直接話を聞くことはアメリカ国民を助けるが、チーム・バイデンを助けることはない。

このインタヴューは、米国人がウクライナで実際に何が起こっているのかを理解するのに役立ち、バイデン政権と従順な米国主流メディアの報道の誤りを暴くだろうと、元米国空軍中佐で元アナリストのカレン・クウィアトコウスキー氏は述べた。

米国国防総省。 クウィアトコウスキー氏はスプートニクに対し、「多くのアメリカ人はインタビューを、少なくとも生中継では見ないだろう」と語った。 「それはここで宣伝されたが、主流メディアや政府によって支持されておらず、今日初めに国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は基本的にプーチン大統領の『嘘』になるだろうと述べた」

プーチン大統領の歴史的発言についてコメントし、クウィアトコウスキー氏は、ロシア人とウクライナ人が深く結びついていることを考えると、ウクライナ紛争に関しては幅広い歴史的視点に立つことが重要であると説明した。

「これを理解することは、2008年や2014年のように、また2022年までにドンバスでの戦闘を中止するはずだったミンスク条約の遵守を拒否したことなど、紛争を望んでいる他の勢力が役割を果たしてきたことをアメリカ人が理解するのに役立つ」

元国防総省のアナリストは、アメリカ国民はウクライナ紛争にうんざりしており、ロシアとNATOの戦争に発展することを望んでいない、と強調した。

クウィアトコウスキー氏によると、プーチン大統領は、米国の国内問題、ワシントンが米ドルに与えているダメージ、そして米国が強く健全で経済的に生産的な経済になる能力について言及し、それを見事に的中させた。

「プーチン大統領から直接聞くこと、そして後に幅広い視聴者で再生され議論されることになる彼の多くの正確な音声は、バイデン政権ではないにしても、アメリカ国民の助けになるだろう。それは米国だけでなく欧州でも行われている議論を助けるだろう」と結論付けた。

モスクワで大火災

プーチン大統領のタッカー・カールソン氏とのインタビューが注目されるやいなや、ロシアのモスクワで大火災が発生した。

ジョー・ローガン復活

ジョー・ローガン アップルのポッドキャストが正式に再開されました。

今後数週間以内に、全エピソードを含めてYoutubeにも戻る予定です。

Spotifyは、私がこれまでパートナーシップを組んだ最も喜ばしいもので、間違いなく最もクールで賢い人々であることに感謝します。ポッドキャストがより広範囲に配信されることを非常に楽しみにしています。

聖書

独り言

習慣には力があります。何でも少しずつ学んで行けば、習得可能です。例えば英語とか、ギターとか。習慣化するまでが大変です。辞めようと思えば、すぐ辞められます。

反対に悪習慣は、簡単に身に付きます。そして、辞められません。良い習慣も悪習慣も、その人を表現するものとなります。

ギターをいつも弾いている人は、ギタリストと認識されます。ギャンブルに通い続ける人は、ギャンブラーと認識されます。上手い下手はあまり関係ありません。

行動の総計によって、判断されます。つまり習慣がその人となります。

「自分はこうありたい」という理想、願望がありますか?それを叶えるには、習慣にするだけです。少しずつ、時間をかけて、習慣化すれば、理想の自分になれます。

反対に悪習慣は、少しずつ自分を騙しながら、やめられるように努力しましょう。やり続けるなら、少しずつでも前進するのを知ってます。

世の中便利過ぎて、面倒臭い病が蔓延しています。ショートカット病、面倒臭い病も悪習慣かもしれません。結果が欲しい気持ちは僕も同じです。でも、ショートカット病、面倒臭い病は、結果だけを欲しがります。

プロセスを楽しめません。​クリック一つ、タップ一つで解決しないとイラつくなら、病に冒されているかもです。

僕は何でも時間がかかるものとして受け入れ、小さな変化や成長を祝うようにしてます。

誰かと張り合うとかでなく、昨日の自分と比較するだけです。その毎日のゲームの勝敗に一喜一憂しながら進めばいいです。今僕は人生の色んな旅を楽しむようにしてます。

自分に良い事をしてあげる、良い選択をしてあげる、それは自分を愛している証拠です。

​理想を作り、ゆっくり追い求めましょう。
習慣化すれば、理想の自分になれるはずです。
僕もその旅を歩みます。


愛用品

アフィリエイトリンクを含みます。下のリンクからお買い物をされると、Amazonや楽天から紹介料(下の商品を購入せず、他の商品を購入されても)が僕に支払われます。価格の数%(上限あり)で、数円〜数百円です。

ブログの運営費に充てさせて頂きます。あなたの料金に上乗せされる事はありません、ご安心ください。不審に思われる方は、リンクを介さず直接サイトを訪れてお買い上げ下さい。

https://amzn.to/3Sfkxk7

過去の投稿

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

是非シェアして下さい